【30代の転職に役立った】おすすめ転職サービスと転職エージェント(30代の転職は厳しい!?)

転職エージェント
スポンサーリンク

【30代の転職に役立った】おすすめ転職サービスと転職エージェント(30代の転職は厳しい!?)

こんにちは

現在40代、社会人経験の中で5回の転職経験があります。

成功した転職もあれば

ちょっと失敗したな、という転職経験もあります。

世の中、「上手く行く転職の方法」に注目が集まりがちですが

実は「失敗から学ぶことの方が多い」ものです。

人生体験の中で「失敗したこと」「成功したこと」を通して

実際に私が30代の転職活動の中で役に立った転職サービス、転職エージェントについてお話します。

 

なぜ、30代で転職するのか?僕が30代で転職した理由

私は新卒でIT企業に入社してSE(システムエンジニア)として3年働いた後、大手企業に転職しました。

そこで、大きな予算と権限を持ち様々な事業やプロジェクトを任されてきました。今振り返っても、これほど充実した会社員人生はなく、素晴らしい仲間に囲まれて毎日が楽しくて仕方ありませんでした。

給料もどんどん上がって昇進していきました。

しかし、充実した毎日と素晴らしい仲間に囲まれ、金銭的にも満足できる状態になると新しい悩みや欲求が生まれてくるものです。

・もっと責任がある仕事をしたい

・もっとお金が欲しい

・自分はもっとできるはずだ

という思いが高まってきました。

30代に入ると、人生に対して、ちょっと欲張りな感情が芽生えてくるのです。

しかし毎日は楽しくて仕方ないので転職とは無縁な日が続いていきます。

 

しかし30代後半に差し掛かると様々な思いが湧き上がってくるようになります。

・同じことの繰り返しで飽きてきた

・結果を出しても評価がされにくい(出して当たり前)状態になってきた

・このままの状態で人生は後悔しないだろうか

 

私の性格的に現状に甘んじるよりはリスクとチャレンジを取る傾向にあります。

よって転職サービスに登録したり、転職エージェントに会ってみたりしながら自分の市場価値や、もっとモチベーションを上げる方法がないか模索するようになりました。

 

実際にこれまでの転職活動で役立った転職エージェントについては下記でまとめています。

 

 

そうやって外の世界を知っていくことで様々な気づきに出会います。

「いまの会社は素晴らしいけど、世の中にはもっと刺激的ですごい人がたくさんいるんだ」ということ。

実際のところ、私は「井の中の蛙」だったわけです。

限られた世界の中で、大企業に守られながら、甘えて生きていた自分に気づきました。

そして、自分に対する甘えを大変嫌う私の性格もあり

「とりあえず転職してみよう!」

と思うようになります。これが、私の30代における転職理由の大部分になります。

 

このような衝動に駆られると30代で転職をするようになりますし、

このような衝動に負けない、衝動すら起きない人は、今の会社にずっと居続けるようになります。

どっちが正しいか最終的な正解は30年後くらいにならないとわからないかもしれませんが、

転職活動をする=攻めの姿勢

今の会社になんとしても居続ける=守りの姿勢

と言った感じでしょうか。

結果的に、守りが正しい判断だったという人もいれば、守りに入った故に、人生における可能性を全部潰してしまった、と考える人もいるでしょう。

30代の転職で失敗する理由と失敗しない転職方法

年齢によって仕事に求めることは変化します。

これは断言します。

 

なぜなら、現在、私は40代ですが、年代と共に仕事に対して求めるものも変化してくるという体験をしてきたからです。

 

20代:憧れの会社で働きたい。経験を積みたい。

30代:責任とやりがいがある仕事をしたい。お金が欲しい。

40代:やりがいやお金よりも、自分の存在意義を示せる仕事をしたい

 

30代の頃は「責任とやりがいがある仕事」「お金」

この2つばかりにこだわりを持っていました。

 

そして何よりも自分が満足できて評価される場所に価値を感じていました。

価値観は人それぞれですから、30代で様々なことを目的として働いても構いません。

ただしここで重要なのは転職に対する目的と、実際の転職にギャップを生んでしまうと後悔することになります。

私の場合、30代では

30代:責任とやりがいがある仕事をしたい。お金が欲しい。

という思いが強かったのですが、

このような場合、

「知人の誘いや転職エージェントの推しを断れず、興味がない会社に入ってしまったり」

「世間体ばかりを気にして、あまり気興味がない有名企業にに入ってしまったり」

このような自分で判断できない優柔不断な転職をしてしまうと

30代:責任とやりがいがある仕事をしたい。お金が欲しい。

という目的とのギャップを生んでしまう可能性が高いからです。

その結果、転職自体が失敗した、と感じてしまいがちです。

 

 

30代の転職を失敗させないためには

自分が一番やりたいことは何か

それを解決できる転職はどのようなものか

目的と進むべき道を明確に整理しておくことだ重要になります。

30代の転職を成功させるためには目的整理(やりたいことの整理)が必要です

30代の転職を成功させるためには「なぜ転職をしたいのか?」転職の目的整理が必要です。

例えば次のような質問を受けたら、皆さんはどのように回答しますか?

