【事実】45歳定年制はすでに現場では行われているし50歳を超えたら居場所なし

45歳定年制
スポンサーリンク

先日、ニュースを騒がせたサラリーマン「45歳定年制」の話題ですが

ネットでは多くの反響がありました。

45歳といえば、これまでは働き盛りの年代とされてきました。

しかし、これからは45歳で職を失い自分だけの力で生きていかなければならない

そんな時代がすぐそこまで来ているということを実感させるニュースだったわけです。

でも、このニュースを聞いた時に感じがことがあります。

「いや、もう世の中的には45歳で会社に居続けられる人って多くないし

ニュースにならないだけで多くの人が会社を追われているし

現時点ですでに45歳定年制は制度として確立していないけど、実態はそれに近いのではないか?」

という点です。

40歳を超えると会社に居場所はなくなる

実際のところ、会社に居れるか、居られないかは、その人の能力次第です。

ですから仮に将来45歳定年制が正式導入されても、45歳を超えても「いてほしい人」「いてほしくない人」が分けられるだけで、いてほしい人はどうやっても再雇用される可能性は高いのです。

45歳を超えても会社から「いてほしい人」と言われるには、かなり優秀な人材である必要がありますし、残れる人は幹部候補生と言っていいでしょう。

しかし幹部候補生や、そのポジションは限られていますので、実際のところ現時点でも40歳を超えると多くの人はリストラされたり、閉職に追いやられたり

または自ら転職して退職したりしていきます。

この日本で、今から新卒入社して定年まで働き続けられる会社がどれだけ存在するのか?という話です。

45歳定年制の建前と本音

45歳定年制を導入しようという話には企業側の建前と本音があります。

建前:まだ若いうちに自分で生きていくチャレンジができるうちに会社を辞めて自立すべきだ

本音:45歳を超えてくると給料も上げなければならないし、人件費がかかるので辞めさせたい

といった感じでしょう。

 

実際のところ20代の新卒社員と45歳のベテラン社員の間に給料の差が2倍あったとしても、仕事の能力的には2倍以上に開きがあると考えられます。

新卒社員がすぐに会社の売り上げに貢献できることを期待する方が無理というものです。

だから、むしろ45歳の方がコストパフォーマンスが良いのですが、それでも45歳で定年させたいというのは

どうやっても辞めさせたい人が企業には必ず存在するという裏返しでもあるわけです。

【事実】45歳定年制はすでに現場では行われているし50歳を超えたら居場所なし

今回、45歳定年制が騒がれましたが、実は現場ではもう、それに近いこと始まっていると考えるべきです。

私の元上司も50歳を超えてきましたが、もう会社に居場所はないのに、なんとかしがみつこうとしています。

でも成長努力もしないし

結果も出そうとしない(出せない)

ただのお荷物状態なのですが、それでも会社にしがみついています。

 

しかし、こんな一見ダメな元上司も、かつては役員を目指せるくらいのポジションにいた幹部候補生だったわけです。

ここから見えてくるのは

会社の中で昇進したりする人って必ずしも優秀とは限らず、その組織の中でうまく生き残っていけるような立ち回りができる人でもあるのです。

つまり、生き残るには能力も必要だけど、会社員である以上、運や人間力も重要になるというわけです。

まぁ、本当に優秀だったら会社員であることの無意味さに気づき、自分で起業してビジネスを始めますから。

45歳定年制は間違いなく実行される

45歳定年制なんてありえない!!

