【悲惨】ゲーム開発・ゲームクリエイターは使い捨て!?40歳を超えたらリストラ対象!?

ライフブログ
スポンサーリンク

Contents

【悲惨】ゲーム開発・ゲームクリエイターは使い捨て!?40歳を超えたらリストラ対象!?

今回の話は知り合いのゲームクリエイターの話です。

 

ちょっと怖い話ですが、最初に結論をお話しすると

 

50歳を超えたらゲームクリエイターは会社に居場所がなくなります。

いや40代で、ほぼ居場所がなくなります。

どんなに有名なクリエイターでも居場所はなくなります。

 

厳密には役員とかになれば、多少なりとも生き残れる確率は高まりますが

・役員のポジションは限られています

・役員になるということは現場から離れてクリエイティブな仕事ができないということです

・役員になれても安泰ではありません

 

といった感じです。

有名なゲームクリエイターが続々と追い込まれ、無名でも現場を支えてきたシニアクリエイターも居場所を追われ、リストラされたり、ゲーム開発とは無縁の仕事をさせられたりします。

 

まだ有名なクリエイターなら扱いはマシですが

(有名なクリエイターでも最近は居場所がなくなりつつありますが)

ちょっとだけ知られた程度のクリエイターなら、開発部門から異動させられやりたくない仕事をやらなければならない状態も見られます。

なんか悲しい話になってしまいましたが、これは事実なのです。

 

でもゲームクリエイターの40代以降のキャリア、老後について、これまであまり語れてくることはありませんでした。

誰も語らない、語ろうとしない

20代30代の頃はあれだけギラギラした目をしていたのに、40代を超えると牙を抜かれたような状況になっているます。(それだけ追い込まれているわけですが)

あれだけ華やかに活躍していた人でも、ある日を境から表舞台から姿を消すわけです。

 

でも、家族がいたり、生きていかなければならなかったり

収入を断つわけにはいかず

閉職で我慢して仕事をしていたり、退職金をもらって早期退職したり・・・

という人が非常に多いのです。

 

知り合いも何人も早期退職でリストラされたり、希望しない部門に異動させられたりしてきました。でも、それを運命として受け入れるしかないのです。

なぜなら彼らは、ただの従業員であり、従業員であり続ける以上、どうしようにもないからです。

 

ゲーム業界で転職就職を目指すならゲーム業界特化型エージェント「G-JOBエージェント」

▼正社員、契約社員として転職したい人▼

G-JOB転職エージェントに無料登録する

▼派遣でゲーム会社に働きたい人▼

G-JOB派遣に無料登録する

かつてメディアで活躍したクリエイターが続々とリストラされている事実

今から10年前、メディアでも目にしたようなクリエイターも、今となっては40代から50代に差し掛かろうとしています。

ゲーム開発の仕事を奪われ、ゲーム開発とは関係ない裏方に異動させられたり

転職で別のゲーム会社で働いているものの、思うように仕事を任せてもらえなかったり

または転職先でクビになったり・・・・・

 

かつて栄光を極めた多くのクリエイターは居場所を失います。

むしろ定年まで最前線でゲーム開発ができて定年を迎えるようなクリエイターは見たことがありません。

(有名なクリエイターですら、この状況ですから、無名な現場クリエイターはもっと悲惨なのかもしれません)

 

これは全然変わっていないゲーム業界の闇の部分でもあります。

これからゲームクリエイターを目指す人、今、20代30代でゲーム開発をしている人は

このような来たるべき現実を、今の段階から直視する必要があります。

 

なぜなら、このようなゲームクリエイターのシニアのキャリアは

全く手づかずの状態で、何十年も変わっていないからです。

もちろん定年までしっかり働けるゲーム会社も存在しますが、それはごく一部の会社に限られています。

ゲーム開発をしたくてゲーム会社に入って、ゲーム開発をしてきたのに

その手段を奪われてゲーム開発と関係ない仕事をしなければならない状況を想像してみてください。

我々のような一般人からすると、大した話ではないかもしれませんが

ものづくりを生きがいにしているようなクリエイターにとっては、それって地獄以外の何者でもありません。

自分にはゲーム開発しかできない

ゲーム開発をしたい

でもそれが許されないわけです。

まさに地獄ですよね。

 

リストラ、お払い箱にならない方法はないのか?

