40代の中途採用は使えない!すぐ辞める?いえこの会社の20代・30代に覚悟がないから辞めるのです

ライフブログ
スポンサーリンク

年齢は関係なし!あなたは覚悟が決まっていますか?

ネットを検索すると40代の中途採用は使えない

みたいな声をよく耳にしますが、40代の中途採用が使えない、と言っている多くの人は20代だったり、30代だったりします。

実際に使えない40代の中途採用も多いのは事実です。

でも一方で、使えない20代、30代も実に多いです。

若手にチャンスを与え、会社の要職を任され会社が傾きかけた事は数え切れません。

まぁ、世の中には親父に好かれる若手もいるわけで、年寄りも若手に、中途よりもプロパーにチャンスが与えられるのは会社という組織においては自然のことです。

でも、ここで冷静になって考えてみてください。

実は20代とか30代とか40代とか、年齢は関係ありません。

たしかに20代よりも、40代の方が転職のハードルが一般的に高いと言われていますが、それは単純に年収が高いからです。

20代の倍以上、年収が違うので転職のハードルは高くなるのは当然です。

それ以上に、結局のところ転職できるか?できないかは?

年齢や経験やスキルよりも、正直なところ重要なのは

「人生とか、生きることに覚悟ができているか」

ただそれだけです。

覚悟ができている人間と、覚悟ができていないの違いはとても大きいのです。

覚悟ができていれば経験やスキル不足は関係ない

40代まで管理職の経験もなく、ただの平社員で、ただのプレイヤーだと転職活動でも苦戦します。なぜなら日本の多くの企業で40代を採用する際にはプレイヤーではなく管理職を期待して採用するからです。

しかしちょっと考えてみてください。

・管理職の経験がないのは有能なプレイヤーだから管理職を任せられない環境に長くいたのかもしれない

・管理職をあえて望まず現場を本人が希望してきたのかもしれない

・そもそも長く働いていた会社が旧態依然の年功序列で上が詰まっていたのかもしれない

どれもあり得る話ですから、40代まで管理職の経験もないことが悪い事とはいえません。むしろ20代で管理職を経験したから優秀かというと、決してそうではなく20代で管理職を任せなければならない会社の事情があったとも言えます。

サッカー選手の三浦知良は現役にこだわり、50歳を超えてもプレイヤーをしています。むしろん50歳で管理職しかできない人よりも優秀なのは間違いないでしょう。なぜなら50代の管理職は必ずしも売上や結果を出せる人とは限らないからです。

話を戻すと、管理職が良い悪いとかではなく

覚悟ができているか?覚悟ができている人なら経験やスキル不足は関係ないという話です。

覚悟ができているとはどいういう事か?

覚悟ができているという状態を簡潔に表現すると次のようになります。

・自分の仕事のプライドを持っていること

・最後まで諦めずに仕事の領域を超えてやり抜くこと

・甘えや妥協が嫌いで、こだわりを持って仕事をしていること

もう少し簡潔に表現するならば、

「朝、体調不良だから半休しまーす」とか

「電車遅延で少しおくれまーす」とか

という感じで自分の仕事にプライドもなく、ただ仕事として向き合っているだけの状態を指します。

覚悟とは人生をかけて、命を削ってコトに向かっているか?ということなのですが、みなさん命を削って仕事をしていますか?

「その仕事、あまり気が進まないけど会社員なのでやります」

というのも一見、会社員として適切な姿にみえますが、やりたくない仕事を会社員としてやるのなら辞めればいいのです。

起業して自分の体を張ってやりきる覚悟があれば、そんなことをやる必要はないのですから。会社員がダメと言っているわけではありません。でも覚悟があるのか?そこにプライドはあるのか?

それが重要です。

長く会社員をやっていると、前向きな姿勢で覚悟が決まっているように自己演出している人もよく見かけます。でも演じている覚悟はすぐにバレます。

どうすれば覚悟が決まるのか

覚悟を決める方法は1つしかありません。

実際のところは、もっと方法があるのかもしれませんが、私の人生経験の中ではこの1つしか覚悟を決める方法はないという結論に至りました。

「退路を断つ」

もうこれだけです。

「転職するけど、ダメだったら前の会社に戻れるかもしれない」

「転職したけど、ダメだったら別の会社に転職すればいい」

このような覚悟が決まっていない状態で転職すると100%失敗します。そしてその失敗を身を持って未来の自分が後悔することになります。

必ず未来の自分が後悔することになるので、覚悟がない転職は絶対におすすめしません。

個人的には転職した結果、現在、会社設立で社長をやっているわけですが、社長をやると、さらに覚悟が決まります。なぜなら、毎月の収入が保証されないため、生きるか死ぬかの瀬戸際に日々立たされるからです。

生きるか死ぬかの瀬戸際なのですから「覚悟」が決まらないわけありませんよね。

だから、本当に覚悟を決めたいなら「転職」したのち「起業」しましょう。

転職活動なんて覚悟が決まっていれば楽勝です

実は年齢とか経験とかスキルとか関係なく、転職活動をしている人の99%以上は覚悟が決まっていません。

なぜなら、今の仕事をしながら転職活動をしたり

今の仕事が辛いから転職活動をしたり

もっといい職場、仕事、給料アップを目指して転職したり

現状に守られながら、または、現状から逃げるために、もっと良い会社で働くために転職活動をしているからです。

これって、ごく当たり前のことに思えるかもしれませんが、そこに「覚悟」はありません。

だからこそ、覚悟があると圧倒的なアドバンテージになります。

管理職の経験もなし、スキルもなし、未経験だけど

人生をかけて、命を削ってもやりきる覚悟がある人は強烈なパワーを持っています。会社で働いている人の多くは、実際に働いている人の多くが会社に依存して、覚悟なく働いていることをよく知っているはずです。

なぜなら結果を出さなくても毎月給料もらえるし、

降格、減給されても毎月生きていけるからです。

これは紛れも無い事実で、実際に起業してみると会社員がいかに守られていたのかわかるものです。

だからこそ、もし転職を考えているなら、どうか覚悟を決めて転職をしてください。そうすれば、40代の転職もそれほど難しいものではないですし、何度、書類選考落ち、面接で落ちてもへこむこともありません。

だって覚悟がきまっているわけですから、へこむ時間すら勿体無いとおもえるからです。今回、実際に私が5回の転職で使ってきた転職サービスを貼っておきます。

どれも大きな違いはありませんが、複数登録がおすすめです。

JAC Recruitment

もっと上を目指すなら転職エージェントとして圧倒的な質とサービスを提供してくれるJACはおすすめです。JACしかない企業案件もありますし、何よりも転職エージェントと時間をかけて相談ができます。ここのエージェントはどなたもプロ意識が高いです。

doda

有名な大手転職サービスです。ここは登録必須で考えておくべきです。広く、浅く、安定した情報を収集できます。

マイナビエージェント

大手の転職サービス「マイナビえージェント」も情報収集にはおすすめです。大手なのでとにかく情報量が豊富です。dodaとセットで登録しておくと情報量はかなりのものになります。

転機

時間をかけて自分のキャリアを検討したいという方なら経営層に直接アプローチできる案件を、時間をかけて探してきてくれる転機との相性が良いかもしれません。案件紹介まで時間はかかりますので、まず登録しておくことをおすすめします。

まとめ

できると思ったら、なんでもできる

できないと思った瞬間に、なにもできなくなる

この言葉は本質をついていると思います。

覚悟があれば、なんでもできる

でも、覚悟がなければ、何もうまくいかなくなります。

まずは転職も起業も覚悟を決めましょう。

そうすれば、きっと道は拓けます。