【実体験】40代が痩せない原因と痩せる方法(食べて痩せるダイエットブログ)

40代・50代のダイエット
スポンサーリンク

【実体験】40代が痩せない原因と痩せる方法(食べて痩せるダイエットブログ)

20代、30代の頃は暴飲暴食でも全然太らなかったのに(むしろ太れなかったくらい)

40代になると生活は変わらないのに一挙に太り出して痩せにくくなったりします。

 

または

20代、30代ならちょっと断食すれば体重は減ったのに、40代で同じことをやっても体重がなかなか下がらなくなったりします。

つまり、20代30代と40代では体の中身が全然違うものになってしまうということです。

いや、自分の中ではそんな感覚ないんですけど

実際に体の中では年齢とともに明らかに変化が生じているんですよね

 

だから気がついたら、いつの間にかメタボ体型になっていて

そして、メタボ体型な自分を受け入れて、何も感じなくなってしまうことで、どんどん体重は増えていきます。気がついたら、あっという間に40代の中高年になっているというわけです。

そんな40代は、20代、30代の頃の自分からすれば想像もつかなかった姿かもしれません。

でも、そうなってから痩せようと努力しても全然痩せられないんですよね。

なぜなら40代は20代30代と違う痩せない理由があるからです。

 

実体験をもとに、40代が痩せない原因と、実際に試してみて効果があった痩せる方法についてご紹介します。

40代が痩せない原因

40代が痩せにくくなる原因には色々なものがありますが、私の場合は次のようなものがありました。

基礎代謝が落ちている(=筋肉量が減っている)

加齢とともに体の基礎代謝は減ります。

その原因は筋肉量の低下にあります。筋肉は体を動かすエンジンのようなものであり、エンジンが動くことでカロリーを消費します。

しかし、同じ食生活をしていても40歳を超えると筋肉量は減っていくわけです。筋肉が減ると基礎代謝も落ちますので、生活は変わらなくても太りやすい体質になります。

有酸素運動をしていない(=脂肪燃焼機会が減っている)

20代、30代の頃はスポーツをやっていたり、レジャーや日常生活の中で体を動かす機会が多かったりするので、結果的にそれらが有酸素運動の代わりになり脂肪が燃焼されてきました。

しかし、40代になると階段を登らずエレベータを利用する頻度が上がったり、そもそも運動する機会が減ったり、誘われなくなったりすることで有酸素運動の機会が減ります。

収入は増えてお金はあるので、20代なら歩いて移動したような距離でもタクシーを使ってしまったりします。

日常生活の中で圧倒的に脂肪燃焼機会が減っているわけです。

アルコール摂取量は変わらない

その一方でアルコール摂取量は変わらず、いやむしろ増えている人も多いと思います。アルコールは筋肉を分解する作用があるので、筋肉の減少をさらに加速させます。

40代ダイエットにチャレンジしてみたけど失敗

40代に入ってダイエットにチャレンジしてみるもののうまくいかず・・・

スポーツジムやパーソナルトレーニングジムとかに通ってみたけど続かず・・・

皆さんもそんな経験があると思います。

 

なぜ続かないのか?それは

「40代を超えてくると、なんとしてもダイエットしたい、痩せたい!というハングリー精神の欠如するからです」

お金も社会的地位もあるし、その中で自分を追い込んで自分に厳しく接してダイエットができる人はそれほど多くありません。

手軽にダイエットできるなら、お金で解決する方法を探してしまうくらいです。

でも、

簡単に痩せられる方法ってなくて、どんなダイエット方法でも本当に痩せたいなら努力と継続が必要で、それって結構辛いダイエットだったりします。

でも40歳を超えてくると、そういった「辛さ」を乗り越えられるだけの忍耐がある人も限られてきます。だからなかなか痩せられず、失敗を繰り返して

最後は諦めてしまいます。

40代が痩せる方法

それでも痩せたい!

と思う人は、ここから先を読み進めてください。

実際に私が実践した痩せる方法をご紹介します。でも簡単な道ではないので覚悟は必要です。

基礎代謝を増やす(=筋肉量を増やす)

基礎代謝を増やす=筋肉量を増やしましょう。

そのためには

・筋肉の原材料になる「タンパク質」を摂取する

・体に刺激を与えてタンパク質を筋肉に変える

この2つをセットで行う必要があります。

 

タンパク質の摂取は鶏肉、プロテインなどを取ることで手っ取り早く対応できます。いや、タンパク質だけ摂取しても意味がないよ!という意見もあると思いますが

そもそも普通の40代は圧倒的にタンパク質の摂取が足りていません。

1日あたり成人男性なら、現状を維持するためにタンパク質50g、女性なら40gが必要です。

タンパク質の含有量は鳥もも肉100gで17gくらいなので、現状維持だけでも300gから250gは毎日食べる必要があります。あくまでも現状維持ですから、筋肉をつけていくなら、それ以上の摂取が必要です。

ザバス(SAVAS) ホエイプロテイン(amazon)

プロテインなら1回で17gくらいタンパク質を摂取できます。

有酸素運動や筋トレをする(=脂肪燃焼する)

