【転職で絶対失敗したくない人は必見】転職で失敗する原因と成功する方法を全部お話します!

転職エージェント
スポンサーリンク

Contents

【転職で絶対失敗したくない人は必見】転職で失敗する原因と成功する方法を全部お話します!

転職したけど、新しい会社でうまく馴染めるのか

仕事ができるのか

人間関係だけでなく、仕事が思うように仕事ができなくて評価が下がって

結果的に給料が下がってしまわないのか

ちょっと心配です。

そんな人、世の中にたくさんいますよね。

 

でも、今回の記事を最後まで読んで頂ければ

99%(ほぼ100%)の確率で転職後、うまくいきます。

何いっているんだ!

そんな方法なんて、あるはずがない!

と言う人もいるかもしれませんが、

99%(ほぼ100%)の確率でうまくいく方法があるのです。

これは私の人生を持って実際に証明してきたことなので、それを今回、全部お話したいと思います。

転職で失敗しないための秘訣をうまく説明する方法として、今回は筋トレの話を例に、お話をしたいと思います。バーベル上げの話です。

 

 

👑人気転職サービスランキングベスト3👑

1位:マイナビエージェント

2位:JACリクルートメント

3位:Hays Japan※外資転職の定番

番外:ミイダス(年収診断ができる)

※当サイトで人気の転職サービスランキングになります。

バーベル上げを成功させるための方法

バーベルでウェイトリフティングをしている人なら、すぐにイメージがつくのですが

やったことがないなら、ちょっとイメージしてみてください。

あなたはバーベル上げをやろうとしています。

あなたのこれまでのバーベル上げの最高記録は50kgでした。だから50kgは上げることができます。

今日はスポーツジムに入るなり、いきなり50kgのバーベル上げにチャレンジしました。

過去に50kgをあげている実績はありますが、上がると思いますか?

答えは

「いきなり50kgをあげようとしても上がらないので失敗します」

100%失敗するのです。

最高記録は50kgであっても、いきなりあげようとしても50kgは上がりません。

 

実はこれオリンピック選手でもいきなり自己最高記録にチャレンジしても上がりません。

例えば150kgが自己最高記録のオリンピックのバーベル上げ選手がいたら

いきなり1発目で150kgは上がらないのです。

東京五輪 競技解説動画~重量挙げ編

テレビに映っている自己最高記録のチャレンジをする前に

バックヤードで少しづつ重量を増やして段階的にウォーミングアップしていて

その最後のところで、実際にテレビの前に出てきて重量挙げのチャレンジをしているわけです。だからいきなり、自己最高記録に1発でチャレンジするものなら100%失敗します。

まず、この事実を理解してください。

その上で話を進めます。

バックヤードでの事前ウォーミングアップ例

下記はあくまでもイメージですが、自己最高記録にチャレンジするために全部で10セットのうち、8セットまで徐々にウェイトの重さを増やして、回数を減らしてウォーミングアップしていきます。

回数とか重さのパーセンテージは仮ですが、大体こんな感じで増やしていくわけです。

このように段階的に負荷と回数を調整していくことで、持っているパフォーマンスを最大限出すことができるわけです。

repとは回数を表す言葉です。1rep=1回というわけです。

1set:5rep × 自己最高記録の50%の重さ

2set:5rep × 自己最高記録の60%の重さ

3set:5rep × 自己最高記録の70%の重さ

4set:3rep × 自己最高記録の75%の重さ

5set:3rep × 自己最高記録の80%の重さ

6set:2rep × 自己最高記録の90%の重さ

7set:1rep × 自己最高記録の95%の重さ

8set:1rep × 自己最高記録の97%の重さ

9set:1rep × 自己最高記録の101%の重さ →自己最高記録にチャレンジ(テレビで放送される)

10set:1rep × 自己最高記録の103%の重さ

実は、これが転職で新しい会社に入った後で成功するための大きなヒントになります。

なぜ転職先の会社で失敗して挫折して退職してしまうのか

転職する時って、給料もアップして、期待されて転職していく人が多いと思います。

そうでない人もいますが、キャリアアップ目的の転職の多くはポジティブな転職でしょう。

だからこんな感情になります。

 

