【1日の50%は会社勤務】仕事が楽しくなければ人生はつまらない5つの理由

ライフブログ
スポンサーリンク

【1日の50%は会社勤務】仕事が楽しくなければ人生はつまらない5つの理由

皆さんは毎日どのくらい仕事に時間を使っているか計算したことがありますか?

 

仕事の勤務時間を8時間、往復の通勤時間とそれに関わる時間を加えると

1日のうち、だいたい12時間は仕事に使っています。

1日24時間とすると、その半分は仕事関連に時間を使っているわけです。

 

残りの12時間も8時間睡眠と、それ以外の時間を食事や入浴などで使ってしまうとすれば、1日のうち意識がある時間のほとんどを仕事に使っているということになります。

 

そんな仕事が「辛く」「楽しくなく」「やりがいのないもの」だとするならば、それって地獄みたいな状態ですし、人生を無駄にしていると感じるかもしれません。

そんな状態がこれから何年も、

もしくは定年までずっと続くと考えると・・・・・

 

いや、そんなこと考えたくもないですよね。

 

そこで今回の記事は

・今の仕事がつまらないと感じている人

・ただ無駄に人生を消耗していることに危機感を感じたいる人

そういった人の解決方法をお話します。

仕事がつまらない5つの理由

まず、なぜ仕事がつまらないのか、その理由を考えてみましょう。

大きく分けて5つに分類できそうです。

①やりがいを感じない

・毎日、同じことの繰り返しでつまらない、飽きる

・やり遂げても成長実感がない、スキルアップとかもできない

・お金がもらえない、結果を出しても給料が上がらない

・必要とされていない

このような場合、人間は「やりがいがない」と感じます。

やりがいがない仕事って、本当につまらないですし、毎日が長く感じますよね

 

やりがいを感じない仕事って、ただ仕事がつまらないだけでなく、成長実感が薄かったり、その会社や仲間から必要とされていない状態も原因になります。

あなたはただの雇われ社員!

代わりはいくらでもいるんだから!

こんなふうに直接的な表現では言わないだけで、実際にこのような扱いを受ける職場は存在します。そんな仕事はやりがいなんて、全く湧かないですよね。

②やることがない

こんなに不景気の世の中において、会社員という恵まれたポジションで採用されていながら、毎日仕事がない人もいます。

 

毎日を忙しくして働いている人からすると

そんな人いるの?

と思うかもしれませんが

給料はもらえる、でも毎日やることがない、そんな人もいるのです。

 

何もしなくてもお金がもらえるなんて

考え方次第で凄くハッピーな職場のような気もしますが

仕事がない状態というのも毎日続くと、つまらなく飽きてしまいます。

だって1日の半分以上は「仕事」に時間を取られているわけですから、1日の半分以上、何もすることがないなんて・・・人生つまらなくなってしまいます。

 

中にはリストラ対象なのか?嫌われているからか、あえて仕事を与えなかったり

一つの仕事を多すぎる従業員でわけあいながら仕事をしていたり

様々な原因で仕事がない人は実際に存在します。

 

私も若い頃、一切仕事を取り上げられて何もないのに毎日出社しなければならない状態が1年続いたことがありましたが、人によっては気が変になってしまうかもしれません。

なぜなら、これって暗に自己退職を促しているような感じなのですから。

 

③人間関係が悪い

会社における上司と部下、同僚との人間関係がよくない状態も、仕事がつまらなくなる原因です。

つまらないというよりも毎日が地獄ですよね

ただ人間関係が悪いだけなら、その原因を解決する方法を探すというのもあるのですが、人間関係が悪い原因が相手の人間性によるものだったら、もう手の打ちようがありません。

 

また、人間関係が悪くなくても、気を使いながら人間関係を続けなければならない会社なら、疲れてしまいます。

④楽しくない

やっている仕事が、興味がなく

むしろ嫌な内容だとするならば毎日は楽しくありません。

楽しくない仕事=つまらない仕事

になります。

 

お金をもらえたとしても、そのお金と引き換えに楽しくない仕事をしなければならないのは人生にとって無駄です。

でも毎月100万円を貰えるなら、どんな嫌な仕事、つまらない仕事でも我慢できるのでは?

という意見もありそうですが、実際に100万円もらって嫌な仕事をしてみるとわかるのですが、100万円よりも嫌な仕事をすることに対するストレスが上まってしまうのです。

だからこそ「給料アップ」だけで転職先を決めると確実にその転職は失敗します。

給料が高い理由はあなたを高く買っているかもしれませんが

その一方で、そのくらいお金を出さないと、あなたほどの能力を持った人材はその会社に来てくれないという裏返しでもあるからです。

なぜ、そこまでしないとその会社に人が集まらないのか?それは

「その会社が社会的にも価値が低く、仕事もつまらず、やりがいもないからです」

 

全てのケースがそうとは断言しませんが、高い確率でそういう会社は存在するので、転職活動をするときは本当に注意してください。

これは転職活動する際には非常に重要であり、普通の転職サービスではわかりにく、教えてくれない領域です。よってJAC Recruitmentのような、1対1で踏み込んだ相談ができる転職エージェントでないと、わからないかもしれません。

