【人生終了】会社員であることはデメリットとリスクしかないという事実(ヤバい)

人生の悩み・メンタル
スポンサーリンク

【人生終了】会社員であることはデメリットとリスクしかないという事実(ヤバい)

給料が上がった、平均年収はいくら?

昇進した、昇格した、リストラされた

そんな話題が毎日飛び交っています。

全て会社員の話です。

 

会社員として年収1000万円を超えることがステータスであり

最終目標のように世の中では語られている部分があるかもしれません。

でも、これは全部まやかし、幻想なのです。

なぜなら会社員であること、そのものがデメリットであり、リスク以外の何物でもないから。

ここに気づくと人生は大きく動き出します。

でも、ほとんどの人が、ここに気づかないわけです。

 

今回は会社員であることのメリットと、デメリットとリスクについて解説します。

会社員であることのメリット

筆者は会社員を辞めて現在、自営業をしています。

よって改めて会社員であることのメリットを最近感じるようになりました。

そうなんです。会社員ってめちゃくちゃ恵まれているのです。

給料が毎月振り込まれる

起業してみて、会社経営者になってわかったことは

自分で稼がないと毎月収入がゼロということです。

仕事をするだけではダメで、売上と利益を出さないと自分に対する給料が払えないという現実でした。

でも会社員なら、極論を言うと今月結果を出さなくても給料はもらえますよね。

1年後に結果を出しても、それまでの給料はもらえます。

ここは本当に大きい・・・・・。

毎月給料が振り込まれるということは毎月生活もできますし、それ以上にメンタル的なダメージもありません。生きていくことができますからね。

社会保険の半分を会社が負担してくれる

会社員をやっているとあまりわからないのですが、給料から社会保険料が控除されて支払われています。

実は同じ金額を会社が負担しているわけです。

会社経営をしていると自分に給料を支払って、社会保険も会社が半分負担するわけですが、その負担しているお金も実は自分で稼いだお金なので、二重で社会保険を負担しているような感覚になります。

これって本当にありがたいんですよね。

(でも会社員をやっているときは全然、気にしないですが)

 

税金周りの処理をしなくて良い(全部会社まかせ)

会社経営をすると日々、経理とか税金とかの処理を自分でしなければなりません。しかし会社員だと、そういった面倒なことをバックオフィスの人がやってくれているわけです。

これは本当にありがたいことなんですよね。

銀行ローンを組める、クレジットカードを作れる

会社員であることは、その会社の社会的信用を使えるということです。

だから銀行ローンやクレジットカードも作れます。

安月給であってもローンが組めるのです。

お金を貰いながら学べる

会社員なら毎月、何も仕事をせずミスばかりでも給料がもらえます。

お金を貰いながら会社でいろんなことを学べます。

これは本当に凄いことなんですよね。

普通、お金を払って学校に通うものですが、会社員ならお金を貰いながら学校に通っているような感じなのです。

副業をすればダブルインカムである

会社員であることで毎月給料をもらえますが

さらに副業をすれば給料にプラスで収入を手にすることができます。しかも副業が失敗しても会社員として会社からはお金がもらい続けるわけですから、こんな夢のようなことはありません。

 

もう、やばいくらいに会社員は恵まれています。メリットが多いのです。

しかし、それでも筆者は現在、会社員ではなくて自営業、つまり会社経営をしているのです。

なぜなら、これだけ会社員は恵まれていながらも、実は本当のところはデメリットとリスクしかないということを知っているからです。

これだけのメリットを全て打ち消すくらいに会社員であり続けることにはリスクしかないことを知っているからです。

その理由をこれからお話します。

会社員であり続けることのデメリット

会社員であり続けることには大きなデメリットがあります。

もう、このデメリットがあまりにも大きすぎて怖くてリスクがありすぎなのです。普通に会社員をやっていると、このリスクの大きさに気づくことがないのですが、一歩外に踏み出すとあまりのリスクの大きさに驚愕するわけです。

会社員である範囲での給料しかもらえない

先日、23歳の社会人2年目の若者がこんなことを言いました。

「毎月の給料は23万年、安い、ボーナスもない、だから生活が辛い」

 

誰しも23歳の頃はこんな生活はカツカツだった経験があるかもしれません。

でも、実はこれは会社に問題があるわけではなく、会社員という職業を選んだあなたに責任があります。なぜなら会社員であるゆえに、会社員としての給料しかもらえないからです。

23万円という給料はむしろもらっている方かもしれません。

これから会社員としてキャリアを積んでいくことで給料は上がっていくかもしれません。でも所詮会社員としての金額のレンジしかもらえないのです。

会社に搾取される

仮に年収1000万円もらっている会社員がいるとしましょう。

多分、すごく希少性の高い人材なのでしょうね。

でもその一方でその会社の経営者は何倍もの給料をもらっています。

1000万円というのは一見高給取りのように見えて

実際は会社に搾取されているだけにすぎません。

仕事をする相手を選べない(上司も部下も)

自分で会社経営をしていると仕事の仲間も仕事相手も選ぶことができます。

気に入らない相手とは仕事をする必要がない、選ぶ必要がないのです。

 

