40代の転職は地獄を覚悟する人だけが成功できる(失敗しないブログ)

転職ノウハウ
スポンサーリンク

40代で転職を考えている人に、転職する前に知っておいて欲しい6つのこと

転職を考えている男性会社員のイラスト

20代から転職経験が豊富だったり

自ら起業した経験のある人にとっては大したことではないかもしれませんが

転職経験が少ない40代が、初めて転職する場合は結構な覚悟が必要です。

 

しかし、転職経験が多い人でも、40代を超えた転職は結構な覚悟が必要だったりします。

 

そして覚悟を持った上での転職と

覚悟がない状態での転職は転職後のパフォーマンスや、メンタル状態にも影響を与えます。

そこで、今回は実際に筆者が40代の時に転職した経験を元に40代で転職を考えている人に、読んで欲しいことをまとめました。

今回の記事はこんな人への疑問をお答えします

・40代の転職を成功させたい、失敗させたくない

・転職活動がうまくいかない、転職した後も後悔している、なんとかしたい

 

40代転職によるデメリット・耐えなければならないこと

転職とは本人の性格、能力、経験だけでなく

転職先の企業風土に影響を受ける部分はありますが、これからお話することが40代の転職において耐えなければならないことのすべてです。

実際に筆者が40代で体験した内容がかなり含まれていますが、ほぼ網羅できていると思います。

 

ぱっと見では凄く厳しい内容に見えるかもしれません。

しかし、これを耐えられれば40代の転職はそれほど辛いものにはなりません。

 

でも、どんなにメンタルが強くタフな人でも、事前にこれらを全く想定せず、これからお話する状況に遭遇すると結構な確率でメンタルがやられます。

でも、事前にこれらを想定して、心の中でシミュレーションをして準備しておくと、実際に遭遇してもそんなにメンタルにきません。

いわゆる事前準備と覚悟ができていれば、なんともないことばかりなのです。

 

40代の転職で覚悟を決めなければならないこと

・給料が下がる(転職の際に給料の足元をみられる)

・上司が年下になる(業界によっては10歳以上離れていることも)

・年下の上司や同僚との人間関係構築で苦戦する

・人間関係をゼロから作り直す必要がある

・同時入社の20代、30代の人と比較される 

・新しい仕事を覚えるスピードが若い人に比べると遅い自分に気づく

・経験を生かして「こなせる」仕事しか任されない。新しいチャレンジは若い人にまわされる傾向がある

・いま持っているスキルや経験を搾取されるための雇用のように感じる

・仕事はできて当たり前だから周囲から褒められない、感謝されない

・責任ある仕事は任されるが出世コースから外れる

・口頭では評価の言葉をもらえても昇給、昇格は望めない

・転職先の会社の年齢構成や文化によっては会社の風土になじみにくい、疎外感がある

・メンタルが強くない人は病んでしまうこともあるが、会社はそれほどケアしてくれない

・若い会社の場合、いままで当たり前にできていたことが、できない状況にイライラしてしまう

40代の転職はこれらを全部想定した上での転職が必要です。

冷静に考えても、これって結構タフですよね。

 

でも、先に結論をお伝えすると、これらを事前に十分理解して、頭の中でシミュレートしておけばそれほど大したことはないのです。

(事前に頭の中でシミュレートできていないから、これら現実にブチあたると心が折れてしまいます)

ただそれだけのことなのです。

40代転職によるメリット・得られるもの

一方で、40代転職にはメリットもあります。耐えなければならないこと、デメリットに対すると項目だけ見ると圧倒的に少ないのですが、

40代の転職は今後の人生において大きな財産になります。

・メンタルが徹底的に鍛えられる

・リアルな人生経験ができる、人の痛みがわかる人間になれる

・今後の人生を考える機会になる

・自分でも気づかなかった隠れた才能が見つかることがある

・40代を過ぎて成長が鈍化していたと感じていたなら、限界突破によって成長実感が得られる

まとめると

40代の転職は40代だからこそ体験できない貴重な人生体験ができます。

40代で転職をせず、ずっと今までの場所にいた自分と比べると圧倒的な成長ができます。

ただの成長ではなく、限界突破できるくらいの成長であり、能力、知識という領域を超えて人間として大きく成長でき、その後の人生を大きく変えてくれる「きっかけ」をみつけられる可能性があります。