ゲームクリエイターがお払い箱にならない状況とはどのような状況だと思いますか?

 

それは、好きなゲームが自分たちの裁量と判断で開発でき

第一線で活躍できる状況を永続的に維持することかもしれません。

 

経営者の側にまわるとゲーム開発はできなくなりますし、経営側にまわっても、オーナーや創業者に対してうまく立ち振る舞っていかないと生き残れません。

経営層から見たら、新しいゲームを開発して利益を生んでくれる人しか興味がないわけです。

30代、ギリギリ40代くらいまでしか、彼らにとって興味がない人材であり

40代50代を超えてくると扱いが面倒と考え出す場合もあるのです。

(給料も高くつくし、取り扱いが面倒だと感じるようになります)

 

そんな中でお払い箱にならない方法はないのか?

と聞かれれば答えはシンプルです。

 

ゲームクリエイターは自分で会社を作り経営するしか生き残る手段がないのです。

 

これは結構確信めいた話であり、誰かに雇われている状態を脱出しない限り、永遠にゲームクリエイターとしての自由は手に入りません。

 

ならばどうすればいいのか?

この質問に対する答えもシンプルです。

20代、30代、40代のうちに一人で生きていける、一人で会社経営ができる経験とスキルを仕事を通して身につけるしかないのです。

 

でも、ここに気づいているゲームクリエイターは実はかなり少ないものです。

多くのゲームクリエイターは、今が楽しすぎて、自分の未来を考えることを怠ってしまいます、

30代くらいまでは作りたいゲームを作れる環境にいるならば、そこで満足しがちです。

気がついた時はお払い箱になってしまい、40代くらいで外の世界に放り出されます。

そうなると、どうやって生きていけば良いかわからず、迷ってしまいます。

 

よって、転職となるわけですが

ここで重要なのは転職でキャリアアップを目指すのではなく

転職で自分自身のスキルアップができるかが重要となります。

 

転職で給料アップしたとか、そういうことはゲームクリエイターのこれからの人生を考えるとあまり重要ではありません。なぜなら、給料アップが達成できても、自分で会社を作らない限り、いつかはお払い箱になるからです。

 

もし、この記事を読んでいるゲームクリエイターの皆さんが20代30代なら、今のうちから来るべき未来に対して準備をするべきです。

そして40代以上の人が読んでいるならば、ゲーム以外の人生も探すべきです。

 

会社法では会社は株主のものであるとされていますが、実際は株式を所有しているオーナーや経営者のものです。

そこで働くゲームクリエイターに対して経営者は、リスペクトしているように振る舞うかもしれませんが、状況が変われば、あっさり切り捨てます。

え!?そんなはずはないよ

少なくてもうちの会社は!

という意見もあるかもしれませんが、あっさり切り捨てられます。

(実際に多くのクリエイターがあっさり切り捨てられてきたからです)

 

スマホゲームなどの若いゲーム会社は、そこで働いている人もまだ若い人が多く、40代はかなりの高齢者扱いになります。だからゲームクリエイターの未来、将来を実感できない、目の当たりにしていないのです。

 

