仕事が辛いなら即退職すべし!我慢して会社に居続けると人生が終わる5つの理由

転職ノウハウ
スポンサーリンク

人生は有限!一歩踏み出すだけで人生は変わります!

ねこ

こんにちは
はまねこです

突然ですが皆さんは働いていますか?
もし働いているならば、何のために働いていますか?

ちなみに、はまねこは、人生を楽しむために働いています。

ねこ

なぜなら、人生を楽しむためには、少しばかりだけ、お金が必要だからです。

だから、楽しく生きれない原因が仕事にあるならば、はまねこは即仕事を辞めると思います。

だって人生、楽しくなきゃつまらないですからね

でも、そうわかっていても、仕事を辞めることが出来ず、ズルズルと続けている人が多いのは事実ですが。

実際に私も、「この仕事やる意味ないなぁ」と

分かっていても仕事をやめられず、ずるずると仕事を続けてしまいました。

結果的に少なく見積もっても5年は無駄に仕事を続けてしまいました(無念)

5年あったら人生が一変するくらいのことができます。でも、後悔しても時間は取り戻せません。

新卒なら最低3年、転職したら最低3年のウソ

ところで

「気に入らないなら即退職すべし!」

という話をすると、必ず帰ってくる言葉があります。

新卒なら最低3年、転職したら最低3年は仕事を続けろ

 

みたいな話なのですが、2020年においては、あまり意味がない考え方だと思います。

なぜなら、そんなに時間をかけられるほど、世界がゆっくりと動いていないからです。ネットを検索すれば情報が簡単に入手できる時代ですし。

とはいえ、現在ほどネットが普及していない時代ならわからない話ではありませんでした。

なぜなら、PCもネットもない時代では、時代の流れが現在ほど早くなくて、情報の収集方法も限られていたので、時間をかけなければ学べない時代があったわけです。

(たとえば先輩から学ぶとか、教えてもらうとか、職人っぽい学び方があったわけです)

これは現在でも完全になくなっているわけではありませんが、たとえばIT業界とかネットの影響を大きく受けている分野だと

誰かから学ぶよりも自分で学ぶことのスピードが圧倒的に早いですし、学べる環境がネットに揃っているんですよね

私が新卒で社会人になったころには、オフィスにインターネットは存在していましたが、現在ほど情報が溢れている状態ではありませんでした。

このような状況ではネットを検索してもそもそも情報が載っていない。価値ある情報はその会社で働いている身近な人の頭の中に埋もれていたわけです。そんな状況はいまでは考えられないかもしれませんが、このような世界では

「新卒なら最低3年、転職したら最低3年」

という言葉はあながち間違いではなかったわけです。

むしろ「新卒は10年いるべき」「転職は仕事ができない人がするものだ」

みたいな極論が存在していたのも事実です。今となってはありえない世界が存在していた時代もあったわけです。でも、これは2000年代初頭の話です。

 

現在は1年から3年もあれば世界が一変してしまいます。

「新卒なら最低3年、転職したら最低3年」

という言葉が持つ根拠は全くありません。むしろ3年も同じ会社で働いて、たったそれだけの経験と知識スキルしか身につけられなかったなら、それ自体が人生において大きな時間の損失ですし、その後の転職活動にも大きな影響を与えます、

仕事が辛いなら即退職すべし!我慢して会社に居続けると人生が終わる5つの理由

前置き長くなってしまいましたが、ここからが本題です。

今の仕事、会社が嫌なら退職するべきです。我慢してその仕事を続けていると人生が終わってしまう理由を紹介していきましょう。

ちなみに全て私の実体験に基づいています。

①我慢し続けることはメンタルを消耗する

・会社に行きたくない

・いまの仕事(プロジェクト案件)をしたくない

・職場でどうしても合わない人がいる

・満員電車で通勤するだけで疲弊する

でも、我慢し続けて会社に行くわけです。

結果、メンタル消耗しますよね。

最近は在宅業務が増えてきましたら、これらは軽減されつつありますが、在宅業務から通常業務に戻れば、またメンタルを消耗するでしょう。

しかもストレスフリーの在宅業務から通常業務に戻るとなると、以前以上にメンタルへの影響が大きいかもしれません。

ねこ

自分って何のために我慢しているんだろう

たぶん、こんな理由のために我慢しているのだと思います。

・毎日の生活のため

・家族を守るため

・親や世間の目を気にして

・自分のプライドのため

でも、これらのことってそこまでして守るべきことでしょうか。

 

家族を守る方法は、今の仕事を続ける事が唯一の選択肢じゃないし、毎日の生活を維持する方法も他に手段があるはずです。

メンタルを消耗して我慢して、我慢する必要もありません。メンタルが病んで仕事ができなくなってしまったら大問題ですし、そもそも人生が楽しくなくなります

 

でも、実際に会社勤めをしていると、

その世界は自分にとって唯一の世界のように感じてきて

我慢することしか選択肢がなく、転職することは逃げじゃないのか?

