【これで痩せました】40代50代が絶対に痩せる方法(即効性あるダイエット成功例をご紹介します)

40代・50代のダイエット
スポンサーリンク

40代50代になると、体の基礎代謝も落ちて痩せにくく、太りやすくなってしまいます。

でも太った体は

日々の仕事や生活にも影響を与えますし

何よりも見た目に影響を与えます。

 

シンプルに太ったら老化を感じてしまいますし。

 

ならば、どうすれば痩せられるのか?

できれば簡単に無理なく、辛くなく痩せられるのか?

知りたいものですよね。

 

そこで、実際に筆者(40代)がやって効果があった痩せる方法についてご紹介します。

40代50代が絶対に痩せる方法3つ(即効性あるダイエット成功例)

今回紹介する方法は実際に筆者(40代)が実践した結果、確実に効果があった方法です。

多分、普通にやれば誰でも痩せられます。

だし、ちょっとしたコツが必要なので、それについてもお話します。

夕食を抜くダイエット

確実に痩せたいなら「夕食を抜くダイエット」は効果抜群です。

筆者は毎日、1時間以上のかなりハードなトレーニングをしていますが、トレーニングをした結果、体重が5キロほど増えてしまいました。

筋肉量が増えるだけなら、まだいいのですが

運動=ご飯が美味しい=夜食べてしまう=お酒も飲んでしまう

という日々のサイクルで、ハードなトレーニングを始めた結果、5キロも体重が増えてしまったわけです(増量分は筋肉ではなく脂肪です)

 

これではまずい!!

 

ということで、実施したのが

夕食を一切食べないダイエットです。

 

お酒も、ご飯も一切ダメです。

でも、こういう話をすると、夜、一切食べない乗って辛いじゃないですか。

自分には無理と思いますよね。

 

もし普通に会社に通っているなら、夜は飲み会とか美味しい物とか、さまざまな誘惑がありますので、それに打ち勝つ必要があります。

一方でリモート自宅仕事をしているなら、ある程度、誘惑はシャットアウトできます。

私は自宅リモートワークなので、夕食抜きダイエットはぴったりでした。

 

夕食を抜くダイエットは、夕食時にビールとかお酒とか、嗜んでいる人や

それを1日の唯一の楽しみに頑張っている人にとっては地獄のようなダイエットです。

ただし、夕食抜きダイエットをすると

確実に1日あたり500g以上痩せます。

2日で1kg、1週間で3.5kgです。

 

筆者は体重が60kgだったので、1日あたり1%くらいづつ痩せた計算になります。

もっと体重がある人はさらに痩せます。

 

ただしこのダイエットにはコツがあります。

私もビール好きなので、最初の1日目を実行するのに、かなりの決意と強い意志が必要でした。ビールのために1日頑張っているくらい好きなので、最初の1日を実行するのが本当に辛いし、なかなか踏み出せないのです。

そして1日を実行した後の翌日、2日目の実行も結構辛い物です。

 

ただし、2日目を乗り越えてれば、そのあとは楽になります。

夕食を食べなくても、普通に過ごせるような体質に変化します。

 

よって、夕食食べないダイエットを成功させるには最初の2日間がポイントです。

ここさえ乗り越えれば一挙に痩せます。

 

でも、どうしても1、2日目が乗り越えられなくて挫折しちゃうんですよね。

特に1日目の夜の空腹感は半端ないんですよ。

そこでおすすめなのが、空腹になった時の対処法です。

夕食は抜くのですが、下記なら食べても大丈夫です。

リミテスト Deliciousシリーズ ホエイプロテイン(amazon)

どうしてもお腹が空いたら、プロテインを飲みましょう。

1食あたり100kcalくらいで、タンパク質やミネラルもとれます。空腹感がおさまらないなら、1回だけでなく、2、3回と飲んでも構いません。

この場合、プレーンのプロテインではなく、チョコレート系など甘いプロテインが満足感があっておすすめです。3杯飲んでも300kcalくらいですから、全然大丈夫ですし。満足感があるので、これで1日目を乗り越えてください。

 

アミノバイタル GOLD(amazon)

もしくはアミノ酸ゼリーでも構いません。アミノバイタルは1袋18kcalくらいと低カロリーでありながら、ゼリー状の飲み物なので、そこそこ満足感があります。

私は夕食を抜いて空腹を感じたらプロテインとアミノ酸ゼリーの組み合わせで最初の数日を乗り越えました。

あとは、どうしても空腹感が耐えられなくなったら、寝てしまいましょう。

寝れば、ある程度空腹感は解消するからです。

 

水を飲むダイエット

水を1日あたり3リットル飲むダイエットもおすすめです。

1日3リットルも飲むとお腹が満たされますし

体の中から不要なものを排出する事もできます。

体重が増えてしまう人の多くは便秘がちで、体の中に不要な排出物を溜めてしまっている人も多いので、水を飲むことで排出を促します。

さらに水を飲むと発汗も上がり、代謝も上がるので痩せやすい体になります。

nalgene(ナルゲン) カラーボトル 広口1.0L(amazon)