転職するあなた

すぐに結果を出さなきゃ

失敗は許されない

全力でやるぞ

 

転職先の上司や採用担当者

新しく入ってきた人は、給料も役職も高いし

期待していますよー

でも、現実的にいきなり何も知らない会社に入ってきて

カルチャーとか人間関係とか、覚えることとか、色々ある中ですぐに結果を出すことなんて不可能に近いわけです。

先程のバーベル上げに例えるならば

転職したあなたの戦闘力がバーベル50kgとするならば、いきなり転職した直後に50kgのバーベルを1発で上げることを求められているようなものです。

慣らし運転なしでいきなりです。

F1ドライバーだって、予選と練習走行と、決勝前にはフォーメーションラップで慣らし運転をするわけです。そういったものを全部吹っ飛ばして結果を求められているようなものなのです。

そもそも無理なんですよね。

この無理なことにチャレンジして失敗するのは当然なのですが、

我々は失敗によって挫折し

採用した側もガッカリしてしまった結果、

あなたの転職は失敗となり、会社に居づらくなり退職するわけです。

実際にそういう人が本当に多いんですね。

 

そこで、先程のバーベル上げの話に戻しましょう。

オリンピック選手だって自分の持っている100%のバーベルの重さを1発で出すことはできないという話です。

段階的に慣らし運転をしていくことが転職成功のコツ

バーベルの話は下記のように段階的に重さと回数をあげていき、8回目でほぼ持っているパフォーマンスを出し切って、9回目でそれ以上の結果を目指す、というものでしたよね。

1set:5rep × 自己最高記録の50%の重さ

2set:5rep × 自己最高記録の60%の重さ

3set:5rep × 自己最高記録の70%の重さ

4set:3rep × 自己最高記録の75%の重さ

5set:3rep × 自己最高記録の80%の重さ

6set:2rep × 自己最高記録の90%の重さ

7set:1rep × 自己最高記録の95%の重さ

8set:1rep × 自己最高記録の97%の重さ

9set:1rep × 自己最高記録の101%の重さ →自己最高記録にチャレンジ(テレビで放送される)

10set:1rep × 自己最高記録の103%の重さ

これを転職後の新しい会社でパフォーマンスに置き換えてみましょう。

こんな感じになります。

入社1ヶ月目:5回 ×  自分の持っているパフォーマンス50%程度の仕事

入社2ヶ月目:5回 × 自分の持っているパフォーマンス60%程度の仕事

入社3ヶ月目:5回 × 自分の持っているパフォーマンス70%程度の仕事

入社4ヶ月目:3回 × 自分の持っているパフォーマンス75%程度の仕事

入社5ヶ月目:3回 × 自分の持っているパフォーマンス80%程度の仕事

入社6ヶ月目:2回 × 自分の持っているパフォーマンス90%程度の仕事

入社7ヶ月目:1回 × 自分の持っているパフォーマンス95%程度の仕事

入社8ヶ月目:1回 × 自分の持っているパフォーマンス97%程度の仕事

入社9ヶ月目:1回 × 自分の持っているパフォーマンス101%程度の仕事

入社10ヶ月目:1回 × 自分の持っているパフォーマンス103%程度の仕事

 

入社1ヶ月目:5回 ×  自分の持っているパフォーマンス50%程度の仕事

例えば転職1ヶ月目は自分が持っている能力の50%しか出さなくていいんですよ。

たった50%だから楽勝ですよね。手を抜いていいわけです。ただし、50%程度のパフォーマンスの仕事を5回くらいこなすようにしましょう。

5回もそこそこの仕事をすると

 

新しく入ってきた人は、なかなかやるじゃん!