と考えるようになります。

これは、私も何度も経験してきましたあ、一種の洗脳みたいなものだと思います。しかし、実際のところ退職して転職してしまうと、この洗脳から解放されて

なんてこんな事を我慢していたんだろう・・・

となるわけです。しかし「転職」とか「退職」ってそこそこ体力も使うので、それに慣れておらず、一歩踏み出せない人はズルズルと我慢してしまうわけです。

その結果、メンタルを消耗して、気づいたときには取り返しがつかない状態になってしまうかもしれません。考えるだけで怖いですよね・・・

②我慢してもモチベーションがあがらない

「我慢をして仕事をする、何かを守るために」

でも我慢してもモチベーションがあがらないので、毎日、イヤイヤながら仕事をすることになります。

別に怠けたいという思いは一切ないのですが、イヤなものはイヤですからモチベーションがあがらないのです。

モチベーションがあがらず仕事をして、良い結果がでるはずありません。

結果、メンタルを消耗する

仕事でも評価されず給料も下がる

ますますメンタルを消耗する

さらに評価が下がる

 

というネアガティブスパイラルに陥っていきます。しかし、それでも不思議に会社を辞められないんですよね。

プライドがそうさせるのか?覚悟を決められないのか?いま思い返すと本当にダメな自分がいました。

ねこ

過去の自分に伝えたい!いますぐ辞めろ!と

③我慢して居続けた結果チャンスを失う

我慢し続けてその会社に居続けた結果どうなるのか?

我慢の先には明るい未来が待っていないことが多いのです。

・会社内での評価は下がる

・給料が下がる

・狭い業界ならあなたの評価は外部にも知れ渡る

・月日を消費し、あなたも年齢をとる

・結果、選択できるチャンスがどんどん狭まっていく

という感じになります。

我慢してその会社に残り続けた結果、周囲が続々と辞めてしまって自分だけ残った結果、昇進昇級したというケースもありますが、これはレアケースですし

そうやって残ったとしても、ただ残っただけであり、能力があるわけではありません。

 

さらに残っても「会社員としての成功上限」からは突破できません。

永遠に会社員として我慢し続ける生き方をしなければなりません。

 

実は我慢しない方が、無限の選択肢が生まれます。我慢し続けた方がチャンスを失います。

同じ会社に居続けることで我慢はチャンスを生む場合はありますが、その会社が世界のすべてではなく、その会社は世界から見れば米粒くらいに小さな世界にすぎません。

今働いている会社の外には無限の選択肢がありますし、当人はそれを知っているのに、目をそらしているわけです。

我慢してその会社に居続ける事は、この世界の広さはその会社に狭まってしまい、無限のチャンスとの出会いを失う事でもあります。

④我慢して会社に尽くしても会社は自分の資産にならない

当たり前の話ですが、会社員として会社に尽くして貢献しても、そこから生み出されたものは自分の資産になりません。

会社員であるということは月給と引き換えに

オーナー、創業者の資産を増やす事にあなたの人生を差し出す

という事と同じです。

我慢してメンタルを消耗して、毎月の給料と引き換えに会社の資産を作り続けるわけです。これに気づいてしまうと、会社員である事に疑問を持ってしまいますね。

私もとある会社に転職した際に月給XXX万円を支払う代わりに私独自のスキルや経験を言語化して差し出すように言われました。明確にそういう言い方をされたわけではないのですが、私しかないスキルや経験を換金することを求められたわけです。

例えば私の持っているノウハウを文章化したとしましょう。文章化した時点でそれはすべて会社の所有物になります。それと引き換えに我々は給料をもらっているわけです。もしその給料に満足していたとしてもオーナー創業者はそれ以上の報酬を手にしています。

⑤有限な人生の時間を無駄に消費する

人生はお金で買えません。

厳密にはお金があれば病気にかかっても高度な治療を受けられるので「人生はお金で買える」という考え方もあるのですが、

基本的に人間には寿命がありますから、すべての人間は平等に人生という時間を持っています。

そんな一度切りの貴重な人生を、我慢しながら会社勤めすることで無駄に消耗しているのです。

これって、こわいですよね・・・

いまはそれほど怖くなくても、いずれ歳をとって人生の残りの時間が気になるようになったら、無駄に消耗した時間を後悔する瞬間がやってきます。

歳をとって無駄に消耗した時間を後悔する自分自身の瞬間を想像するだけで私は震えがとまりません。怖すぎます。

なぜなら歳をとってメンタル、フィジカルも衰えた状態で、過ぎ去った過去を後悔しても時間は取り戻せないわけですから、何もできない自分がただそこにいる状態だからです。

まとめ

ならばどうするのか?

私からアドバイスできることは

「気に入らないなら即退職すべし!我慢して会社に居続けると人生が終わるよ」

という事だけです。

退職を迷っていても結果的に退職するならば、すぐに動いた方がいいです。

なぜなら、私自身が何度も迷って膨大な時間を無駄にしたからです。

「とりあえず退職する、そして仕事を探す」

「とりあえず仕事を探す、仕事がみつかったら即退職する」

「退職は決めていないけど、どんな仕事が世の中にはあるのか見てみよう」

でも構いません。まずは行動すべきです。