スポンサーリンク

転職してから3ヶ月以内の退職は絶対にダメ!人生詰んで後悔します

転職ノウハウ

【リアル実話】勢い任せで3ヶ月以内で退職して人生詰んだ話

今回は、実際に体験したちょっと辛い話をします。

なぜ辛い話をするかというと、同じような体験をして欲しくないからです。もし私が今回話しをするような「未来」を見えていたら、短期間で会社を辞めたりはしないでしょう。

結果的にその後の人生で挽回するために相当の苦労をする事になりました。

最初に結論をお伝えすると「3ヶ月程度の短期間で会社を退職すると会社員人生としては大きな痛手になり、その後、かなり苦労します」というお話です。

短期間で退職することによるデメリットとその理由

アルバイトと違って正社員で短期間で退職転職を繰り返す人のことを「ジョブホッパー」と言います。アルバイトなら短期間でのジョブチェンジは問題ないのですが、これが正社員となると状況が違ってきます。

具体的には正社員で転職後3ヶ月以内で辞めた場合のデメリットについてお話しましょう。

①再就職活動でずっと苦戦します

3ヶ月以内で退職しても生きていかなければならないですから次の仕事を探すことになります。

自力で探すか、転職サービスや転職エージェント経由で探すことになると思いますが、まず転職活動において「3ヶ月以内で前職を辞めたこと」がネックになり苦戦します。

なぜ3ヶ月以内で辞めたのか、そこに説得力のある正当な理由を説明できたとしても、履歴書にはそこまで詳しく書くことはできません。

履歴書に書かれているのは、いままで働いてきた会社リストそのものです。前職を3ヶ月間で辞めた理由も書いてありませんから、次に採用する側としては大きな不安を抱いてしまうものです。

これが辞めた直後の次の会社への転職活動だけでなく、今後、何社も転職を重ねていくキャリアの中で永遠に続きます。

なぜなら、転職のたびに、その短期間の離職について聞かれるからです。

つまり短期間で正社員を退職するということは、どんな理由はあれども履歴書上では大きな負債を抱えた状態で生きていく覚悟が必要となります。

転職エージェントから見ても「売りにくい人材」なのです。

②社会健康保険には入れず出費が増えます

A社からB社へ転職。B社で2ヶ月未満で退職

といったケースの場合、B社の社会健康保険をそのまま継続利用することができません。実は退職して無職になった場合、前職の社会保険をそのまま2年間、任意で継続入会することができます。

社会保険は前年度の年収によって翌年の保険料が決まりますが、前職の社会保険をそのまま引き継ぐことで一般料金よりも安く入ることができます。

この社会保険の権利取得は2ヶ月間の勤務が必要です。

もしB社2ヶ月未満で退職してしまったら、B社の社会保険を継続利用できませんので、国民健康保険に入らなければなりません。そしてA社の前年度年収に応じた国民健康保険を今年度は支払う必要があります。

年収次第ですが、ざっくり、会社勤務時の社会保険の3倍は支払いを覚悟する必要があります。

短期間で退職した事実は隠せません

ならば1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月といった短期間で正社員を退職は事実を隠しながら転職活動をしよう!と思うかもしれません。

しかし、次の企業に転職する際に、その企業が大手企業であればあるほど、あなたを採用する際に身辺調査をします。その身辺調査は様々な方法で行われます。

・Facebookを見たり

・狭い業界なら周囲に人なりを聞いたり

様々な方法で「面接」や「書面」ではわからないあなたの正体を調査するものです。その中で前職を短期間で退職したという事実がわかってしまう可能性はあります。

また仮に前職を短期間で退職した事実を包み隠さず転職をしたとしましょう。もしあなたが優秀で年収の高い人材で、いま応募している会社が外資系の会社だったりすると、最終面談の後「リファレンスチェック」をいうものを行う可能性が高いのをご存知でしょうか?

リファレンスチェックとはあなたをよく知る前職の上司同僚など2名から3名をあなたが指名して、その方から「あなたの人なり」を電話などでヒアリングする方法です。

指名するのはあなた自身です。しかし3ヶ月間で辞めた前職の上司同僚をリファレンスチェック候補として指名するのは難しいでしょう。

リファレンスチェックを指名できないことで、あなたは貴重な転職の機会を失うかもしれないのです。

最低限勤務するべき期間は1年働こう!ただし起業するなら話しは別です

転職したなら、最低1年は働くようにしましょう。

なぜなら、1年間は働かないと以降の転職活動でメリットよりもデメリットの方が大きいからです。もちろん圧倒的な才能を持つ人材なら、勤務期間はあまり意味を持たない場合もあります。ただし、そんなことはあくまでも例外です。

ただし、もしあなたが起業するなら最低勤務期間は無視しても結構です。なぜなら起業あなた自身で行うものであり、それを阻む物は何も存在しないからです。

短期間で退職した場合の人生の挽回方法

とはいえ人生の中で「冷静な判断」ができず、勢いだけで短期間で退職してしまう人もいます。まさに私がその例です。

短期間で退職してしまった場合の対策としては幾つかあります。

・知り合い経由でコネ入社しよう

あなたが短期間で退職しなくてはならなかった原因を理解してくれる、知り合い経由でのコネ入社を甘んじて受けましょう。そしてそこで圧倒的な結果を出すことに最大注力するのです。

そうすれば、短期間で退職した「履歴書上の傷」も人生経験として笑って話せる思い出にすることもできます。

・起業する

自分自身で起業しましょう。起業した結果、成功失敗は関係ありません。ただし全力で成功に向けて努力しましょう。起業のために、夢を追いかけるために前職を短期間で退職した、という理由はむしろその後の転職活動においても有利に働く可能性があります。

転職を失敗する理由は企業との不一致

とはいえ、短期間で転職した会社を辞めるなんて、何かしら問題があったハズです。

離職する代表的な理由としては

・企業文化との不一致

・やりたくない仕事だった

・上司や職場環境との不一致

など様々な原因が挙げられます。しかし、これら原因は転職する前に解決できることだったりします。

企業との不一致を回避するためには、いろいろな転職エージェントと企業に出会い、徹底的に不一致となる要因を除外することです。

間違っても特定の転職サービス、エージェントに依存して、内定が出たらすぐにその企業に決めるようなしてはいけません。

世の中は広く未知なことがむしろ多いのです。いま目の前に見えていることが必ずしも「正解」ではありません。

ですから多くの選択肢の中からあなたのベストな選択を選べるように、まず複数の転職サイトに登録してみることをお勧めします

【世代別おすすめ記事一覧】

【僕が5回の転職で役立った】おすすめ転職サービスと転職エージェント

【僕が40代の転職に役立った】おすすめ転職サービスと転職エージェント

【僕が30代の転職に役立った】おすすめ転職サービスと転職エージェント

【20代の転職に役立った】20代におすすめ転職サービスと転職エージェント

まとめ

最後に大切なことなのでもう一度お話します。

短期間の退職はその後の人生を挽回するために結構な時間がかかります。そしてあなた自身、激しく後悔するでしょう。よって

「転職を決めたら安易に辞めてはダメ」

「転職を決める前に様々な選択肢の中から自分で決める」

ということをおすすめします。

もちろん起業するなら話は別です。

タイトルとURLをコピーしました