切り捨てられる状況に対して、どう抗っても我々は所詮、一人の従業員にすぎません。経営者に立ち向かう手段はないのです。

だからこそ、自分たちの人生は自分たちで作るしかないのです。

人生を通してずっとゲームクリエイターを続けていきたいなら、自分でコントロールできる会社を自分で作るしかない、というわけです。

いきなり、そこに辿り着くことは難しくても、時間をかけて、そこを目指すことはできます。

ゲームクリエイターの転職にオススメ転職エージェント

ゲームクリエイターでキャリアアップを目指すなら、転職エージェント選びが重要になります。

登録必須のサービスをまとめましたので参考にしてください。

G-JOBエージェント|ゲーム業界特化型転職エージェント

※G-JOBエージェント公式サイト

G-JOBエージェントはゲーム業界に特化した転職エージェントです。

ゲーム業界は特殊な業界であるため、それぞれのゲーム会社の内容や、各職業の役割などを深く理解している転職エージェントを使うべきです。

世の中には様々な転職エージェントが存在しますが、様々な業界を広く扱う転職エージェントと、ゲーム業界特化型では大きな違いが出てきます。

G-JOBエージェントはゲーム業界に特化しているため、圧倒的な情報力とゲーム会社とのパイプにより手厚いサポートが得られます。

登録は無料ですので、ゲーム業界を目指すなら必ず登録しておくべきエージェントです。

▼正社員、契約社員として転職したい人▼

G-JOB転職エージェントに無料登録する

▼派遣でゲーム会社に働きたい人▼

G-JOB派遣に無料登録する

マイナビクリエイター

ゲームクリエイターの転職なら迷わず登録しておきたいのが「マイナビクリエイター」です。

様々なセミナーも開催されてるので、すぐに転職しなくても業界の情報収集にかなり役立ちます。

マイナビクリエイターに無料登録する

マイナビエージェント ★定番


※マイナビエージェント公式サイト

マイナビエージェントは業界に精通したキャリアアドバイザーから転職活動のアドバイスやノウハウを受けられる転職エージェントサービスです。

従来の求人情報を閲覧するだけの転職サイトとは異なり

あなたに寄り添った転職さサポートします。

マイナビエージェントの強み

・業界に精通したプロフェッショナル力

・求職者と企業とのマッチング力

・徹底したサポート

また、マイナビエージェントの魅力は豊富な非公開求人数にあります。

外から見ているだけではわからないけど、登録してみるとその魅力に気づきます。

転職を検討しているなら最低限登録しておくべき転職エージェントです。

マイナビエージェントに無料登録する

非公開求人が多い理由

なぜ、ここまで非公開求人が多いのか?

それは採用する企業側として「中身を明かせない事情」があるからです。

発表前の新しいプロジェクト向けの採用だったり、そのポジションを採用していることを公にしたくなかったり、非公開求人の理由はさまざまなものがありますが、そのような案件をマイナビエージェントは多数扱っていることからも

ターゲット:20代〜30代のビジネスパーソン

求人領域:全方位

応募書類の添削:あり

面接対策:あり

大手転職サービス会社ということもあり全国に支店があります。

オンライン化が進んでいる中でも転職アドバイザーと面談が受けられるのは大きなメリットです。

マイナビエージェントに無料登録する

マイナビエージェントの進め方

マイナビエージェントは無料でご利用できます。求職者の方には費用はかかりません。

キャリアアドバイザーと面談を行い、転職のヒアリングを実施したのち、希望に合致した求人を紹介していきます。

応募に当たっては書類の添削や面接の対応までフォローしてくれます。また最終的に内定が決まった後も、年収や入社日まで調整してくれるなど手厚いサポートを受けられます。

マイナビエージェントとマイナビ転職の違い

マイナビエージェント   VS     マイナビ転職

※出典:マイナビエージェント

マイナビエージェントとマイナビ転職の違いを簡単にまとめてみました。

自分で応募する「マイナビ転職」と違って、「マイナビエージェント」はより質の高い転職サービスを受けることができます。

転職活動にあまり時間がかけられない方や、転職活動に慣れていない方は、むしろマイナビエージェントはおすすめです。

マイナビエージェントに無料登録する

マイナビエージェントがおすすめの人

マイナビエージェントは質の高い転職活動をしたい方におすすめです。

ターゲット:20代〜30代のビジネスパーソン

年収も働く環境も、さらなるキャリアアップを目指す方におすすめのサービスと言えます。

▼マイナビエージェントはたった3分で登録できます

一方で、まだ経験も少なく、専門性がない方はマッチする求人が少ない可能性はあります。その場合は、まずは自分の市場価値を無料で診断できるサービス「ミイダス」で市場価値診断を受けることをお勧めします。

