会社員はつまらない!?会社員ほど楽しい仕事はないという事実(これ本当です)

人生の悩み・メンタル
スポンサーリンク

会社員はつまらない!?会社員ほど楽しい仕事はないという事実(これ本当です)

世の中にはこう考える人がいます。

「会社員なんてつまらない」

「毎日同じことの繰り返しだし、給料も上がらないし」

「一度きりの人生、もったいないし、無駄にしている」

 

かつて私もそう思ってました。

だから、会社員をやめて、自分の会社を作って独立起業して

好きなことをしながらお金を稼げる人生を送りたいと思っていました。

 

しかし、実際にそれが実現してしまうと、別の感情が湧いてきました。

「会社員の方が楽しい」

「会社員は退屈しないし、暇つぶしになる」

 

そんなバカな・・・冗談言わないでくださいよー

と、私に対して、いまだに会社員を続けている後輩が言ったわけですが

実は本当に

会社員の方が楽しいと最近思い始めたわけです。

なぜ、そう考えが変わってきたのか、まずは、その理由をお話しましょう。

独立起業して1年でやりたいことは大体やり尽くしてしまった

独立起業すると、スケジュールは全部自分で決められるようになります。

だって、自分が会社の代表であり、上司が存在しないからです。

ですからいろんなことをしました。

毎週平日に温泉旅行に行って

お気に入りの居酒屋に行って

バーを飲み歩いて

好きな時に仕事をして、遊んで

もう自由な毎日を過ごしていたわけです。

 

別に遊ばなくても、好きなだけ仕事もできますし

やりたい仕事だけ毎日やりまくってました。

やりたい仕事はどんなに仕事をしても全然苦にならないんですよね。

 

かつて会社員時代に望んでいた夢見ていた事が現実になったわけです。

 

最初の半年くらいは毎日が楽しかったわけですが

人間、1年くらい同じことを繰り返していると飽きて来ます。

 

そして仕事についても、誰から指示されるわけもなく、自ら仕事を探して見つけて実行しなければならないのですが、これも段々飽きてきました。

会社員時代のように、仕事を振られて、それを淡々とこなしている方が何倍も楽だし、そういやって振られた仕事をこなす事が、結構楽しかった

と思い始めてきたわけです。

大企業に勤めていると、大企業でしか体験できないようなエキサイティングな仕事に関わる事ができます。

でも自分で会社を作ると、会社のフェーズにもよりますが、大企業のようには行きません。

例えるならば

 

大企業に勤めていたときは、美味しい一流の寿司を食べるような仕事ができたのに

独立したら毎日スーパーの特売寿司を繰り返し食べなければならない

ようなイメージです。

 

最初に断言しておきましょう。

会社員って結構楽しいと思います。(楽しかったと思うのです)

その楽しさは実際に会社員である時には気づかないのですが、自分で独立起業してみると初めてわかります。会社員として雇われている状態が最高だった、ということを。

これほんとマジですよ。

会社員は何も考えなくても良いので超楽でした

自分で会社経営をするようになると、仕事も自分で見つけなければなりません。

そして常に会社の利益とか、会社を継続していくための事も考えなければならなくなります。ズバリ

仕事以外に色々考えなければならない事が増えます(税金とか会計とか資金繰りとかね)

 

会社社長でも、仕事がなければ、ただの無職なんですよ。

名前は社長だけど無職だから自分に対して給料も払えなくなるリスクを孕んでいます。

やばいですよね・・・・。

 

一方、会社員は違います。

これは一般社員でも、役員でも、雇われている身分であれば、基本的に何も考えなくても仕事として何をやるべきか、上司が決めてくれるからです。

実際に考えながら仕事をするわけですが、それでも

例えばアパレルメーカーだったら、アパレルを売ることだけを考えればいいわけですし

ビール会社だったらビールを開発して売ることを考えればいいわけです。

仕事はもう決まっているので、その根本的な部分を考る必要はありません。

これは、もう楽なんですよ。

 

いや、会社員をやっている時はとても楽だなんて感じた事がないし、毎日辛い思いをして仕事をしていたわけですが、自分で会社経営をするようになるとわかります。

誰かが決めてくれた仕事の中で自分のパフォーマンスを出せばいい事って、もうチョー楽なんですよね。

会社員には仲間がいる!苦しくても一緒に語れる仲間がいる幸せ

雇われ会社員には同僚とか部下とか上司とか

何かしら仲間が存在しますよね。

辛いことも、楽しいことも共有できる仲間がいる環境って本当に楽しいものです。

 

人間関係で悩んで会社を辞めてしまう人もいますが

人間関係で悩んでしまうのは、周りに「人間」という「仲間」が存在するからなんですよ。

 

これが自分で会社経営をするようになると一変します。

仮に従業員が何万人いようが、関係ありません。

会社社長、特に創業者は孤独です。

 

同僚という概念が存在しませんし、部下に相談するにしても、最終的に決めるのは社長なので、誰に頼れないんですよ。もう孤独で泣きそうなくらいに孤独です。

雇われ社長なら、まだしも創業者=社長だと本当に孤独なんですよ。

 

起業したて時は一人で会社経営することになりますので、仕事も孤独です。

弱音とか悩みとか相談する相手もいないし、愚痴を撒き散らかす同僚もいませんからね。

 

そういった意味で会社員であるということは、愚痴を言える同僚もいるし、相談相手もいるし、もう幸せすぎますよね。どれだけ幸せなのか?という話です。

会社員はつまらない!辛いという感情は目の前しか見えていない

とはいっても

「会社員はつまらない、辛い、もう辞めたい」

という感情を持っている会社員は多いと思います。

でも、断言しますが

「会社員はつまらなくないし、幸せだし、楽しいですよ」

ただ、会社員としての価値に今、気づいていないだけなのです。

でも、会社員をやっている以上、会社員である価値について気づくことは難しいと思います。実際に起業してみて初めて、その価値に気づくことになります。

副業ができる会社に転職して起業するのがおすすめ

とはいえ、今まさに会社員をやっている人からすると

「会社員なんてつまらない」

「毎日同じことの繰り返しだし、給料も上がらないし」

「一度きりの人生、もったいないし、無駄にしている」

と思っちゃいますよね。

かつて私もそうでした。

 

そこでおすすめの方法があるので最後にご紹介しましょう。

それは

「会社員をやりながら、起業をしてみる」

という方法です。

 

実際に副業として起業をOKとしている会社もありますので、そういった会社に転職するのはアリです。

また最近はリモートワークの浸透で、自分で時間管理ができる会社も増えていますので、そういった会社に転職して

他の知り合いと共同で会社を始めて、経営本体は知り合いにお任せしながら、経営にやや関わる

とか

奥さんがいる人は奥さんを社長にしてしまい、自分はサポートという形で経営に関わる

といった方法があります。

実は、そうやっている人は結構います。

実際に今働いている会社に伝えないだけで、やっている人多いです。

 

とはいえ、今やっている会社員の仕事が朝から晩までガチガチにスケジュールが埋まっていて、自分で管理できない状態だと、副業起業はできないので

自由がきく、融通が効く会社に転職する必要はあります。

転職エージェントと相談するときに、そのあたりを伝えて転職活動する事もできるので、まずは転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか?

おすすめ転職サイト・転職エージェント

■マイナビエージェント

転職するなら「マイナビ」と言われるくらいに鉄板の転職サービスです。

■JAC Recruitment

個人に向き合って相談に乗ってくれる転職業界のスペシャリスト集団

■リクルートダイレクトスカウト

TVCMでも頻繁に見かけるリクルートが運営するスカウトサービス

スカウト待ちで転職活動するなら登録必須