そんな声が聞こえてくるわけですが、その気持ち十分にわかります。

でも、これだけは押さえておきましょう。

「確実に45歳定年制に近い時代がくると・・・・」

コロナ禍によって働き方が大きく変わったということも後押ししているのは間違いないわけですが、もう会社で働くということが、当たり前ではない時代になりつつあります。

実際に大手企業もオフィスを縮小してリモートワークに切り替えて

完全能力主義の体制にシフトしつつあるのは間違いない事実だからです。

実際に45歳で定年させられるか?はわかりませんが

45歳までに人生を決めないと、それ以降の人生が悲しい状態になる時代がすぐそこまできているのです。

これまでは65歳定年まで働いて、退職金でその後の人生を楽しむ、といった生き方が当たり前でしたが、最近は退職金がない企業も増えてますから、どうやって生きるかは、自分で切り開いていていかなければならない時代に入ったと言えるでしょう。

45歳の我々がやるべきこと

今、この記事を読んでいる皆さんが45歳くらいなら、60歳定年まで今の会社で居続けるのは難しい時代かもしれません。

もしこの記事を読んでいる皆さんが20代30代なら、これからの10年をどう生きるかで、その後の人生が決まるといって過言ではないでしょう

そして、もし50代60代なら、ちょっとだけ我慢すれば、なんとかギリギリ、今の状態で逃げ切れるかもしれません。

ただし人生って80年くらい生きると計算するなら、この80年という人生の時間軸で考えると、どっちにしても、このままでは難しい未来がどこかで訪れる予感はします。

だからこそ、今、この場所に居続けるのではなくて

10年後、20年後の未来を予測した上で行動すべきなのです。

起業は怖いけど、起業しちゃうと慣れてしまうし、なんとでもなる

45歳定年制のニュースに反応した人のほとんどは、今、会社員として働いている人ではないでしょうか?

いま起業したり、フリーランスで働いている人は、安定と無縁の成果報酬の世界で働いていますので、定年といった概念がそもそも存在しません。

そして海外では、フリーランスや起業という概念が当たり前であって、日本のように定年という概念に縛られている方がレアだったりします。

 

でも、日本にいると「45歳定年制」というニュースは本当に刺激的に聞こえるものです。

しかし、いずれは、会社員とか定年といった概念が通用しない時代が日本でもやってくるでしょうし、それは遠い未来ではないと思うのです。

 

ならばどうするか?

それは自分自身が強くなって、自分の力だけで生きていくスキルを身につける以外に方法はないのです。

ですから、まだ行動できる今のうちに

転職でキャリアアップや経験、スキルを身につけるべきだと思います。

 

私もこれまで5回の転職を経験し、現在起業して会社経営をしています。

起業に至った最大のきっかけは転職でさまざまな世界を見たり、スキルを身につけたからに他ならないのです。

まだ登録していない人は、この機会に転職エージェントや転職サービスに登録しておきましょう。転職サービスは無料ですし、登録は数分で終わります。

まずは一歩を踏み出せるか、それだけで未来は決まります。

【僕が5回の転職で役立った】おすすめ転職サービスと転職エージェント

JAC Recruitment

【公式サイト】http://www.jac-recruitment.jp

経験とスキルがあるミドルシニア層や

日本企業だけでなく、外資系企業など

大きなキャリアアップを目指したい人におすすめなのがJACリクルートメントです。

私も実際に利用していましたが、

・個別担当の専任エージェントの対応が素晴らしい

・案件が非常に多く、JAC限定案件もある

・転職エージェントとして攻めの転職サポートをしてくれる

といった点が他の転職サービスや転職エージェントとは一味違います。

まさに転職エージェントのお手本のような会社です。

 

一方で年齢はあまり関係ないのですが

スキルや経験がなく、現職の給料が低い人は使いこなせないサービスかもしれません。

実際に使ってみてわかったことは

スキルや経験がある人にとっては、年齢に関係なく引く手あまたの求人提案を続々としてくれるため、どの企業にエントリーするべきか悩んでしまう転職サービスだと思います。

JAC Recruitmentn無料登録する

 

