40代の転職活動を成功させる方法は「あきらめないこと」(失敗しない3つの方法)

転職ノウハウ
スポンサーリンク

こんにちは

私は40代で4回の転職を成功させてきたということもあって周囲から40代の転職について相談を受けることが多いのですが、

相談を受けるたびに思うことがあります。それは

転職活動がうまくいっていない40代の共通事項として、多くの人が「転職活動を諦めてしまう」といった点があります。

なぜ諦めてしまうのか?

その理由について深掘りします

40代の多くが転職活動を諦めてしまう理由

40代の多くが転職活動を途中で諦めてしまうケースが多いのです。実際に20代、30代でも多いのですが、40代はそれら世代とはちょっと違う理由で諦めてしまいます。

40代は年齢を重ねているだけ自信過剰であり自己否定できない

40代といえば、完全なる大人です。

20歳で社会人になっているなら、社会人歴20年以上といったところですから、失敗も成功も、様々な経験をしてきた経験豊かな大人です。

成功、失敗も含めてあらゆる経験は

その経験に収まらないような物事の判断を邪魔しますし、これまでの経験を自己否定するような事を嫌がります。

しかし転職活動って、これまでの自分を自己否定しないと上手くいかない事も多いのです。書類審査も、面接も、不採用通知も全て自己否定と自己承認の境界線をフラフラしているようなものです。

ですから不採用が続いたり、面接でうまくいかなかったり

転職活動を通して自己否定されると、プライドの高い40代は諦めてしまうのです。

40代は「迷う世代」でありメンタル的に弱い

そもそも40代といえば人生の折り返し地点であり

会社員の定年65歳とするならば人生を折り返し過ぎている状態です。

そういった人生の「折り返し地点」「折り返しを過ぎた地点」付近は人生において悩みます。そしてメンタル的に病みやすい傾向にあります。

 

「これまでの人生の反省や後悔、自信とプライドとのトレードオフ」

「これからの人生に対する不安」

自分は必要な人間なのか?

何ができるのか?これからどうしたいのか?

いろいろ悩むのが40代です。

 

悩むとメンタル的に不安定になります。

転職活動がうまく行かないと悩むんですよね。だからネガティブサイクルに陥って、転職活動を諦めてしまうのです。

20代、30代と比べて40代の転職は基本的に厳しい

基本的に20代、30代と比べて40代の転職は厳しいです。

なぜ厳しいのか?

それについては、この後でお話をしますが、転職が厳しいということは、転職が決まらないという事ですから、諦めてしまうわけです。

20代、30代なら10社エントリーすれば内定がもらえる人でも

40代なら50社、100社エントリーしなければ内定がもらえないというわけです。

厳密には40代でも1社目のエントリーで内定をもらえる可能性もありますが、平均的には20代、30代よりも難易度は高いというわけです。

なぜ40代の転職は20代、30代と比べても厳しいのか

なぜ40代の転職は20代、30代と比べても厳しいのでしょうか?

それには3つの理由があります。ほぼ、この3つで答えが出ます。

採用する側のリスクが高いから採用に慎重になりがち

40代を採用する側の人事部担当者の気分になって考えてみてください。

20代、30代に比べて40代は

・給料が高い(給料が高いということは企業が負担する社会保険も高い)

・体力が落ち気味

・過去の実績とプライドが邪魔して活躍できない人も多い

・自社のカルチャーに馴染めるか不安(若い社員と馴染めないかも)

というわけです。

 

年齢に関係なく20代、30代も採用リスクはあります。でも実際に採用してみた結果、「40代はリスクたけー!!」という事が何度もあったわけですね。

しかも給料が高いのに、体力は落ち気味ですから20代のようなパワフルな仕事をお任せすることもできないという「潰しの効かない年代」ともいえます。

実際に、これを読んでいる40代の皆さん(私も含めて)

「そんなわけないじゃん!」

と思うかもしれませんが、その通り「個人差」」はあります。

でも一般的な40代はそういうリスクが、過去の採用実績を踏まえた上でも企業側は「リスクを負う」必要があるのです。

転職とは需要と供給のマッチングに大きく依存している

2つ目は20代、30代と違って40代の転職は需要と供給のマッチング度が非常に重要という点があります。

スキルも経験もない20代、30代は言い換えれば「染まっていない白い画用紙」のような状態です。

一方でスキルも経験もある40代は「特定の色に染まった画用紙」のような状態と言えるでしょう。染まった画用紙を必要としている会社もあれば、必要としてない会社もあります。

いかに、必要としている会社と出会って、就職エントリーを出せるか、そういったマッチングにかかっています。

 

年齢を重ねれば重ねるほど、皆さんの経験やスキルは特定分野において専門家、スペシャリスト化していきがちですから、それを必要とする企業は必ず世の中に存在するのですが、そことのマッチングができる確率は下がります。

世の中で、あなたを必要としている会社との出会えない限り、不採用通知の山を積み上げていきます。よって100社エントリーしても1社も内定がもらえないという状態になるのです。

でも、言い換えれば、あなたを必要としている会社と1社目から出会えれば1社目で内定がもらえます。

転職とはただの確率論でしかないのです。

40代の転職活動を成功させる3つの方法

ならば40代の転職活動を成功させるにはどうすればいいのか?

