【悲惨】30代の転職は簡単ではない!?うまくいかない苦戦する理由があった

転職ノウハウ
スポンサーリンク

Contents

【悲惨】30代の転職は簡単ではない!?うまくいかない苦戦する理由があった

一般的に「40代の転職は厳しい」けど

「30代の転職は厳しくはない、未経験でも転職できる」と言われていますが、必ずしもこれは正しくはありません。

30代といえば20代とほぼ同じ扱いを受ける30代前半と

40代と同じ扱いを受ける30代後半では

全く違った世界があるからです。

 

最初に結論を言うと、30代の転職は楽勝に思えるかもしれませんが、結構苦戦します。人によっては転職先が全然決まらない悲惨な状況に陥る場合もあります。

実際に私も30代中盤の頃に転職活動をしたことがありましたが、むしろ40代の時よりも苦戦しました。

そこで、今回は

「30代の転職は簡単ではない!?うまくいかない苦戦する理由」について

実際の経験を含めながら解説します。

今、30代で転職活動がうまくいっていない人はぜひ参考にしてみてください。

30代の転職3つの大原則

30代で転職活動をする上で、まず押さえておきたい3つの大原則について解説しましょう。この3つの大原則を知っておくことは、30代の転職活動において大きな価値があります。

30代は経験はあるけど使えるスキルが定着していない

30代は経験もあり、管理職としての第一歩を踏み出す年齢でもあります。

しかし、30代は経験はあるけど、経験がスキルとして自分自身の能力やパフォーマンスに完全に定着しきっていない「曖昧な年代」でもあるのです。

 

仕事の経験もそこそこあるし、スキルも身についていると思うけど、なんか思い通りに仕事が進まない

そう感じたことはありませんか?

経験があって、仕事ができるように思えているだけで

能力的にはまだ未熟な状態で、失敗と成功を繰り返すのが30代の特徴です。

 

しかし、一方で、30代は自信過剰であり、自分は何でもできると勘違いしている年代でもあります。

過剰な自己評価と、客観的にはそれに見合わない能力とのギャップが30代の自分を苦しめるのです。そして実際に、転職活動もうまくすすみません。

 

30代は人によって能力のバラツキが大きい(できる人、できない人のギャップ)

30代は人によって能力のバラツキが大きい世代でもあります。

何もできないけど体力だけは有り余っている20代

なんでもできるけど体力の衰えを感じ始めた40代

その中間に位置するのが30代です。

 

しかも、この30代は体力的にも、能力的にも個人差が大きく、同じ30代でも「できる人」「できない人」のギャップの大きい世代でもあります。

このギャップは企業の採用担当者も経験からわかっており、採用に慎重になりつつも、できる人には高待遇を提示するけど、できない人には20代と変わらない条件提示をしてきます。

なぜなら、30代は採用担当者側としても

「できると思って採用したけど、期待から大きく外れた採用経験が多い世代だからです」

 

30代前半と30代後半では求められるニーズが全く異なる

同じ30代でも30代前半と30代後半では全くみられ方がkとおなります。

前半:20代の延長としてみられる

後半:40代と同じにみられ豊富な経験と即戦力が求められる

 

といった感じです。

それゆえに、30代前半なら経験がなく、能力的に劣っていても20代と同じように熱意やポテンシャルによる採用をしてくれる企業もあります。

一方で30代後半は、ほぼ40代と同じ扱いでみられます。採用した瞬間から圧倒的なパフォーマンスを発揮してくれる即戦力として採用するのです。

同じ30代でも前半と後半では全く違うニーズが存在することを理解しておく必要があるのです。

30代は未経験の業界にも転職できるのか

このような状況を踏まえた上で、次のような質問をよくいただきます。

30代は未経験の業界でも転職できるのでしょうか

一般的には40代に比べて20代、30代は未経験の業界にも転職しやすいと言われています。

しかし30代においては、これは必ずしも正しくはありません。

なぜなら長い会社員人生において、30代における10年は成長のスピードが全く違う10年だからです。個人差はありますが、一般的な現実をまとめると次のようになります。

30代前半なら未経験の業界への転職も十分可能

30代前半はほぼ20代として扱われます。よって未経験の業界への転職も可能なのです。実際に経験が必要な業界でありながら、全くの未経験でも転職を成功できた人はたくさんいます。

