実際に使ってみた!口コミで評判のおすすめドライヤー イオニティ(Panasonic)

実際に使ってみた!口コミで評判のおすすめドライヤー イオニティ(Panasonic)

スポンサーリンク

実際に使ってみた!口コミで評判のおすすめドライヤー イオニティ(Panasonic)

1985年製のナショナルのヘアドライヤーから、最新のマイナスイオンドライヤー「パナソニック イオニティ」に買い替えたら30年間の技術の進歩は半端なかった!実際に3ヶ月使ってみてわかった事、Panasonicイオニティをおすすめする理由をレポートします。

ドライヤーは一度購入したら替え時を見つけるのが難しい家電

1985年製ナショナルドライヤー

家の中でなかなか買い替えないもの=壊れない家電製品

といえばドライヤーではないでしょうか。

電化製品の中でもドライヤーはなかなか壊れないですし、支障なく使える状態では買い換える理由が出て来にくいのは事実です。

買い替えないから最新のドライヤーの性能を知るきっかけもないですし、年月の流れによる技術革新とは無縁の生活を過ごしてしまうわけですが、その一方でおしゃれのために縮毛矯正で1万円以上はかけるし、ヘアオイルにもこだわるのに30年前のドライヤーをずっと使い続けているという矛盾が起こりうるわけです。

ドライヤー買い替えのきっかけは「デザイン」Panasonicイオニティ

パナソニック ヘアドライヤー イオニティ 青調 EH-NE57-A

そんな状況を一変させたのが、パナソニックのヘアドライヤー「イオニティ」との出会いでした。家電量販店でヘアドライヤーを見ても、いままでは全く気にしなかったのですが、イオにティはその形、色に目がとまったわけです。

・メタリック調の塗装がかっこいいボディ

・角張ったスクエア調のデザイン

パナソニック イオ二ティパナソニック イオ二ティ

つまりデザインをきっかけに30年使い続けたドライヤーを買い換える事になったわけですが、実際に使ってみると、その性能、技術の進歩に驚かされる結果となりました。

3色のカラーバリエーション展開。ブルーかピンクがおすすめ

パナソニック ヘアドライヤー イオニティ ピンク調 EH-NE57-P

ブルー以外にもピンク&ブラック、ホワイト&ゴールドがあるのですが、ヘアドライヤーは基本的にどれもデザインが地味なので、選ぶならばピンク&ブラック、ブルー&ブラックのビビットなツートーンカラーがオシャレだと思います。

大風量で髪を傷めず乾かすパワフル乾燥が凄い

パナソニック イオ二ティ

イオニティにはTURBO、DRY、COLDの3つのモードがあるのですが、実際に購入するとTURBOモードしか使っていません。

DRYモードは温風で乾かす、どんなドライヤーにも付いているモードですが、TURBOモードは「ぬるい温度の大風量」で勢いよく乾かすモードになります。

この風量は1.9m3/分というかなりの風量でして、温風で乾かすのではなく、風の勢いで乾かすので自然乾燥に近い感じがあり、髪を傷めず乾かす事ができます。

家電量販店で一通りのドライヤーを試してみましたが、イオニティのTURBOモードの風量はかなり強く、これが人気のヒミツのようです。

ナノケア、イオニティの違いは?マイナスイオンでサラサラ実感

もはや付いていて当前の機能といえば「マイナスイオン」ですが、30年前のドライヤーにはもちろん付いていませんでしたし、今まで温泉やスポーツジム、ホテルで用意されていた殆どのドライヤーにもマイナスイオンの機能が付いていたのですが、実感ができなかったのも、買い替えの動機に繋がらない理由でもありました。

しかし、PAnasonicイオニティは大風量のおかげなのか、実際に使ってみたろころサラサラ感を実感する事がでいました。大風量のヒミツはイオニティの吹き出し口の構造にもあるようです。(マイナスイオンの効果は周辺環境、季節、湿度や個人差で効果は異なるようです)

イオニティを3ヶ月使ってみてわかったこと

◆よかった点

・電気代を節約できそう(消費電力)

・髪を乾かす時間が減った

・朝起きた時のサラサラ感が違った

◆気になった点

・大風量なので音がうるさいと感じる人はいるかも

・TURBOモードはぬるーい風を大風量で送るので温風が物足りないという人も

まとめ

よかった点、気になった点は、あくまでも個人的な主観によるものですので個人差はあると思いますが、イオニティは3000円程度で購入できるので、試してみる価値はあると思いますよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加