【実体験】40代正社員の転職で成功率をあげるために必要な3つのこと

転職エージェント
スポンサーリンク

【実体験】40代正社員の転職で成功率をあげるたった3つのこと

現在40代、5回の転職経験があります。

特に40代の転職は20代、30代の転職と比べると「戦い方を変える必要がある」という気づきがありました。

これは結果的に40代になって転職活動を行い、転職が決まった後に気づいてことであり、もっと早く気づいていれば「40代における転職の戦い」をもっと有利に進めることができたかもしれません。

そこで、今回、筆者が5回の転職経験で学んだ、40代の正社員の転職で成功率を上げる方法についてお話します。

きっとみなさんの転職活動のお役に立てるはずです。

40代の転職活動は20代や30代とは異なることを知ろう

まず、40代の転職活動は採用企業側からすると20代、30代とは大きく異なる部分があります。例えば次のようなことがあげられます。

「人員補充の採用ではなく、経験やスキルによる会社貢献を期待した採用である」

これに尽きます。

若者や会社になくて、40代の人材に求めているものは経験やスキルです。こればかりは時間をかけないと取得できないからです。

採用する会社からすると、40代の採用はただの人員追加ではなく、「お金で40代が持っている経験やスキルを買う」ということが目的です。

ただの人員補充ならば元気で体力が有り余っている若者に40代はかないません。40代の転職には、それまでの人生で学んだ経験とスキルが最重要になります。

経験やスキルって何?自分でも気づかない自分の価値とは?

経験とかスキルとか、そんなものは自分は持っていないから転職は無理かもしれない・・・

多くの人はそう思ってしまいがちです。

しかし40代なら誰にでも経験やスキルは何かしら持っているものです。

必ずしも資格や実績といったわかりやすく目に見えて、所持しているものを指すわけではありません。

例えば次のようなものも経験やスキルに該当します

・決められたことを正確に実行するスキル

・途中で諦めずに最後までやりきるスキル

・同僚の悩みを聞いてあげるスキル

・職場を楽しく明るくさせるスキル

・仕事で大きな失敗をした経験

このようなスキルや経験は価値がないように思いがちです。しかし、価値がないように思っているのは自分だけであり、十分価値があります。

どうしても自分の強みがみえず、平凡で特徴がない人間だと思うならばこのような過去体験を書き出してみることをおすすめします。なぜなら、このような体験やスキルも会社組織において結果を出す上では重要な役割を果たすからです。

40代正社員の転職で成功率をあげるために必要な3つのこと

40代の正社員の転職で成功率をあげるために必要な3つのことをお話しましょう。この3つのポイントに注目するだけでも転職の成功率はアップします。

具体的には後悔しない転職ができる可能性がアップします。

①転職に関する市場情報の収集と信頼できる転職エージェントとの出会い

転職に限らず、あらゆる戦いで良い結果を残すために必要なことは「情報」です。どれだけ情報を収集して、その中から適切な選択ができたのか?それに尽きます。

ただ情報量が多いだけでは意味がありません。

情報量の中にも、価値ある情報をどれだけ収集できたかが重要です。

転職活動に置き換えるならば、あなたにとって価値がある、他の人が手にしていないような独占的な情報を指します。採用情報や転職を希望する先の企業情報などです。

本当に価値ある情報はネットを検索しても出てこないですし、出てきたとしても情報はどんどん古くなってしまいます。

よって転職活動において価値ある情報を手に入れる方法は次の2つに集約されます。

・転職サービスによって最新の転職情報を取得し続ける

・転職エージェントによって表に出てこない情報を入手する

 

この2つで良い転職ができるのか転職活動の半分は決まります。

そして、このために必要なことは転職サービスに登録して、その中で様々な転職エージェントに会って、信頼おける転職エージェントを見つけるという作業です。

なぜ転職サービスに登録するのか?それは転職サービスに掲載されている採用案件に応募すること、は必ずしも間違いとは断言しませんが、

本当の目的はあなたの魅力をもっとも理解した代理人として企業から求人案件を探し出し、あなたを企業に売り込んでくれる信頼おける転職エージェントに出会うことです。

そのために転職サービスに登録するわけです。これこそが転職サービスに登録する本当の目的になります。

 

