【知らないと危険】転職活動のおすすめのタイミングと企業の採用活動が活発になるタイミング

転職ノウハウ
スポンサーリンク

転職活動のベストのタイミングは2、3月と8、9月!!その理由を解説

「転職活動をしようなかな」

と思ったら即行動するのも良いですが、実はおすすめのタイミングがあるってご存知ですか?

採用する企業側の都合を深く掘り下げて知ることで

転職活動を有利に進めることができます。

 

効率的に転職活動を進める上で知っておきたい

・転職活動のおすすめのタイミング

・企業の採用活動が活発になるタイミング

について解説します。

 

転職活動から内定までに必要な時間

転職活動を始めよう!

と思い立ってから内定が決まるまで2ヶ月から3ヶ月がかかると言われています。

 

1週間から2週間で内定が決まる場合もありますが、

キャリアと年収が高い人ほど時間はかかり

キャリアと年収が低く若い人ほど時間がかからない傾向があります。

 

キャリアが高ければ面接の回数も多く、面接相手も役員クラスになりますし、お互いに仕事をしているので面接調整で時間がかかります。何よりも採用する企業側も慎重になります。

(採用コストが高いですからね)

 

一方でスタッフとして採用する場合は企業側も採用ハードルが低いため、短期間で内定が出やすいというわけです。

これは、あくまでも一般論であり当然、例外もあります。

内定から転職までに必要な時間

転職先の内定が決まってから現在働いている会社における業務の引き継ぎ、退職についても

キャリアと年収が高い人ほど時間はかかり

キャリアと年収が低く若い人ほど時間がかからないと言えます。

 

平均的な引き継ぎは1ヶ月程度ですが、長い人なら2、3ヶ月かかる人もいます。

ただし、法律上では2週間で退職できるため、企業よっては2週間で退職できる人もいます。

また有休消化をして退職したい場合は、さらに退職までの期間が延びる場合もあります。

 

よって内定までかかった期間に加えて、これら現職の退職にかかる期間も考慮する必要があるでしょう。

筆者の場合は、これまで5回転職してきましたが、内定から完全転職まで3ヶ月くらいはかかりました。そのくらいのスケジュール感で動いた方が良いと思います。

企業の採用が活発になるタイミング

実は採用する企業側には1年の中で採用を活発にするタイミングがあります。

いずれも企業側の理由によるものなのですが、これを理解しておくことで効率的に転職活動をすることができます。

年間を通して中途採用が最も増えるのは2、3月と8、9月

一般的に企業の採用が増えるのは2、3月が多いとされています。

その次に多いのが8、9月になります。

その理由は次の3つが挙げられます。

 

・採用コスト軽減

4月は毎年新卒採用を行います。その新卒採用と一緒に中途採用もしたほうが入社直後の研修費用を抑えられるというわけです。

バラバラと採用を行い、個別で中途採用研修を行うよりも、まとめて採用した方がコストは安くなるのは当然のことですね。

・新組織や新規プロジェクト採用

4月、10月は上期、下期の開始月ということもあり、何かしら新しいプロジェクトが開始される場合があります。新しく組織ができる会社も多いでしょう。

それらに対する人員補充という意味でも2、3月、続いて8、9月は中途採用に積極的な企業が増えます。

・年間の採用予算枠

企業は新しい期が始まる4月の前に来期の予算を獲得します。よって来期の人件費を見込む上で2、3月は中途採用が増える傾向もありますし、下期予算見直しのタイミングである8、9月も同様に企業としては中途採用しやすいタイミングです。

・年度切り替えで退職者が出る場合の補充

退職者が出るから中途採用を行う企業も多いです。4月、10月より現職者が退職することが決まっているので、それに合わせて中途採用を行う企業もいます。

不定期(新規プロジェクトが立ち上がった場合)

成長著しい企業では新しいプロジェクトがどんどん立ち上がったりします。

しかし、プロジェクトを支える人材は慢性的に不足していることもあり、不定期に、新規プロジェクトが立ち上がったタイミングで積極的に中途採用を行う企業も多いです。

とはいえ、年間を通して中途半端なタイミングで新規プロジェクトが立ち上げて、一般的な転職タイミングとマッチしない場合は人材確保で苦戦します。

そこで多くの企業は転職エージェントに人材確保を委託するわけです。

新規プロジェクトの立ち上げは、いつ行われるのかわからず不定期ですから日々、転職エージェントに登録して情報収集している人だけが得られるメリットです。

おすすめの転職エージェントはJAC Recruitmentです。

登録しておくことで、他では見かけないここだけの独占案件も出てくるからです。

JAC Recruitment

ビジネスパーソンとして、さらに上を目指すなら転職エージェントとして圧倒的な質とサービスを提供してくれるJACはおすすめです。JACしかない企業案件もありますし、何よりも転職エージェントの質が素晴らしい。時間と情熱をかけて相談に乗ってくれます。いろいろな転職エージェントとあってきましたが、ここのエージェントはとなたもプロ意識が高いです。