40代の転職体験をもとに人の痛みを知れば、それは世界を変えるだけのパワーになります。

これ、本当にそうなのです。

私の場合も、長く勤めた会社は居心地が良く、給料にも満足していましたがあえて40代で転職しました。周囲からすれば「ありえない、自ら失敗しにいくような転職」のように見えたかもしれません。

しかし、40代で転職を何回かした後、私はいま起業して会社経営をしています。この状況は40代での「ありえない転職」がなければ達成しなかったと思います。

40代の転職で人間として圧倒的に成長した結果であり、もし転職していなければ、ずっとあの会社で人生を終えていたかもしれません。

私は40代の転職はただの転職が目的ではなく、それをきっかけに起業を目指すくらいの覚悟が必要だと思います。

 

40代の転職は40代だからこそ体験できない貴重な人生体験ができます。

そのためには転職エージェントや転職サービスで情報を収集すること、これが40代の転職においてはもっとも重要です。実際に私が5回の転職で使ってきた転職サービスを貼っておきます。

 

JAC Recruitment

ビジネスパーソンとして、さらに上を目指すなら転職エージェントとして圧倒的な質とサービスを提供してくれるJACはおすすめです。JACしかない企業案件もありますし、何よりも転職エージェントの質が素晴らしい。時間と情熱をかけて相談に乗ってくれます。いろいろな転職エージェントとあってきましたが、ここのエージェントはとなたもプロ意識が高いです。

CAREERCARVER(キャリアカーバー)

30代以上、年収800万円以上の取り扱い案件が中心の転職サービスです。様々な会社の転職エージェントが登録しており、転職エージェントと広く出会うには必須のサービスです。ある程度のキャリアがないと登録しても、オファーが少ない場合があるので予め認識しておきましょう。

doda

有名な大手転職サービスです。ここは登録必須で考えておくべきです。広く、浅く、安定した情報を収集できます。複数登録の転職サイトとしておすすめ。

転機

時間をかけて自分のキャリアを検討したいという方なら経営層に直接アプローチできる案件を、時間をかけて探してきてくれる転機との相性が良いかもしれません。案件紹介まで時間はかかりますので、まず登録しておくことをおすすめします。

 

40代は経験豊富でスキルもあって仕事ができる世代

ところで冷静に考えてみれば、40代は経験も豊富で、スキルも高く圧倒的に仕事ができる世代なはずです。

・20代、30代と比べると圧倒的に経験、スキルが高い

・失敗も成功も経験が豊富であり、仕事に活かし、仕事の成功確率をあげられる

・まだ健康な世代であり、むしろ脂が乗りきっている

冷静に考えれば40代はいちばん仕事ができて、結果を出せるちょうど良いバランスが取れた世代といえるかもしれません。

しかし、どうでしょうか?

実際に40代の転職活動は厳しく、覚悟が必要かもしれません。それには理由があるのです。

会社という仕組みが40代のポテンシャルを下げている

日本の会社では40代が邪魔者扱いされ、正当な評価がされていない、といっても過言ではありません。

会社というよりも、会社の現場があまり適切な評価を下していないという意味です。実際のところ業界にもよりますが会社の現場は20代、30代が中心であり、彼らと40代の間には圧倒的な世代のギャップが存在します。

しかし世界的に見ると、これは異常であり、アメリカでは年齢による差別はなく、常に能力で評価されます。

冒頭で「40代転職によるデメリット・耐えなければならないこと」という話をしましたが、これらは日本特有の「異常」なことなのです。

実際のところ若い世代が多いIT企業は一見成功しているように見えても、伝統的老舗企業からすると、当たり前のことができず、同じような失敗を繰り返しているケースが散見されます。

果たして20代、30代中心のIT企業やベンチャーがどれだけの結果を出しているのか?というと怪しいのです。でも世の中は40代よりも20代、30代の若い人々の活躍に注目し、賞賛しがちです。

しかし、これから5年、10年で会社員というもの自体が大きく変わる可能性があります。本当に能力がある人だけが生き残れる時代がきます。

そこに向けて、いまの40代はさらにスキルを磨いておくための転職と考えると気持ちは楽になります。

フリーエージェント社会の到来 (amazon)