しかし、世の中には様々な転職エージェントが存在します。

残念ながら私もあまりに酷い転職エージェントに何度も出会って後悔と反省を繰り返してきました。経験を重ねることでわかったことがあります。

・優秀な転職エージェントの数は限られている

・優秀な転職エージェントは年齢や経験とは比例しない。熱意が重要

・優秀な転職エージェントに出会うには転職エージェントに会う回数が必要

つまり、転職エージェントに会う回数が圧倒的に少ない転職活動初期に酷い転職エージェントに出会う可能性が高かったというわけです。いまならそんな酷い転職エージェントを見極める「目利き力」が備わっているため、ひっかからないのですが、転職活動を始めた直後は圧倒的に経験が不足しているため、様々な回り道をしてしまいます。

その結果、私が出した結論は

「ひとつではなく、複数の転職サービスに登録して、さまざまな転職エージェントに出会うこと」

「そのためには時間も必要なので、あせらず転職活動をすること」

この2点でした。

焦りがあると冷静な判断ができなくなります。特に40代の転職は焦りがちです。だからこそ、時間があるタイミングでいろいろな転職サービスに登録して、いろいろ話をして、あなたの優秀な代理人をみつける作業から始めるべきなのです。

コロナ禍によるリストラ、早期退職など40代は急に状況が変化しやすい年代です。いま冷静な判断ができ、むしろ転職も考えていないような時にこそ、実は転職サービスに登録して情報収集することの重要性が高いと感じました。

これが私の出した「40代正社員の転職で成功率をあげるために必要な3つのこと」における一つ目の攻略方法です。

実際にこれまで5回の転職をしてきましたが、その中で役立った転職サービスをおすすめ順でピックアップしておきました。

JAC Recruitment

ビジネスパーソンとして、さらに上を目指すなら転職エージェントとして圧倒的な質とサービスを提供してくれるJACはおすすめです。JACしかない企業案件もありますし、何よりも転職エージェントの質が素晴らしい。時間と情熱をかけて相談に乗ってくれます。いろいろな転職エージェントとあってきましたが、ここのエージェントはとなたもプロ意識が高いです。

doda

有名な大手転職サービスです。ここは登録必須で考えておくべきです。広く、浅く、安定した情報を収集できます。複数登録の転職サイトとしておすすめ。

転機

時間をかけて自分のキャリアを検討したいという方なら経営層に直接アプローチできる案件を、時間をかけて探してきてくれる転機との相性が良いかもしれません。案件紹介まで時間はかかりますので、まず登録しておくことをおすすめします。

 

②転職に対する覚悟

下記の記事でも書いていますが40代の転職は「覚悟」が重要です。

【参考記事】40代の転職は地獄を覚悟する人だけが成功できる(失敗しないブログ)

ここで取り上げる覚悟とは2種類あります。

・転職をすることに対する覚悟

・転職した後に待ち構えている事に対する覚悟

この2つです。

転職をすることに対する覚悟

お金目的の転職ではなく、これからの人生において、この転職がどんな役割を担うのか?20代、30代の転職とは違う人生におけるコミットメントに近い覚悟です。

別に定年まで転職した新しい会社で働くことをコミットする覚悟ではありません。別に1年で再度転職してもいいんです。でもこれからの1年で何をやって、何を得て人生に役立てるのか?

人生における今回の転職の意味をちゃんとわかっていますか?

という話です。

そこがわかっていれば失敗する転職になる可能性は大きく下げることができます。

転職した後に待ち構えている事に対する覚悟

実際に転職するとその先には様々な難関が待ち構えています。

下記の記事でも詳しく書いていますが40代の転職はある意味地獄を覚悟しておく必要があるのです。

【参考記事】40代の転職は地獄を覚悟する人だけが成功できる(失敗しないブログ)

ただし、40代が転職した後に実際に起こりうることが事前に想定できていればそれほど恐れることはありません。

転職先で様々な難関が用意されているけど事前に覚悟できていますか?

