【ゲームクリエイターの現実】40歳を超えたら居場所なし!ゲーム業界は地獄で悲惨です

ゲーム業界
スポンサーリンク

【ゲームクリエイターの現実】40歳を超えたら居場所なし!ゲーム業界は地獄で悲惨です

最近ニュースでよく見かけますが

かつて世界を一世風靡したゲームクリエイターが会社を辞めたり、クビになったり

ちょっと残念な感じがあります。

有名ゲームクリエイターでさえ、こんな感じですから

陰で支えている裏方のゲームクリエイターや

無名のクリエイターはもっと厳しい状況になっています。

無名と言っても雑誌などに名前が出たこともあるクリエイターでさえ、閉職に追い込まれたり、もしくは仕事を奪われてリストラされたり、かつての輝きを失っています。

そこまで閉職に追い込まなくてもいいと思うのですが

会社という組織は結構露骨に人を追い込むものです。

 

ズバリ、ゲームクリエイターは40歳を超えた頃から

管理職として残れる人と、そうでない人がふるいに分けられるのです。

そして40代を超えると多くの人はゲーム会社では残れません。

自ら転職してしまう人もいますが、リストラ対象になる人もいて、30代後半から40代にかけて、年齢構成比はグーンと減って、50代で生き残るのはかなり厳し区なります。

厳密には50代でも残ることはできます。

なぜなら大企業であればあるほど、無碍に首切りはできないからです。しかし、居場所は確実にないので、肩身の狭い思いをしながら、やりたくもない仕事をプライドもズタズタにされながら生きていく必要があります。

これはゲームクリエイターに限らず、その他の職種も同じです。

家庭用ゲームとスマホゲームでは状況がちょっと違う

ここまでの話は基本的に歴史ある家庭用ゲーム会社のケースです。

一方で平均年齢が低いスマホゲーム会社ではちょっと状況が違います。

 

40代を超えた経験豊かな家庭用ゲーム会社出身のクリエイターを積極採用しているという状況が、家庭用ゲーム会社との違いを明確に作り出しているわけです。

ズバリ、スマホゲーム会社を構成するメンバーは若くて経験もないので

経験豊かな家庭用ゲーム会社出身の40代を必要としている状況ではあるのです。

 

そして何よりもスマホゲーム会社は平均年齢が30代前半とか、まだ低いので

リストラとかそういう概念がまだ存在しなかったりします。

だから、40代を超えて居場所がなくなったら

スマホゲーム会社に転職するのは理にかなっているのです。

特に中国系ゲーム会社は経験豊かな日本のゲームクリエイターや、ゲームマーケターを必要としているのは事実であり、実際にひくてあまたで、転職先は見つかるようです。

ゲーム会社は地獄で未来もない!それはある意味事実です

ゲームを作っているのは誰か?

それはゲームクリエイターなんですよね。

ゲーム会社はゲームクリエイターによって支えられて、成長して、利益を生んでいるわけです。だからゲームを作れない人は何も生み出せない「ただの人」なのですが

実はゲーム会社を支配しているのはそんな「ただの人」だったりします。

ゲーム会社には未来も、希望もない、ただの地獄だよ

そんなことを知り合いは言って今たが、あながち間違いではないのです。

これはゲーム会社にもよりますが、数年単位でリストラを実施するけどトップは変わらないし、会社の体質も変わらない。

残ったのは「うまく立ち回っている人たちだけ」

だから、数年後に再び状況は悪化してリストラを実行するわけですが、そこで首を切られるのは「声も小さい、おとなしい人」だったりします。

でも、そういう人がゲーム会社を支えていたりするので、そういう会社はどんどん市場での競争力を失い、存在感を薄めていくわけです。

(もう、よくわからないですよね。自分で自分の首を絞めているわけです)

 

しかし、世の中は広くて

とあるゲーム会社に勤める人は、その会社が天国みたいに素晴らしい会社だと評価する人もいるのです。つまりこの世界には

地獄のようなゲーム会社も存在すれば

素晴らしすぎる居心地の良いゲーム会社も存在するわけです。

 

これは事実なのですが、それならば、あなたを必要としている、本気で必要としているゲーム会社で働くべきですよね。

無理して、今の会社に居続ける必要なんて全くないのです。

悩むより行動です!