マイナビITエージェント

※マイナビITエージェント公式サイト

IT、WEBのエンジニア、プログラマー、コンサルなどを目指すならマイナビITエージェントは登録しておくべき必須の転職エージェントです。

有名な大手上場企業から話題のベンチャー企業まで

業界に精通したキャリアアドバイザーが、皆さんの悩みや希望に寄り添って相談に乗ってくれます。

マイナビITエージェントに無料登録する

マイナビITエージェントの強み

取り扱っている職種としては次のようなものがあります。

プロジェクトマネージャー・プロジェクトリーダー(WEB、オープン、汎用、制御・組込) ・システムエンジニア(WEB、オープン、汎用、制御・組込) ・プログラマー(WEB、オープン、汎用、制御・組込) ・社内SE ・ネットワークエンジニア ・サーバーエンジニア ・セキュリティエンジニア ・データベースエンジニア ・システムコンサルタント(業務系、テクニカル系) ・パッケージ導入コンサルタント(ERP、CRM、SCM等)

また得意な業界としては以下のようなものがあります。

情報処理サービス ・ソフトウェア ・ハードウェア ・ポータル・検索 ・eコマース ・SNS ・インターネット広告 ・ゲーム
例えば

現在は大手の2次受け、孫請けの仕事をしているけど、大手で働けばもっと大きな仕事ができる!

そんな想いで働いているエンジニアさんも多いと思います。そんな方はぜひ登録してみましょう。マイナビITエージェントで大きく人生を変えることができるかもしれません。

ターゲット:20代〜30代のエンジニア経験のあるビジネスパーソン

求人領域:エンジニア系特化型

一方で未経験でエンジニアを目指したい人にはちょっと向かないサービスと言えます。エンジニアとしての経験者が大前提になっていますのでマッチする求人が少ない場合があります。

その場合は「テックキャンプ」などでプログラミングのセミナーを受けてみるところから始めてみるのもお勧めです。

マイナビITエージェントに無料登録する

マイナビエージェントとマイナビITエージェントとの違い

マイナビが提供する総合転職サービス「マイナビエージェント」と「マイナビITエージェント」の大きな違いは

Web・IT職種の求人に特化しているという点になります。

ただし、同じ転職エージェント会社なので、マイナビエージェントが保有している求人情報も持っていたりします。

現在、IT・Web・エンジニア職をやっていて、営業職での転職を考えているなら迷わず「マイナビITエージェント」を選ぶ

現在、IT・Web・エンジニア職をやっているけど、それ以外の転職も考えたい!

または幅広い職種を検討したい!

という方は「マイナビエージェント」を選んでおきましょう。

マイナビITエージェントがおすすめの人

マイナビITエージェントは質の高い転職活動をしたい方におすすめです。

ターゲット:20代〜30代のエンジニア経験があるビジネスパーソン

年収も働く環境も、さらなるキャリアアップを目指す方におすすめのサービスと言えます。

▼マイナビITエージェントはたった3分で登録できます

一方で、まだ経験も少なく、専門性がない方はマッチする求人が少ない可能性はあります。その場合は、まずは自分の市場価値を無料で診断できるサービス「ミイダス」で市場価値診断を受けることをお勧めします。

