同じ会社に長く勤めるメリットとデメリット比較|もっと早く転職するべきだった

転職ノウハウ
スポンサーリンク

20代、30代に届け!同じ会社に長く勤めるのはデメリットだらけ

先日、友人がこんなことを言っていました。

「やっぱり、同じ会社に長く勤めることでメリットは大きいよね」

これは一見、正しいように聞こえますが、

実は大きなリスクを伴います。

むしろ、同じ会社で長く勤めることで得られるメリットよりも、デメリットの方がとてつもなく大きいと思うのです。

実際に私も10年以上に渡って同じ会社で働いてきた経験があります。

結果的にその会社は退職して、別の会社に転職して、その後、また別の会社に転職した結果、現在、会社経営をしています。

会社経営者となった、今、言えることは

「転職するなら同じ会社に長く居続けるのは人生の無駄」

「将来、起業するならできるだけ転職していろいろな経験と人脈を広げた方が良い」

もう、これが結論ですね。

むしろ10年も同じ会社で居続けて

限られた世界の中で、同じような仲間と仕事をするということは、

そこで定年を迎える覚悟があるなだまだしも、転職してキャリアアップを目指したり、心のどこかに「起業」という文字が見え隠れしているならば、2021年の現在においてデメリットしかありません。

とはいっても、

やっぱり、同じ会社に長く勤めることでメリットは大きいよね

こんな声が友人からは依然として聞こえてきます。

そこで、今回、同じ会社に長く勤めるメリットとデメリットについて比較してみたいと思います。

でも、今回、実際にひとつひとつ比較してみたのですが、

「あれ!?実はメリットなんかないんじゃないの?」

「もっと早く転職するべきだった」

という思いがさらに強くなりました。

40代になった今、貴重な20代、30代は戻ってきません。時間はお金では買えないんですよ。

だからこそ、いまの20代、30代の方に今回の記事が届くといいな

と思います。

同じ会社に長く勤める5つのメリット(と一般的にいわれていること)

同じ会社に勤めることのメリットとして、一般的に挙げらることは次の5つに集約できます。

でも、この記事を書きながら考えているんですが、2021年の現在、メリットが少ないんじゃないか?と思っています。

会社仲間との信頼関係が構築できる

長く同じ会社で働いていれば、会社の同僚との信頼関係が構築できます。中途入社で入ってきて、まだ1年の人よりも、10年同じ会社で働いている人の方が信頼関係が深いのは当然のことでしょう。

でも、信頼関係って本当に信頼関係といえるほどのモノなのか?というと怪しいところはあります。結局、同じ会社で長く働いている繋がりだけの信頼関係って本物の信頼関係じゃないんですよね。

たった数ヶ月しか一緒に働いていなくても、別の会社で働いていても信頼関係が作れる人もいますすから、

「長く同じ会社で働いていれば、会社の同僚との信頼関係が構築できる」

というのは必ずしも正しくないと思うのです。

仕事のパフォーマンスがあがる

同じ会社で長く働いていれば、その会社の仕組みや、ルール、文化を理解できますし、困った時に社内の誰に相談すればいいのか?すぐわかるわけですよ。

だから、何か新しいことを始めようと思った時にでも、すぐに仕事に取りかかれるから入社1年目の人と比べると圧倒的にパフォーマンスが高いのは事実です。

人間関係もそこそこ構築できているので、無理なお願いでも昔から働いている勤続10年のAさんからのお願いとして聞いてくれるわけです。

でもこれって、あくまでも社内通ゆえのパフォーマンスの話ですよね。

むしろ長く居続けて、内情を知り尽くしているからこそ、しがらみから抜け出せず、パフォーマンスがあがっているような仕事っぷりができていても、結果が追いついてこない、そんなことが多いのです。

同じ会社に長くいる人ほど、周囲がどんどん辞めていくから、どんどん昇進するのですが、本当に使えない人って多いのも事実。同じような失敗を繰り返して、それでも代替人材がいないから部長に留まり続けている人いますよね。

