【注目】口コミで人気「アカパックン」を1ヶ月使ってみた!ガス代・水道代節約におすすめ – YOKOHAMAZINE-横浜を愛するゲーム・エンタメ系マガジン-

【注目】口コミで人気「アカパックン」を1ヶ月使ってみた!ガス代・水道代節約におすすめ

スポンサーリンク

【注目】口コミで人気「アカパックン」を1ヶ月使ってみた!ガス代・水道代節約におすすめ

アカパックンという謎の緑のキャラクターをご存知ですか?お風呂の浴槽掃除グッズなのですが、湯船に浮かべておくだけで、湯アカの原因となる油脂をグングン吸着するので、最後の人まで気持ち良く入浴できたり、翌日も同じ、お風呂の水を使っても嫌な臭いがせず入浴できるというスグレモノ。実際に1ヶ月使ってみたところ効果を実感できたので、ご紹介します。

口コミで話題の「アカパックン」ってご存知ですか?


恵川商事 浴槽掃除 アカパックン お風呂用 グリーン

「アカパックン」というお風呂の浴槽掃除グッズをご存知ですか?

湯船に浮かべておくだけで、湯アカの原因となる油脂をグングン吸着するので、最後の人まで気持ち良く入浴できたり、翌日も同じ、お風呂の水を使っても嫌な臭いがせず入浴できるんです。

ということはお洗濯の再利用にも使えて節水にピッタリというわけです。

しかし、このアカパックン・・・これまで全然知らなかったんです。たまたまテレビをつけていただ「今週のプレゼントはアカパックン」というワイドショーみたいな番組での視聴者プレゼントに使われていて、テレビに気をとられたのが運命の始まり。

効能なんて二の次で、謎の緑のキャラクター「アカパックン」に釘付けとなってしまいました。その後、ネット通販でポチっと注文していたのは言うまでもありません。

謎の癒しキャラクター「アカパックン」

アカパックン

無機質な浴室における、謎の緑のキャラクター「アカパックン」の存在感は絶大。見ているだけで癒されるとか、

アカパックン

バスタブに浮かべてプニプニ触っているだけで癒されるとか、独特な存在感があるアカパックンですが、実はコイツは凄い奴だったのです。

アカパックンを1ヶ月使用してみたら効果あった

購入してから1ヶ月間使用してみてわかったこと

・2日目のお風呂の水の臭いがなくなった

・ヌメリが少なくなった

・結果、水道代、ガス代の節約になった

アカパックンのどこにそんなパワーが秘められているのか不思議ですよね。

実はアカパックンをパックリ割ると(割ったことはないですがw)断面は4層構造になっており、中央には竹炭含有素材のコアがあり、竹炭ビーズが油分を吸収し、外に逃がさない構造になっているのです。

なるほど、アカを吸い取るというよりは、アカの元である油分を吸収するという仕組みなんですね。

実際に油分吸着実験をした写真がありますが、みるみるうちに着色した油分がアカパックンに吸い込まれていく様子がわかりますね。

アカパックンの効果は永遠に・・・・

とうわけではなく公式スペックによると使用可能な期間は約200日、実使用で200回以上使用可能とのことです。

アカパックンのお手入れ方法は?

というわけでアカパックンの断面は4層になっていることはお伝えした通りですが、こちら通常の使用であれば、アカパックン自体のお掃除の必要はありません。

しかし、どうしてもアカパックンの汚れや衛生面が気になる場合は、洗濯槽にアカパックンと中性洗剤(1~2cc)を入れ、洗濯、脱水をすればより清潔に使用できるそうです。これは良い情報!ながく、気持ち良く使えそうですね。

なお、入浴剤の入ったお湯に入れてもアカパックンの効果は普通のお湯と変わらないとの事なので、バスクリン、お風呂にバブを使っているお宅も大丈夫。

油分をぐんぐん吸着するアカパックン。

ゆえに、アカパックンとアロマオイルとかをいっしょに使うのは避けましょう。

まとめ:アカパックンの正しい使い方

アカパックン

1.お湯を入れる時か、お湯をためた浴槽に「アカパックン」を投入

2.入浴時もずっと入れておく。時々眺めながら癒される。

3.お湯を排出する前に取り出す。

ただ、これだけ。

翌日までお湯を残す時も、そのまま浴槽に入れっぱなしでいいと思います。しかし、夏場とか入れっぱなしはちょっと・・という方は、こちらの写真のように浴室内のタオルハンガーに置くと、水気も切れて一石二鳥です。

スーパーサイヤ人ならぬ・・スーパーアカパックン登場


SUPERアカパックン オフロ用/グリーン

そんなアカパックンですが、スーパーサイヤ人ならぬ、スーパーアカパックンなる商品も登場しています。残念ながらノーマルアカパックンしか使っていないので、どこまで効果があるのかわかりませんが、きっとベジータや、カカロットも驚きのスーパーな効果に期待したいところです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加