【速報】横浜開港祭・本日花火大会開催!臨港パークの今をレポート

スポンサーリンク

【速報】横浜開港祭・本日花火大会開催!臨港パークの今をレポート

本日2017年6月3日開催される「横浜開港祭」2日目。会場となる臨港パークは既に多くの人で賑わっています。

12時現在の状況や、お目当ての花火大会を見たい方に速報レポートでお伝えします。また来場にあたって注意しておきたい点もまとめてみましたので、これから来場する方は是非参考にしてみてください。

横浜開港祭6月3日12時現在、いまの会場の様子は?

天気にも恵まれ絶好のイベベント日和となっています。既に会場は多くの人が詰めかけており、臨港パーク入り口の駐輪場は満車状態になっていました。

それにしても暑いです。天気予報では最高気温27℃くらいとのことでしたが、公園内は日陰もすくなく、日中に来場する方は日傘、帽子の持参、日焼け対策は十分にされた方が良さそうです。

横浜開港祭のエリアは?

臨港パークからパシフィコ横浜、インターコンチネンタルホテルにかけてがメインエリアになります。やはり臨港パークが賑わっていますが、パシフィコ横浜、インターコンチネンタルホテル近辺でも賑わっていますので、いろいろ見て回ってみてはいかがでしょうか?

ちなみに案内看板に描かれていたこちらの陽気な鳥。いたるところに登場しています。名前は「ハマーくん」というようです。ハマーくんのLINEスタンプも発売中とのこと。

ちなみに12時時点でパシフィコ横浜の駐車場も満車とのアナウンスがされていました。入車しようとするとUターンするように警備員さんに言われてしまいますので注意が必要です。近隣の駐車場も非常に混雑すると予想されますので、お出かけの際には電車を使う事をおすすめします。

周辺飲食店では開港祭あわせのメニューを用意しているところも

みなとみらいブランズタワーカフェ

開港祭にあわせて周辺のカフェや飲食店では、通常にはないメニューを用意しているところもあります。パシフィコ横浜前の道路の反対側にあるブランズタワーみなとみらい1Fのカフェは、当サイトでもアイスクリームジェラートが超おすすめ!とお伝えしておりましたが、花火大会におすすめのポテトフライやピザ、ドリンクなどを用意しているとのことです。

こちらのカフェ、超おすすめなので是非、開港祭会場に行き帰りに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

【オープン】横浜ブランズタワーみなとみらいカフェはアイスクリーム・ジェラートがおすすめ

花火の打ち上げは観覧において事前にチェックしておきたい点

花火大会がお目当ての方も多いと思いますが、実際の花火は2017年6月3日 19:20から20:00にかけて打ち上げられるようです。

これにあたり会場は大変混雑するため、状況次第では17:30頃から入場規制となる可能性があるそうなので要注意が必要です。

入場規制がかかった際でも、有料観覧席チケットを持っている方は入場できますが、一般の方は状況次第といったところでしょうか。

詳しくは開港祭公式サイトをご覧ください。

また、もうひとつ注意したいのが、6月3日19:15〜21:00(予定)にかけて、コスモワールドとインターコンチネンタルの間の河川にかかっている国際橋が歩行者通行止めとなります。

つまり、徒歩で赤レンガからワールドポーターズ、コスモワールド、インターコンチネンタルホテルを通って臨港パークに行けなくなるため、汽車道、日本丸の方から大きく迂回していく必要があります。

ただし、迂回したとしても、19:15〜21:00は大変混雑しているので臨港パークにたどり着くのも一苦労。要注意ですね。

↑道のいたるところに通行止めの看板が!

まとめ

今年は毎年8月に臨港パーク付近で開催されていた、神奈川新聞花火大会が中止となり、唯一の花火大会になりそうです。よって、従来よりも開港祭の花火打ち上げは混雑する可能性がありますので、十分に余裕を持って出かけるようにしましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加