【諦めるな】資格なし業界未経験でも30代なら転職できる可能性あり

ライフブログ
スポンサーリンク

30代で頑張らないと40代は辛い現実で苦しみます

こんにちは

筆者は現在40代です。

そして人生で5回の転職経験がありますが、そのうち4回は40代で転職しました。

 

一般的に転職が厳しいと言われている40代で、なぜ4回も転職できたのか?

大きな原因は30代の時に他の人の何倍もの経験と実績をあげたからです。

 

あたり前のことですが、

30代の頃に築き上げた実績やスキルが

40代の転職活動における武器になります。

 

そう考えると30代を、30代を生きるために過ごすのではなく

40代を生きるために30代を過ごしているという事実を知ることになります。

人生は連続性を持って続いており

今日が明日を作り、明日が1年後、10年後を作るのです。

 

この実体験から言えることは

「30代のときに、どれだけ頑張ったかが40代の人生を決める」

「もし30代の時に頑張らなかったら40代は非常に辛く苦しい人生になる」

これは間違いない現実なのです。

 

でも、30代の頃の私は、決して優れた人材ではありませんでした。

ただ夢中で頑張っていた結果

他の人にはない特殊スキルや経験を身につけることができたに過ぎないのです。

 

もし、この記事を読んでいる30代の人が、いま全然仕事ができなくて悩んでいても落ち込む必要はありません。

なぜなら、いま30代なら、これからいくらでも挽回できるチャンスがあるからです。

30代なら業界未経験でも転職できる可能性あり

30代なら業界未経験でも転職できるチャンスがあります。

40代で業界未経験の転職は非常に難しくなりますが、30代なら人生に残された時間がまだ十分にあります。

30代にはポテンシャル採用枠がギリギリあり

能力的に達していなくても、ポテンシャルがあると判断された場合、内部的にポテンシャル採用枠を設けている企業があります。

プロ野球選手でいえば育成契約のようなイメージです。

 

多くの場合、ポテンシャル採用は20代に設けている場合が多いのですが、30代でも設けている場合もあるのです。

実際に筆者も30代後半の頃、30代前半の中途入社を2名採用しましたが、いずれもポテンシャル採用としての意味合いの採用でした。

業界未経験でも30代ならチャンスが与えられる可能性があるのです。

なぜなら30代は

「体力的にもまだ元気ですし」

「何よりも新しいことを吸収しようという意欲がギリギリ残っている世代だと考えられているからです」

 

40代、50代でも新しいことを吸収しようという意欲を持っている人もたくさんいます。ただし一般論として、そうではない人が多いため、企業としては未経験の40代、50代には二の足を踏んでしまうのです。

そして40代、50代には経験者を求め、組織を管理するマネージャーを期待します。

 

平均年齢20代のベンチャー、スタートアップ企業でも30代ならギリギリ参加できる

40代とは違い、30代なら平均年齢20代のベンチャー企業、スタートアップ企業への転職できる可能性もあります。

40代と20代では親子ほどの年齢差はありますが、

30代と20代では先輩、兄弟くらいの年齢差です。

年齢が近いということは、それだけ組織に馴染む可能性を持っているとうことです。

結局のところ採用する側が一緒に働きたいと思えるのか?

それが人材採用における最終判断になります。

 

親子ほど離れていれば一緒に働くことにハードルを感じるかもしれませんが

兄弟、先輩後輩くらいならハードルを乗り越えられると考えるのも、自然な感覚かもしれません。

給料アップよりもスキルアップと経験が積める転職をするべし

30代でどれだけ頑張れたのか?その結果が40代の人生に大きく影響してきます。ですからスキル、経験不足だという自覚があるならば、給料アップよりもスキルや経験が積める転職を選ぶべきです。

いま目の前にある50万、100万円アップ程度の転職による給料アップはあくまでも一時的なものに過ぎません。

重要なのは、これからの人生、キャリアをどう考えていくかが全てなのです。貪欲にスキルを身につけることに30代は集中すべきなのです。

すでに十分なスキルを身につけているならまだしも、20代を非正規で過ごし、30代で挽回したいと思っている人がいるなら、なおさらです。

30代でどれだけ頑張ったかが、その後の人生を決まります。

40代未経験でもチャンスはあるけど、限りなくゼロに近い

新しいプロジェクトを任せようと思った時

同じ能力の30代と40代がいるなら、迷わず若い方に任せるはずです。なぜなら若さとはノビシロの大きさでもあるからです。

30代でどれだけ苦労して経験を積んでも40代の転職活動やキャリアは厳しいのです。普通でさえ厳しいのに、30代で経験を積んでこなかった40代はさらに厳しい過酷な現実が待っています。

だからこそ、この記事を読んでいる30代の皆さんは

もっと真剣にこれからの人生やキャリアを考えてください。

同じ会社で定年まで勤める覚悟があるなら、それでも構いません。でも、定年まで勤められる人はこれからの時代ではごく限られた人だけになります。

そう考えると、30代の今のうちに

転職できるチャンスが残されているうちに転職をして誰にも負けないスキルと経験を積み上げることに、もっと真剣になるべきです。

いま一歩踏み出せるかで40代、そして50代が決まります。

それがわかっている人は、周囲には言わないだけで転職サービスに登録して情報収集を始めています。この差はいまは小さくても年齢を重ねることで大きく効いてくるのです。

 

