【美味い】ベースフード(BASE FOOD)はオヤツ的感覚で食べられるアスリート食(評価クチコミレビュー)

40代・50代のダイエット
スポンサーリンク

【美味い】ベースフード(BASE FOOD)はオヤツ的感覚で食べられるアスリート食(評価クチコミレビュー)

筆者はほぼ毎日、ジムに通って、ダンベル、バーベルを使ったウェイトリフティングを中心にトレーニングしています。

一般的なスポーツジムとは違って、会員制のクローズドなジムなので、健康意識の高い人が集まるため

プロテインやサプリメント、健康ドリンクなどに対する意識も高く、日々新しいアスリート食に触れる機会も多いのです。

 

そこでプロアスリートの方から教えてもらったのがBASEFOODでした。

もう半年くらい前の話ですが、お裾分けで貰って食べてから完全にハマってしまいました。

BASE BREAD(amazon)

アスリートからすると食べても構わない3時のオヤツ的な感覚

教えてもらうまでBASE FOODというものを知りませんでした。

IT系に詳しいので

「BASE?ああ、ネットショップが作れるってやつ?」

みたいなくらいだったわけです。

私が教えていただいているプロアスリートの方は、大会に出場する直前はとにかく食事に気を使うそうです。

だから食事も食べられるもの、食べてはいけないもの

が存在する中で、BASE FOODはオヤツ的な感覚で食べられるということで箱買いをしていました。

しかし、美味しいので数日でなくなってしまうそうです。

つまり

プロアスリートにとってBASEFOODは3時のオヤツなんですね

素人がBASE FOODを食べてみた感想

BASE FOODの見た目はコンビニに売っているような100円くらいの普通のパンであり、これが完全栄養食であるようには到底見えません。

体を鍛えている人が食べるプロテインバーとか、健康フードって、「体鍛えてます仕様」のパッケージや形をしているものが多い中で、BASEFOODの普通っぽさは、むしろ良いと思いました。

私も会社通勤していた頃は、お昼ご飯にサラダチキンや、自分で調理したスチーム鶏肉をタッパーで持っていって食べていましたが、

明らかにオフィスの中で目立ちまくりです。

「ああ、体鍛えてるのね?」オーラを出しまくりなわけでです。

それに対してBASE FOODはどうみても「普通のパン」なのですから、オフィスで食べても違和感ないのが非常に良いと思います。

気になる味は「チョコレート味」が圧倒的に美味しいですね

BASE BREAD ベースブレッド チョコレート(amazon)

程よい甘味と、くどくない後味で、毎日食べても飽きにくいと感じました。

チョコレート味の場合、1個でタンパク質は13.5g入っていますが、トレーニングをしている立場からすると

1回の食事で 20g以上はタンパク質を取っておきたいので、ちょっと足りない感じはあります。

明治 ザバス(amazon)

でもBASE FOODを2個食べると「味変」がしないので、BASE FOODとコンビニで買えるプロテイン飲料ドリンクを合わせてとるとバランス的にも相性は良いと思います。

粉プロテインはコスパは高いけど美味しいものが少ない

タンパク質を大量に取るなら、プロテインはコスパが高いのは事実です。

VALX バルクス ホエイ プロテイン チョコレート風味 WPC(amazon)

プロテインもチョコレート味を選んでおけば無難に飲めます。

しかし、プロテインの場合、WPCプロテイン(Whey Protein Concentrate)という乳糖を含むプロテインが主流であり

乳糖を排除処理したWPI(Whey Protein Isolate)は値段が高めになります。

この乳糖というのは牛乳を飲むと、お腹がゴロゴロしてしまい、トイレに何度もいってしまうような原因になるものです。

なので、例えば1日、朝昼晩でWPCプロテインを飲むと、人によってはトイレの回数が増えたりします。

私の場合は、お尻がヒリヒリして「痔」のような感覚になってしまうので、WPCプロテインは1日1回にとどめています。

一方で、BASE FOODは特に乳糖に関する記述はないものの、何回食べてもお腹がゴロゴロしませんでした。

BASE BREAD(amazon)

よって、朝はプロテイン、昼はBASE FOOD、夕方にジムでトレーニングをして、夜はサラダチキン

みたいな組み合わせは体を鍛えている人、痩せたい人にとっては最強かもしれません。

BASE FOODのメリットとデメリット

美味い

BASE FOODは、この手のフードではダントツに美味しいです。

基本的に美味しい食べ物って、カロリーが高かったりジャンキーだったりします。油は美味しいんですよ。

一方で本当に体によい食べ物だったり、炭水化物が少なく、タンパク質が多いフードって、味が微妙な物が多いのも事実です。

だから各企業は「味」を追求して日々、研究開発していますが、味と含有成分は必ずしも比例しないのが現状です。

これまでいろんなアスリート食を食べてきましたが、むしろBASE FOODはその中では、かなり美味しい部類に入ります。

安い

BASE FOODは1個当たり250円くらいになります。1個100円のパンと比べればかなり割高ですが、1回1時間1万円から2万円のパーソナルトレーニングに比べれば激安です。

これまで100万円ほどパーソナルトレーニングにお金をかけてきましたが、ダイエットを成功させる上で90%以上は食事で決まる!というのが実感です。そう考えると250円はそう高いものではないんですよね

