【最新版】後悔しないおすすめゲーミングヘッドホンの選び方(PS3/PS4/PC)

【最新版】後悔しないおすすめゲーミングヘッドホンの選び方(PS3/PS4/PC)

スポンサーリンク

【最新版】後悔しないおすすめゲーミングヘッドホンの選び方(PS3/PS4/PC)

PCやプレイステーション3や4でサウンドを楽しみたい、ボイスチャットをしたい。でもどれを選んでいいか分からないという方にオススメ。いま売れていてレビュー評価も高いゲーミングヘッドホン、ヘッドセットをご紹介します。数千円で購入できるものから、1万円オーバーのものまで予算にあわせて選んでみてください。

PS4/PS3ワイヤレスサラウンドヘッドセット


ワイヤレスサラウンドヘッドセット [amazon]

PlayStation4、PlayStation3でワイヤレスで7.1chバーチャルサラウンドを楽しみたいならば、イチオシのヘッドホンがこちら。

プレステをイメージしたブルーのかっこいいデザインが目を引きます。

ワイヤレスヘッドホンというと、Bluetoothで接続するイメージがありますが、こちらのヘッドホンはワイヤレスアダプターが同梱されているので、このアダプターをPS4、PS3にセットして、ワイヤレス接続でBGMやチャットを楽しむ仕組みになっています。

やっぱりワイヤレスになる事でのメリットは大きい

ワイヤレスヘッドホンなので、ゲームプレイ時の有線ケーブルの煩わしさから開放される事でゲームとの付き合い方にも大きな変化が生まれます。

たとえばソファに寝転んでプレイもできますし、ケーブルがプレイの邪魔になる事がありません。プレイしたまま飲み物を取りに行ったり、ちょっとばかり中断してトイレにいった後も、すぐにプレイ再開する事ができます。

ヘッドホンをしている事を意識しなくて済むというのが最大のメリットです。

ボイスチャットも可能なノイズキャンセリングマイク内臓

見た目はマイクらしい出っ張りが見あたりませんが、実はノイズキャンセリングマイクが内臓されており、これを使う事で手軽にボイスチャットや、PS4のシェア機能を使ったゲーム映像の配信も可能です。

ノイズキャンセリングマイク機能はソニーが作っているゆえに素晴らしく、快適なボイスチャットがプレイできるよう周辺のノイズをカットして、プレイヤーの声を拾ってくれます。

PS4のイメージカラーでもあるブルーを使ったデザインがかっこいい

プレイステーションのロゴ入りが純正品の証。デザインのマッチ感は半端ないです。価格は1万円オーバーしますが、デザイン、ヘッドホンとしての完成度からプレイステーション用としてワイヤレスヘッドセットを探している人は、結局この純正品のヘッドセットを選ぶ方が多いようです。

SONY 9.1chデジタルサラウンドヘッドホンシステム MDR-HW700DS

SONY 9.1chデジタルサラウンドヘッドホンシステム MDR-HW700DS [amazon]

7.1chサラウンドシステムの上を行く、9.1ch3Dデジタルサラウンドシステムがこちら。PS3、PS4専用というわけではなく汎用的なホームシアター用のヘッドホンシステムになります。

ゲーミングヘッドホンではないためボイスチャット用のマイクは内臓していませんので、ボイスチャットはしないという方に限定されますが、最強のワイヤレスサラウンドシステムを構築したい、迫力ある映画を観たいとう方にとっては検討のトップリストにあがってくるヘッドホンになります。

成熟した完成度を誇るシリーズ最新モデル

長年デジタルサラウンドヘッドホンシステムを発売してきたソニーが贈る最新モデルという事で過去のノウハウが詰め込まれた完成度の高い成熟モデルになっています。

9.1 3D VPT(Virtualphones Technology)採用

映画の基本構成といえば5.1ch。さらに背後の音を表現するサラウンドバックと高さ方向の表現を追加するフロントハイの4chを追加した9.1chのサラウンド機能により、サウンドに立体感がプラスされました。映画はもちろん、FPSやレースゲームなど前後左右からサウンドが飛んでくるゲームには、かなり威力を発揮してくれます。

音声が途切れにくいデュアルバンド無線伝送方式

ワイヤレスヘッドホンの弱点といえば障害物、建築物の影響による音切れですが、影響を受けにくい2.4GHz帯と電波干渉の少ない5GHz帯の両方を採用する事で、電波障害が発生する前に帯域を自動で切り替えてくれます。

