facebookで誕生日を非公開にする方法、非公開にしたら大切な人が見えてきた理由

スポンサーリンク

誕生日にFacebookでお祝いされることに苦痛を感じませんか?

毎年、一度だけ必ずやってくる憂鬱な瞬間

それは誕生日だという人、多いのではないでしょうか

誕生日自体はそれほど憂鬱ではないのですが

私自身、Facebookでお祝いコメントをもらうことがとても憂鬱でした。

うまく表現できないのですが、

お祝いされているようなコメントが並ぶものの

本当にお祝いされているのか

そんな気持ちがあるのか

どうしても疑ってしまうところがあったためです。

そこで今回はあえて1年1回の誕生日にあわせてFacebookの誕生日の設定を非公開にしてみる実験をすることにしました。

結果、とても大切なことに気づいたわけですが、

そのあたりについて今回はお話していきたいと思います

FACEBOOKの誕生日を非公開にする方法

まずは何はともあれ、Facebookを初めて以来、Facebookの誕生日公開を非公開にすることにしました。

設定は非常に簡単なので、是非試してみてください。

「基本データ」→「連絡先と基本データ」→「誕生日」の部分で

公開設定を「自分のみ」にするだけ

これだけで誕生日を迎えても、あなたが誕生日であることがFacebookで繋がっている人に伝わることはありません。

たったこれだけで、明日らからあなたは誕生日をFacebookの友達に伝わることがない生活ができるというわけです。

なぜFACEBOOKの誕生日が憂鬱なのか?その理由は?

感じ方には個人差はあるかもしれませんが

私が長年感じてきた違和感についてご説明いたしましょう。

普段、Facebook投稿すると反応してくれる人って大体きまっているのですが

必ず誕生日の時にお祝いコメントを、しかもありきたりなコメントを載せる人がいるんです。

コメントを書いてくる側も

Facebookの通知で誕生日を知り、

実は前向きではないけれど、仕方なくお付き合いでお祝いコメントを

残しているのではないか?と考えるとちょっと憂鬱になるのです。

さらには誕生日にあわせてコメントとともに、営業のメッセンジャーを送ってくる方もいまして、誕生日通知機能に対しては以前から違和感を感じていました。

だから、今回Facebookの誕生日設定を非公開にしたら

どうなるかという実験をしてみることにしました

FACEBOOKの誕生日を非公開にしたらわかった事実

Facebookの誕生日設定を非公開にしたら

親しい友達だけはわかってくれていてお祝いしてくれるのか?

または、誰もお祝いしてくれなない平穏なFacebookの日常が過ぎていくだけなのか?

ちょっと気になったこともあり

今回、誕生日を非公開設定にして誕生日を迎えてみたわけです。

結果、何が起こったのか?というと

誰からもお祝いコメントをもらえませんでした・・・

つまり友達として繋がっている人は誰も私の誕生日なんて気にかけていなかったということになります。

いままでは、ただFacebookで通知されたから、

反射的にお祝いコメントをさせられていたのでは?

という疑問が一挙に真実味を増してきた瞬間を感じました。

誕生日を非公開にすると本当に大切な人がみえてくる

一方で、誕生日を迎えてわかったことは

リアルな人の繋がりの方がちゃんと誕生日を覚えてくれていて

プレゼントでお祝いしてもらいました。

さらには、妻から誕生日プレゼントをもらいました

結果、Facebookによる繋がりよりも、リアルな人の繋がりの方が

誕生日を覚えてくれていて、心からお祝いしてくれる

というリアルな関係の圧倒的な素晴らしさを実感する結果となったわけです。

ということはFacebookで繋がっている状態って

そこには友情とか愛情とか存在しないかも!?

ということなのかもしれません

この機会にFacebookの友達を整理しよう

さて、今回の誕生日のテストを受けて

私は改めてFacebookで繋がっている友達とされる人々についてフレンドリストを見直してみることにしました。

そうすると、仕事繋がりでFacebook交換したり

実はあまり中はよくないけど、きっかけで繋がって放置している状態だったり

さらには、実はあまり好きでない人も繋がっていたり

友達リストの中でも、かなりの優劣をつけざるを得ない状況に気づいたのです。

そこで、私はFacebookで繋がっている人を整理することにしました。

整理するということは、相手との関係を切るという行為でもあり

ちょっと抵抗はあったのですが、実際のところそれほど密な人間関係を持っていない方については、この機にザクザクと切ることにしました。

まぁ、切るといってもFacebook上での繋がりを切るだけであり

それ自体は大したことではないんですけどね

でも、その結果、なんか肩の重しがなくなったような気がして

少し気分が楽になりました。

やっぱり、繋がっていたい人だけで

SNSではつながればいいわけで、そこに忖度とか理屈とかまったく不要だったのです。

まとめ

というわけで、非公開で迎えた誕生日ですが

結果的に非公開設定はアリだというのが今回の結論でした

なぜなら、非公開にすることで本当にあなたのことを大切に思っている人が明確になるからです。

つくられたお祝いコメントよりも、リアルな仲間からのお祝いカードの方が何十倍も心に響きます。私はFacebookの誕生日機能を非公開にすることで、今回その価値を再認識することができました。

これってすごく大切なことだと思うのです。

是非、機会があったら誕生日機能をオフにしてみてはいかがでしょうか。最初は怖いけど、でもその本質に気づく瞬間に出会えることが何よりもあなたにとって大切なことだと思うのです。

みなさんはどうお考えですか?

というわけで、最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加