40代の転職は本当に厳しいの?40代で4回も転職した体験談をお話します

転職ノウハウ
スポンサーリンク

40代の転職は本当に厳しいの?40代で4回も転職した体験談をお話します

こんにちは。

現在40代後半、40代で4回も転職をしてきました。

40代で4回というと、ちょっと転職回数が多すぎる気がするかもしれませんが、一方でそれだけ転職のチャンスがあり需要があったということの証拠ともいえるかもしれません。

私の場合は、会社が嫌になって辞めたというよりも、ずっと独立をしたいという思いがあって、起業と会社員の間で揺れ動いてたことが転職回数の多さにつながっています。

最終的には現在、独立起業をして社長として会社経営をやっています。

世間一般的には40代の転職は非常に難しいと言われていますが、それは事実でもあり、間違いでもあると私は思います。

なぜなら私自身が40代で4回も転職をしており、大手企業で給料も頂けるような転職をしてきたからです。

もし40代の転職が厳しいとするならば50代は、60代はもっと厳しいということになりますし、仮に40代で転職を成功させても定年を60歳と考えるなら、先はあまり長くありません。

40歳の転職が難しいと言われているのは、あくまでも一般論であり、その裏で容易に転職してキャリアアップしている人もたくさんいるわけです。そういった人の声ってネットでもあまり表に出てこないだけで、

ネットを検索すれば「40代、転職、絶望、地獄、無理」みたいなネガティブなワードばかりが目につきます。

そこで今回はなぜ私が40代で4回も転職できたのか?その体験談を踏まえて、本当に40代の転職が厳しいのか?という部分を分析していきます。

40代の転職が一般的に厳しいと言われている理由

40代の転職は一般的に厳しいと言われています。なぜ厳しいのか、それは採用する側が40代の採用において構えてしまう点にあります。

ざっくりあげると次のような要因が40代の転職を厳しくさせています。

・企業の期待値が高い

・キャリアと実力に乖離があった場合、潰しが効かない

・給料が高め

・体力的に若い人には負ける

・転職後、会社組織に馴染めるか不安

・扱いにくい

最終的にはその人と一緒に仕事をしたいのか?という点が重要になります。会社といっても、そこで働いているのは人間です。そして40代のあなたを採用するのも人間です。

気持ちよく、楽しく、仕事ができる仲間なのか?

という点を考えた場合、40代の人材を獲得することに慎重になります。もし自分が社長で、従業員をとる事になったとしましょう。20代、30代、40代、年齢によって求める採用要件は異なるでしょう。

それと同じことが実際の企業採用においても、おこっているだけの話なのです。

40代の転職活動における周囲の反応は?

実際に40代で転職活動をしてみると様々な反応を受けます。代表的な反応についてまとめてみました

・会社の同僚

勤めていた会社の文化に影響しているかもしれませんが、直近の会社の同僚は40代の転職活動においてあまり関心はありませんでした。一方で、40代の転職ってちょっと厳しいんじゃないの?みたいな会社もありました。

つまり40代の転職については、人によって見方が全然違うというわけです。特に問題ないという人もいれば、40代の転職に極度に恐れを抱く人もいます。

・家族

40代で4回も転職しているくらですから、もう慣れたという感じです。特に反応無しです。ただし実家の親には転職した事を伝えていません。親世代からすると40代の転職に対する危機感はあるため、無駄に心配させたくないという意味があります。

・転職エージェント

いままで何人もの転職エージェントとあってきましたが、40代だから転職が厳しいという話をした人はゼロです。むしろ積極的に売り込んでくれます。40代だから転職エージェントが消極的ということはありません。

・企業面接

企業面接では40代だから何かあるということはありません。面接官は年下30代の人が多かったのですが、特にネガティブになるようなことはありませんでした。これには理由があって、のちほど成功した理由でお話します。

・起業している友達

周囲には起業している仲間が多いのですが、起業してしまうと年齢とか関係ないため40代で転職をしようと思っている、と伝えても大した驚きはありません。

このように40代の転職に対する見方は様々であり、私の周りでは、それほど40代の転職に対する抵抗は低い印象でした。40代だから転職は厳しいとか、無理とか、そういう感覚が薄かったのです。

これって一般的に40代の転職が厳しいと言われているのとは真逆の状況です。環境が変われば見方も全然違うというわけです。

私が40代で4回の転職を成功できた5つの理由

ところで、いま振り返ってみると、なぜ私が40代で4回も転職できたのか?

