失敗しない40代の転職|40代の転職に成功する人と失敗する人の特徴

転職ノウハウ
スポンサーリンク

失敗しない40代の転職|40代の転職に成功する人と失敗する人の特徴

転職で成功する人には理由があります。

その理由を知り、自分自身の転職活動に活かすことで転職の失敗を未然に防ぐことができ、結果的に転職の成功率がアップします。

40代・50代の転職体験談を見ると

「50社応募して1社受かった」

といった転職成功率の低さが際立っていますが、それは転職活動をしていく中で自分の中で成功する秘訣を身につけた結果に過ぎません。

もし最初の1社目から転職を成功させるためのコツを理解しておけば、50社も応募せずとも、もっと早く内定が決まっていたかもしれません。

そこで今回は

転職に成功する人、転職に失敗する人の特徴をご紹介します。

これから転職活動をする皆様の参考になれば幸いです。

主な転職理由

厚生労働省の調査によると転職理由の多くは次の5つに集約されます。

・給料への不満

・将来への不安

・労働条件

・やりがいのなさ

・人間関係

実際のところ転職活動において、どこまで転職理由を応募先の企業に伝えるのかは要検討ですが、

なぜ転職をしようと思ったのか?

自分の中で本音ベースで整理されていることは非常に重要です。

40代の転職で成功する人の特徴

40代の転職を成功させる人には幾つかの共通点があります。

これらを事前に理解しておくことで転職活動における成功率をあげることができます。

転職する目的と理由が明確になっている

「なぜ、転職したいのか?」

「なぜ、転職するのか?」

「本当に、転職する必要があるのか?」

「転職する本当の理由は何か?」

「その企業に応募する理由は何か?」

「もし入社したら何ができるのか?何をしたいのか?」

 

このような目的と理由が明確になっているかは、40代の転職活動において非常に重要です。

なぜ、なぜ、なぜ・・・・を繰り返して自問自答してください。

そうすれば転職活動の成功率は確実にあがります。

なぜなら、これらの「なぜ」が面接では必ず聞かれるからです。

事前に「なぜシミュレーション」を行なっておくことで自分の中で転職する理由を整理した上で、言語化して伝えることができるようになります。

転職の条件や妥協点が明確である

・希望年収

・妥協できるラインの最低年収

・勤務地、勤務時間、働き方における条件

・入社後に期待される仕事内容やパフォーマンス

転職における条件や妥協点を明確にすることで、面接でも好印象を与えますし、入社後の不一致を未然に防ぐことができます。

成功する転職とは、内定を取ることだけでなく、入社後も気持ちよく働けるか、という点も関わってきます。

転職活動の期間を決めている

転職活動において重要なのに、軽視しがちなのは「転職活動のスケジュールを引くこと」です。

期間を決めずにダラダラと転職活動をするのではなく

決まった期間に集中して転職活動を行い、そこで結果が出ないなら一旦お休みをとって、再度転職活動にチャレンジするのが成功する秘訣です。

会社を退職する前に転職活動をする

40代の転職を成功させるためには、会社を退職せずに転職活動をすることは必須事項です。会社を退職せずに転職活動をすることで

精神的にも追い込まれず、平常心で転職活動ができます。

会社を辞めてから転職すると、

「なぜ、先に会社を辞めたのか?説明が必要である」

「離職期間が長いほどブランクとして採用する側は気になる」

「冷静な判断ができず、内定が出たらその会社で決めてしまい後悔する」

といった無駄な工程が必要になります。

複数の転職サイトを使い、複数の企業に応募する

40代の転職を成功させる上で重要なのは「情報」です。

そして、あなたの魅力を企業に売り込んでくれる優秀な転職エージェントとの「出会い」です。

いかに価値ある情報を収集し、あなたの代理人として活躍してくれる転職エージェントに出会えるかが成功への近道です。

 

価値ある情報 × 出会った転職エージェントの人数 =転職の成功率

 

という計算式が成立します。

情報が少なくても、エージェントの人数が少なくても、成功率はあがりません。そのためには複数の転職サイトに登録して情報を収集し、複数の転職エージェントに出会うことが、40代の転職を成功させるための秘訣です。

筆者も40代で4回の転職を成功させてきましたが、下記のサイトはすべて登録して転職活動をしてきました。

JAC Recruitment

ビジネスパーソンとして、さらに上を目指すなら転職エージェントとして圧倒的な質とサービスを提供してくれるJACはおすすめです。JACしかない企業案件もありますし、何よりも転職エージェントの質が素晴らしい。時間と情熱をかけて相談に乗ってくれます。いろいろな転職エージェントとあってきましたが、ここのエージェントはとなたもプロ意識が高いです。

doda

有名な大手転職サービスです。ここは登録必須で考えておくべきです。広く、浅く、安定した情報を収集できます。複数登録の転職サイトとしておすすめ。

マイナビエージェント

大手の転職サービス「マイナビエーイェント」も情報収集にはおすすめです。大手なのでとにかく情報量が豊富です。dodaとセットで登録しておくと情報量はかなりのものになります。

社会人としての常識やマナーを持っている

・挨拶ができる

・身だしなみが綺麗

・言葉や立ち振る舞いが適切である

・時間を守り、一般常識やマナーを持っている

いずれも社会人として当たり前のことですが、転職で失敗する人の多くが、当たり前のことができていません。採用する側としては、常識人を採用したいものです。非常識な人はどんなに優秀でも避けたくなります。

当たり前のことを、当たり前にこなす

基本に立ち返ることは40代の転職を成功させる上では重要です。

40代の転職で失敗する人の特徴

ここからは40代の転職で失敗する人の特徴についてご紹介します。

転職する目的と理由が明確になっていない

「なぜ、転職したいのか?」

「なぜ、転職するのか?」

「本当に、転職する必要があるのか?」

「転職する本当の理由は何か?」

「その企業に応募する理由は何か?」

「もし入社したら何ができるのか?何をしたいのか?」

転職で失敗する人の多くが、採用する側が普通に知りたい、これらのことに対してまともに答えることができません。

もし、これらについて即答で答えられないならば、本気で転職したいのか?企業側から疑ってしまわれてもおかしくないのです。

転職エージェントから見ても、これらの目的と理由に対して即答できない人を転職サポートしたいと思いません。

転職の条件や妥協点が明確ではない

転職にあたっての条件や妥協点が

会話をするたびにブレる人は、まず転職はうまくいきません。

・意思と決断力の欠如

・本気で転職したいのか?本気で一緒に働きたいのか?