マイナビエージェント

マイナビAGENT×IT人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

マイナビエージェント公式サイト

大手の転職エージェントであり、抜群の知名度を誇るのがマイナビエージェントです。

めちゃくちゃTVCMとか広告出ていますよね。

宣伝をしている=宣伝費をかけている=宣伝をかけれるくらいに多くの人が利用している

ということでもあります。

多くの企業採用実績があるということは、それだけの企業とのパイプや、転職に対するノウハウや、膨大なスタッフがいるということです。

実際にマイナビは転職支援サービスも充実しています。次の3つがマイナビの強みになります。

・求職者と企業の強いマッチング力

・徹底したサポート体制

・未経験者にも丁寧にアドバイス

出典:マイナビ

そして全ての業種を網羅しつつ、8割が非公開求人ということもあり、外から見ているだけではわからないけど、登録してみるとその魅力に気づきます。

転職を検討しているなら最低限登録しておくべき転職エージェントです。

マイナビエージェントに無料登録する

転機

【公式サイト】https://ten-ki.jp

「転機」というサービスは転職支援サービスです。

「転職エージェントのひとつ」という見方もできますが、他の転職サービスとは異なり

「登録したからすぐに求人案件がもらえるわけではない」

ということから、

「とりあえず登録して放置しておく」

ような使い方を私はしていました。

転職サービス「転機」とは?

転機

・エグゼクティブ向けのサービス

・企業の経営層に直接売り込んでもらえて、経営層と直接面談ができる

・膨大な求人票から紹介されるというよりは、皆さんの能力に合致した案件をとってくるイメージなので案件紹介まで時間がかかる

「転職活動をしようとおもったら、すぐに転職先を決めたい!」

と思っている人には「転機」はおすすめできません。

一方で

「転職を急いではいない。十分時間がある。いい案件があったら転職を検討したい」

と思っている人には「転機」はおすすめです。

ハイクラス転職サイト「転機」に無料登録する

 

doda(デューダ)

【公式サイト】https://doda.jp

TVCMでもおなじみパーソルキャリアが運営する「doda」は求人情報サービス・人材紹介サービスを提供する転職サイトです。

大手の転職サービスゆえに、幅広い案件を紹介してくれますので、まず登録しておくべきサービスになります。

実際に使って見ると担当の方がかなり若い印象です。

20代、30代ならかなり相談しやすいけど

40代以上だとキャリアの相談においてはギャップを感じるかもしれません。

ただし、若いゆえにフットワークと熱量がハンパない印象です。

任せっきりではなく、希望条件を適切に伝えてあげることで、うまく使いこなせるエージェントでした。

dodaに無料登録する

最後に:転職が目的になると、その転職は失敗します

何のために転職するのか?

お金か?やりがいか?チャレンジか?

いずれにしても転職することが目的になってしまうと、その転職はうまくいきません。

 

転職の結果、さまざまな経験を積んで筆者は会社設立という

ずっとやりたかった場所に到達することができました。

 

転職の結果、会社設立に向けて十分な経験と知識を手に入れることができたからです。

 

すべての人に会社設立、起業をおすすめするつもりはありません。

でも、転職の本当の目的を明確にしておくことで

失敗しない転職ができると思います。

 

最後に今回ご紹介した、実際に私が5回の転職で役立った転職サイト、転職エージェントについて改めて書いておきます。

まずは一歩を踏み出しましょう。

一歩が踏みさせないなら、きっと1年後も

同じような悩みを抱えながら、時間を無駄に浪費しているだけでしょう。

人生は一度切りです。

後悔をしない人生にしましょう。

doda

有名な大手転職サービスです。ここは登録必須で考えておくべきです。広く、浅く、安定した情報を収集できます。複数登録の転職サイトとしておすすめ。

JAC Recruitment

ビジネスパーソンとして、さらに上を目指すなら転職エージェントとして圧倒的な質とサービスを提供してくれるJACはおすすめです。JACしかない企業案件もありますし、何よりも転職エージェントの質が素晴らしい。時間と情熱をかけて相談に乗ってくれます。いろいろな転職エージェントとあってきましたが、ここのエージェントはとなたもプロ意識が高いです。

転機

時間をかけて自分のキャリアを検討したいという方なら経営層に直接アプローチできる案件を、時間をかけて探してきてくれる転機との相性が良いかもしれません。案件紹介まで時間はかかりますので、まず登録しておくことをおすすめします。