すごく有名な本ですが「フリーエージェント社会の到来」というものがあります。

アメリカでは会社員といった組織に属する人材ではなく、個人の能力にフォーカスされたフリーエージェントという働き方が、かなり前から常識になっています。日本もコロナ禍をきっかけに、在宅業務、リモートワークやノマドワーカーが一般化してきているように、今後、間違いなく働き方が大きく変わります。(すでに変わってきていますね)

オフィスに出社する必要もなくなり、最終的には会社員である必要もなくなります。ただ必要なのは、仕事として結果が出せるかだけです。

若手を育成する時間の余裕もなくなっている状況では、経験と知識が豊かな40代にとってはチャンスです。

いまの会社で働きつつ、副業がおすすめ

コロナ禍によって働き方がこれほど大きく変わってしまうともはや、会社という組織は人生においてそれほど重要ではありません。

人生を80年とするならば、会社とはそのうちの一部を担う場所に過ぎないのです。しかし、これまでは実際に会社で働いていると

「この場所しか自分にはない」

「永遠に続く、変わらない場所」

のような錯覚を覚えていましたが、これは大きな間違いです。

なぜなら、会社員とは次のようなモノだからです。

・会社で昇進、昇給しても会社員である以上限界ある

・定年すれば会社を去らなければならない

・必要な時は必要と言ってくれるが、不要になったら切られる

・会社に貢献しても、従業員である以上、貢献して生み出されたものは自分のものには絶対にならない

一部上場企業で部長、役員になったとしましょう

定年を迎えれば再雇用制度はありますが、いずれ会社を去る必要があります。

会社をやめれば、役員、部長であろうそんなことは関係ないただの一人の人間です。

その時、あなたは今までの人生をどう振り返りますか?

あなたが会社の社長でも、「雇われ社長」なら必ず終わりがあります。

そう考えると会社のオーナーになるか、会社に縛られない自分だけの能力jでフリーランスとして働くか、それとも自分だけの資産を築くか・・・

会社員ということにあまり意味がないことに気づきます。

 

繰り返しますが会社員時代の役職や、給料なんて全く意味がありません。

それよりも、後悔しない人生を生きるには、会社に縛られず、人生を楽しむためのお金がそこそこあれば良いのです。

ですから、40代の転職は、ただの転職ではなく、同時に将来に向けて「会社に依存せずひとりお金を稼げるスキル」を身につけられる転職がおすすめです。

たとえば副業で副収入を稼げる能力を身につけておくなどです。副業がきっかけで自分の会社を設立してもいいわけです。

 

例えば長年、一つの会社に尽くしたところで何人が会社で部長になれるでしょう。部長のポジションは数に限りがあります。もしかすると、年下の若手にも給料で負けてしまうかもしれません。

しかし、副業を絡めることで状況は一変します。

会社の収入で負けていても、副業収入を合算した総収入では部長を圧勝すればいいわけです。そういう人は結構いますし、結果的にそういう人が人生の勝者になれます。

 

40代で転職を確実に成功させる4つの方法

ならばどうすれば40代で転職を成功させて、自分らしく生きることができるのか?40代で転職を確実に成功させる方法についてご紹介します。

①知り合いに引っ張ってもらう

あなたの弱み、強みを知り尽くしている仲間に引っ張ってもらう転職は極めて有効です。その能力を活かせるポジションで転職することができる可能性があがるためです。

②ブログでノウハウを書き、その道のスペシャリストになる

みなさんはブログを書いていますか?

副業としてブログを書いている人もいますが、自分の得意分野をブログで書いて、それが多くのファンを獲得すれば、転職時に有利に働くことがあります。

ブログを見れば、決して履歴書だけではわからない、あたなの能力や魅力が、転職先の採用担当にも伝わるからです。

また、ブログ経由で転職のお誘いが来るケースもあります。

まずは毎日コツコツはじめてみるのが良いと思います。将来の資産になります。

③独立起業のための転職と割り切る

「40代の転職は貴重な人生体験ができる」

という話をしましたが、40代の転職は、転職そのものが目的ではなく、今後の独立起業のための人生経験と割り切るのは個人的におすすめです。

そのように転職に対する目的を明確にすることで、その後の人生の目的も明確になります。

いまの職場が嫌だから逃げ出す転職ではなく

もっと上を目指すための転職です。

そう考えると、稼げるスキルが身につけられる転職であれば、収入が減ってしまう転職でも構わないのです。100万、50万円、年収が減ったところでそれは一時的な話です。そこで得られることの方がこれからの人生には重要なのです。

