【使用レポート】ミノウラ ディスプレイスタンドは使いやすくておすすめ

スポンサーリンク

ロードバイクのディスプレイスタンドはミノウラがおすすめ

ロードバイクにはママチャリに付いているスタンドがない!?

ロードバイクの世界では当たり前の事ですが、ロードバイク初心者からすると衝撃的な事でした。自宅での保管方法はどうするのか?

壁に立てかけるのか、寝かしておくのか、まったくイメージがつかなかったものです。

スタンドには大きくわけて、リアホイールを挟むタイプと、リアフレームをひっかけるタイプがあるわけですが、その中から今回、後者のスタンドを購入してみましたので使い勝手をレポートしたいと思います。

MINOURA(ミノウラ) ディスプレイスタンド [DS-520]

MINOURA(ミノウラ) ディスプレイスタンド [DS-520] 折畳式 ブラック [amazon]

赤い部分にロードバイクのリア部分のフレームをひっかける感じ。

最初は不安定な印象もあったり、なかなかコツが掴めない感じもありましたが慣れると設置がかなり楽です。リアホイールを挟み込むタイプに比べ、フレームを乗せるだけなので設置も簡単。

たった2点だけでロードバイクを支えているわけですが安定感も結構あり。とりあえず、現在まで一度も転倒する事なく支え続けてくれています。

ロードバイクに触れる赤いフックが擦れて傷にならないか?という懸念は旧型DS-510から改良された新型フックが解消してくれています。ロードバイクのフレームに触れる部分という事もあり長時間設置したままにしておいても、コーティングが施された部分がフレームに張り付きにくいように改良された印象です。

リアホイールが自由に稼働するくらいに車体が持ち上がる感じなので、メンテナンスもしやすく、リアホイールの着脱も簡単に行えます。

単なるディスプレイスタンドとしてだけでなく、メンテナンスにも活用したいという方にはおすすめです。

MINOURA(ミノウラ) ディスプレイスタンド [DS-30BLT]

MINOURA(ミノウラ) ディスプレイスタンド [DS-30BLT]  [amazon]

バイクスタンドといえば、リアホイールを挟み込むこちらのタイプが主流です。

実勢価格は約2,000円、一方、ひっかけるタイプのDS-520は約2,500円なので、その差額は500円程度。どちらを選ぶかは好みの問題もありますが、挟み込むタイプは装着に若干時間がかかるので、慣れると素早く設置できるDS-520は個人的にはおすすめです。

まとめ

その他、ロードバイクスタンドには、これまでご紹介したメンテナンスもできるスタンドの他に、限られたスペースでの収納に便利なスタンドもあります。

MINOURA(ミノウラ) ディスプレイスタンド [グラビティスタンド2] 壁もたれ式上下二段型 [amazon]

限られた空間の中で2台のロードバイクを収納できる人気の上下段2段スタンド。2台目のロードバイクを手に入れたら、真っ先に検討したいスタンドですね。

MINOURA(ミノウラ) DS-2100 Tancho E’sse ホワイト[amazon]

ロードバイク1台を省スペースに設置したいなら、立てかけ式のスタンドもおすすめ。自宅内にロードバイクをインテリア的に設置できるという事もあり人気です。

是非、用途にあわせてスタンドを選んでみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加