余分な脂肪を燃焼させるためには有酸素運動が必要です。

有酸素運動とは

ランニングとか、水泳とか、サイクリングとか、筋肉を収縮させる際のエネルギーに、酸素を使う運動のことを指します。

そして、筋トレとは

筋肉に負荷をかけることで筋肉の成長を促すトレーニングを指します。

プロテインなどのタンパク質を摂取したら

筋トレで筋肉の成長を促し、有酸素運動で余分な脂肪を燃焼させる

この組み合わせが重要なのです。

アルコール摂取量を減らす

40歳を超えると会社の付き合いや、お酒の味を知ることによって、アルコール摂取量も増えます。

このアルコールというものが筋肉に悪い影響を与えます。

 

どういう影響かというと

・筋トレをするとテストステロンという筋肉を大きくするホルモンが分泌される

→つまり筋トレの目的はテストステロンを分泌させること

・このテストステロンというのは男性ホルモンなのですが、アルコールを飲むとテストステロンの分泌量が下がってしまう

→せっかく1時間みっちり筋トレしたのにアルコールを飲んでしまうとテストステロンが分泌されない

というわけですね。

しかも、アルコールを飲むとコルチゾルという物質の分泌量が増えます。このコルチゾルはなんと、筋肉を分解してしまうのです。

 

筋トレの効果もなくなり、さらに筋肉まで消費してしまうという最悪な結果になってしまいます。普通に生活している中ではそこまで、神経質になる必要はないかもしれませんが

1時間みっちり筋トレしてもアルコールを摂取してしまうと、筋トレはただの自己満足で終わってしまうというわけです。

40歳を超えて、醜いビール腹が目立つのは

運動もせず、ただビールばかり飲んでしまい、残った僅かな筋肉もアルコールで分解されてしまった結果というわけです。

だからこそ、アルコールの摂取量を減らす必要があります。

どうしてもアルコールを飲みたいなら、アルコールによって筋肉が分解される以上に、筋肉を増強するという考え方もありますが、それって、かなりの負荷の高いトレーニングが必要となります。

普通の人からすると、ちょっと現実的でないくらいのトレーニングというわけですね。

多くの人が無駄な努力を続けている

スポーツジムで1時間頑張ったあとのビールは美味しいですよね

でも、それは筋肉をつけるどころか、むしろ筋肉を分解させて、ますますメタボなお腹を作り出している行為なのかもしれません。

そういえば、その昔、スポーツジムに入会していながらも

・それほど高い負荷のトレーニングはせず

・トレーニング後にプロテインも摂らず

・そのまま居酒屋に直行していたり

または、スポーツジムに入っていながらもトレーニングはせず、付属のサウナとお風呂だけ入りに行っていたり・・・・・そういう経験ありませんか?

それって、むしろスポーツジムに行くことが太る原因を作っていたりする、皮肉な結果を生んでいたのかもしれません。怖い・・・・怖すぎますよね

40代のダイエットを成功させる秘訣

とはいっても40代になって、みるみるうちに大きくなるメタボなお腹を目の前にして、このお腹をなんとかしたい!と思いますよね。私もそうです。

とはいえ、今まで運動とかしていなかったのであれば、そう簡単にダイエットをすることはできないと思います。

でもダイエットをしたい!

そう思う人におすすめの方法をご紹介します。

体重が増えることを許容する

体重が増えること=太ること=メタボになる

という考え方は一般的で、体重ばかり減らそうと考えたり、体重が増えることを恐れたりしがちですが、体重が増えることを許容すると、結果的に痩せられます。

体重が増えること=筋肉がつくこと

と考えてみてください。

重要なのは「見た目」であり、凹んで引き締まったお腹が作れれば別に体重が増えても何も問題ないのです。

ならばどうするのか?

そのためには

タンパク質を摂る→運動する→好きなものを好きなだけ食べる→ただしお酒は控える

これだけで体重は増えても見た目はスリムになれます。

高い負荷のトレーニングを強制的に行う

一人でスポーツジムに行って、マシンでトレーニングをしても、実際のところその程度の運動で痩せるわけありませんし、筋肉がつくわけないのです。

圧倒的な高い負荷のトレーニングをして、タンパク質をしっかりとって、ようやく見た目でわかるくらいの筋肉とスリムな体を手にれられます。

 

一人でトレーニングができるなら、もう既にできているはずです。

でも一人ではできない(怠けるし続かない)のが現実です。

 

ですから、もう強制的に高い負荷のトレーニングをするような環境に追い込むしかありません。

そうなるとライザップとかは、やっぱりおすすめなのです。

・高い会費を支払うので逃げられない

・トレーナーさんについてトレーニングするので逃げられない

本気で痩せたいなら、逃げられない状態に自分を追い込むことをお勧めします。

ライザップは無料カウンセリングもやっていますので、とりあえずカウンセリングだけ受けてみて、無理ならそこで断ればいいのです。

下記からカウンセリングの申し込みはできますのでリンクを貼っておきますね

ライザップ無料カウンセリングに申し込む