40代で会社を辞めた人のリアルな現実(転職して正解だった)

ライフブログ
スポンサーリンク

40代で会社を辞めた人のリアルな現実(転職して正解だった)

40代といえば会社員人生の折り返し地点

60歳で定年とするならば、残り20年しか働けないという計算になります。

それゆえに、これからの人生について色々考えてしまうものです。

「このまま、この会社にい続けるべきか」

「別の環境で限界にチャレンジするべきではないか」

「叶えたい夢を追いかけるべきではないか」

まぁ、いろいろ40代になると考えてしまうわけです。

その結果、病んでしまう人が多いのも40代の特徴だったりします。

 

悩んだ結果、会社をやめて転職したり、独立起業したりするわけですが

実際のところ40代で会社を辞めて転職した人のリアルな現実って知りたいですよね?

私も40代になって、今回ここで書いたような、同じような迷いに陥り何回か転職しました。

実際に転職した結果、どうなったのか?

リアルな現実についてお話します。

 

その前に伝えておきたいことがあります

「40代になると、みんな悩みます。無駄に悩むのです」

「悩んでいるのはアナタだけではありません」

「ですから、あまり深く悩む必要はないと思います」

悩んで問題が解決するなら悩むだけ悩めばいいのですが、実際に悩んでも何も解決しないことが多いので、悩むこと自体は意味がないのです。

40代になってからのリアルな感情の変化

40代になると、私も世の中の多くの人と同様に人生について考えてしまいました。

無駄に人生について考えてしまうのも40代の特徴です。

とはいっても、その時に働いていた会社に対して明確な不満があったわけではありません。

会社に対して不満はなく、社内からも評価もされている状態でしたので、むしろ満足している状態でした。

ただ、今、振り返ってみると

「不満がなく、そこそこ上手くいっている安泰の状態が不満だったりしたのだと思います」

 

・自分はもっとできる

・もっと上を目指せる

・なぜ無能な上司の下で利用されなくてはならないのか

・このままここにいても、ずっと利用され続けるだけである

・結果的に会社のオーナーの稼ぎに利用されているだけである

・新しいチャレンジがしたい

・チャレンジするなら40代の今だ

と考えるようになったわけです。

 

このような思考は「あるある」だと思いますし、今振り返っても、これ自体は間違いではありませんでした。

実際にここで考えている内容は間違っていない事実そのものだからです。

もしアナタが優秀な人材であるならば、

年収も結構もらっていると感じているならば

それは、都合よく会社に利用されているに過ぎません。

なぜなら会社組織とはそういうものだからです。

 

悩んだ結果、転職をすることにします。

もちろん現職に対しては不満がありませんので、チャレンジとしてのポジティブな転職をすることにしたわけです。

しかし、ここで重要なのは「チャレンジの定義」をちゃんとわかっているかどうかで、この後の人生が大きく変わってきます。

40代のチャレンジは、20代のチャレンジとはレベルが全然違うのです。

この時の私はそこに気づいていなかったため、転職後で苦労することになります。

40代の転職は20代、30代とは全く違う

20代、30代で転職経験がある人でも、40代の転職は、それらとはちょっと違います。

何が違うのか?簡単に列挙してみましょう。

40代の転職はここが違う

・即戦力人材である

・即戦力であるから採用されてからすぐに結果を出す必要がある

・結果がすぐに出なければ風当たりは強くなる

・年齢をとっている分だけ転職先のカルチャーに馴染みにくい

・年下の無能な上司と付き合わなければならない

・転職先の全ての人から、アナタは必ずしも歓迎されない

・自分自身の経験や実績、プライドが邪魔をする

・プライドを全部捨てることができない

 

40代といえば、いい大人です。転職できるということですから、アナタはきっと優秀だったりします。

しかし転職先の会社で管理職や上司になる人は必ずしも優秀とは限らず、若いベンチャー企業などの場合はむしろ無能で無知な管理職もたくさんいるのです。

今まで当たり前にできていたことが、できない環境に放り込まれたり

無能な上司とやりとりをしなければなりませんし、その無能な上司はアナタを「自分のポジションを奪う敵」とみなしてくる場合もあるのです。

それでいながら、アナタは即戦力人材としての採用ですから、ミスも許されませんし、側結果を出さなければなりません。IT企業に転職したものなら、周囲は20代30代ばかりで40代は少ないかもしれません。

そのような環境の中で、アナタは生きていかなければならないのです。

この環境は居心地が良かった前職を捨ててまで望んだ環境なのでしょうか?