地獄だと感じたら、転職活動を始めましょう。あなたを必要としているゲーム会社は世の中にたくさん存在しますから。

ゲームクリエイターの転職にオススメ転職エージェント

ゲームクリエイターでキャリアアップを目指すなら、転職エージェント選びが重要になります。

登録必須のサービスをまとめましたので参考にしてください。

マイナビクリエイター

ゲームクリエイターの転職なら迷わず登録しておきたいのが「マイナビクリエイター」です。

様々なセミナーも開催されてるので、すぐに転職しなくても業界の情報収集にかなり役立ちます。

マイナビクリエイターに無料登録する

JAC Recruitment

【公式サイト】http://www.jac-recruitment.jp

経験とスキルがあるミドルシニア層や

日本企業だけでなく、外資系企業など大きなキャリアアップを目指したい人におすすめなのがJACリクルートメントです。

・個別担当の専任エージェントの対応が素晴らしい

・案件が非常に多く、JAC限定案件もある

・転職エージェントとして攻めの転職サポートをしてくれる

といった点が他の転職サービスや転職エージェントとは一味違います。

ゲームクリエイターでも、ただの転職ではなく大きなキャリアアップを目指す人にオススメです。

一方でスキルや経験がなく、現職の給料が低い人は使いこなせないサービスかもしれません。

JAC Recruitmentn無料登録する

 

マイナビエージェント

マイナビAGENT×IT人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

マイナビエージェント公式サイト

大手の転職エージェントであり、抜群の知名度を誇るのがマイナビエージェントです。

めちゃくちゃTVCMとか広告出ていますよね。

宣伝をしている=宣伝費をかけている=宣伝をかけれるくらいに多くの人が利用している

ということでもあります。

多くの企業採用実績があるということは、それだけの企業とのパイプや、転職に対するノウハウや、膨大なスタッフがいるということです。

実際にマイナビは転職支援サービスも充実しています。次の3つがマイナビの強みになります。

・求職者と企業の強いマッチング力

・徹底したサポート体制

・未経験者にも丁寧にアドバイス

出典:マイナビ

そして全ての業種を網羅しつつ、8割が非公開求人ということもあり、外から見ているだけではわからないけど、登録してみるとその魅力に気づきます。

転職を検討しているなら最低限登録しておくべき転職エージェントです。

マイナビエージェントに無料登録する

転機

【公式サイト】https://ten-ki.jp

「転機」というサービスは転職支援サービスです。

「転職エージェントのひとつ」という見方もできますが、他の転職サービスとは異なり

「登録したからすぐに求人案件がもらえるわけではない」

ということから、

「とりあえず登録して放置しておく」

ような使い方を私はしていました。

転職サービス「転機」とは?

転機

・エグゼクティブ向けのサービス

・企業の経営層に直接売り込んでもらえて、経営層と直接面談ができる

・膨大な求人票から紹介されるというよりは、皆さんの能力に合致した案件をとってくるイメージなので案件紹介まで時間がかかる

「転職活動をしようとおもったら、すぐに転職先を決めたい!」

と思っている人には「転機」はおすすめできません。

一方で

「転職を急いではいない。十分時間がある。いい案件があったら転職を検討したい」

と思っている人には「転機」はおすすめです。

ハイクラス転職サイト「転機」に無料登録する

まとめ

同じゲーム会社でゲームクリエイターとして第一線でずっと働けるなら、それはそれで幸せです。

でも現実的にはそれは結構厳しいものがあります。実際に多くの人が40代あたりから居場所を終われ、50代まで生き残れないからです。

だからこそ、20代30代の皆さんは将来をもう少し真剣に考えるべきです。

10年なんてあっという間に過ぎます。30代の人もすぐに40代になります。そこで残酷な現実に気づいても、もう手遅れです。

まずは経験とスキルを積むための冒険に出かけるべきです。同じ場所に留まることほどリスクの大きいことはないのですから。