となるわけです。

入社7ヶ月目:1回 × 自分の持っているパフォーマンス95%程度の仕事

入社8ヶ月目:1回 × 自分の持っているパフォーマンス97%程度の仕事

転職時に期待されていたパフォーマンスは入社7、8ヶ月目で出せばいいだけです。

この頃になると、転職先の社内の人間関係やカルチャーや、知っておくべきことも、大体把握できるわけですから、ここで自分の持っているパフォーマンスを出し切る仕事をします。

ただし1回でいいわけです。

そうすると

 

新しく入ってきた人は、すげーじゃん!

となるわけです。

これって不思議ですよね。

転職直後は回数をこなす、ただし50%程度のパワーでOK

転職してからしばらくしたら回数よりもパフォーマンスで結果を出す

実際に状況が把握できて人間関係もできているのでパフォーマンスが出しやすくなる

というわけです。

 

多くの人は転職した直後に自分の100%のパフォーマンスを出そうとしますが

オリンピックのバーベル上げ選手でもそれは不可能な話です。

(もしかしたら、100%出せるかもしれないけど、失敗する確率の方が圧倒的に高いのはオリンピック選手でも証明されているわけです)

実はここに転職後で失敗する大きな原因が存在しているのです。

転職した直後は慣らし運転と考えよう

というわけで、

転職した直後は頑張るんだけど、50%程度のパフォーマンスでOKなので

回数をこなすことで「慣らし運転」感覚で結果を出すと、転職後で結構うまくいきます。

これを知っているのと

知らないのでは大きな違いが出るんですよ。

でも、これを知っていたら転職って、そんなに怖くないわけです。

 

もし転職先で色々言われたら、今回、お話ししたバーベル上げの話を思い出してみてください。何も悩む必要はなくなります。

悩む必要なんてないんです。

だって、転職した直後にいきなり100%のパフォーマンスを出せないなんて、それって当たり前の話ですから。むしろ100%出せる方がおかしいわけです。

だって、転職先の人間関係とかカルチャーとか仕組みとか、事前にわかっている方が異常だからです。

 

そう考えれば転職に対するハードルも低くなります。

転職ってちょっと怖い・・・不安・・・

という人ならまずは情報収集からはじめることで、そんな不安も解決できます。転職エージェントを使うことで、お互いに競わせながら転職活動を進めるのもテクニックのひとつです。

まだ登録していない人は、この機会に登録しておきましょう。

転職サービスは無料ですし、登録は数分で終わります。

マイナビエージェント ★定番


※マイナビエージェント公式サイト

マイナビエージェントは業界に精通したキャリアアドバイザーから転職活動のアドバイスやノウハウを受けられる転職エージェントサービスです。

従来の求人情報を閲覧するだけの転職サイトとは異なり

あなたに寄り添った転職さサポートします。

マイナビエージェントの強み

・業界に精通したプロフェッショナル力

・求職者と企業とのマッチング力

・徹底したサポート

また、マイナビエージェントの魅力は豊富な非公開求人数にあります。

外から見ているだけではわからないけど、登録してみるとその魅力に気づきます。

転職を検討しているなら最低限登録しておくべき転職エージェントです。

マイナビエージェントに無料登録する

非公開求人が多い理由

なぜ、ここまで非公開求人が多いのか?

それは採用する企業側として「中身を明かせない事情」があるからです。

発表前の新しいプロジェクト向けの採用だったり、そのポジションを採用していることを公にしたくなかったり、非公開求人の理由はさまざまなものがありますが、そのような案件をマイナビエージェントは多数扱っていることからも

