マリノスタウン跡地「横浜ドーム球場」建設計画でみなとみらいに注目集まる

マリノスタウン跡地「横浜ドーム球場」建設計画でみなとみらいに注目集まる

スポンサーリンク

マリノスタウン跡地「横浜ドーム球場」建設計画でみなとみらいに注目集まる

横浜みなとみらいにドーム球場を作ろうという構想が持ち上がったのは2011年。当初はメディアでも殆ど注目されていませんでしたが、2016年5月にマリノスタウンの移設が決まり、その跡地の利用方法が議論されるようになった事で一挙に現実味を帯びてきました。

横浜ドームを推進するのは、神奈川県内経済界を中心に結成された「横浜ドームを実現する会」になります。

マリノスタウン跡地、オーケー本社(建築中)のすぐ横

横浜ドーム建設予定地は、マリノスタウン跡地であり、まさしく現在建築中のオーケー本社ビルのすぐ隣になります。

みなとみらい

手前の写真がマリノスタウンであり、その奥に見えるのが建設中のオーケー本社ビルであり、もし横浜ドームが実現するのであれば、絶妙な場所に大型スーパーが位置しており、地域の活性化に大きく貢献する事は間違いないでしょう。

このあたり周辺の地価も、さらに高騰する可能性はあるかもしれません。

赤レンガ倉庫をイメージさせるクラシカルなスタジアムイメージ

横浜ドームを実現する会

出典 横浜ドームを実現する会

こちらは「横浜ドームを実現する会」にて公開されている「横浜ドーム」のイメージ画像ですが、東京ドームのような近代的なイメージではなく、港町横浜にマッチするようなレンガ色のクラシカルなイメージとなっています。

横浜ドームを実現する会

出典 横浜ドームを実現する会

近代的な建築物が立ち並ぶ、みなとみらいエリアにおいては、一見、違和感はあるかもしれませんが、大きな赤レンガ倉庫のようにも見えなくはありません。

横浜ドームを実現する会

実際に完成した際のライトアップにも期待したいところ。横浜みなとみらいのシンボルとして人気を集める事は間違いないでしょう。

出典 横浜ドームを実現する会

ブルーハーバータワーみなとみらい(建築中)から丸見え?

現在建築中のマンション「ブルーハーバータワーみなとみらい」の場所が下記イメージ図の右隣になるため、同マンションの街側10階以上の部屋からは開閉式ドーム球場の中身が見える可能性もあり、数多いみなとみらいのマンションの中でも、プレミアマンションになる可能性を秘めていそうです。

横浜ドームを実現する会

横浜ドームを実現する会

出典 横浜ドームを実現する会

球場としてだけではなく、ライブイベント等への使用も想定しているドーム施設であるため、多くの観客がこの地区に押し寄せる可能性があり、住民の間では、嬉しい反面、不安に感じる点も今後出てきそうです。

2020年完成予定から2023年に先送り?

最新の経済界の動きによると2020年営業開始から、2023年開始に先送りになった報道も一部出ています。また実際に横浜ドームが完成した場合、横浜スタジアムはどうなるのか?といった問題もまだクリアにされていない為、実現にはまだ時間がかかると思われます。

横浜ドームを実現する会

まとめ

ドーム施設ができることで景観や、集客による騒音については心配されるところです。このあたりがどのようにクリアされるのか気になるところです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加