僕がアップルウォッチ3セルラーモデルを解約した理由(GPSモデルで充分)

スポンサーリンク

【2年使ってわかった】セルラーモデルよりもGPSモデルがおすすすめ


最近、アップルウォッチ3のセルラー契約を解約しました。

なぜなら、アップルウォッチ3が発売された2017年9月から2年

セルラー契約のために月額350円を支払いながら、まったくセルラー通信を使う機会がなかったからです。

・アップルウォッチで電話をしない

 iPhoneでも最近、めっきり電話しないですけどね

・ApplePayを使わない

 クレジット決済をする場合はいつもネット販売はリアル店舗でもカード派

・音楽はiPhoneで聴く

 アップルウォッチ3のセルラーモデルならiPhoneがなくてもストリーミングで音楽を聴けるのですが、でもアップルウォッチで音楽を聴くシーンってランニングとかしないと聴かないですよねー。(ランニングよりも自宅筋トレ派なので)

本当にもったいない話ですが、

アップルウォッチ3セルラーモデル購入して2年
毎月基本使用料350円を支払って(総額8,400円)
まったく通信を使わなかったわけです。

しかも、2017年発売当時、アップルウォッチ3のGPSモデルとセルラーモデルでは約1万円の価格差があるわけで、この1万円も全く活かされず無駄になってしまいました。

こんなことは予想できたはずなのに、なぜセルラーモデルを買ったのか

それは

「いつか使うかもしれない」

「それならば、GPSモデルよりもセルラーモデルにしておこう」

そんな考えで、ついつい上位モデルを購入してしまったわけです。

 

しかし

意思を持ってセルラーモデルを使おうとしないと

いつか使う日はこないんです。

 

よって今回、2年経過してようやくセルラー契約を解除するに至ったわけです。

現在、アップルウォッチ3はGPSモデルとして使っています。

 

アップルウォッチ3セルラーモデルはGPSモデルとしては最高


ただし、誤解して欲しくないのは、

セルラーモデルとしては全く活用していなかったのですが、アップルウォッチ3は腕時計としては最高だった

という点はお伝えしなければなりません。

この2年間、途中でアップルウォッチ3からG-SHOCKに浮気したこともありましたが、最近、再びアップルウォッチ3に戻ってきました。

Apple Watch Series 3(GPSモデル)- 38mm[amazon]

ここからは、なぜアップルウォッチ3が最高だったのか、お話したいと思います。

アップルウォッチ3は腕時計として優秀だった


なぜ、一瞬であれG-SHOCKに浮気してしまったのかというと

アップルウォッチにはない、腕時計の個性や所有欲をG-SHOCKに感じたからでした。(厳密には浮気したのはG-SHOCKだけでありません)

[カシオ]CG-SHOCK  GA-100-1A1JF[amazon]

自己主張が強く、変わらないデザイン、

G-SHOCKは時計をつけるという所有欲を刺激してくれたわけです。

 

しかし、G-SHOCKや、その他腕時計を何本買っても

時間が有限であるように、腕時計をつける時間も限られています。

何本あっても使いきれないし、使う時計はある程度、決めなければなりません。

そうすると、G-SHOCKの中でも使わない(使う頻度が低い)時計がでてくるわけです。

 

つまり、アップルウォッチからG-SHOCKに浮気したのに、浮気先でも浮気している状態に陥ってしまいました。

そして、実際に使ってみるとG-SHOCKは頻繁に時間がズレます。

電波時計モデルなら時間がズレることはないのですが、それ以外のモデルだと使っているうちに、少しづつ時間がズレてくるんです。

それが、たった10秒、20秒だとしても、ズレた時計は気分が良くありません。

でもアップルウォッチは違います。
GPSモデルでもiPhoneとペアリングすることでWiFi経由で常にネットに繋がっているから、常に時間をあわせてくれるため、ズレるということがありません。

 

再びアップルウォッチ3に戻ってきた理由

その理由は極めてシンプルでした。それは

・時計として優秀だから

・時間のズレを気にする必要がないから

・さらに普通の時計にはできない盤面を気分次第で変えられるから


アップルウォッチ5の登場で、よりアップルウォッチは腕時計として完成度が高まりました。特に常時盤面表示される機能は普通の腕時計と遜色ない使い勝手を実現しました。

でも、アップルウォッチ3でも時計をみると自動点灯するなど、十分に腕時計としての役割を果たしているんですよね

アップルウォッチ3に戻ってきた理由は

改めてその腕時計としての完成度を再認識したというのが大きな理由でした

自由にバンド着せ替えができるのはアップルウォッチの特権

 

アップルウォッチ クロコ型 本革 バンド [amazon]

アップルウォッチにできて、普通の腕時計にできないこと

それは、バンドの着せ替えが非常に簡単で、低価格で良質な着せ替えバンドが豊富に揃っているという点です。

普通の腕時計もバンド交換できるけど、特殊な機材と、そこそこの時間を要します。

しかし、アップルウォッチなら朝、起きてその日の気分で10秒たらずで交換できます。

バンドの付け根にあるボタンを押して、バンドをスライドさせるだけ。

交換に10秒もかかりません。

アップルウォッチは盤面も、バンドも自由に変えられますので、1本あれば複数の腕時計を所有しているような環境を作れます。

これは、一般の腕時計では到底できない話です。

 

アップルウォッチ3GPSモデルで十分!それでもセルラーを選ぶ理由

Apple Watch Series 3(GPSモデル)- 38mm [amazon]


というわけで、ここまでの話をまとめると

・アップルウォッチはGPSモデルがおすすめ

・セルラーモデルを購入したけど使いきれなかった

・普通の腕時計に一瞬浮気したけど再びアップルウォッチに戻ってきた

ということになります。

 

しかし、それでもセルラーモデルを選ぶならその理由は、次のような状態が日常生活でありえるのか検討してみることをお勧めします。

「iPhoneとアップルウォッチを別々に持ち歩く状態がありえるか」

私の場合は、仕事上の都合で常にiPhoneを手放せない状態でした。iPhone を持たずアップルウォッチだけ付けて、出歩くシーンがまったく存在しませんでした。

私のような場合は、GPSモデルで十分です。

そして冒頭でもお話したように

・いつか使うかもと思ってセルラーモデルを選んでも

・意識してセルラー通信を使わないと

・いつか使う日はまず来ません

でも意識してセルラー通信を使うというのは、ちょっと本末転倒で、必要だからセルラー通信を使うんです。


だから、これからアップルウォッチデビューを考えているなら、私はアップルウォッチ3、GPSモデルが賢い選択だと思います。

Apple Watch Series 3(GPSモデル)- 38mm[amazon]

発売からちょうど2年経過した2019年9月から、アップルウォッチ3のGPSモデルは19,800円から買えるようになりました。

いまさらアップルウォッチ3と思うかもしれませんが、実際につけていても、アップルウォッチ3、4、5どれなのか、パッと見では区別つきません。

だから、いま何をしたいのか整理してから、無駄な出費にならないようにしたいものです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加