1年を通して転職活動が多い時期、転職活動をはじめるベストなタイミングは?

転職エージェント
スポンサーリンク

1年を通して転職活動が多い時期、転職活動をはじめるベストなタイミングは?

こんにちは

コロナ禍の影響で転職活動を控えているとか、リストラによって職を失われる人が増えるなど社会情勢は大きく変化しています。

しかし、その一方でこんな時期でありながら転職活動を始める人も増えています。

 

そこで今回は

「なぜ転職活動を始める人が増えているのか?」

「なぜ転職活動を始めようと思ったのか?」

「1年を通して転職活動を始めるベストなタイミングは?」

といった疑問について答えます。

転職を検討している方は参考にしてみてください。

転職活動を始める人が増えている理由

最近、転職活動を始める人が私の周辺でも増えています。

いや、一般的にはそんなことはない!むしろ転職を控えている人が多いよ

という意見も聞こえてきそうです。

でも、実際に周囲では転職活動を始める人が増えています。

つまり

・キャリアに対して攻めた生き方ができる人

・キャリアに対して守りの生き方を望む人

と言った違いがコロナ禍の中における転職活動に対する姿勢に影響していると思われます。

 

若くて、スキルや経験に自信がある人は、むしろコロナの状況はキャリアアップのチャンスと考えて、どんどんいい会社に転職を決めています。

一方で、キャリアに対して不安や悩みを持っている人

家庭環境などによってリスクを取りにくい人

そんな人はコロナの中では守りに入って転職活動をしない傾向があります。

これら意識の違いが転職活動に対する行動に影響を与えているのです。

転職活動を始めようと思った理由

コロナの状況でも転職活動を始めようと思った人には共通の理由があります。

・会社の業績がやばい

・いよいよリストラが始まった

・働き方が大きく変わった

・これ以上、ここにいても学ぶべきものがない

・知り合いがどんどん良い会社に転職が決まっている

 

個人それぞれで、色々な理由があるわけですが、コロナによってそれまでに仕事に対する価値観が大きく変わったわけです。

これまで不満に思っていたことが、目に見える形で露呈してきたということも転職活動を加速していると思います。

転職活動をはじめる理想的なタイミングは?

さて、ここからが本題です。

転職活動を始める上で理想的なタイミングはあるのか?という話です。

最初に結論をお伝えすると

「転職したいと思った瞬間が理想的なタイミングになります」

なぜなら、その瞬間が個人的に転職に対するモチベーションが高まっている状態だからです。結局のところ転職活動をするのはあなた自身ですから、あなた自身のモチベーションと転職結果は比例するのです。

ただし1年間を通して転職活動が実際のところ多いタイミングはあります。そしてそれには理由もあるのです。

1年を通して転職活動が多い時期はいつ?

1年を通して転職活動が多い時期は次の通りです。

実際に私の周囲の状況を踏まえて多いタイミングと、その理由をまとめてみました。

転職活動を始める人が多いタイミング 理由
4月 4月からの会社の新組織に絶望したから。自分自身の評価や役割に希望が持てない場合
5月GW明け GWという長い「考える時間」を経て転職活動を始めようという意思決定ができたから
夏のボーナス後 ボーナスを貰って、その少なさ(評価の低さ)に絶望したり、ボーナスを貰ってからやめようと考えるため
9月 会社の下期以降の会社の新組織に絶望したから。自分自身の評価や役割に希望が持てない場合
冬のボーナス後 ボーナスを貰って、その少なさ(評価の低さ)に絶望したり、ボーナスを貰ってからやめようと考えるため
1月 年末年始という長い「考える時間」を経て転職活動を始めようという意思決定ができたから

1年間を通して、いくつか転職モチベーションが高まるタイミングがあります。

特にその中でも

4月と1月前後は転職活動が多い時期であり、実際にそれを受けて転職サービスのTVCMも多くなったりします。

 

▼最近こちらのTVCMも頻繁にみますよね▼

【リクルートエージェント】「その男たち」篇

また、転職活動をする人が増えるということは、会社を辞める人も増えるということであり会社としては人材補充のために人材募集を強化するという時期とも重なります。

結果として、これら時期は求人も増えるため、さらに転職活動を加速させているともいえます。

おすすめ転職サービスと転職エージェント

最後に転職活動におすすめの転職サービスをご紹介します。

doda(デューダ)

【公式サイト】https://doda.jp

TVCMでもおなじみパーソルキャリアが運営する「doda」は求人情報サービス・人材紹介サービスを提供する転職サイトです。

大手の転職サービスゆえに、幅広い案件を紹介してくれますので、まず登録しておくべきサービスになります。

実際に使って見ると担当の方がかなり若い印象です。

20代、30代ならかなり相談しやすいけど

40代以上だとキャリアの相談においてはギャップを感じるかもしれません。

ただし、若いゆえにフットワークと熱量がハンパない印象です。

任せっきりではなく、希望条件を適切に伝えてあげることで、うまく使いこなせるエージェントでした。

dodaに無料登録する

 

JAC Recruitment

【公式サイト】http://www.jac-recruitment.jp

経験とスキルがあるミドルシニア層や

日本企業だけでなく、外資系企業など

大きなキャリアアップを目指したい人におすすめなのがJACリクルートメントです。

私も実際に利用していましたが、

・個別担当の専任エージェントの対応が素晴らしい

・案件が非常に多く、JAC限定案件もある

・転職エージェントとして攻めの転職サポートをしてくれる

といった点が他の転職サービスや転職エージェントとは一味違います。

まさに転職エージェントのお手本のような会社です。

 

一方で年齢はあまり関係ないのですが

スキルや経験がなく、現職の給料が低い人は使いこなせないサービスかもしれません。

実際に使ってみてわかったことは

スキルや経験がある人にとっては、年齢に関係なく引く手あまたの求人提案を続々としてくれるため、どの企業にエントリーするべきか悩んでしまう転職サービスだと思います。

JAC Recruitmentn無料登録する

CAREER CARVER(キャリアカーバー)

公式サイト

CAREER CARVERはリクルートが運営するハイクラス向けの登録型の転職サイトです。

年収のレンジは800万円から2000万円まで多数

通常の転職エージェントに比べると、ハイクラスの転職案件が多いのがCAREER CARVERの特徴です。

あなたはただ登録するだけです。

CAREER CARVERには様々な転職エージェント(というよりはヘッドハンターに近い人)が登録しており、あなたが登録すると各エージェントからスカウトが来ます。

メールアドレスでアカウント作成してもいいのですが、facebookのアカウントでも登録できます。もちろん登録、転職サポートは無料です。

CAREER CARVERに無料登録する

 

転機

【公式サイト】https://ten-ki.jp

転機は「転職エージェントのひとつ」という見方もできますが、他の転職サービスとは異なり

「登録したからすぐに求人案件がもらえるわけではない」

ということから、

「とりあえず登録して放置しておく」

ような使い方がオススメです。

・エグゼクティブ向けのサービス

・企業の経営層に直接売り込んでもらえて、経営層と直接面談ができる

・膨大な求人票から紹介されるというよりは、皆さんの能力に合致した案件をとってくるイメージなので案件紹介まで時間がかかる

と言ったサービスですが、これにマッチするなら「転機」はおすすめです。

ハイクラス転職サイト「転機」に無料登録する

まとめ

今回、転職活動をする上でおすすめのタイミングについて解説しました。

転職を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

 

【僕が5回の転職で役立った】おすすめ転職サービスと転職エージェント