もしそこまでして望んだ環境ならば、覚悟を持って転職できていますか?

多くの40代は(厳密には30代後半も含む)、このような環境の変化に適応できず、病んで会社を辞めていきます。つまり転職が失敗に終わるわけです。

残念ながら、ベンチャーやIT企業にいるような20代の若手は無能な人が多いですし、自分本位な感覚でしか仕事をしていません。

もし有能な人ならベンチャー企業には就職せず、日本を代表する有名企業に就職するからです。優秀な40代がベンチャーやスタートアップに転職すると、カルチャーギャップに悩まされることになります。

私もIT企業に転職をしました。

20代30代の若い人しかいない会社でしたので、当初は同じようなカルチャーショックを受けたわけですが、今となってはこれは良い経験だったと思います。

そのような過酷な環境下で働いた経験は、人生において必ずプラスになります。

むしろ、居心地が良かった前職に居続けることで、人間として腐ってしまい、どうしようにもない状態に陥ってしまったかもしれないことを考えると、ゾッとします。

40代が陥る3つの人生キャリアパターン

残念ながら周囲の40代は次の3つにパターンに仕分けできます。

大体、どれかのパターンで説明がつきます。

転職をして失敗して病んでしまうパターン

転職して、失敗して、結果的に病んでしまうパターンです。

病んでしまった結果、別の会社に転職したり、仕事が手につかなくなるような状態もあります。実際のところ、40代の転職は基本的に即戦力人材であり、周囲からのプレッシャーも相当なものです。

転職したのはいいけれど、すぐに結果を出せず病んでしまう人も多く、私が転職したIT企業のメンタルカウンセリングルームはいつも予約で一杯でしたね。

周囲では多くの人が病んで会社に来なくなったり、辞めてしまったり、そういった人が絶えなかったものです。

しかし会社は採用時に「メンタルの強い人」みたいな条件で採用していたりします。でも、彼らが病んでしまう理由は会社にあるわけで、ここには大きな矛盾が存在しているのです。

実際に社会的にはホワイト企業のように見えて中身はブラックな会社も存在します。

多くの人が病んでいるからトイレはいつも満室で入れなかったりします。

このような企業の内情はなかなか外部に出てきませんので、転職会議のような転職の口コミサイトなどであらかじめ収集するのは必須です。

ずっと今の会社に居続けてリストラになるパターン

40代の転職が厳しいことは、多くの人が知っています。

だからこそ、今の仕事にしがみつきたい!と居続ける人もいます。しかし私の周囲を見ても90%くらいの人は、その会社に居続けることはできず、リストラされています。

私が働いていた会社が異常だったのかもしれませんが、残念ながら定年まで迎えられる人は僅かであり、そういった人は極めて幸せな人です。

多くの会社では

・60歳定年まで働くことは難しくリストラされたり

・やりたい仕事ができなくなったり、病んで自ら退職してしまったり

というケースが多いのです。

「従業員を大切にしている」みたいなコメントを経営層がする場合はありますが、あれは建前にすぎません。

転職をしてキャリアアップして自分の生き方を見つけるパターン

40代の転職でうまくいっている人に共通しているパターンがこちらです。

転職して、苦しんでもがきながらも、その中で人生の生き方を見つけるパターンです。

繰り返しますが会社に勤めるということは

・上司に利用され

・会社のオーナーに搾取され

・安い給料で働かされる

ということなのです。

 

転職の目的は

・経験とスキルを積んで

・もっといい会社に転職して

・1000万円オーバーの給料をもらうこと

ではありません。

転職をすることの本来の目的は

・経験とスキルを積んで

・もっといい会社に転職して

・もっと経験とスキルを積んで

一人でも生きていく術をみにつけることです。そして、雇われる側ではなく、自ら世の中を動かす側になれるか、これが転職の目的です。

会社に就職して給料をもらうことを転職の目的にしてしまうと、必ずやってくる「定年」でアナタの人生は打ち止めとなります。再雇用してもらえる可能性はありますが、再雇用も楽なものではありません。メンタル的にもタフさが求められます。

