[横浜]原鉄道模型博物館はマニアでなくても楽しめるおすすめスポット

[横浜]原鉄道模型博物館はマニアでなくても楽しめるおすすめスポット

スポンサーリンク

[横浜]原鉄道模型博物館はマニアでなくても楽しめるおすすめスポット

横浜みなとみらいの日産グローバル本社の隣のビル「横浜三井ビルディング」にある、原鉄道模型博物館は鉄道マニアでなくても楽しめる、超おすすめスポットという事を聞いて訪問してきました。

営業時間は11:00から18:00(最終入館17:30)

定休日は毎週火曜日、入場料は大人1,000円、中高生700円、4歳以上500円という価格設定になっています。

原鉄道模型博物館とは?

2012年7月10日に開館。鉄道コレクターとして有名な原信太郎氏が製作所蔵した世界一ともいわれる鉄道模型を展示した博物館。日本て初めて鉄道が走ったのも横浜、そんな横浜にいながら世界の鉄道を楽しむことができます。

原鉄道模型博物館 横浜みなとみらい

原氏が制作した模型が展示されたスペースも見所満載ですが、大広間に展示されたジオラマコーナーは圧巻のひとことです。

原鉄道模型博物館 横浜みなとみらい

この規模の鉄道模型を展示してある博物館は国内でも数少ないのではないでしょうか?

原鉄道模型博物館 横浜みなとみらい

本当に細かいところまで再現されており、博物館の中にひとつの街がすっぽりと入ってしまったような錯覚を覚えます。

原鉄道模型博物館 横浜みなとみらい

原鉄道模型博物館 横浜みなとみらい

セット内を走る電車にはカメラが取り付けられており、電車の運転席視点での映像が館内に放映されていて、それを眺めるだけでも楽しめます。

夕焼けに染まり、夜の訪れを楽しめます

原鉄道模型博物館 横浜みなとみらい

模型セットには時間の概念があり、しばらく眺めていると照明が落ち、やがて夜が訪れます。街の表情が変化していく様はロマンチックであり、絶好のシャッターチャンスでもあります。

原鉄道模型博物館 横浜みなとみらい

夕焼けの街並み、屋上には干しっぱなしの洗濯物。人々の生活の匂いが伝わってきそうな雰囲気抜群の写真が撮り放題です。

原鉄道模型博物館 横浜みなとみらい

やがて日が暮れ、山間を走る列車の明かりが目に入ってきます。このように、巨大なセットの中で様々なシーンがリアルタイムで進行していきますので、飽きることなく、ずっと眺めていられます。

原鉄道模型博物館 横浜みなとみらい

夜が明けて、また朝がやってきました。照明の切り替えだけで時間経過を表現しているわけですが、たった照明だけなのに街の表情が一変するのには驚きです。

原鉄道模型博物館 横浜みなとみらい

朝になり慌ただしく列車たちも動き始めます。

原鉄道模型博物館 横浜みなとみらい

レアな貨物列車発見!

まとめ

混んでないため、展示物もゆっくり見ることができました。カップルや家族連れはもちろん、一人でも楽しめる良い施設だと思います。こんな素敵な博物館が横浜駅近くにありますので、まだ行ったことがない方は、ぜひ一度訪れてみることをオススメします。

原鉄道模型博物館公式サイト

原鉄道模型博物館 横浜みなとみらい原鉄道模型博物館 横浜みなとみらい

というわけで、最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加