賞味期限が短い

合成保存料を使っていないので、製造から2週間程度しか賞味期限はありません。でも普通のパンとして考えれば普通なんですよね。

プロテインバーとかと比較すると短すぎますが、BASE FOODは保存食ではないので比較対象としてはちょっと違うといった印象です。手元に着いたら、どんどん食べていきましょう、

炭水化物が多い

公式サイトの情報によるとBASE FOODのプレーンの場合のカロリーは205kcal、炭水化物23.9g、タンパク質13.5gとなっています。

プロテインとか、チキンとかと比べると、タンパク質は少なめで、炭水化物が多め、という印象を受けるかもしれません。

脱:炭水化物ダイエットをしている人から「炭水化物が多い!」という印象を持つかもしれません。でもトレーニングをしている人間からすると

「炭水化物は取らなきゃダメだし、そもそも炭水化物抜きダイエットは全く推奨しない(リバウンドもするし、体重が減っても健康的になれない)」

という部分はあります。

ダイエットはほぼ90%食事で決まる

個人的に毎日トレーニングしていますが(コロナ禍の影響もあり、トレーニングが捗ります)

ダイエットしたいなら、その90%はトレーニングというより食事が大切になります。

以前にパーソナルトレーニングに100万円近くかけたことがあって、それで体重は10kgほど落ちたこともありますが、でも週2回の1時間ちょっとのパーソナルトレーニングと、毎日のダンベル、バーベルによる激しいトレーニングでは

圧倒的に毎日のトレーニングの方がタフなんですよね

100万円近くかけたパーソナルトレーニングの中身も、大部分が食事制限がメインになるので、むしろ、そこにコストをかけるなら、BASE FOODなどの食料にコストをかけるところから初めてみる方が圧倒的にコスパは高いと思います。

ちなみにパーソナルトレーニングに100万円かけましたが、そんだけ回数をかけているとトレーニング方法も習得できてしまうので、現在のトレーニングにも役立っている部分はあります。

まとめ

BASE BREAD(amazon)

BASE FOODは大体1セットが4000円くらいからスタートできます。

4000円って初めて、この手のフードに手を出す人からすれば「高い!」という印象を感じるかもしれません。

※チョコレート味なら1個で250円くらいですね。

 

でもプロテインでも3000-4000円しますし、サプリメントとかいくらでも高いものはあります。

でもパーソナルトレーニングなんて1回1時間で1万円ー2万円するわけですから、それと比べると、むしろ安いんですよね

プロテインもそうですけど、結局のところ長続きするかがポイントです。

そして長続きするためには「美味しいか」これがかなり大きなウェイトを占めます。

まずい食料やプロテインだと、それを採ることが苦になってしまいますからね。

もし健康食やダイエット食に興味があるなら、BASE FOODは試してみる価値あります。

40代50代におすすめダイエット、ヘルスケアアプリ

Beatfit|音声フィットネスアプリ

Beatfit:楽しく運動が続く!音声フィットネスアプリ

Beatfit:楽しく運動が続く!音声フィットネスアプリ
開発元:BeatFit Inc.
無料
posted withアプリーチ

BeatFitはプロが製作した12ジャンル、700以上のクラスを受講できる音声フィットネスアプリです。

Beatfitを無料ダウンロード

ジムの中で、外で、ベットの上で、通勤電車の中で

仕事や家事の休憩時間、家までの帰り道、お風呂の中で・・・

さまざまなシチュエーションで使える音声エクササイズを収録しています。

映像付きのトレーニングはどうしても使い勝手が悪いし

好きな音楽を聴きながらのトレーニングは、気持ちは高まるけど実際のトレーニングに対する効果は微妙だったりしませんか?

BeatFitは音声によるフィットネスアプリなので、使うこととで日々のトレーニングの質をアップさせる事ができます。

基本的に有料、月額制なのですが30日間の無料体験ができるので

ぜひお試し体験をしておきましょう。

Beatfitを無料ダウンロード

あすけん|カロリー計算アプリ

あすけん ダイエットのカロリー計算・体重管理・食事記録

あすけん ダイエットのカロリー計算・体重管理・食事記録
開発元:asken inc. (Tokyo)
無料
posted withアプリーチ

「あすけん」は600万人以上が使っているカロリー計算、体重管理ができる無料のダイエットアプリです。


さらにカロリー計算だけでなく、炭水化物などの14種類の栄養素をもとに栄養士がダイエットに役立つアドバイスも受ける事ができます。

特に便利な機能は食事の写真を画像解析して、メニューを推測して、瞬時にカロリー計算をしてくれる機能です。

これが結構便利なので、これだけの機能のために「あすけん」を選んでいる人も多いです。

また、ウォーキングやランニング、筋トレなどの運動も記録ができます。

あすけんを無料ダウンロード

あるくと|歩数計アプリ

歩数計アプリ -aruku&(あるくと)-

歩数計アプリ -aruku&(あるくと)-
開発元:ONE COMPATH CO., LTD.
無料
posted withアプリーチ

健康になってTポイントももらえちゃう!

さらに商品のプレゼントキャンペーンに応募することもできる!

歩数計とキャンペーンアプリが合体したのが「あるくと」です。

あるくとを無料ダウンロード

使い方はとってもカンタン!

1000歩毎にもらえるお宝カードで賞品に応募したり、マップ上の住民に話しかけて、制限時間内に指定された歩数を達成してもらえるお宝カードを集めてアプリ内から応募するだけ。

毎日の生活やウォーキングがもっと楽しくなるアプリです。

あるくとを無料ダウンロード