そして、何よりもそんなアナタを横目に、会社のオーナーにとっては定年というものは存在せず、アナタが頑張れば頑張るほど富と名声を手にします。

だからこそ、転職を重ねて生き抜くスキルを身につけて、自分の生き方を見つけられるかが重要なのです。

20代30代の頃から起業して会社経営している人にとって、転職ほど馬鹿らしいことはありません。なぜなら、彼らは転職するよりも、起業して会社経営することのメリットをわかっているからです。

起業というリスクを避けて、会社員になってしまい、40代まで年齢をとってしまった我々は、これまでのツケを払わされているのです。だから、早くこの場所を抜け出すべく、転職でスキルを身につけて脱出しなければならないのです。

転職はする前は怖いけど、転職したらどうでもいいことだった

転職をしたことがない人にとって、転職をすることは怖いものです。

転職を繰り返してきた人にとっても40代の転職は一般的に厳しいと言われているので怖いものです。

人間は未知なることに対して恐れる生き物なのです。

でも、今回の記事でお話をした「40代の転職はここが違う」という点を事前に理解しておけば、そこまで怖がることはありません。

もう一度、再掲しておきましょう。

 

40代の転職はここが違います

・即戦力人材である

・即戦力であるから採用されてからすぐに結果を出す必要がある

・結果がすぐに出なければ風当たりは強くなる

・年齢をとっている分だけ転職先のカルチャーに馴染みにくい

・年下の無能な上司と付き合わなければならない

・転職先の全ての人から、アナタは必ずしも歓迎されない

・自分自身の経験や実績、プライドが邪魔をする

・プライドを全部捨てることができない

 

これを知って事前に頭の中でシミュレーションしておけば、40代の転職はそこまで恐れることはありません。

これらを知っておらず覚悟が決まっていないのに転職するから、カルチャーショックを受けたり病んだりするのです。

 

そして、重要なことは

40代でチャレンジをしないで、現状維持の生き方を続けていると50代、60代でもっと辛い現実にぶち当たります。

なぜなら定年という終わりが必ず存在する会社員であることはリスク以外の何者でもないですし、40代の今、一歩踏み出せないということは

「これまでのツケを支払わずに、先送りしているだけであって

そのツケは利子がたくさんついた上で、アナタの人生を近い将来、苦しめるからです」

 

ここに気づけると、じっとしているわけにはいかなくなります。

私も40代になって、ここに気づいたからこそ一歩踏み出すことができました。確かに辛いこともたくさんありましたし、一瞬、後悔したこともありました。

しかし、今はその一歩を踏み出せた事は私の人生にとって良かったと思っています。

皆さんも、まず一歩を踏み出してください。

下記にて実際に私が使っていた転職サービスをピックアップしておきましたので参考にしていただければ幸いです。

JAC Recruitment★★★★★おすすめ

ビジネスパーソンとして、さらに上を目指すなら転職エージェントとして圧倒的な質とサービスを提供してくれるJACはおすすめです。JACしかない企業案件もありますし、何よりも転職エージェントの質が素晴らしい。時間と情熱をかけて相談に乗ってくれます。いろいろな転職エージェントとあってきましたが、ここのエージェントはとなたもプロ意識が高いです。

転機★★★★★おすすめ

時間をかけて自分のキャリアを検討したいという方なら経営層に直接アプローチできる案件を、時間をかけて探してきてくれる転機との相性が良いかもしれません。案件紹介まで時間はかかりますので、まず登録しておくことをおすすめします。

マイナビエージェント ★★★★★おすすめ

マイナビは転職支援サービスも充実しています。次の3つがマイナビの強みになります。

・求職者と企業の強いマッチング力

・徹底したサポート体制

・未経験者にも丁寧にアドバイス

出典:マイナビ

全ての業種を網羅しつつ、8割が非公開求人ということもあり、外から見ているだけではわからないけど、登録してみるとその魅力に気づきます。

doda

有名な大手転職サービスです。ここは登録必須で考えておくべきです。広く、浅く、安定した情報を収集できます。複数登録の転職サイトとしておすすめ。