まずは一歩を踏み出しましょう。

実際に使ってみて役立った転職サービスをピックアップしておきます。

登録してみて、転職エージェントと話をしてみることから始めるだけでも、きっと未来は変わります。

どうか後悔しない40代にしてください。

JAC Recruitment

ビジネスパーソンとして、さらに上を目指すなら転職エージェントとして圧倒的な質とサービスを提供してくれるJACはおすすめです。JACしかない企業案件もありますし、何よりも転職エージェントの質が素晴らしい。時間と情熱をかけて相談に乗ってくれます。いろいろな転職エージェントとあってきましたが、ここのエージェントはとなたもプロ意識が高いです。

CAREERCARVER(キャリアカーバー)

30代以上、年収800万円以上の取り扱い案件が中心の転職サービスです。様々な会社の転職エージェントが登録しており、転職エージェントと広く出会うには必須のサービスです。ある程度のキャリアがないと登録しても、オファーが少ない場合があるので予め認識しておきましょう。

doda

有名な大手転職サービスです。ここは登録必須で考えておくべきです。広く、浅く、安定した情報を収集できます。20代から40代以上まで広くカバーした案件を持っています。複数登録の転職サイトとしておすすめ。

マイナビエージェント

大手の転職サービス「マイナビエーイェント」も情報収集にはおすすめです。大手なのでとにかく情報量が豊富です。dodaとセットで登録しておくと情報量はかなりのものになります。

30代におすすめ転職サービスと転職エージェント

30代の頃から様々な転職サービスを利用してきました。

実際のところ、話だけを聞いてみて、その転職エージェント経由では転職しなかったところもありますが、

話を聞いてみることには本当に価値があります。

なぜなら、表に出てこない、ネットを検索しても入手できないリアルな情報が手に入るからです。

特に転職希望の企業が明確になっている場合は、かなり具体的な情報が入手できますし

転職エージェントしか持っていない非公開の求人なども紹介してもらえるからです。

 

実際に私はこれまで5回の転職経験がありますが

それらを通して実際に役立った転職サービスや転職エージェントをご紹介します。

JAC Recruitment

【公式サイト】http://www.jac-recruitment.jp

経験とスキルがあるミドルシニア層や

日本企業だけでなく、外資系企業など

大きなキャリアアップを目指したい人におすすめなのがJACリクルートメントです。

私も実際に利用していましたが、

・個別担当の専任エージェントの対応が素晴らしい

・案件が非常に多く、JAC限定案件もある

・転職エージェントとして攻めの転職サポートをしてくれる

といった点が他の転職サービスや転職エージェントとは一味違います。

まさに転職エージェントのお手本のような会社です。

実際に使ってみてわかったことは

スキルや経験がある人にとっては、年齢に関係なく引く手あまたの求人提案を続々としてくれるため、どの企業にエントリーするべきか悩んでしまう転職サービスだと思います。

JAC Recruitmentn無料登録する

 

 

CAREER CARVER(キャリアカーバー)

公式サイト

CAREER CARVERはリクルートが運営するハイクラス向けの登録型の転職サイトです。

年収のレンジは800万円から2000万円まで多数

通常の転職エージェントに比べると、ハイクラスの転職案件が多いのがCAREER CARVERの特徴です。

あなたはただ登録するだけです。

CAREER CARVERには様々な転職エージェント(というよりはヘッドハンターに近い人)が登録しており、あなたが登録すると各エージェントからスカウトが来ます。

同様のサイトとしてはビズリーチがありますが、ビズリーチは案件の数、エージェントからの打診の勝負とするならば

CAREER CARVERは数はビズリーチほどではないですが、質の高いオファーがきます。

また、両方使ってみてわかったのは

CAREER CARVERとビズリーチでは打診してくるエージェントがあまり重複しないという点です。

すでにビズリーチに登録しているならば、CAREER CARVERもセットで登録しておきましょう。

メールアドレスでアカウント作成してもいいのですが、facebookのアカウントでも登録できます。もちろん登録、転職サポートは無料です。

CAREER CARVERに無料登録する

 

doda(デューダ)

【公式サイト】https://doda.jp

TVCMでもおなじみパーソルキャリアが運営する「doda」は求人情報サービス・人材紹介サービスを提供する転職サイトです。

大手の転職サービスゆえに、幅広い案件を紹介してくれますので、まず登録しておくべきサービスになります。

実際に使って見ると担当の方がかなり若い印象です。

20代、30代ならかなり相談しやすいけど

40代以上だとキャリアの相談においてはギャップを感じるかもしれません。

 

ただし、若いゆえにフットワークと熱量がハンパない印象です。

任せっきりではなく、希望条件を適切に伝えてあげることで、うまく使いこなせるエージェントでした。

dodaに無料登録する

 

転機

【公式サイト】https://ten-ki.jp

「転機」というサービスは転職支援サービスです。

「転職エージェントのひとつ」という見方もできますが、他の転職サービスとは異なり

「登録したからすぐに求人案件がもらえるわけではない」

ということから、

「とりあえず登録して放置しておく」

ような使い方を私はしていました。

転職サービス「転機」とは?