特に何かを狙って転職活動をしていたわけではないのですが、結果的にうまくいった事から自己分析してみると5つの成功要因が見えてきました。

今回はこの5つの成功要因についてご紹介します。

①経験やスキルを洗い出して転職エージェントと企業にアピールした

今までの経験や持っているスキルを洗い出して

何ができるのか?どんな貢献ができるのか?転職エージェントと企業にアピールしました。

これって転職活動において当たり前の作業なのですが、私の場合は自分では認識していない経験やスキルまで掘り下げて全部書き出して、そこからアピールポイントを決めていきました。

これによって自分独自の自己アピールができますし、数多い転職希望者の中で圧倒的に印象を与えることができます。

みなさんも自分では気づいていない経験や能力が絶対にあるので、まずは紙に書き出してみるところから始めてみることをおすすめします。

②職務経歴書の作り方を工夫した

職務経歴書って一般的な定型フォーマットがあるのですが私の場合は一般的な定型フォーマットを使わず、パワーポイントを使ったプレゼン資料を作りました。

転職エージェントに聞いた話では世の中の99%が一般的な定型フォーマットを使って職務経歴書を作るらしく、私のようなケースは1%にも満たないそうです。

これによって転職エージェントから企業への人材提案や

書類選考においても圧倒的なアピールができたわけです。

なぜならほとんどの職務経歴書が全部同じような形式で書かれているなかで、全体の1%しかないレアな職務経歴書は見る側の印象に残らないわけありません。。

③マイナーだけど特定領域で強みがあった

私の場合、特別優秀な人材ではなかったのですが特定領域において強みがありました。

まんべんなく仕事ができるのも魅力ですが40代の転職には、何か一点突破の特別なスキルがあると大きな武器になります。

そんな武器を持っていない!という人でも絶対に何か自分しかないスキルを持っているはずです。まずはそのスキルを自分の中で整理して見つけ出す作業をするだけでも大きな武器になります。

④とにかく笑顔

転職エージェントとの面談、企業採用担当者との面接においてはとにかく笑顔です。

顔の表情は面接相手の印象に大きく影響を与えますし、意識して笑顔を作るくらいがいいと思います。

⑤平均的な40代にはない若さをアピールできた

私は現在40代後半ですが、40代にしてはお腹も出ていません。日々トレーニングの成果ともいえますが、最終的に採用されるか決め手になるのは、一緒に働きたいか?という点にあります。

年齢が離れていても、年齢を気にさせない見た目は非常に重要です。40代でも見た目が30代なら年齢のギャップをカバーすることができるのです。

よってダイエットして、体を鍛えて、見た目も意識するのも転職活動では重要だと思います。

まとめ

今回、40代の転職活動は本当に厳しいの?

という疑問に対して実際に40代で4回も転職した筆者の実体験を踏まえてお話しました。40代の転職活動は、その本質を理解すればそれほど恐れることはないかもしれません。

実際に私も40代で4回の転職をしてきましたが、その中で使ってきた転職サービスを下記にてピックアップしました。今回の記事がみなさんの参考になれば幸いです。

JAC Recruitment

ビジネスパーソンとして、さらに上を目指すなら転職エージェントとして圧倒的な質とサービスを提供してくれるJACはおすすめです。JACしかない企業案件もありますし、何よりも転職エージェントの質が素晴らしい。時間と情熱をかけて相談に乗ってくれます。いろいろな転職エージェントとあってきましたが、ここのエージェントはとなたもプロ意識が高いです。

doda

有名な大手転職サービスです。ここは登録必須で考えておくべきです。広く、浅く、安定した情報を収集できます。複数登録の転職サイトとしておすすめ。

転機

時間をかけて自分のキャリアを検討したいという方なら経営層に直接アプローチできる案件を、時間をかけて探してきてくれる転機との相性が良いかもしれません。案件紹介まで時間はかかりますので、まず登録しておくことをおすすめします。