その代わり30代前半という、一般平均からすると出遅れた感がある状態であり

30代というプライドがありながらも、20代の新卒社員のような感覚で頑張れるだけの覚悟は必要です。

30代中盤なら未経験の業界への転職はその人の熱意とポテンシャル次第

一方で35歳くらい、30代中盤に差し掛かると状況が一変します。

35歳くらいは能力的に個人差が大きく開き始めるタイミングであり、今までの業界でスペシャリストとして極めていくのか、もしくは未経験の業界に飛び込むのか

人生の別れ目となるタイミングだからです。

35歳でも未経験の業界に飛び込むことは不可能ではありません。しかし20代、30代前半と比べると5年以上の遅れをとった状態での未経験の業界へのチャレンジになりますから、相当の覚悟が我々にも、そして採用する側にも必要となります。

採用する側からすると、30代中盤の業界未経験の人を採用するのは「賭け」に近いものがありますのでリスクが高いのです。

30代後半は未経験の業界への転職は極めて難しい(例外もあり)

30代後半は、もはや40代と同じ扱いになります。

よって未経験の業界への転職は一般的に極めて難しいと言わざるをえません。もちろん個人差はありますので100%不可能ということはなく、例外も存在しますが

30代後半で未経験の業界で採用したとしても、そこから学び一人前として使える頃には40代半ばになっているからです。

未経験の業界に転職する場合でも、それまでの異業種での経験が役立つようなキャリアを積んできた人なら転職は不可能ではありません。

しかし何もスキルがない状態で未経験の業界へ転職することは、極めて難しいと思ってください。

実際にやってみてわかった30代の転職事情

実際、私も30代の頃に何度も転職活動をしました。

最終的に転職したこともあれば、全く転職できず苦戦したこともありました。その経験をお話したいと思います。

【30歳】転職は楽勝!どこでも雇ってもらえる(ほぼ20代と同じ扱い)

30歳の転職活動は楽勝でした。同じ業界での転職を探したのですが、こちらからお願いしなくても、いくらでも転職口が見つかるような状態だったわけです。

年収が安い上に、同じ業界の経験もある

しかも若いゆえにまだまだノビシロが豊富である

このような状況は採用する企業側としても採用リスクが低く、採用した人材だったのです。

【35歳】転職は大苦戦!全く決まらず(微妙な年代)

35歳の転職活動は困難を極めました。

そもそも書類審査が通らない、面接に辿り着けない、面接にたどり着けても結果が出ない

という状況だったわけです。

私自身が転職に対する意思が固まっていない状態だったのも原因の一つでしたが、そもそも35歳ってこれからの人生をどう生きていくのか?悩む年代でもあるので、そういった「覚悟が決まっていない感」が企業や転職エージェントに伝わってしまったのが原因かもしれません。

【39歳】転職は楽勝!豊富なスキルは圧倒的な武器になる

一方で39歳の転職は楽勝でした。

好条件の転職案件がいくらでも見つかったのです。

その業界における圧倒的な経験と実績、スキルを持った39歳は圧倒的に売りやすく、企業側もそういった人材を求めていたからです。

転職活動を通じて30代後半が最も転職活動がしやすい、自分を高く売り込みやすいタイミングだったと思います。

【みんな悩んでる】35歳から39歳までは40代を手前に人生で最も悩む時期

人生、40歳を超えたあたりからメンタル的に病んでしまう人も多いと言われています。実際に私の周りにも40歳を超えた頃から急激に弱くなった人が何人もいます。

しかし、実は40歳よリモ、その前、35歳から39歳までが、人生で最も悩む時期と言われています。30代前半まで悩みなんて無縁だった人が、35歳を超えたあたりから急激にメンタルを病んでしまい、そして40代に入ると、それがさらに深刻になっていくのです。

つまり30代中盤から後半を、どうやって過ごすのかが

その後の人生においても重要なのです。

 

でも、なぜ35歳から39歳あたりで人は悩んで病んでしまうのでしょうか?