JAC Recruitment|ハイクラス・管理職向け転職エージェント

※JACリクルートメント公式サイト

JACリクルートメントは管理、専門職、ミドル、ハイクラスに特化した転職エージェントです。

既に企業で活躍していて、さらに上を目指してキャリアアップしたい人には必須の転職エージェントと言っていいでしょう。

1988年設立された歴史のあるエージェントであり、所属しているアドバイザーは500名以上!東証1部にも上場しています。

全国に拠点もあり、大都市だけでなく、地方でキャリアアップを目指す人にもかなり使えるサービスです。

 【JACリクルートメントに無料登録する

主な拠点は次の通りです。

東京、北関東(群 馬/栃木/茨城/埼玉)、横浜、甲信越(山梨/長野)、
名古屋、静岡、大阪、京都、神戸、中国(広島/岡山)

大手企業への転職実績は素晴らしく、うまく使いこなすことができれば大きなキャリアアップが目指せます。

 【JACリクルートメントに無料登録する

JACを利用する人の特徴

JACを利用する人の特徴としては、年齢層は20代後半~50代前半と幅広くなっていますが、

年収は600万以上の方に絞っており、一般的な転職サービスと比べるとハイクラス向けと言えるでしょう。

職種としては管理部門(経理、人事、総務等)や営業職、
業界スペシャリストやエンジニアなど幅広い領域になっています。

日本企業だけでなく、外資系企業などさらなるキャリアアップを目指したいなら、まず登録必須と言っていいでしょう。

私も実際に利用していましたが、

・個別担当の専任エージェントの対応が素晴らしい

・案件が非常に多く、JAC限定案件もある

・転職エージェントとして攻めの転職サポートをしてくれる

といった点が他の転職サービスや転職エージェントとは一味違います。

まさに転職エージェントのお手本のような会社です。

転職した方の多くは、年収のアップにも成功しています。

転職サービスの中には20代30代しか案件を転職案件を提供しないような場合もありますが、経験が豊富な方なら、JACは40代50代にとって力強い味方になってくれることでしょう。

JACをお勧めしない人

一方で、まだ経験も少なく、これからの人にとってはJACリクルートメントに登録しても、マッチした求人紹介を受けられない可能性があります。

20代でまだ経験が浅い人はマイナビジョブ20sがお勧めです。

また、一般職で転職を目指すならマイナビエージェントも登録しておきましょう。

 【JACリクルートメントに無料登録する

doda|定番の転職サービス

※doda公式サイト

TVCMでも頻繁に見かける「doda」はパーソルキャリアが運営する求人情報サービス・人材紹介サービスです。

大手の転職サービスゆえに、幅広い案件を紹介してくれますので、まず転職活動を開始したら登録しておくべき定番のサービスになります。

dodaに無料登録する

dodaの2つのサービス

dodaには2つのサービスがあります。

①エージェントサービス

キャリアアドバイザーがあなたにあった求人案件を紹介してくれます。

サイトには掲載されていない、非公開求人を含む約10万件の求人から、あなたに合った求人をdodaの専門スタッフが紹介してくれます。

②スカウトサービス

会員登録すると企業から直接スカウトが届くシステムです。匿名で登録して利用できるので、今、仕事をしている人でも身バレせずに転職活動ができます。

dodaのメリット

大手転職サービスですので、求人内容や様々なサポートが充実しています。

また転職した人のエピソードや、転職ノウハウなどのコンテンツも豊富ですので、転職活動における情報収集としても活用しましょう。

dodaに無料登録する

 