・エグゼクティブ向けのサービス

・企業の経営層に直接売り込んでもらえて、経営層と直接面談ができる

・膨大な求人票から紹介されるというよりは、皆さんの能力に合致した案件をとってくるイメージなので案件紹介まで時間がかかる

「転職活動をしようとおもったら、すぐに転職先を決めたい!」

と思っている人には「転機」はおすすめできません。

一方で

「転職を急いではいない。十分時間がある。いい案件があったら転職を検討したい」

と思っている人には「転機」はおすすめです。

ハイクラス転職サイト「転機」に無料登録する

 

マイナビAGENT

マイナビエージェントはIT系と、総合職系から構成されています。

マイナビIT AGENT

マイナビ Sales&MarketingAGENT

 

特に強みとしているのは次の3つの領域です。

・首都圏・関西圏エリア

・20代から30代のジュニアミドル層

・Web、IT、ゲームエンタメ系

IT・Web業界に強いパイプと実績も高い転職エージェントです。

よって、これらひとつでも当てはまるなら、まず登録しておくべき転職サービスとなります。

実際のところ、タイミングがあわずマイナビエージェント経由で転職には至らなかったのですが、転職活動全般において非常に参考になるアドバイスを多数頂きました。

マイナビAGENTに無料登録する

5回の転職で情報収集に役立った転職サイトと転職サービス

転職会議

【公式サイト】https://jobtalk.jp

転職活動において「使えるリアルな情報」こそがもっとも重要です。

転職エージェントと話をすることで、皆さんが興味ある業界の情報を入手することもできますが、どうしても転職エージェントが持っている情報量に限られます。

転職エージェントが転職のプロだとしても

「実際に働いている人、転職活動をしている人のリアルな情報に勝るものはありません」

そこで私は転職活動にあたって転職エージェントの情報に加えて「転職会議」を利用しています。

転職サービス「転職会議」とは?

・100万件以上のの転職口コミ情報を掲載(国内最大級)

・会員は500万人以上

・求人情報の検索もできる

まだ、本格的に転職活動をしないという人でも、まずは情報収集として活用しています。実際のところクチコミを見るだけでも各企業の傾向を見ることもできますし、「新しい気づき」があるからです。

なお、会員登録から48時間限定で「転職会議」の企業クチコミが見放題になります。それ以降も見たい場合は、在籍した企業のクチコミを投稿すると、最大90日間企業のクチコミが見放題となる仕組みです。

登録しておいて損はありません。

企業に対するネガティブな意見も結構書いてありますが、ネガティブな意見、ひとつひとつをチェックしていくというよりも

「その企業に対してどのようなクチコミの傾向が多いのか」

転職を考えている会社の外からは見えない内情を推察する参考として私は使っています。

転職会議に無料会員登録する

ミイダス

【公式サイト】https://miidas.jp

転職活動をする際に必ず聞かれるのが「現在の年収」と「希望年収」です。

採用後に現在の年収の確認のため「前年度の源泉徴収票」の提示を求められることもあるので絶対に嘘をついてはいけません。

しかし、転職活動で重要なのは

「現在の年収があなたのスキルに対して適正なのか?」

「あなたのスキルに対して適切な希望年収はいくらなのか?」

という点です。

いま働いている会社の年収が異常に低い(もしくは異常に高い)ということもありえるからです。

そんな時、あなたのスキルや経験から参考年収を算出してくれるサービスが「ミイダス」です。

 

年収の算出は蓄積された7万人の転職データを基にしており、同じようなスキルを持った人がどんな会社に転職したのかもわかります。

基本年収を知る上でミイダスはかなり使えます。必ず押さえておくべき基本情報として把握しておきましょう。

5分で登録完了できますので、転職活動をするなら最初に登録しておきましょう。

ミイダスに無料会員登録する

 

なお、ミイダスの場合は一般的な適正値を把握する上ではかなり使えますが、シニア、エグゼクティブ層の方や、一般的な適正値を超えた給与条件を出してくる企業とは大きなギャップがあります。

(7万人の転職データの範囲から算出しているので、そこから外れた例外ケースは算出しにくいという点があるからです)

わかりやすい例をあげると社長をやっていた方がミイダスを使っても、社長の給料は企業ごとに振れ幅が大きいので算出が難しいという意味です。

また最近は中国企業の日本市場進出が活発です。

例えば同一スキルでも日本市場では800万円の人材が、中国企業なら1,200万円と1.5倍程度、高くなる場合もあります。この異常なギャップはミイダスでは出しにくい領域となります。

(そもそも同一スキル1.5倍の中国案件は市場にあまり出てこないので統計データ上、算出しにくいのです)

【参考記事】給料200%アップが目指せる!日本市場進出の中国企業への転職方法(おすすめ転職サービスと転職エージェント)

 

こちらの記事もおすすめです。