同じシリーズの前世代モデルでも、それほど音切れがする事は少なかったのですが、ヘッドホンをつけたままトイレや、部屋間を移動すると音切れする事がありますが、デュアルバンド方式なので大幅に改善されています。

LOGICOOL サラウンドサウンド ゲーミングヘッドセット G430

LOGICOOL サラウンドサウンド ゲーミングヘッドセット G430 [amazon]

ゲーミングデバイスでメジャーなブランドといえばロジクール。長時間のゲームプレイでも耳が痛くなりにくいソフト素材のイヤーパッドの採用や、ノイズキャンセリングマイクやリモコンを搭載した7.1chサラウンドサウンドヘッドセットです。

Logicool ロジクール 7.1サラウンドサウンドヘッドセット 折りたたみ式のノイズキャンセリング マイク

ノイズキャンセリングマイク部分は回転可能となっており最適な位置に設設定できるため、クリアな音声を拾う事ができます。ボイスチャットをしない場合は折りたたむ事ができるので邪魔になりません。

長時間使用でも快適なソフトなイヤーカップカバー

通気性の高い素材で作られたイヤーカップは、プレイ中にこもりがちの熱や湿気を軽減してくれますし、なんとイヤーカップは取り外して洗えてしまうというありそうでなかった珍しい設計。長くヘッドホンを使っていると汗などでベタついてくるのが気になりますが、ロジクールのヘッドセットなら、この点も解消できそうです。

手元で音量とミュート操作可能な有線リモコン付き

Logicool ロジクール 7.1サラウンドサウンドヘッドセット インラインサウンドコントロール
サウンド調整可能な有線のリモコンも便利。

肝心の音声接続はUSBとミニジャックの両方をサポート。PC、PS4、PS3だけでなく様々なデバイスに使えます。ノイズキャンセリングマイクもクリアにボイスを拾ってくれます。

LOGICOOL ステレオゲーミングヘッドセット G230

LOGICOOL ステレオゲーミングヘッドセット G230 [amazon]

G430からUSB接続、7.1chサラウンドサウンド機能をカットした廉価版モデルがG230です。イヤーカップは取り外して洗えますし、ノイズキャンセリング機能も付いています。基本機能はそのままに、予算を抑えたいという方、USB接続や7.1chサラウンド機能は重要でないという方にはコスパの高いヘッドセットとなっています。

ゲーミングヘッドセット PS4 KINGTOP ヘッドホン K11

ゲーミングヘッドセット PS4 KINGTOP ヘッドホン K11シリーズ  [amazon]

圧倒的な低価格ながら、軽量、柔らかいイヤークッション、装着感の評価が高く人気となっているのがKING TOPのヘッドホンです。

ヘッドセット自体が軽量設計になっており、柔らかいイヤーパッドを採用しているため長時間のゲームプレイでも耳が痛くなりにくく、通気性に優れているため熱や湿気が軽減してくれます。

何よりも柔軟性あるヘッドバンドが頭の形にあわせてフィットしてくれるので、フィット感に対する評価が高いヘッドホンです。


ノイズキャンセリングマイクや、、音量調整可能な有線リモコン、高中音域から重低音までサウンドを再生する大型40mm強磁力ネオジウムマグネットドライバなど、ゲーミングヘッドセットとしての基本は押さえながら、低価格を実現しているところが人気の理由です。

SONY 密閉型スタジオモニターヘッドホン MDR-CD900ST

SONY 密閉型スタジオモニターヘッドホン MDR-CD900ST [amazon]

ヘッドセットではないので、ボイスチャット用のマイクは内臓しておらず、そもそもゲーミングヘッドホンとして紹介するヘッドホンではないため、今回の趣旨から外れてしまいますが、多くのレコーディングスタジオで愛用されている音楽業界のハイスタンダードなモデルといえばMDR-CD900STです。

原音とそのまま再生してくれるスタジオユーズの業務用ヘッドホンですから、ゲームのサウンドをそのまま再生したいという人や、ゲームや音楽など複数のヘッドホンを所有せず、ヘッドホンを1本に絞りたいという方にもオススメです。

価格はしますが、長年愛されてきたモデルのため、その信頼性、耐久性は高く、1本あると様々ななシーンで長く使えます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加