【味も景色も大満足】ランチがおすすめ「オリエンタルビーチみなとみらい」(ひとり・デート両方OK)

スポンサーリンク

【超穴場】横浜みなとみらいオススメ最新デートスポットはビスタホテル内「オリエンタルビーチ」

横浜みなとみらいでランチをするならば、ランドマークタワー?クイーンズスクエア、マークイズ?

今回はいつもと違って、6月に新しくオープンしたばかりのため、まだ広く知られていないものの圧倒的なコストパフォーマンスのランチがおすすめ過ぎる、最近個人的にハマっている「オリエンタルビーチみなとみらい」をご紹介します。

本当にここおすすめなので、広く知られる前に行っておきたいお店ですね。

「オリエンタルビーチみなとみらい」はガラス張りオーシャンビュー

オリエンタルビーチみなとみらい

お食事の前に、とにかくおすすめしたいのがガラス張りの店内から見える絶景。

オリエンタルビーチみなとみらいは「ホテルビスタプレミオみなとみらい」の19Fのワンフロアに位置しますが、そこからはパシフィコ横浜やインターコンチネンタルホテル、観覧車まで一望することができます。

手前に建設中なのは2020年に完成予定のホテルと展示施設が一体化した大型複合施設(MICE)

オリエンタルビーチみなとみらい

左側を見るとヘリコプターによるスカイクルージングも楽しめる耐震バースや、臨港パークが目に入ります。

このあたりは2017年6月には横浜開港祭が開催され、ちょうど花火が打ちあがっていた場所でもあるので、2018年の開港祭でも花火が打ち上がるならば、かなりの一等席ですね!いまのうちに、こっそりチェックしておきたいものです。

貸切もできるようですし、天井を見たらプロジェクター装置も完備されてるので、結婚式の二次会や、ちょっとしたパーティにも使えそうな感じ。

ランチは超お値打ち!パスタ・キッシュランチはおすすめ

オリエンタルビーチみなとみらいのディナーは、ひとり1万円超えのコースもありますし、本格的な洋食レストランなのですが、お昼のランチの中でも特に、パスタランチ、キッシュランチの2種類はお値段以上の超お得な内容になっています。

お肉、お魚ランチもありますが、税込1,200円で楽しめるパスタランチ、キッシュランチは、初めて「オリエンタルビーチみなとみらい」を訪れる方にとっては、そのポテンシャルを確かめるには、ちょうど良い選択だと思います。

(といいながら、既に3回も来店していますが、キッシュランチが美味しくて、そればかりオーダーしていますがw)

オリエンタルビーチみなとみらい

ランチにはスープとサラダがついてきます。サラダはもちろんですが、スープも上品で美味しい!

オリエンタルビーチみなとみらい

今回はキッシュランチを選択してみました。キッシュというとボリューム的に物足りない感じはするのですが、こちらのキッシュは肉厚で食べ応え満載。十分お腹にたまりますね。

ちなみにパスタランチを選んだ場合は、(今のところは)パスタを無料で大盛りにできるので、ボリューム感が欲しい男性にはパスタランチもおすすめ。

オリエンタルビーチみなとみらい

オーシャンビューの風景をバックに撮影すればインスタ映えもしそう。

ランチしか来ていませんが、夜は横浜港の夜景がキレイであることは容易に想像できます。

ちなみにパスタランチ、キッシュランチは「ぐるなび」などを見ると1種類ずつしか記載されていませんが、3回訪問した中で、すべてキッシュランチのキッシュの種類が変わっていましたので、再訪しても楽しめると思います。

まとめ:客層は高め、落ち着いた店内はデートにおすすめ

これまでランチだけですが3回訪問した感想からすると

まだあまり知られておらず、知る人ぞ知る穴場ということもあり

客層は高め、落ち着いた雰囲気で、気持ちよく食事ができました。

なんといっても税別1,200円ではなく、税込1,200円というのも嬉しいですね。

さらにドリンクバーもついてくるのですが、各ドリンクもインスタントっぽくなく、ビネガーやフレーバーを使った凝った手作りドリンクになっているので、ドリンクバーだけでも十分楽しめます。カフェ代わりに使うのもいいですね。

今の所は予約なしで、ふらっと来店しても大丈夫なのですが、窓際の景色の良い席を確保するには、予約しておいた方が無難かもしれません。

みなとみらいのランチといえば混雑していて、待たなければならないことも多いのですが、こちらは無縁ですし、接客や景色、ドリンクバーも含めると満足度が高いですね。

オリエンタルビーチみなとみらい

ちなみに、こちらの席はひとりで来店した人でも気軽に楽しめる窓際のカウンター席なのですが、この景色を楽しむために、あえて一人で来るというのもアリかも。

オリエンタルビーチみなとみらいの公式サイトはこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加