現在はコロナの時代ですから、以前と比べるとむしろ40代の転職活動はかなり有利になっています。その理由も含めて解説していきましょう。

マッチング率をあげる

40代の転職はスキルや経験が専門家、細分化しているゆえに企業とのマッチング率をあげることが重要です。

・企業が必要としている人材イメージ

・企業が課題に思っていること

それに対して

・あなたが提供提供できるスキルや経験

・あなたを採用することで企業の課題を解決できる

 

この双方のバランスがマッチングを成功させるための要因になります。この2つのマッチングをうまく繋げるのが転職エージェントなのです。

特に「企業が必要としている人材イメージ」「企業が課題に思っていること」については転職サイトでは入手しようがありません。

企業が公開している採用要件をみても、そこには「企業が本当に必要としている人材」「企業の課題」を知ることはできないからです。それらしき事が書いてあったとしても、必ずしもそれが正しい内容とも限らないため、ここを深く掘り下げるのが転職エージェントの役割となります。

 

不採用に対して過度に反応しない(ショックを受けない)

どんなにマッチング率を高めても100%採用ということはなく、もちろん不採用もあります。

この不採用については必ずしもネガティブな不採用ではなく、ポジティブな不採用もあるのです。

 

・あなたが活躍できる体制が自社で用意できない(採用する企業側の問題)

・給料が高すぎる(支払えない、支払えるけど社内バランスが悪く二次的問題リスクがある)

・採用する側があなたの価値を見抜けない(無能である、レベルが違いすぎる)

 

この3つのケースは実際に40代の転職活動では「あるある」です。

優秀な40代ほど転職活動がうまく行かないというケースもあります。でも不採用通知って、不採用の理由までは教えてくれない場合が多いのです。特に企業の内部的な問題による不採用の場合は、それ自体が会社にとって「恥」ですから、言えないですよね

 

だからこそ、不採用通知をもらっても過度に反応しない、ショックを受けない

というのも40代の転職活動を成功させるための秘訣です。

いちいち、ショックを受けていたらメンタルがもちませんし、このように、あなた自身の問題ではないところで不採用になっているケースもあるからです。

オンライン面接だけに絞る

これまでの転職活動は実際にあって面接を何度も繰り返して

といった対面式の面接が主流でした。

むしろ、それ以外の方法なんてなかったのですが、時間もメンタルも消耗してしまいます。

しかし、時代は変わり

現在は面接から内定まで全てオンラインで済んでしまう時代になりました。

よって落ちてもショックを受ける必要もなし

面接に時間をかける必要もなし

何件も掛け持ちして転職活動をする事ができるのです。

このような状況はコロナ前では考えられなかったことですね。

特に40代で今、仕事をしている人は、従来であれば転職活動に時間を割くことも難しいくらいに忙しい人が多いと思いますが、今なら自宅でリモートワークをしながら隙間時間で転職活動もできるのです。

 

最後にオンライン面談もできるおすすめの転職エージェントについて3つご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

JAC Recruitment

ビジネスパーソンとして、さらに上を目指すなら転職エージェントとして圧倒的な質とサービスを提供してくれるJACはおすすめです。JACしかない企業案件もありますし、何よりも転職エージェントの質が素晴らしい。時間と情熱をかけて相談に乗ってくれます。いろいろな転職エージェントとあってきましたが、ここのエージェントはとなたもプロ意識が高いです。

転機

時間をかけて自分のキャリアを検討したいという方なら経営層に直接アプローチできる案件を、時間をかけて探してきてくれる転機との相性が良いかもしれません。案件紹介まで時間はかかりますので、まず登録しておくことをおすすめします。

マイナビエージェント

転職といえば「マイナビ」と言われるくらいに大手の転職サービスです。ここに登録しておけば、大体の転職情報は入手できますので必須登録サイトになります。

気になる案件が見つかったら、それについて他社のエージェントに相談してみるといった使い方もできます。