ターゲット:20代〜30代のビジネスパーソン

求人領域:全方位

応募書類の添削:あり

面接対策:あり

大手転職サービス会社ということもあり全国に支店があります。

オンライン化が進んでいる中でも転職アドバイザーと面談が受けられるのは大きなメリットです。

マイナビエージェントに無料登録する

マイナビエージェントの進め方

マイナビエージェントは無料でご利用できます。求職者の方には費用はかかりません。

キャリアアドバイザーと面談を行い、転職のヒアリングを実施したのち、希望に合致した求人を紹介していきます。

応募に当たっては書類の添削や面接の対応までフォローしてくれます。また最終的に内定が決まった後も、年収や入社日まで調整してくれるなど手厚いサポートを受けられます。

マイナビエージェントとマイナビ転職の違い

マイナビエージェント   VS     マイナビ転職

※出典:マイナビエージェント

マイナビエージェントとマイナビ転職の違いを簡単にまとめてみました。

自分で応募する「マイナビ転職」と違って、「マイナビエージェント」はより質の高い転職サービスを受けることができます。

転職活動にあまり時間がかけられない方や、転職活動に慣れていない方は、むしろマイナビエージェントはおすすめです。

マイナビエージェントに無料登録する

マイナビエージェントがおすすめの人

マイナビエージェントは質の高い転職活動をしたい方におすすめです。

ターゲット:20代〜30代のビジネスパーソン

年収も働く環境も、さらなるキャリアアップを目指す方におすすめのサービスと言えます。

▼マイナビエージェントはたった3分で登録できます

一方で、まだ経験も少なく、専門性がない方はマッチする求人が少ない可能性はあります。その場合は、まずは自分の市場価値を無料で診断できるサービス「ミイダス」で市場価値診断を受けることをお勧めします。

JAC Recruitment|ハイクラス・管理職向け転職エージェント

※JACリクルートメント公式サイト

JACリクルートメントは管理、専門職、ミドル、ハイクラスに特化した転職エージェントです。

既に企業で活躍していて、さらに上を目指してキャリアアップしたい人には必須の転職エージェントと言っていいでしょう。

1988年設立された歴史のあるエージェントであり、所属しているアドバイザーは500名以上!東証1部にも上場しています。

全国に拠点もあり、大都市だけでなく、地方でキャリアアップを目指す人にもかなり使えるサービスです。

 【JACリクルートメントに無料登録する

主な拠点は次の通りです。

東京、北関東(群 馬/栃木/茨城/埼玉)、横浜、甲信越(山梨/長野)、
名古屋、静岡、大阪、京都、神戸、中国(広島/岡山)

 

大手企業への転職実績は素晴らしく、うまく使いこなすことができれば大きなキャリアアップが目指せます。

 【JACリクルートメントに無料登録する

JACを利用する人の特徴

JACを利用する人の特徴としては、年齢層は20代後半~50代前半と幅広くなっていますが、

年収は600万以上の方に絞っており、一般的な転職サービスと比べるとハイクラス向けと言えるでしょう。

職種としては管理部門(経理、人事、総務等)や営業職、
業界スペシャリストやエンジニアなど幅広い領域になっています。

日本企業だけでなく、外資系企業などさらなるキャリアアップを目指したいなら、まず登録必須と言っていいでしょう。

私も実際に利用していましたが、

・個別担当の専任エージェントの対応が素晴らしい

・案件が非常に多く、JAC限定案件もある

・転職エージェントとして攻めの転職サポートをしてくれる

といった点が他の転職サービスや転職エージェントとは一味違います。

まさに転職エージェントのお手本のような会社です。

転職した方の多くは、年収のアップにも成功しています。

転職サービスの中には20代30代しか案件を転職案件を提供しないような場合もありますが、経験が豊富な方なら、JACは40代50代にとって力強い味方になってくれることでしょう。

JACをお勧めしない人

一方で、まだ経験も少なく、これからの人にとってはJACリクルートメントに登録しても、マッチした求人紹介を受けられない可能性があります。

20代でまだ経験が浅い人はマイナビジョブ20sがお勧めです。

また、一般職で転職を目指すならマイナビエージェントも登録しておきましょう。

 【JACリクルートメントに無料登録する

 