というだけの話です。

でも覚悟ができていれば、大した事がないのです。実際に私も今思い返すと大した事がないことばかりです。それはいま現時点で覚悟ができているからの裏返しでもあります。

③転職した後のキャリアプランと人生設計

20代、30代の頃を思い返してみると

年収や役職、仕事のやりがい、会社のブランドみたいなもので転職先を決めていたように思います。しかし40代の転職はそういった事はあまり重要ではないと思います。

なぜなら20代、30代と違って40代の転職は、人生の終わりが見えつつある転職だからです。

よって40代の転職は

年収や役職、仕事のやりがい、会社のブランドだけで決めてはいけません。その転職の向こう側にあるキャリアプランや人生設計を踏まえた上での転職をするべきです。

50代、60代の自分にとって、今回の40代の転職は後々でどのように活きてくるのか?自分自身が本当にやりたい人生のゴールに対して今回の40代の転職は正しい転職なのか?

という事を常に考えてください。

これができれば、転職した後、その後も続く長い人生を踏まえた上で40代の転職が後で振り返った時に失敗しない転職になるはずです。

40代におすすめ転職エージェントと転職サービス

繰り返しますが、40代の転職を成功させるために私が出した結論は

「ひとつではなく、複数の転職サービスに登録して、さまざまな転職エージェントに出会うこと」

「そのためには時間も必要なので、あせらず転職活動をすること」

この2点でした。

これを守れば大きな失敗は回避できるという事をこれまでの人生体験の中で学びました。逆にこれができず、焦って適切な判断ができなかった時に失敗することが多いように思います。

だからこそ、早く転職をしたい!

というタイミングよりも

転職については気になっていたけど、すぐに転職するつもりはなかった・・・くらいのタイミングで転職サイトに登録するくらいが、凄く良いタイミングになった経験が多いのです。

心に余裕がある状態で、まずは転職サイトに登録しておく、そして転職エージェントから連絡が来たら、時間が取れるタイミングで話だけ聞いてみる

くらいの軽い気持ちが重要です。

 

JAC Recruitment

ビジネスパーソンとして、さらに上を目指すなら転職エージェントとして圧倒的な質とサービスを提供してくれるJACはおすすめです。JACしかない企業案件もありますし、何よりも転職エージェントの質が素晴らしい。時間と情熱をかけて相談に乗ってくれます。いろいろな転職エージェントとあってきましたが、ここのエージェントはとなたもプロ意識が高いです。

doda

有名な大手転職サービスです。ここは登録必須で考えておくべきです。広く、浅く、安定した情報を収集できます。複数登録の転職サイトとしておすすめ。

転機

時間をかけて自分のキャリアを検討したいという方なら経営層に直接アプローチできる案件を、時間をかけて探してきてくれる転機との相性が良いかもしれません。案件紹介まで時間はかかりますので、まず登録しておくことをおすすめします。

 

最近はコロナの影響もあり直接面談せず、ZOOMなどで気軽に転職エージェントと話もできるようになりました。

これによって多くの転職エージェントと出会えるチャンスが増えました。これは40代の転職活動においてはかなり大きな変化であり、上手く使いこなすことで転職の成功率をアップさせることができます。

【おすすめ記事】【僕が5回の転職で役立った】おすすめ転職サービスと転職エージェント

実際に私もこれまで5回の転職をしてきましたが、コロナ後の転職活動はこれまでの転職活動とは比べものにならないくらいに「効率化」が進んでいます。

最近、転職活動をしていない方は、この機会に転職に向けた情報収集をしてはいかがでしょうか?今後、状況が変わってから動くのではなく、それよりも一歩早く動いて準備だけをしておく、

たったそれだけのことですが、大きなアドバンテージになります。