給料が安定する

長く同じ会社で働いていると、その人の能力は完全に把握できるので、そう言った意味では給料は安定します。

給料が安定するとは、高給をもらえるというわけではなく、時間経過とともに給料の増減はあるものの、一定の水準で安定するという意味です。

給料が安定すれば、毎月、毎年、安定して収入が見込めるということですから、生活をしていく上では安心ですよね。

でも、その一方で、普通に働いているだけでは昇給や昇格が見込めにくいというリスクもあります。長く働いているからこそ、ちょっとやそっとでは評価を得にくいという点ですね。

退職金が受け取れる

長く働いて定年を迎えれば退職金がもらえますよね

でも途中でやめると退職金はもらえるんですが、めちゃくちゃ少なくなってしまいます。

定年まで同じ会社にいるなら長く勤めるメリットは大きいですが、途中で転職したりする可能性があるなら、むしろ退職金のメリットはほぼありません。

最近は退職金自体がない会社も多く、働く会社によっては退職金のメリットは低いといえます。

社会的信用が得られる

長く同じ会社に働いていると社会的信用が得られると言われています。

この社会的信用とは

・住宅ローンが組めたり

・クレジットカードが作れたり

といったことを指します。

住宅ローンとかは、転職した直後ではローンが組みにくいと言われていますが、これは事実でもあるんですが、個人的には間違いだと思っています。

なぜなら筆者は転職した1ヶ月後に住宅ローンの審査を通したからです。転職直後であっても、転職の理由が年収がアップするキャリアアップ目的ならば、その理由を記載して書類提出することでローンの審査を通すことができました。

結局、ローンの審査って勤務期間の長さよりも

その人に返済能力があるのか?

そっちの方が重要だったりします。

あくまでも個人の話ですが、長く勤めていることが必ずしも社会的な信用ではなく、むしろ、どの会社で働くのかが重要です。

同じ会社に長く勤めるデメリット

ここからは同じ会社で長く働くことのデメリットについてご紹介します。最初に結論をお伝えすると、長く同じ会社に勤めることはデメリットしかありません。

いや、私自身、10年以上、同じ会社で働いたことは、良かったこともあるんですけど、無駄に長く働き過ぎたなぁ、と後悔しています。

我慢し続けなければならない

長く同じ会社で働くということは、どんな嫌なことがあっても我慢し続けるということになります。

嫌な上司、相性の悪い同僚、

言いたいことも飲み込んで我慢しなければなりません。

でもそれって、冷静に考えたら異常なことです。

本来、仕事とは我慢することではなく、自分の限界を超えて成長しながら、社会に存在価値を認められて、給料をもらう

我慢することではなく、モチベーションに満ちた状態で働くことです。

そこまで我慢して、その会社で仕事をする意味ってあるんでしょうか。

限られた世界しか知らない人間になってしまう

社内でNo1の評価を貰っても、外に出てしまえば全く評価されないかもしれない。あくまでも会社での評価は、その会社世界の話です。

井の中の蛙ではないですけど

同じ会社で長く働き続けることは、その限られた世界しか知らない人間になってしまいます。

限られた小さな世界しか知らないことは、ある意味幸せといえるかもしれませんが、いずれ定年を迎え、会社をクビになると知らない世界で働かなければならない時が必ずきます。その時に後悔しても手遅れです。

長く同じ会社で働き、その世界だけしか知らない状況は、いずれ訪れる未来の課題をただ先送りしているだけに過ぎません。

自分の可能性や成長を潰してしまう

同じ会社にいることで自分の可能性や成長を潰してしまうことは多々あります。本当は世界を変えるほどのポテンシャルを持っているのに、同じ会社で長く、ぬくぬくと生きていくことを選ぶことで自ら可能性を潰しているような人は多いのです。

転職したくても転職できなくなってしまう

最終的に転職したくなったとき

もしくはリストラや会社の倒産などで転職しなければならなくなったとき

同じ会社で長く働いている人ほど市場評価は低く、潰しがきかない使えない人材として転職したくても転職できなくなってしまう可能性があります。

定年を迎えたら通用しない人間になってしまう

一般企業では60歳を超えたら定年です。

再雇用してもらえるチャンスもありますが、再雇用のチャンスがある人は多くないでしょう。同じ会社で長く働き続けるということは定年を迎えたら世の中で通用しない人間になってしまう可能性があります。