ミイダス|あなたの無料年収診断ができる

※ミイダス公式サイト

ミイダスは膨大なデータをもとに、あなたの市場価値を診断してくれる転職サービスです。

アカウント登録なしで、無料で年収診断を受けることができます。

診断はとても簡単です。

基本的には文字入力不要。ミイダスの質問に選択肢で答えるだけで想定年収と、あなたにマッチした(面談確定)企業数が表示されます。

主な質問内容は

・学歴
・直近で働いている会社名
・金属年数
・役職
・年齢、性別
・住居エリア
・現在の年収

と言った一般的なものから実際の仕事の内容について、選択肢を選ぶだけですごく細かく診断してくれます。

ミイダスで無料年収診断をはじめる

かなり細かいところまで質問に落とし込まれているので、質問に答えていくことで

画面上にある想定年収が変動していきます。

最終結果が表示されてから会員登録という流れになるので、その手前でやめても問題ありません。

なお、診断で選択した企業名は、会員登録した後に、「この企業には非公開になる」という仕様なので現在働いている会社にバレることもありません。

実際に質問に答えて行った結果、私の場合は、こんな結果になりました。

とりあえず、1度受けておいて損することはないのでやっておきましょう。

この年収が正しいかは置いておくとして、年収の数字感が掴めるのは転職活動において大きな参考になります。

ミイダスで無料年収診断を受けてみる

ミイダスのメリット

・あなたの適正年収がわかる
・あなたを必要としている企業がわかる
・面談確定の企業がわかる

これだけでも、今までなんとなく給料もらって働いていて、それが高いのか、安いのか
わからなかった人にとっては大きなメリットです。

ミイダスで無料年収診断を受けてみる

ミイダスのデメリット

役職者、役員、業界に特化した特殊スキルを持っているスペシャリスト

みたいな人はミイダスで適正年収を出すことは難しいかもしれません。

また、社長から直接ヘッドハンティングで雇用されて現在の年収は3000万円!!!
みたいな人や、あなた自身が会社経営をしていて、社長をやっている場合とか算出困難かもしれません。

その他、熱意とか、そういった数値化できないものは判別することはできません。

適正年収を知ることは重要です

とはいえ適正年収を知って
かつ、その年収であなたに対してオファーしたい!と言っている企業名まで知っておくことは転職活動において重要です。

そもそもの現在の年収が「高すぎるのか」「安すぎるのか」
あまりにも我々は無知だからです。

よってミイダスで診断を受けて、登録して
その上でそれら情報を武器として、その他の転職エージェントに登録することがおすすめです。

そうすれば失敗しない転職活動ができます。

ミイダスで無料年収診断をはじめる

 

Hays Japan転職エージェント|外資転職におすすめ

※Hays Japan公式サイト

ヘイズは2001年に設立された、20周年となる日本での最大規模の外資系人材紹介会社です。

外資系で働きたい!という人なら登録しておくべき老舗転職エージェントです。

取り扱っている領域は外資のみ。職種も広範囲にわたります。

経理・財務、金融、デジタル、フィンテック、人事、IT、保険
法務、ライフサイエンス、製造業、マーケティング、事務、不動産
サプライチェーン、営業

「外資で働くなら、まずヘイズに登録しろ!」

というくらいに定番の転職エージェントです。

世界33カ国と地域、256の拠点を持っているため、日本で展開する外資系企業だけでなく、海外赴任を目指す日本のビジネスパーソンにとっても要チェックの転職支援サービスになります。

転職エージェントも海外の人も多く、英語が使えることが必須となります。

英語が話せないと、エージェントとの面談も進まない場合もあるので注意しておきましょう。

Hays Japanに無料登録する

転職会議|転職者のリアルなクチコミ収集ツール

※転職会議公式サイト

転職活動において重要なこと、それは

「転職活動に使える生きたリアルな情報」

情報を入手して使いこなすことは、ビジネスにおいてももっとも重要です。

 

情報はネットを検索したり、実際に転職エージェントと会って話をすることで入手することもできます。

でも、それって凄く偏った情報なんですよね。

「世の中、実際に働いている人、転職活動をしている人のリアルな情報に勝るものはありません」

そこで私は転職活動にあたってリアルな生きた情報を入手する方法として

おすすめなのが「転職会議」のクチコミ情報です。

転職エージェントから引き出した情報に加えて「転職会議」の生のクチコミを組み合わせることで最強の武器になります。

転職会議に無料登録する

転職サービス「転職会議」とは?