それには次の3つの理由があります。

仕事のパフォーマンスに伸び悩む、成長実感が減る

20代から30代前半あたりまでは、何をやっても新鮮で、自分でも認識できるくらいに成長実感を感じながら毎日を生きていけます。

しかし30代中盤あたりから、成長実感が感じられなくなり

仕事に対するマンネリ感やヤリガイを感じにくくなってくるのです。

やりがいや成長実感は仕事に対するモチベーションと直結しています。それまでモチベーションを高く維持できていたのに35歳くらいあたりから、モチベーションが下がり始めるのです。

自分でもなぜモチベーションが下がるのか最初は理解できない状態が続き、その結果、これからの人生に不安を覚えて、悩むようになります。

人生を惑わす悪い人が近づいてくる

30代中盤あたりから変な人、悪い人があなたの周りに近づいてきます。

なぜ近づいてくるのか?それはあなたが悩んで不安を覚えている状態だからであり

・それを助けようと思った親切な人(本当に親切な人です)

・あなたを利用しようとする悪い人(本当に悪い人です)

が近づいてくるのです。

 

そして、こんな悪魔のような囁きをあなたにしてきます。

「一緒に会社をやろう」

「うちの会社に来なよ」

あなたのことを思っているゆえの言葉なのですが、その言葉の裏には親切心からくる無責任な言葉であったり、あなたを利用して転職させて使い倒そうと思う言葉だったりします。

 

冷静な判断ができなくなる(その結果、望まない会社に転職してしまう)

そんな言葉をかけられると、心が病んで冷静な判断ができないあなたは、その結果、平常時では絶対に転職しないような会社に転職をしてしまいます。

そして数年後、冷静になった時に転職してしまった事を猛烈に後悔するようになります。

 

なぜ、このような間違った判断をしてしまうのか?

それは35歳から39歳あたりまでの人間の特性によるものがあります。この辺りの年代は人生の折り返し地点でもあり、体力にも不安を感じ、これからの人生に対して悩む時期だからです。

30代をどう生きるかで40代のキャリアが決まる

そんな不安定で、不安にまみれた30代ですが、確実に言えることがあります。

「30代をどう生きるかで、40代のキャリアが決まる」

そして

「40代をどう生きるかで、50代のキャリアも決まる」

といったことです。

これは事実なのですが、ここで気づいて欲しいのは30代をどう生きたか?それが40代だけでなく、50代にも影響を与えるという点です。

そう考えると、間違った生き方、無駄な生き方をするわけにはいかないのです。

30代は転職サイトよりも転職エージェントがおすすめ

30代を無駄にしない、間違った生き方をしない

そのためには、30代という10年をどうやって生きるのか?これが重要です。

私の経験を踏まえても、同じ会社で働くよりも、色々な会社で経験を積んでスキルを身につけて、これからの40代、50代を生き抜く能力を30代で身につける必要があります。

逆にここで生き抜く能力を身につけられなければ、その後の40代、50代は悲惨な未来が待っているか、壮絶な努力をしなければ生き残れないと覚悟してください。

 

生き残るための能力を身につけるには、転職サイトに登録してなんとなく転職するのではなく、より厳しい状況に身をおくべく、転職エージェントでもっとレベルの高い世界にチャレンジする必要があります。

それを30代の時にやっておけた人と、できなかった人は、その後の人生で大きな差ができてしまいます。

だからこそ妥協せずに徹底的に30代でキャルアップに時間と労力をかけるようにしてください。

もしキャリアアップを目指す覚悟ができているなら、下記の3つの転職エージェントはおすすめです。どれも、皆さんのキャリアアップを強力にサポートしてくれます。

後悔のない人生にするために、今、30代にできることをやり切りましょう

JAC Recruitment

ビジネスパーソンとして、さらに上を目指すなら転職エージェントとして圧倒的な質とサービスを提供してくれるJACはおすすめです。JACしかない企業案件もありますし、何よりも転職エージェントの質が素晴らしい。時間と情熱をかけて相談に乗ってくれます。いろいろな転職エージェントとあってきましたが、ここのエージェントはとなたもプロ意識が高いです。

doda

有名な大手転職サービスです。ここは登録必須で考えておくべきです。広く、浅く、安定した情報を収集できます。複数登録の転職サイトとしておすすめ。

転機

時間をかけて自分のキャリアを検討したいという方なら経営層に直接アプローチできる案件を、時間をかけて探してきてくれる転機との相性が良いかもしれません。案件紹介まで時間はかかりますので、まず登録しておくことをおすすめします。