これは、20代、30代からすると遠い未来の話で想像がつかないかもしれませんが、40代を超えてくると現実として実感できる話です。

結局、転職や起業するなら同じ会社に長く勤めることはデメリット以外の何物でもない

今回、同じ会社に長く勤めることについてメリット、デメリットを比較してみましたが、最終的に転職したり、起業するつもりなら、ひとつの会社に長く居続けるのはデメリットの方が大きいですよね。

実際に長く同じ会社に居続けたところで、2021年、いろいろなことが起こりうる時代において、同じ会社に居続けたくても居続けられないという状況が今後起こりうる可能性があります。

リストラとか早期退職とか、会社が倒産してしまうとか

先行きが見えない時代ですから、むしろ同じ会社で長く働ける人がどれだけいるのか?という話ですね

40代、やり直せるなら、もっと転職しておくべきだった

私自身も10年以上、同じ会社で働いたことがありますが、長くても5年くらいで転職すべきだったと思っています。

10年以上も同じ会社で働いていると、自分自身のスキルアップや成長実感が停滞してくる瞬間があるのと、職場での慣れに甘えてしまい、人生における目的を見失ってしまう瞬間があります。

でも人間関係も悪くなく、居心地が良い職場ですから、そこに居続けてしまうわけです。

でも、居心地の良い環境でぬるま湯に浸かって生きることは人生において無駄以外の何物でもありません。

現在、会社経営をしていますが、若いうちにもっといろいろな業界で転職して経験を積んでおけば良かったとは思っています。

人生で5回転職を経験しており、そのうち4回は40代で経験していますが、40代の転職は10年以上、同じ会社で働いた経験よりも何倍もの価値がありました。

モヤモヤしているなら転職活動がおすすめ

今回の話を読んだ結果、みなさんの心の中でなんかモヤモヤしているようでしたら、転職活動をしてみることをおすすめします。

結果的に転職しなくてもいいんです。

転職活動をしてみることで自分の中での整理がつくので、ひとつの会社に長く勤めている人は、転職サイトに登録してみて、転職エージェントと話をしてみることをおすすめします。

きっと、心の中のモヤモヤの原因がわかって、少しだけモヤモヤが晴れると思います。

最後に筆者が40代で4回の転職に役立った転職サイトについて載せておきますね。

JAC Recruitment

ビジネスパーソンとして、さらに上を目指すなら転職エージェントとして圧倒的な質とサービスを提供してくれるJACはおすすめです。JACしかない企業案件もありますし、何よりも転職エージェントの質が素晴らしい。時間と情熱をかけて相談に乗ってくれます。いろいろな転職エージェントとあってきましたが、ここのエージェントはとなたもプロ意識が高いです。

ランドスタッド

転職エージェントに相談したら、いろいろな担当者にたらい回しにされて興味がない業界や職種まで紹介された。まるで自分の営業案件を押し売りされる感じだった。ランドスタッドではそんな心配無用です。少数精鋭のコンサルタントが徹底的にサポートしてくれます。

レバテックエキスパート

エンジニアで、もっと上を目指すならばレバテックエキスパートは登録必須ですね。5年以上のキャリアを持つベテランアドバイザーが相談に乗ってくれるのですが、こちらもエンジニア系エージェントとしては質が高い。登録しないと転職活動で損をします。

doda

有名な大手転職サービスです。ここは登録必須で考えておくべきです。広く、浅く、安定した情報を収集できます。複数登録の転職サイトとしておすすめ。

マイナビエージェント

大手の転職サービス「マイナビエーイェント」も情報収集にはおすすめです。大手なのでとにかく情報量が豊富です。dodaとセットで登録しておくと情報量はかなりのものになります。

転機

時間をかけて自分のキャリアを検討したいという方なら経営層に直接アプローチできる案件を、時間をかけて探してきてくれる転機との相性が良いかもしれません。案件紹介まで時間はかかりますので、まず登録しておくことをおすすめします。