【横浜】早朝から”みなとみらい散歩”&マリノスタウン跡にアンパンマンミュージアム決定

【横浜】早朝から”みなとみらい散歩”&マリノスタウン跡にアンパンマンミュージアム決定

スポンサーリンク

【横浜】早朝から”みなとみらい散歩”&マリノスタウン跡にアンパンマンミュージアム決定

お休みを頂いて、横浜みなとみらいを”ぶらり”散歩してきました。

雇われる者としては、毎日、同じ電車に乗り、同じ時間にオフィスに着き、終日拘束され自分で時間の使い方を決める事はできません。

その対価として給料を頂いているわけですが、変わって行く街の風景や、季節や太陽の光を感じる事なく老いていく自分に、ときどき怖くなったりします。

そんな時は、お休みを頂いて、ぶらぶらと散歩に出かける事にしています。

マリノスタウン跡地にアンパンマンミュージアム移転決定

横浜みなとみらい

営業を終えた横浜みなとみらいにあった、マリノスタウンはサッカー場半分を残して既に解体が完了し、更地への最終作業が進められていました。

ヨコハマ新聞でも報じられていますが、60・61街区の一部に「アンパンマンミュージアム」が移転する事が決まったようです。

また、新高島駅付近にある56〜1街区には、京急電鉄の発表によると京浜急行電鉄の本社ビル建設が決定したとのことです。15階建てビルで2019年秋の利用開始を目指すとのこと。

マリノスタウン跡地は更地にむけて工事中

横浜みなとみらい

かつてマリノスタウンとして、ローソンや、立派なクラブショップ等が立ち並んでいたエリアもすべて撤去が完了し、着実と更地への修復作業が進んでいます。

2016年1月1日にここを訪れた時は、まだ建物がありましたが、今となっては遠い昔のようです。

年間維持費6億円!2016年・撤退後のマリノスタウンに行ってみた

横浜みなとみらい

工事中の柵の向こう側に見えるのは広大な土地。横浜ドームや、アンパンマンミュージアムが建設されるという話もありますが、少し目を離しているうちに変わっていく風景に、ちょっとばかり切なさを感じてしまいます。

ブルーハーバータワーみなとみらいは着実に建設中

横浜みなとみらいみなとみらいブルーハーバータワー 横浜

その先では、新しい建物としてホテルと、新築マンション、ブルーハーバータワーみなとみらいの建築が着々と進んでいました。

完成は2017年3月という事で、ここから一挙に建設が進んでいくと思われます。

右側:2016年1月1日撮影

左側:2016年3月29日撮影

早朝のみなとみらい臨港パーク

横浜みなとみらい

その先にある臨港パークに行ってみました。まだ朝の8時という事で、人はいません。たまに犬の散歩と、朝からジョギングをしている人とすれ違う程度です。

横浜みなとみらい

普段は観光客などで賑わう人気スポットでもある「臨港パーク」ですが、世界から人がいなくなってしまったかのように感じる程に、穏やかです。

横浜みなとみらい

最近では数も少なくなった公衆電話ボックスが、ぽつんと誰かに使われるのを、ただ待っているように佇んでいます。

横浜みなとみらい

インターコンチネンタルホテルと、その横にある”ぷかり桟橋”

いつもならば、釣りを楽しむ人も多いのですが、まだ朝早い事もあり誰もいませんでした。

横浜みなとみらい

非日常的な風景と、心落ち着く体験ができるのは、平日にお休みを取る事によるスペシャルな特典でもあります。いつもなら満員電車に押しつぶされて疲労困憊しながら出社している時刻ですが、それがどれだけ異常な事なのか改めて認識させられてしまいます。

横浜みなとみらい

トンネルの先にオレンジの矢印が伸びていますが、そこは行き止まりとなっています。

横浜みなとみらい

朝は人通りが少ないです。写真撮影には持ってこいかもしれません。

まとめ

60・61街区の一部に「アンパンマンミュージアム」の移転が決まったとの事で、今後の展開に期待したいところです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加