おすすめの方法は1リットルのボトルを購入して、1日、朝昼晩、それぞれ1リットルずつ水を飲むという方法です。

会社出勤している方は、毎日、朝、コンビニで2リットルのミネラルウォーターを購入して、それを1日飲み終えるまで帰れないことを習慣にしてしまうのも、やり方としてはおすすめです。

ただし、この水を飲むダイエットは、必ず3リットルを飲んでください。

体の大きさにもよりますが、2リットルだと、ちょっと足りないからです。
また、2リットルを超えてきたあたりから、頻繁にトイレに行きたくなるというデメリットもあります。これは致し方ないのですが、長時間の会議など、トイレにいくことができない場合はこの方法はあまり適さないかもしれません。

鶏肉の胸肉しか食べないダイエット

夕食を抜くのが難しい

水を飲むのも無理

という人は、鶏肉の胸肉しか食べないダイエットはおすすめです。

 

ご飯、麺、炭水化物などを一切抜く代わりに

鶏肉の胸肉ならどれだけ食べてもOKというダイエットです。

こちらも確実に痩せます。

 

ポイントは胸肉はOKだけど、もも肉はNGという点です。理由はもも肉は脂質が多く、余分なカロリーをとってしまうからです。

実際のところ、鶏肉を食べようと思っても、そこまでたくさん食べれないですし、すぐに満腹になってしまいます。

 

でも、食事制限とか自分で管理できないから、痩せられない人も多い事でしょう。

そういった意味は、第三者的な立ち位置から管理をしてくれるライザップはやっぱりダイエットに対して本気になれるので一度はチェックしておく価値あります。

ライザップ公式サイト

40代50代絶対にやってはいけない太ること

一方で、これからお話しすることは絶対にやってはいけない、確実に太る行為になります。

逆を言えば、これらをやらないだけでも太りにくくなります。

お菓子など間食する

目の前にお菓子があると、ついつい食べちゃうじゃないですか。

チョコレートとか1個食べると50kcalくらいするのですが

これって強いジョギングなら5分、ウォーキングなら15分くらいで消費できるカロリーになります。

チョコレートなんて1個じゃ終わる事なく、どんどん食べちゃいますよね。

そうすると消費カロリーに対して過剰にカロリーを取りすぎてしまうことになるので、確実に太ります。

でも40代50代って結構、間食で甘いもの食べちゃいますよね。デブまっしぐらというわけです。

目の前にチョコレートなどお菓子があっても、食べない習慣をつけましょう。どうしても食べるなら、食べたあと、カロリー消費できる状況を作った上で食べてください。

そうでないとデブまっしぐらです。

ラーメンを食べる

ラーメンを食べると簡単に1000kcalくらいとってしまいます。

でも1000kcalを消費するのって、軽い散歩なら300分、5時間くらい必要になります。

5時間なんて絶対に歩けないですよね。

でも、それだけのカロリーをラーメンで取得するわけです。

よってラーメンは絶対に避けてください。禁止です。

そうしないとデブまっしぐらになります。

 

20代ならまだしも、40代50代になると体の基礎代謝も落ちていますし、そもそも運動する機会も減るので、カロリーを過剰にとってしまうことになります。

ビールを飲む

トレーニングをしている人にとって、ビールなどのアルコール系は基本NGです。

なぜならトレーニング後のビールは、筋肉を分解して太りやすくなってしまうだけでなく、頑張ったトレーニング自体を無意味なものにするからです。

どうしても飲みたいなら

1週間に1度とか、タイミングを決めて飲むようにするか

もしくはノンアルコールビール(ビールテイスト飲料)に置き換えましょう。

ビールテイスト飲料ならどれだけ飲んでもノンアルなので筋肉が分解する恐れがなく問題ありません。さらに多くのビールテイスト飲料は0kcalなので、カロリー摂取の危険もありません。

 

唯一、これらをやっていい人はバキバキに鍛えているアスリートくらいです。

例えばプロ野球選手とか、普通にラーメンを食べまくって、ビールも飲んでいたりしますが、

その程度飲んだくらいではなんとも問題ないくらいに体ができている(筋肉量が多くカロリー少量も多い)からなのです。

 

まとめ

私はここ最近、夜を一切食べなくても全く苦痛に感じなくなり、ダイエットに成功しました。

もちろん朝や昼はちゃんと食べてますし

お酒は好きなので、1週間の中でお酒デーを決めて、適量の範囲内で楽しんでいます。

 

ポイントは続けること。

そして1日目、2日目をどうやって乗り越えられるかです。

 

でも、これが自分でできるなら、既にできているよ!

という人も多いと思います。

 

そういった意味は、第三者的な立ち位置から管理をしてくれるライザップはやっぱりダイエットに対して本気になれるので一度はチェックしておく価値あります。

ライザップ公式サイト

 

私もかつてライザップを使ったことがありますが、誰かに管理される、励まされる、ことで、ダイエットやトレーニングは続けられます。