リクルートダイレクトスカウト|TVCMでも話題ハイクラス転職サービス

※リクルートダイレクトスカウト公式サイト

最近、TVCMでも頻繁に見かけるのがリクルートダイレクトスカウトです。

リクルートが運営する「スカウトに特化した転職サービス」となります。

これまでの転職活動といえば

転職サイトに登録する

転職エージェントと面談する

企業にエントリーする

といった流れが一般的でしたが、リクルートダイレクトスカウトはその名前の通り

登録して、あとはスカウトが来るのを待つだけ

といった求職者の負担を極限まで下げたサービスになっています。登録して寝かしておくだけで、

あなたに興味を持った企業や転職エージェントからスカウトが来ますので、現在、仕事で多忙で転職活動に時間が取れない人などにおすすめの転職サービスです。

ハイクラス向け転職案件が充実

※求人企業の一例「リクルートダイレクトスカウト公式サイト」より

 

リクルートダイレクトスカウトが提供している転職案件としては800万円から2000万円が中心になっているため、明らかにエグゼクティブ向け転職サービスです。

実績と経験も豊富な30代以上の役職者、またはスペシャリスト向けとなっています。

よって、40代、50代のハイクラス層も利用しています。

 

一方で未経験、経験や実績が少ない人、20代の若い人などは登録してもスカウトが来ない可能性が非常に高いです。

経験が浅い人はマイナビエージェントのような様々な年齢業界を網羅した総合転職サービスに登録がお勧めです。

リクルートダイレクトスカウトのメリットと強み

リクルートダイレクトスカウトが選ばれる理由としては

なんと言っても多忙なあなたの代わりにヘッドハンターが仕事を探してくれるという点につきます。リクルートダイレクトスカウトには3000名以上のヘッドハンターが登録していますので、

良質なヘッドハンターに出会えるかがリクルートダイレクトスカウトの攻略法になります。

非公開求人はもちろん、

リクルートダイレクトスカウトに無料登録する

リクルートダイレクトスカウトが不向きな人

一方で、まだ経験も少なく、これからの人にとってはリクルートダイレクトスカウトに登録しても、マッチした求人紹介を受けられない可能性があります。

20代でまだ経験が浅い人はマイナビジョブ20sがお勧めです。

また、一般職で転職を目指すならマイナビエージェントも登録しておきましょう。

 

doda|定番の転職サービス

※doda公式サイト

TVCMでも頻繁に見かける「doda」はパーソルキャリアが運営する求人情報サービス・人材紹介サービスです。

大手の転職サービスゆえに、幅広い案件を紹介してくれますので、まず転職活動を開始したら登録しておくべき定番のサービスになります。

dodaに無料登録する

dodaの2つのサービス

dodaには2つのサービスがあります。

①エージェントサービス

キャリアアドバイザーがあなたにあった求人案件を紹介してくれます。

サイトには掲載されていない、非公開求人を含む約10万件の求人から、あなたに合った求人をdodaの専門スタッフが紹介してくれます。

②スカウトサービス

会員登録すると企業から直接スカウトが届くシステムです。匿名で登録して利用できるので、今、仕事をしている人でも身バレせずに転職活動ができます。

dodaのメリット

大手転職サービスですので、求人内容や様々なサポートが充実しています。

また転職した人のエピソードや、転職ノウハウなどのコンテンツも豊富ですので、転職活動における情報収集としても活用しましょう。

dodaに無料登録する

 