転職の条件や妥協点が明確でない人は、まず転職活動はうまくいきません。

転職活動の期間を決めていない

だらだらと転職活動をしている状態はゴールが明確に設定されていないため、いつまでに何をするべきか?スケジュールが引けていない状態です。

目標やスケジュールを決めずに営業をしても、営業成果がでないように、転職活動も結果が出ません。

退職してから転職活動をしている

退職してから転職活動をすることは40代においては絶対に避けましょう。

精神的にも追い込まれますし

辞めた理由や、離職期間のブランクにおける不安解消を応募先の会社に伝えなければならないわけですが、それ自体が採用する側からすると大きなネガティブ要因になります。

一般的に40代の転職活動は現職を辞めずに行います。

もし退職後に転職活動をしているならば

「リストラされたのか?」「何か問題があったのか?」

実際にリストラではなく自主退職あり、何も問題がなかったとしても、そのような不安を相手側にもたせてしまうのは明らかにマイナスです。

特定の転職サイトだけを使い、1社ずつ厳選しながら応募している

失敗する転職活動において、よくあるケースが

1人の転職エージェントにお任せして

1社ずつ転職活動をしていく

というやり方です。

これによって

時間もかかりますし、お任せしている一人の転職エージェントのスキルに依存しすぎてしまうため極めて危険です。

筆者も40代で4回の転職を成功させてきましたが、下記のサイトはすべて登録して転職活動をしてきました。必ず複数の転職エージェントを並行して使い、複数社に分散して応募するようにしましょう。

1社ずつ応募して落選を繰り返すことはメンタルが病みます。

JAC Recruitment】オススメ度:★★★★★

ビジネスパーソンとして、さらに上を目指すなら転職エージェントとして圧倒的な質とサービスを提供してくれるJACはおすすめです。JACしかない企業案件もありますし、何よりも転職エージェントの質が素晴らしい。時間と情熱をかけて相談に乗ってくれます。いろいろな転職エージェントとあってきましたが、ここのエージェントはとなたもプロ意識が高いです。

CAREERCARVER(キャリアカーバー)】オススメ度:★★★★★

30代以上、年収800万円以上の取り扱い案件が中心の転職サービスです。様々な会社の転職エージェントが登録しており、転職エージェントと広く出会うには必須のサービスです。ある程度のキャリアがないと登録しても、オファーが少ない場合があるので予め認識しておきましょう。

doda】オススメ度:★★★★

有名な大手転職サービスです。ここは登録必須で考えておくべきです。広く、浅く、安定した情報を収集できます。20代から40代以上まで広くカバーした案件を持っています。複数登録の転職サイトとしておすすめ。

マイナビエージェント】オススメ度:★★★★

大手の転職サービス「マイナビエーイェント」も情報収集にはおすすめです。大手なのでとにかく情報量が豊富です。dodaとセットで登録しておくと情報量はかなりのものになります。

社会人としての常識やマナーに欠けている

最終的に採用するか、しないか?の判断は

採用する会社の人があなたと一緒に働きたいか?働きたくないか?

人間としての素質を判断します。

ゆえに社会人としての常識やマナーに欠けていると判断された瞬間に不採用となります。特に40代は20代とは違って

「当たり前のように社会人としての常識やマナーを持っていることが前提」となります。

もし持っていないなら、年をとった40代を今から再教育することも難しいと考えので、それだけで不採用となってしまいます。

40代の転職で役立つ転職サービスと転職エージェント

最後に40代で4回の転職に成功した筆者が、実際に使っていた転職サイトについてご紹介します。

・転職する目的と理由を明確にする

・転職の条件や妥協点が明確にする

・転職の期間を決める

・会社を退職する前に転職活動をする

これらができれいれば、あとは転職サイトに登録するだけです。登録は5分もあれば終わりますし、すべて無料で登録できます。

まずは情報収集から始めてみましょう。

ここで、一歩が踏み出せるかが重要です。

JAC Recruitment

ビジネスパーソンとして、さらに上を目指すなら転職エージェントとして圧倒的な質とサービスを提供してくれるJACはおすすめです。JACしかない企業案件もありますし、何よりも転職エージェントの質が素晴らしい。時間と情熱をかけて相談に乗ってくれます。いろいろな転職エージェントとあってきましたが、ここのエージェントはとなたもプロ意識が高いです。

doda

有名な大手転職サービスです。ここは登録必須で考えておくべきです。広く、浅く、安定した情報を収集できます。複数登録の転職サイトとしておすすめ。

マイナビエージェント

大手の転職サービス「マイナビエーイェント」も情報収集にはおすすめです。大手なのでとにかく情報量が豊富です。dodaとセットで登録しておくと情報量はかなりのものになります。

転機

時間をかけて自分のキャリアを検討したいという方なら経営層に直接アプローチできる案件を、時間をかけて探してきてくれる転機との相性が良いかもしれません。案件紹介まで時間はかかりますので、まず登録しておくことをおすすめします。