しかし会社員をやっていると上司も部下も選ぶことができないことに気づきます。全て会社の管理下の元で仕事をしなければなりません。

上司や部下や嫌な奴だったり、頭がおかしかったり、異常な人物でも

相手を選ぶことはできないのです。

働き方を決められない

会社員であると毎日9時の始業時間に出社して定時に退社するなど

決められた時間で働くことを強いられます。

しかし実際のところ、その通り働くことと結果を残すことはイコールではありません。

でも自分で働き方を決められないのが会社員の宿命です。

無駄な飲み会や会議、役員を説得するための資料作成など無駄なことが会社員には多すぎるのです。

定年やリストラするとそこで終了の可能性あり

会社員には必ず終わりがあります。

定年でも会社員は終わりますし、リストラされることもあります。

そうなっても、その先の人生は続いていくわけですね。

でも、会社員しかできない人はそうなった時に、その先の人生をうまく生きていけない人が大多数なのです。

実は会社員であることで、自ら生きていくサバイバルスキルを付けないままに年齢を重ねている人も多いのです。

人生において大切なこと

若い時は毎日を生きるのが精一杯です。

物欲もあるし、毎日が成長実感で満たされていて会社員として働くことに何ら疑問を持ちません。そして正社員でない人、例えば派遣とか契約社員の人は正社員になることを目標に掲げる人もいます。

でも、年齢を重ねるとわかってくるのですが

これは全て、どうでもいいことなんです。

なぜなら

・人生は1度きりだし

・今というこの瞬間も1度きり

だからです。

お金を貯めても墓場まで持って行けないし、お金があっても年齢を重ねるとできることも限られてしまいます。

 

もう、これは疑う余地がない真実なのですが、多くの人がここに気づきません。

だからこそ、いかに早く、この事実に気づいて

自分の人生に向き合えるかが重要だったりします。

 

そして、そこに気づくと

今の仕事が本当に自分にとって重要で、人生をかけてやるべきことなのか?

人生の本質というか核心に気づくようになります。

 

そこに気づければ

目先の年収アップや、会社のブランドや、そういうもので仕事を決めることなく

人生において本当に大切なものを得るために仕事を選ぶことができるようになります。

 

今回の記事を読んだ結果、もし、人生において大切なものに気づくことができたら、ぜひそれに向かって突き進んでください。

そして必要なら転職すべきだと思います。

実は私も早い段階でこれに気づいていました。

その結果、現在の起業しているわけですが、その起業という状態に向買うべく転職を重ねてきました。結果的に5回も転職をしてしまったわけですが、それだけの価値はあったと思っています。

皆さんも1度きりの人生ですから

ぜひ悔いがない選択をしてください。

 

最後に私が実際に5回の転職で使ってきた転職サービスをご紹介しますので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

5回の転職で役立った転職サービス

JAC Recruitment

【公式サイト】http://www.jac-recruitment.jp

経験とスキルがあるミドルシニア層や

日本企業だけでなく、外資系企業など

大きなキャリアアップを目指したい人におすすめなのがJACリクルートメントです。

私も実際に利用していましたが、

・個別担当の専任エージェントの対応が素晴らしい

・案件が非常に多く、JAC限定案件もある

・転職エージェントとして攻めの転職サポートをしてくれる

といった点が他の転職サービスや転職エージェントとは一味違います。

まさに転職エージェントのお手本のような会社です。

 

一方で年齢はあまり関係ないのですが

スキルや経験がなく、現職の給料が低い人は使いこなせないサービスかもしれません。

実際に使ってみてわかったことは

スキルや経験がある人にとっては、年齢に関係なく引く手あまたの求人提案を続々としてくれるため、どの企業にエントリーするべきか悩んでしまう転職サービスだと思います。

JAC Recruitmentn無料登録する

 

マイナビエージェント

マイナビAGENT×IT人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

マイナビエージェント公式サイト

大手の転職エージェントであり、抜群の知名度を誇るのがマイナビエージェントです。

めちゃくちゃTVCMとか広告出ていますよね。

宣伝をしている=宣伝費をかけている=宣伝をかけれるくらいに多くの人が利用している

ということでもあります。

多くの企業採用実績があるということは、それだけの企業とのパイプや、転職に対するノウハウや、膨大なスタッフがいるということです。

実際にマイナビは転職支援サービスも充実しています。次の3つがマイナビの強みになります。

・求職者と企業の強いマッチング力

・徹底したサポート体制

・未経験者にも丁寧にアドバイス

出典:マイナビ

そして全ての業種を網羅しつつ、8割が非公開求人ということもあり、外から見ているだけではわからないけど、登録してみるとその魅力に気づきます。

転職を検討しているなら最低限登録しておくべき転職エージェントです。

マイナビエージェントに無料登録する

転機

【公式サイト】https://ten-ki.jp

「転機」というサービスは転職支援サービスです。

「転職エージェントのひとつ」という見方もできますが、他の転職サービスとは異なり

「登録したからすぐに求人案件がもらえるわけではない」

ということから、

「とりあえず登録して放置しておく」

ような使い方を私はしていました。

転職サービス「転機」とは?

転機

・エグゼクティブ向けのサービス

・企業の経営層に直接売り込んでもらえて、経営層と直接面談ができる

・膨大な求人票から紹介されるというよりは、皆さんの能力に合致した案件をとってくるイメージなので案件紹介まで時間がかかる

「転職活動をしようとおもったら、すぐに転職先を決めたい!」

と思っている人には「転機」はおすすめできません。

一方で

「転職を急いではいない。十分時間がある。いい案件があったら転職を検討したい」

と思っている人には「転機」はおすすめです。

ハイクラス転職サイト「転機」に無料登録する

 

doda(デューダ)

【公式サイト】https://doda.jp

TVCMでもおなじみパーソルキャリアが運営する「doda」は求人情報サービス・人材紹介サービスを提供する転職サイトです。

大手の転職サービスゆえに、幅広い案件を紹介してくれますので、まず登録しておくべきサービスになります。

実際に使って見ると担当の方がかなり若い印象です。

20代、30代ならかなり相談しやすいけど

40代以上だとキャリアの相談においてはギャップを感じるかもしれません。

ただし、若いゆえにフットワークと熱量がハンパない印象です。

任せっきりではなく、希望条件を適切に伝えてあげることで、うまく使いこなせるエージェントでした。

dodaに無料登録する