 

「なぜ転職をしたいのですか?」

「転職しなくても、いまの仕事でも十分ではないですか?」

「転職してどんな人生を送りたいのですか?」

 

すぐに答えられたなら転職の目的が明確になっている証拠です。

転職に対する準備ができている状態と言っていいでしょう。

 

しかし、多くの人は即答できません。

実際のところ私も、かつてはすぐに答えることはできませんでした。

そこで今回ご紹介した転職サービス、転職エージェントを上手に活用するために使える「転職診断シート」を用意しました。

設問形式になっていますので、転職活動をするにあたって事前にチェックしておきましょう。

【おすすめ記事】あなたの転職理由は何ですか?転職の目的を整理する方法(転職診断シート公開)

30代の転職で苦戦しないための注意点

30代の転職で苦戦しないためには、いくつかの注意点があります。

30代の転職は20代の転職とは、かなり状況が異なるからです。20代の転職の感覚でいると、うまくいかず苦戦することになります。

30代の転職は厳しいの?

30代の人材採用は採用する企業側としても目的がちょっと異なります。

・20代:プレイヤーとして

・30代:プレイヤー、かつマネージャーとして

・40代:マネージャー、経営陣として

といった感じです。

しかし。20代40代と違って30代は30歳から39歳の間で社会人として成長する幅が広く、一概に30代とくくって語ることが難しい部分があります。

30代の前半中盤後半では転職の難易度が異なる

30代は前半中盤後半で求められるスキルや経験が異なります。

簡単にまとめてみましたので参考にしてください。

 

・30代前半(30歳から33歳まで)

20代の続きとして育成枠としての採用もあり。転職難易度はまだまだ低め

 

・30代中盤(34歳から36歳まで)

結果を出すプレイヤー、かつマネージャーとして。転職難易度はやや高め

 

・30代後半(37歳から39歳まで)

プレイヤーよりも、マネジメント能力の方を重視される。転職難易度は高め。40代と同等で考える方が良い

 

30代前半は20代の延長線として捉えてくれる企業もあります。一方で30代後半は40代と同じ扱いであり、若い会社(ベンチャーやスタートアップ)の場合は、社長と同じ年代の場合もあります。

年齢によって求められるスキルや経験が異なることを理解する必要があります。

30代前半なら未経験の業界でも転職できる

30代でも未経験な業界でも転職できる?

という質問をよく受けるのですが、

30代前半なら未経験の業界でもチャンスがあるかもしれません。それは30代前半を20代の延長線として考えている企業も多いからです。

よってみ経験の業界に飛び込むなら、30代前半位が限界かもしれません。

もちろん例外もありますが、30代中盤以降になると、会社が求めるスキルや経験が変わってきますので、業界未経験の人材を採用するハードルが上がってしまう可能性があります。

30代の転職をつらい、楽しいと感じる人の違い

「30代の転職活動が辛い」という人もいれば

「30代の転職活動は楽勝、楽しい!」という人もいます。

40代50代の転職活動が基本的に「辛い人が多い」傾向にある中で、30代の転職に対しては人によって感じ方が異なるのです。

これも30代が前半中盤後半という3つのパートで分けられていることが理由なのですが、もう一つの理由としては

「20代をどう生きてきたかによって30代の転職に対する感じか方が異なる」

というものがあります。

 

20代を全力で生きてきた人によって30代は自分を売り込む、キャリアアップのチャンスなので、引く手数多で「楽しい転職活動」になります。

一方で20代を怠けてきた人は30代は「辛い転職活動」になります。

そして30代をどう生きるかによって40代、50代も決まってきます。

 

このように人生は全部、線で繋がっているのです。

多くの人はその場凌ぎの「点」で転職活動を考えがちですが、「点」で考えてしまうゆえに希望しない会社に転職したり、給料だけで転職したり

失敗する転職活動をしてしまうのです。

 

30代の転職活動をする上では、その先にある40代で、何がしたいのか?