繰り返しますが、ただ給料が高い、アップするだけで転職を安易に判断すると後で後悔します。

⑤辛い

仕事そのものが精神的、肉体的に辛いような場合も、つまらない仕事になります。

例えば体を動かすような仕事が苦手な人にとって、体力がない人にとって

肉体労働はただ辛い仕事です。

 

メンタル的に追い詰められるような仕事も辛い仕事です。高いノルマを課されるような仕事や、体育会系の文化で、何かあると高圧的に詰めてくるような上司や同僚がいるような職場です。

実際にそういった職場なのかは入社して働いてみないとわからないことなのですが、無料で使えるクチコミサイト転職会議などで事前に情報収集をすると、入社前にその会社の実態をイメージすることは可能です。

転職会議に無料会員登録する

仕事を楽しくするための方法

仕事がつまらないと感じた場合、3つの対処方法があります。

いずれも解決する方法として有効です。

ただし難易度が異なるため、難易度別に解説したいと思います。

気持ちを変える(難易度:★★★)

仕事がつまらない・・・と感じるのはアナタ自身の感覚に依存する部分が大きいのです。

アナタはその仕事をつまらないと感じるかもしれませんが

隣の席の人は同じ仕事なのにワクワクしながらやっているかもしれない

つまり

「楽しい」「つまらない」といった感じ方、価値観はそれぞれの人間の視点や感覚によって異なるのです。

よって気持ちの持ち方を変えるだけで、昨日まで「つまらない」と感じていた仕事も、「楽しい」と切り替えることは物理的に可能です。

だって、同じ仕事を「楽しい」とワクワクしながら働いている人もいるわけですから。

 

ただし、昨日まで「つまらない」と感じていた仕事も、「楽しい」と切り替えることが、アナタ自身にできるのか?切り替える能力があるのか?

という点が重要になります。

 

・つまらない仕事の中でも楽しそうな目標を見つけてみる

・嫌なことには目を向けず、小さな楽しいことを拡大解釈して楽しんでみる

・やりがいは与えられるものではなく、自分で見つけるようにする

といった感じです。

 

正直なところ、この切り替えができる人は多くはないですし、結構ハードルの高いことのように思えます。

なので、難易度は★★★(星3つ)といった感じになります。

 

周囲を変える(難易度:★★★★★)

仕事が楽しくない5つの理由を挙げましたが、環境要因に依存するものが多いと感じるかもしれません。

つまり、周囲がアナタの仕事をつまらなくしている原因の大部分を占めているという考え方です。ならば、アナタが行動を起こして周囲を変えていくことで、仕事を楽しくしていくことは可能です。

イメージとしては、アナタが会社組織の潤滑油になって、周囲を巻き込んで、自分だけでなく周囲もみんな楽しく仕事ができるような環境に変えていく

という考え方です。

間違いなく仕事は楽しくなります。

でもその一方で、これができる人ってかなりの優秀な人材であって、多くの人が簡単にできるようなことではありません。

なので、難易度は★★★★★(星5つ)といった感じになります。

 

職場を変える(難易度:★)

最後にご紹介したい解決策は「職場を変える」という方法です。

つまり、転職して働く会社を変えてしまうことで、仕事がつまらない原因を一網打尽してしまおうという感じです。

転職なら誰でもできますし、転職することで今の仕事環境は完全にリセットされます。

つまり簡単に仕事を楽しくできる可能性があるというわけです。

もちろん転職したからといって、必ず問題が解決できるとは限りません。

 

でも転職という行動は、自分自身で自ら起こせるアクションですし、そのアクションの中身も自分でコントロールできるため、自分の行動次第では

楽しい仕事について、人生を楽しめるように、人生の軌道修正をすることも可能です。

 

そのためには、アナタの希望を汲み取って適切に動いてくれる優秀な転職エージェントに出会えるかにかかっています。

まずは、いくつかの転職サイトに登録して転職エージェントに会ってみましょう。

その中で、アナタの代理人として相応しいエージェントを見つけることから始めてみてください。

本気で仕事を楽しくしたい、人生を楽しく生きたい!と考えるならば、それが、誰でもできる方法だと思います。

実際に私が転職活動において使ってきたサイトを載せておきますので参考にしてみてください。

JAC Recruitment

ビジネスパーソンとして、さらに上を目指すなら転職エージェントとして圧倒的な質とサービスを提供してくれるJACはおすすめです。JACしかない企業案件もありますし、何よりも転職エージェントの質が素晴らしい。時間と情熱をかけて相談に乗ってくれます。いろいろな転職エージェントとあってきましたが、ここのエージェントはとなたもプロ意識が高いです。

doda

有名な大手転職サービスです。ここは登録必須で考えておくべきです。広く、浅く、安定した情報を収集できます。複数登録の転職サイトとしておすすめ。

転機

時間をかけて自分のキャリアを検討したいという方なら経営層に直接アプローチできる案件を、時間をかけて探してきてくれる転機との相性が良いかもしれません。案件紹介まで時間はかかりますので、まず登録しておくことをおすすめします。

 

人生において仕事に使っている時間って本当に膨大です。

その時間をどのように生きれるかで、人生の楽しさは決まります。

転職エージェントについてもっと詳しく知りたいという人はこちらの記事もおすすめです。