ミイダス|あなたの無料年収診断ができる

※ミイダス公式サイト

ミイダスは膨大なデータをもとに、あなたの市場価値を診断してくれる転職サービスです。

アカウント登録なしで、無料で年収診断を受けることができます。

診断はとても簡単です。

基本的には文字入力不要。ミイダスの質問に選択肢で答えるだけで想定年収と、あなたにマッチした(面談確定)企業数が表示されます。

主な質問内容は

・学歴
・直近で働いている会社名
・金属年数
・役職
・年齢、性別
・住居エリア
・現在の年収

と言った一般的なものから実際の仕事の内容について、選択肢を選ぶだけですごく細かく診断してくれます。

ミイダスで無料年収診断をはじめる

かなり細かいところまで質問に落とし込まれているので、質問に答えていくことで

画面上にある想定年収が変動していきます。

最終結果が表示されてから会員登録という流れになるので、その手前でやめても問題ありません。

なお、診断で選択した企業名は、会員登録した後に、「この企業には非公開になる」という仕様なので現在働いている会社にバレることもありません。

実際に質問に答えて行った結果、私の場合は、こんな結果になりました。

とりあえず、1度受けておいて損することはないのでやっておきましょう。

この年収が正しいかは置いておくとして、年収の数字感が掴めるのは転職活動において大きな参考になります。

ミイダスで無料年収診断を受けてみる

ミイダスのメリット

・あなたの適正年収がわかる
・あなたを必要としている企業がわかる
・面談確定の企業がわかる

これだけでも、今までなんとなく給料もらって働いていて、それが高いのか、安いのか
わからなかった人にとっては大きなメリットです。

ミイダスで無料年収診断を受けてみる

ミイダスのデメリット

役職者、役員、業界に特化した特殊スキルを持っているスペシャリスト

みたいな人はミイダスで適正年収を出すことは難しいかもしれません。

また、社長から直接ヘッドハンティングで雇用されて現在の年収は3000万円!!!
みたいな人や、あなた自身が会社経営をしていて、社長をやっている場合とか算出困難かもしれません。

その他、熱意とか、そういった数値化できないものは判別することはできません。

適正年収を知ることは重要です

とはいえ適正年収を知って
かつ、その年収であなたに対してオファーしたい!と言っている企業名まで知っておくことは転職活動において重要です。

そもそもの現在の年収が「高すぎるのか」「安すぎるのか」
あまりにも我々は無知だからです。

よってミイダスで診断を受けて、登録して
その上でそれら情報を武器として、その他の転職エージェントに登録することがおすすめです。

そうすれば失敗しない転職活動ができます。

ミイダスで無料年収診断をはじめる

 

 

転職しない人生もあり!でもリスクと不安との戦いに勝利する必要あり

転職しないという判断もあります。

もし、今の仕事に不満はなく、会社もこれから残っていけるだけの体力があるなら、何もせずその場に居続けるという判断をする人も多いからです。

実際に私の知り合いにも、どんなに会社がリストラを行い、会社の未来に希望が持てず、仕事が楽しくなくても転職しない人もいます。

多くの人は「転職するだけの力が自分にはない」と考えているようですが、本当に転職するだけの力がないのか?勝手に自己評価して自分を過小評価しているだけではないのか?

そして、ただ、怖いだけでないのか?

彼らも自己認識していますが、というような状況だったりするわけです。

 

このまま人生、逃げ切れるならそれもいいのですが

コロナとか、不景気とか、色々な状況を踏まえると、逃げ切れるのはごく限られた人だけかもしれません。

今の会社に居続けることは

個人的なリスクを増大させ、不安と戦い続けなければなりません。

 

なぜなら我々は確実に歳をとっていくわけで、何もせず年齢を重ねることは、ただリスクと不安を増大させるだけの未来に向かっているに過ぎないからです。

 

そんなリスクと不安に気づいているなら、転職活動という形で行動を起こすべきです。結果的に転職しなくてもいいのですが、行動を起こすことで人生は変わります。

 

最後に:転職が目的になると、その転職は失敗します

何のために転職するのか?

お金か?やりがいか?チャレンジか?

いずれにしても転職することが目的になってしまうと、その転職はうまくいきません。

 

転職の結果、さまざまな経験を積んで筆者は会社設立という

ずっとやりたかった場所に到達することができました。

 

転職の結果、会社設立に向けて十分な経験と知識を手に入れることができたからです。

 

すべての人に会社設立、起業をおすすめするつもりはありません。

でも、転職の本当の目的を明確にしておくことで

失敗しない転職ができると思います。

 

最後に今回ご紹介した、実際に私が5回の転職で役立った転職サイト、転職エージェントについて改めて書いておきます。

まずは一歩を踏み出しましょう。

一歩が踏みさせないなら、きっと1年後も

同じような悩みを抱えながら、時間を無駄に浪費しているだけでしょう。

人生は一度切りです。

後悔をしない人生にしましょう。

転職エージェントについてもっと詳しく知りたいという人はこちらの記事もおすすめです。