 

損をしない!おすすめの退職タイミング

企業サイドが採用活動を活発させるタイミングがわかったところで

実際に転職する我々が損をしない退職のタイミングについて解説しておきましょう。

やっぱり「お金」と転職における「手間」で損をしたくないというのが転職者が気になるところです。

ボーナスを満額もらって辞めたい場合

退職するならボーナスを貰って退職したいですよね

退職するから申し訳なくてボーナスなんてもらえない

そんな遠慮は無用です。

しっかりボーナスを貰って退職しましょう。

ボーナスは6、7月、12月あたりに振り込まれる場合が多いですからボーナス給付日に在籍しておく必要があります。

7月、12月いっぱいで退職せずに在籍しておくなどの対応が考えられます。

例えば12月で辞めて1月転職入社をすれば次の新しい会社でも夏のボーナスがもらえるための評価期間を得られる場合もあります。転職すると1回分のボーナスがもらえずに損をしてしまう場合がありますが、ボーナスを貰い続けたいなら転職のタイミングも重要です。

 

一方で最近はボーナスがなく、ボーナス相当の金額が月収に含まれている年俸制の会社も増えていますので、年俸制の会社から年俸制の会社に転職するなら、いつ辞めても損をすることはありません。

年末調整が面倒な場合

企業は被雇用者に代わって、社会保険とか源泉徴収の処理など処理をしてくれます。

会社を辞めてしまうと、我々は自分自身でやらなければなりません。慣れれば簡単ですが、慣れていないとちょっと面倒な作業です。

会社勤めをしていると毎年12月上旬には年末調整に必要な書面を会社に提出して、会社で処理をしてくれます。

自分でやりたくないなら1月以降に転職するなどの対応がおすすめです。

来期の組織編成が見えてきてから

転職したい!と思うからには、現職に対する何かしらの不満があるはずです。

お金、役職、人間関係、仕事のやりがい・・・・

 

色々あると思いますが、毎年2、3月くらい来期の組織編成が見えてくるタイミングで転職を決意するのもアリです。

この会社にいても仕方ないなぁ

と最終判断をするタイミングがあるはずです。

でも、実際のところ転職したくても、すぐに転職できるかは相手次第ですから、そう簡単には行きません。

普段から転職エージェントと連絡をとりながら、その時が来たらすぐに動けるようにしておくことが転職をうまく進める上でのコツになります。

まとめ:2、3、8、9月は転職活動にベストのタイミング

転職活動におけるベストのタイミングは2、3、8、9月ということがわかりました。

実際のところ転職サイトのTVCMもこの4ヶ月に頻繁に流れていますが、あれは企業側も人材採用を積極的に行なっている時期であるゆえに、転職サイトがTVCMなどで宣伝をして人材確保に注力している証拠なのです。

もし転職に興味があるなら、これらの時期は1年間の中でもチャンスです。

まずは転職サイトに登録してみることから始めてみてはいかがでしょうか?

普段は出会えないような採用案件に出会えるかもしれません。

まずは登録しておきましょう。

JAC Recruitment

ビジネスパーソンとして、さらに上を目指すなら転職エージェントとして圧倒的な質とサービスを提供してくれるJACはおすすめです。JACしかない企業案件もありますし、何よりも転職エージェントの質が素晴らしい。時間と情熱をかけて相談に乗ってくれます。いろいろな転職エージェントとあってきましたが、ここのエージェントはとなたもプロ意識が高いです。

CAREERCARVER(キャリアカーバー)

30代以上、年収800万円以上の取り扱い案件が中心の転職サービスです。様々な会社の転職エージェントが登録しており、転職エージェントと広く出会うには必須のサービスです。

doda

有名な大手転職サービスです。ここは登録必須で考えておくべきです。広く、浅く、安定した情報を収集できます。複数登録の転職サイトとしておすすめ。