スポンサーリンク

知識はインプットも重要だが、アウトプットができるかで価値が決まる

独立起業・フリーランス

アウトプット力を鍛える3つの方法

「知識を高めるにはインプットが重要です」

そう考えている人は多いと思います。

ゆえに、皆さん本を読んだり、セミナーに参加したり、教育系YouTuberを見たり、人に会ったり

さまざまな形で情報のインプットをしていると思います。

これは、間違いではないのですが、

 

インプットした情報はアウトプットしないと定着しません。

 

アウトプットして初めてインプットの価値が生まれます。

 

インプットした情報が、アウトプットできないなら、全く無意味、自己満足に過ぎないのです。

よって、インプットした情報は、すぐにアウトプットするべきなのですが、どうしたらいいかわからない人のために、今回は私がやっているアウトプットする3つの方法をお話します。

ブログを書く

ブログはアウトプットツールとしては有効です。

頭の中の情報を言葉にして整理して、誰かに伝えるトレーニングができるからです。

文字に書き起こした時点で

それを読む相手(=ブログを読む人)が存在するわけですから、インプットした情報を読み手の知識レベルにあわせて、わかりやすく説明する必要があります。

このプロセスがインプットした情報の理解と定着に繋がります。

ですから、ぜひブログを始めてください。

ブログで儲けるとかではなく、ブログでインプットした情報をさらに深化させるためにブログは始める価値があります。

ちなみにブログがあわないなら、noteというサービスがあるので、これを書くというのもアリです。

ブログは全方位的な発信メディアですが、noteは情報感度の高い人向けのメディアという感じです。

YouTubeをやる

私もブログを書いていますが、ブログに書く事とYouTubeで話すことは、アウトプットの種類が違います。

文字に書き起こせても、それを言葉にして伝えるスキルは別物だからです。

よって、ブログで書いた事をそのままYouTubeで伝えようとしてもうまく伝えられません。

なぜならブログと違ってYouTubeには、

感情の起伏による聞き手を引き込む伝え方のテクニックが必要なためです。

ブログで情報を伝えられたら、ぜひ次はYouTubeにチャレンジしてみて下さい。

インプットされた情報をさらに理解し、定着させることができます。

友達や配偶者、会社の人に話す

YouTubeがハードルが高いなら、

友達や配偶者など近い人に話すこともアウトプットの方法として有効です。

YouTubeと違ってリラックスした状態でアウトプットができますし、うまくアウトプットできない場合は、相手からアドバイスを受けることもできます。

まとめ

ところで、アウトプットをすると、うまく伝えられない場所が見つかると思います。

それこそ、インプットが足りていない、またはインプットが十分に理解できていない部分です。

そして、アウトプットすると新しいアイディアが生まれます。

インプットした情報はアウトプットを通じて、実際の仕事や生活に活かされなければ意味がありません。

この新しいアイディアこそ、インプットした情報を活かせるヒントです。

ぜひ、インプットとアウトプットを繰り返し使えるスキルを身につけてください。

タイトルとURLをコピーしました