【ゲーム会社】コーエーテクモが横浜みなとみらいに本社移転を発表

【ゲーム会社】コーエーテクモが横浜みなとみらいに本社移転を発表

スポンサーリンク

【ゲーム会社】コーエーテクモが横浜みなとみらいに本社移転を発表

横浜みなとみらい

三菱地所の発表資料によると「信長の野望シリーズ」や「無双シリーズ」で有名なゲーム会社「株式会社コーエーテクモゲームス」が横浜みなとみらい地区への本社移転を行う事を発表しました。本社移転とあわせて、このエリアではライブハウスホール、宿泊施設、店舗の建設もあわせて行うという事です。

2019年移転コーエーテクモ新本社はアンパンマンミュージアム近く47街区

2019年竣工予定のコーエーテクモ新本社はみなとみらい21地区 47街区

アンパンマンミュージアムのすぐ近くを予定しているようです。

本社機能だけでなく、約2,000人収納可能のライブハウス型ホール、約230室の規模を誇る宿泊ホテル施設、店舗なども含まれています。

ちなみに現在のアンパンマンミュージアムは2019年に60・61街区マリノスタウン跡地への移転が横浜市より発表されています。

↓クリックで拡大

横浜みなとみらいコーエーテクモ本社移転

【計画概要】
所在地 神奈川県横浜市西区みなとみらい四丁目3番
交通 JR「横浜」駅徒歩 10 分、みなとみらい線「新高島」駅徒歩 2 分 主要用途 事務所・ホール施設・宿泊施設・店舗等
敷地面積 8,670 m²
延床面積 約 37,000 m²
新築工期 2017 年度~2019 年度(予定)

2008年には57、58街区にセガが本社一部機能移転を断念

横浜みなとみらい地区へのゲーム会社の移転については、さかのぼること2008年に同じくゲーム会社のセガが本社機能の一部移転を断念したという経緯があります。

2008年当時に発表された資料によると横浜みなとみらい57、58街区に本社の一部機能、店舗、シネコン、屋内エンタメ施設、ホテルなどを含む施設を2011年に竣工するというものでした。

今回のコーエーテクモ新本社が予定されているのが47街区という事で、57、58街区の隣接エリアにあたります。

もし、セガの移転が実現していれば、横浜みなとみらいにコーエーテクモ、セガといったゲーム会社が集まるエリアが実現していたという事になりますね。

セガはその後、横浜みなとみらいにオービィ横浜という自然をテーマにしたエンタメ施設をMark is みなとみらい内に2013年にオープンしています。

まとめ

多くのゲーム会社が東京都内に本社を置く中、横浜だけでなく神奈川県内に本社を置くゲーム会社は非常に少ないのが現状です。

しかし、今回のコーエーテクモ本社移転をきっかけに、ゲーム会社の横浜進出が加速する事を期待したいものです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加