考えて明確にした上で活動することをおすすめします。

そうすると、人生の目的が明確になりますので、今、目の前にある30代の転職も、何をすればいいのか?自ずと見えてくるのです。

30代の転職で最も役立ったおすすめ転職サービスと転職エージェント

30代は経験やスキル、そして体力のバランスも良く、まさにこれからの人生の方向性を決める「失敗しない転職」が必要です。

そのためには、特定の転職サービスや転職エージェントに依存するのではなく、様々な視点を持つべく複数の転職サービスや転職エージェントに登録しましょう。

実際に30代の転職で活用した転職サービスや転職エージェントをご紹介します。

JAC Recruitment ★おすすめ

【公式サイト】http://www.jac-recruitment.jp

経験とスキルがあるミドルシニア層や

日本企業だけでなく、外資系企業など

大きなキャリアアップを目指したい人におすすめなのがJACリクルートメントです。

私も実際に利用していましたが、

・個別担当の専任エージェントの対応が素晴らしい

・案件が非常に多く、JAC限定案件もある

・転職エージェントとして攻めの転職サポートをしてくれる

といった点が他の転職サービスや転職エージェントとは一味違います。

まさに転職エージェントのお手本のような会社です。

 

一方で年齢はあまり関係ないのですが

スキルや経験がなく、現職の給料が低い人は使いこなせないサービスかもしれません。

実際に使ってみてわかったことは

スキルや経験がある人にとっては、年齢に関係なく引く手あまたの求人提案を続々としてくれるため、どの企業にエントリーするべきか悩んでしまう転職サービスだと思います。

JAC Recruitmentn無料登録する

マイナビエージェント

マイナビAGENT×IT人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

マイナビエージェント公式サイト

大手の転職エージェントであり、抜群の知名度を誇るのがマイナビエージェントです。

めちゃくちゃTVCMとか広告出ていますよね。

宣伝をしている=宣伝費をかけている=宣伝をかけれるくらいに多くの人が利用している

ということでもあります。

多くの企業採用実績があるということは、それだけの企業とのパイプや、転職に対するノウハウや、膨大なスタッフがいるということです。

実際にマイナビは転職支援サービスも充実しています。次の3つがマイナビの強みになります。

・求職者と企業の強いマッチング力

・徹底したサポート体制

・未経験者にも丁寧にアドバイス

出典:マイナビ

そして全ての業種を網羅しつつ、8割が非公開求人ということもあり、外から見ているだけではわからないけど、登録してみるとその魅力に気づきます。

転職を検討しているなら最低限登録しておくべき転職エージェントです。

マイナビエージェントに無料登録する

転機 ★おすすめ

【公式サイト】https://ten-ki.jp

「転機」というサービスは転職支援サービスです。

「転職エージェントのひとつ」という見方もできますが、他の転職サービスとは異なり

「登録したからすぐに求人案件がもらえるわけではない」

ということから、

「とりあえず登録して放置しておく」

ような使い方を私はしていました。

転職サービス「転機」とは?

・エグゼクティブ向けのサービス

・企業の経営層に直接売り込んでもらえて、経営層と直接面談ができる

・膨大な求人票から紹介されるというよりは、皆さんの能力に合致した案件をとってくるイメージなので案件紹介まで時間がかかる

「転職活動をしようとおもったら、すぐに転職先を決めたい!」

と思っている人には「転機」はおすすめできません。

一方で

「転職を急いではいない。十分時間がある。いい案件があったら転職を検討したい」

と思っている人には「転機」はおすすめです。

ハイクラス転職サイト「転機」に無料登録する

 

CAREER CARVER(キャリアカーバー)

公式サイト

CAREER CARVERはリクルートが運営するハイクラス向けの登録型の転職サイトです。

年収のレンジは800万円から2000万円まで多数

通常の転職エージェントに比べると、ハイクラスの転職案件が多いのがCAREER CARVERの特徴です。

あなたはただ登録するだけです。

CAREER CARVERには様々な転職エージェント(というよりはヘッドハンターに近い人)が登録しており、あなたが登録すると各エージェントからスカウトが来ます。

同様のサイトとしてはビズリーチがありますが、ビズリーチは案件の数、エージェントからの打診の勝負とするならば

CAREER CARVERは数はビズリーチほどではないですが、質の高いオファーがきます。

また、両方使ってみてわかったのは

CAREER CARVERとビズリーチでは打診してくるエージェントがあまり重複しないという点です。

すでにビズリーチに登録しているならば、CAREER CARVERもセットで登録しておきましょう。

メールアドレスでアカウント作成してもいいのですが、facebookのアカウントでも登録できます。もちろん登録、転職サポートは無料です。

CAREER CARVERに無料登録する

 

doda(デューダ)

【公式サイト】https://doda.jp

TVCMでもおなじみパーソルキャリアが運営する「doda」は求人情報サービス・人材紹介サービスを提供する転職サイトです。

大手の転職サービスゆえに、幅広い案件を紹介してくれますので、まず登録しておくべきサービスになります。

実際に使って見ると担当の方がかなり若い印象です。

20代、30代ならかなり相談しやすいけど

40代以上だとキャリアの相談においてはギャップを感じるかもしれません。

 

