2016年「横浜Fマリノス」新横浜へ移転に伴い「転校生」風ポスターを制作

2016年「横浜Fマリノス」新横浜へ移転に伴い「転校生」風ポスターを制作

スポンサーリンク

マリノスタウン移転に伴い「転校生」風ポスター制作

2007年から9年間にわたって運営してきた横浜みなとみらいにあるマリノスタウン。定期借地契約が2016年5月に満了することになる事を受け、新横浜エリアに新たな拠点を設け、1月より移転となります。

そこで、2016年1月より拠点を新横浜に移転するにあたり「横浜F・マリノスは、新横浜に移転しました。」ポスターが制作されました。

ポスターのコンセプトは「転校生」

横浜F・マリノスは、新横浜に移転ポスター

出典:横浜F・マリノス

学ランを着た中澤選手が登場する今回のポスター撮影は、港北区の神奈川県立岸根高校の協力のもと撮影されたユニークなポスターとなっているようです。

ちなみに、日直のところを見ると「中村 嘉悦」となっており、中村俊輔選手と、横浜マリノス株式会社 代表取締役社長 嘉悦(かえつ)氏が日直のことでは?とちょっとした遊び心も見えてくるポスターになっています。
ちなみに、既に12/21より市営地下鉄、JR横浜線の10駅に、それぞれキャッチコピーが異なる10種類のポスターを貼りだしているとのことで、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

マリノスタウン跡地はどうなる!?

横浜ドームを実現する会

出典: 横浜ドームを実現する会

マリノスタウンの広大な跡地には横浜ドーム構想があがっているのは当サイトでも以前に掲載した通りです。

新しい動きは見えてこないものの、最新の報道では当初予定していた2020年のオープン目標を2023年春に修正するといったニュースが出ているようです。

2016年9月には、ドーム運営会社を設立する目標としているということなので、今後の動きに注目していきたいところです。

当サイトの関連記事

マリノスタウン跡地「横浜ドーム球場」建設計画でみなとみらい地価高騰!?

横浜DeNAベイスターズ球場運営会社買収で、みなとみらい横浜ドーム構想どうなる!? 

スポンサーリンク

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加