と考えると、50万、100万円、年収が増えてもその転職は本当に自分にとって価値があるのか慎重に考える必要はあります。200万円、300万円、年収が増えても・・・です。瞬間的な年収の増減は長い人生で考えれば大したことではありません。

人生のために一歩を踏み出そう

実際に私も40代で転職を何度か経験した結果、様々な人生体験をしました。

世の中、本当にいろんな考えを持った会社や人がいました。

正直、最初の頃は辛いことの方が多かったかもしれませんが、途中であまり辛く感じなくなっていた自分がいました。

なぜなら冒頭で話をした「40代の人生で耐えなければならないこと」を徐々に事前シミュレートできるようになったからです。

つまり「慣れた」わけです。

この「慣れ」は本当に強く、一度慣れてしまうとその後は強いメンタルが作られます。この強いメンタルは「40代の転職」から生まれたものです。

ですから私は40代の転職は「覚悟を決めた人生の勉強における転職」であるならば、むしろおすすめします。ずっと同じ、居心地の良い会社で生き続ける方が結果的に苦労する未来がやってくるからです。

だからこそ、転職サービスに登録して、いろいろな情報を収集して視野を広げるべきです。

登録するだけで入ってくる情報も広がりますし、結果的に転職しない判断をとったとしても、自分自身の意識は高まりますので小さな成長に繋がるはずです。いずれも無料ですし10分あれば登録完了します。

まず一歩を踏み出して自分を変えてください。

JAC Recruitment

ビジネスパーソンとして、さらに上を目指すなら転職エージェントとして圧倒的な質とサービスを提供してくれるJACはおすすめです。JACしかない企業案件もありますし、何よりも転職エージェントの質が素晴らしい。時間と情熱をかけて相談に乗ってくれます。いろいろな転職エージェントとあってきましたが、ここのエージェントはとなたもプロ意識が高いです。

doda

有名な大手転職サービスです。ここは登録必須で考えておくべきです。広く、浅く、安定した情報を収集できます。20代から40代以上まで広くカバーした案件を持っています。複数登録の転職サイトとしておすすめ。

転機

時間をかけて自分のキャリアを検討したいという方なら経営層に直接アプローチできる案件を、時間をかけて探してきてくれる「転機」との相性が良いかもしれません。案件紹介まで時間はかかりますので、まず登録しておくことをおすすめします。

 

④出戻りという選択肢もあり

実際のところ40代の転職はそれほど楽ではありません。

そう考えると以前に働いていた会社に「出戻る」という選択肢もあります。出戻りについては下記の記事で詳しく書いていますので参考にしてみてください。

【おすすめ記事】40代転職の結果、出戻りってあり?出戻りのメリット・デメリット

まとめ

今回、「40代の転職は地獄を覚悟する必要があるよ」という話をしました。しかし、今回お話をしたさまざまな「覚悟」を事前に持っていなかったから地獄なのであり、覚悟があればそれほど恐れる必要はありません。

【おすすめ記事】【僕が5回の転職で役立った】おすすめ転職サービスと転職エージェント

実際に私も5回の転職を行い、そのうち40代で複数回、転職しています。いま思い返せば「覚悟」がなかったゆえに最初は辛かったのですが、最終的な目標である起業に向けた「覚悟」があれば大したことがなかったのです。

もし、まだ覚悟ができないなら、この記事を最初からもう一度読み直してみてください。「想定される困難の事前シミュレーション」ができると思います。

そして、これら「想定される困難の事前シミュレーション」ができていれば、それほど40代の転職は地獄を見ることはないと、いま私は実体験を持って確信しています。

でも、この先にある50代の転職はもっと厳しいです。

こちらの記事でも書いていますがかなり大変です)

だからこそ40代の転職はこれからのキャリア設計において非常に重要になります。

今回の記事がみなさんの一歩を踏み出す「きっかけ」になれば幸いです。

 

▼こちらの記事もおすすめです▼