・100万件以上のの転職口コミ情報を掲載(国内最大級)

・会員は500万人以上

・求人情報の検索もできる

まだ、本格的に転職活動をしないという人でも、まずは情報収集として活用できます。

実際のところクチコミを見るだけでも各企業の傾向を見ることもできますし、「新しい気づき」があるからです。

なお、会員登録から48時間限定で「転職会議」の企業クチコミが見放題になる仕様です。

それ以降も見たい場合は、在籍した企業のクチコミを投稿すると、最大90日間企業のクチコミが見放題となる仕組みです。

これだけはお伝えしたいのですが

「転職会議はアカウント登録しておいて絶対に損はありません」

企業に対するネガティブな意見も結構書いてありますが、ネガティブな意見、ひとつひとつをチェックしていくというよりも

「その企業に対してどのようなクチコミの傾向が多いのか」

転職を考えている会社の外からは見えない内情を推察する参考として使えるツールです。

転職会議に無料登録する

 

 

リクルートダイレクトスカウト|TVCMでも話題ハイクラス転職サービス

※リクルートダイレクトスカウト公式サイト

最近、TVCMでも頻繁に見かけるのがリクルートダイレクトスカウトです。

リクルートが運営する「スカウトに特化した転職サービス」となります。

これまでの転職活動といえば

転職サイトに登録する

転職エージェントと面談する

企業にエントリーする

といった流れが一般的でしたが、リクルートダイレクトスカウトはその名前の通り

登録して、あとはスカウトが来るのを待つだけ

といった求職者の負担を極限まで下げたサービスになっています。登録して寝かしておくだけで、

あなたに興味を持った企業や転職エージェントからスカウトが来ますので、現在、仕事で多忙で転職活動に時間が取れない人などにおすすめの転職サービスです。

ハイクラス向け転職案件が充実

※求人企業の一例「リクルートダイレクトスカウト公式サイト」より

 

リクルートダイレクトスカウトが提供している転職案件としては800万円から2000万円が中心になっているため、明らかにエグゼクティブ向け転職サービスです。

実績と経験も豊富な30代以上の役職者、またはスペシャリスト向けとなっています。

よって、40代、50代のハイクラス層も利用しています。

 

一方で未経験、経験や実績が少ない人、20代の若い人などは登録してもスカウトが来ない可能性が非常に高いです。

経験が浅い人はマイナビエージェントのような様々な年齢業界を網羅した総合転職サービスに登録がお勧めです。

リクルートダイレクトスカウトのメリットと強み

リクルートダイレクトスカウトが選ばれる理由としては

なんと言っても多忙なあなたの代わりにヘッドハンターが仕事を探してくれるという点につきます。リクルートダイレクトスカウトには3000名以上のヘッドハンターが登録していますので、

良質なヘッドハンターに出会えるかがリクルートダイレクトスカウトの攻略法になります。

非公開求人はもちろん、

リクルートダイレクトスカウトに無料登録する

リクルートダイレクトスカウトが不向きな人

一方で、まだ経験も少なく、これからの人にとってはリクルートダイレクトスカウトに登録しても、マッチした求人紹介を受けられない可能性があります。

20代でまだ経験が浅い人はマイナビジョブ20sがお勧めです。

また、一般職で転職を目指すならマイナビエージェントも登録しておきましょう。

 

まとめ

同じゲーム会社でゲームクリエイターとして第一線でずっと働けるなら、それはそれで幸せです。

でも現実的にはそれは結構厳しいものがあります。実際に多くの人が40代あたりから居場所を終われ、50代まで生き残れないからです。

だからこそ、20代30代の皆さんは将来をもう少し真剣に考えるべきです。

10年なんてあっという間に過ぎます。30代の人もすぐに40代になります。そこで残酷な現実に気づいても、もう手遅れです。

まずは経験とスキルを積むための冒険に出かけるべきです。同じ場所に留まることほどリスクの大きいことはないのですから。