ただし、若いゆえにフットワークと熱量がハンパない印象です。

任せっきりではなく、希望条件を適切に伝えてあげることで、うまく使いこなせるエージェントでした。

dodaに無料登録する

 

レバテックエキスパート

【公式サイト】https://career.levtech.jp/expert/

エンジニアの方で転職を考えている人なら、まず登録しておくべき転職サービスが「レバテックエキスパート」です。

5年以上の経験を持つベテランのキャリアアドバイザーや、キャリアカウンセラーの資格を保有するエージェントが皆さんに最適な企業を紹介してくれます。

よって他の転職サービスと比べると「ややハイクラス向け」という印象です。

エンジニアとして経験を積んで

さらに高みを目指したいという人にはおすすめの転職サービスとなります。

レバテックエキスパートに無料登録する

30代の転職で情報収集に役立った転職サイトと転職サービス

転職会議

【公式サイト】https://jobtalk.jp

転職活動において「使えるリアルな情報」こそがもっとも重要です。

転職エージェントと話をすることで、皆さんが興味ある業界の情報を入手することもできますが、どうしても転職エージェントが持っている情報量に限られます。

転職エージェントが転職のプロだとしても

「実際に働いている人、転職活動をしている人のリアルな情報に勝るものはありません」

そこで私は転職活動にあたって転職エージェントの情報に加えて「転職会議」を利用しています。

転職サービス「転職会議」とは?

・100万件以上のの転職口コミ情報を掲載(国内最大級)

・会員は500万人以上

・求人情報の検索もできる

まだ、本格的に転職活動をしないという人でも、まずは情報収集として活用しています。実際のところクチコミを見るだけでも各企業の傾向を見ることもできますし、「新しい気づき」があるからです。

なお、会員登録から48時間限定で「転職会議」の企業クチコミが見放題になります。それ以降も見たい場合は、在籍した企業のクチコミを投稿すると、最大90日間企業のクチコミが見放題となる仕組みです。

登録しておいて損はありません。

企業に対するネガティブな意見も結構書いてありますが、ネガティブな意見、ひとつひとつをチェックしていくというよりも

「その企業に対してどのようなクチコミの傾向が多いのか」

転職を考えている会社の外からは見えない内情を推察する参考として私は使っています。

転職会議に無料会員登録する

ミイダス

【公式サイト】https://miidas.jp

転職活動をする際に必ず聞かれるのが「現在の年収」と「希望年収」です。

採用後に現在の年収の確認のため「前年度の源泉徴収票」の提示を求められることもあるので絶対に嘘をついてはいけません。

しかし、転職活動で重要なのは

「現在の年収があなたのスキルに対して適正なのか?」

「あなたのスキルに対して適切な希望年収はいくらなのか?」

という点です。

いま働いている会社の年収が異常に低い(もしくは異常に高い)ということもありえるからです。

そんな時、あなたのスキルや経験から参考年収を算出してくれるサービスが「ミイダス」です。

 

年収の算出は蓄積された7万人の転職データを基にしており、同じようなスキルを持った人がどんな会社に転職したのかもわかります。

基本年収を知る上でミイダスはかなり使えます。必ず押さえておくべき基本情報として把握しておきましょう。

5分で登録完了できますので、転職活動をするなら最初に登録しておきましょう。

ミイダスに無料会員登録する

 

なお、ミイダスの場合は一般的な適正値を把握する上ではかなり使えますが、シニア、エグゼクティブ層の方や、一般的な適正値を超えた給与条件を出してくる企業とは大きなギャップがあります。

(7万人の転職データの範囲から算出しているので、そこから外れた例外ケースは算出しにくいという点があるからです)

わかりやすい例をあげると社長をやっていた方がミイダスを使っても、社長の給料は企業ごとに振れ幅が大きいので算出が難しいという意味です。

転職はミイダス-価値を見いだすアプリ

転職はミイダス-価値を見いだすアプリ
開発元:MIIDAS CO., LTD.
無料
posted withアプリーチ

 

転職を成功させるためには目的整理(やりたいことの整理)が必要です

転職を成功させるためには「なぜ転職をしたいのか?」転職の目的整理が必要です。

例えば次のような質問を受けたら、皆さんはどのように回答しますか?

「なぜ転職をしたいのですか?」

「転職しなくても、いまの仕事でも十分ではないですか?」

「転職してどんな人生を送りたいのですか?」

 

すぐに答えられたなら転職の目的が明確になっている証拠です。

しかし、多くの人は答えられないものです。

実際のところ私も、かつてはすぐに答えることはできませんでした。

 

そこで今回ご紹介した転職サービス、転職エージェントを上手に活用するために使える「転職診断シート」を用意しました。

設問形式になっていますので、転職活動をするにあたって事前にチェックしておきましょう。

【おすすめ記事】あなたの転職理由は何ですか?転職の目的を整理する方法(転職診断シート公開)