40代の転職で絶望しないためにやるべき5つのこと|再就職できないなら起業すればいい

ライフブログ
スポンサーリンク

40代の転職で絶望しないためにやるべき5つのこと|再就職できないなら起業すればいい

筆者は現在40代後半です。

人生で5回転職(6社経験)していますが、40歳を超えてなんと4回も転職しています。これって、ちょっと多い気もしますが、一方で20代、30代は特定の会社に長く居すぎた反動なのかもしれません。

40代で4回も転職しているわけですから、ここから言えるのは

「40代でも転職は全然可能です」

実際に私が人生をかけて証明しているので40代で再就職できないと絶望する必要はありません。

そして現在、起業してひとり会社経営をしています。

最終的に会社員を辞めて経営者になったわけですが、その理由も

会社に雇われて仕事をすることに価値を感じなくなったからです。

もしかすると、私のようなケースはレアなのかもしれません。

でも、40代の転職において何度か絶望しかけたことがありました。しかしそのたびに乗り越えてきて現在に至っています。

そんな人生経験を元に、今回は40代の転職で絶望しないためにやるべき5つのことをお話します。

40代の転職で絶望しないためにやるべき5つのこと

なぜ40代の転職で絶望するのか?その理由はシンプルです。

自分の描いている自分の姿と、現実の自分に大きなギャップがあるとき、人は絶望します。特に30代で華やかな成功を収めて自信とプライドに満ちた人生を送っていた人ほど自尊心を傷つけら絶望します。

転職がなかなか決まらない

転職したけどうまくいかない

その原因のほとんどは、これまでに積み上げた経験とプライドが邪魔をするのです。よって、この経験とプライドをすべて捨てることで絶望せずに転職活動ができたり、転職先でも若い人に囲まれながらうまくやっていけます。

とはいえ

「経験とプライドを捨てろ!」と言われてもどうすればいいのかわからないものです。そこで私が実際に40代で絶望しそうになった時に実際にやったことで絶望から解放された5つの方法をご紹介します。

いやー、本当にこれをもっと前に知っておけば楽に生きることができたと思います。

①うまくいかなくて当然と考える

世の中、うまく行くことの方が少なく、ほとんどのことはうまく行きません。これは紛れも無い事実です。

でもうまくいっているように感じる時は、ほぼ全てのことが上手く言って居るように思えてしまい、上手くいかない事は記憶に残らず忘れていることが多いものです。

40代になって上手くいかない事が少しだけ連続して続くと、30代ではあまり気にならなかった事が40代では異常に気になるわけです。

なぜ、40代になると異常に気になるようになるのかは不明ですが、20代、30代とは違って失敗できない、結果を出さなければならない、といった「焦り」があるからかもしれません。

「うまくいかなくて当然と考える」

ただそれだけで転職に絶望しなくなります。

②他人と比べることをやめる

世の中、高学歴な人、頭がいい人、切れる人、仕事ができる人

上げたらきりが無いくらい膨大にいます。

一つの会社でトップの評価を得ていたとしても外に出ていけば

最下位の評価になるかもしれない

そのくらいに世の中は広いし、知らない凄い人がたくさにます。

そんな人と、自分を比べても疲れるだけですし、正直いって無駄です。

日本だけでも1.2億人の人間がいて、世界には77億人もの人間がいるわけですから、他人と比べること自体が無駄なのは明確です。

でも転職すると、自分にとっての世界は転職した会社がすべてになりがちです。結果、小さな、本当に小さな世界で他人と比べて、その結果、絶望してしまうわけです。

「他人と比べることをやめる」

たったこれだけで絶望しない転職ができます。

③過去の栄光や実績を捨てる

転職に絶望してしまう大きな原因として冒頭で

「過去の経験とプライドが邪魔をする」

という話をしましたが、過去の経験とプライドは、言い換えるならば過去の栄光と実績そのものです。

転職活動における履歴書、職務経歴書はまさに過去の栄光と実績を詰め込む必要はありますが、それはあくまでも紙に書かれた文字の話です。

転職活動や転職後の仕事において重要なのは

「過去の栄光や実績ではなく、いま何ができるか?それが全てです」

むしろ、過去の栄光や実績に縛られてしまうと、プライドが邪魔をして本来持っているパフォーマンスのほとんども発揮することができず萎縮してしまうものです。

だからこそ伝えたいのです「過去の栄光や実績は全部捨ててしまえと」

過去の栄光や実績を全部捨てれば転職で絶望することはありません。

④幸福度を極限まで落とす

美味しいカレーでも毎日食べていれば飽きますし、美味しくなくなります。

毎日の仕事も慣れてしまえば、ちょっとのことでは感動したり喜んだりしなくなってしまいます。

いわゆる慣れというものは恐ろしく、人間が感じる幸福度のハードルをどんどん上げていくのです。その結果、どうなるかというと

30代の頃には感激して泣いてしまうくらいに大満足だった喜びも

40代には全く心が動かず、むしろその結果に自己成長を感じず絶望してしまうような状態になるのです。

すごく大袈裟な話に聞こえるかもしれませんが、実際に私は年齢を重ねるごとに感動したり、幸せと感じるハードルがどんどん高くなってしまい、日々成長実感がない自分に絶望するようになっていきました。

実際のところ人間は生きていれば、何かしら日々成長し続けるものであり、全く成長しないというわけではないのです。

よって「幸福度を極限まで落とす」ことができれば、そもそも絶望する必要がありません。

食べ慣れたカップラーメンでも美味しく感じますし

ちょっとした仕事の成果でも幸せを感じるようになれるからです。では、どうすれば幸福度を極限まで落とすことができるのでしょうか?

「お金の有無に関係なく生活水準を下げる」

これは幸福度を下げる手っ取り早い方法ですが、もっと良い方法は次のパートでお話しますが「自分は大したことがない人間だと思う」ことで幸福度を下げることができます。

⑤自分は大したことがない人間だと思う

「自分は大したことがない人間である」と思えると

大したことがない人間なので、大したことを無理にしなくてもいい、と思えるようになります。しかし、そんな中で大したことを成し遂げられれば大きな達成感を持つことができます。

自分はダメな人間だと思おう!というわけではありません。自己否定をする必要はないのです。立派で褒めらる程の人間ではない、と自己評価の基準を下げればいいのです。

これまでは自己評価で80点から100点取れないと満足できなかったところを20点、30点でも満足できるくらいに「自分は大したことがない人間である」と思えれば絶望せずにすみます。

どうやったら「自分は大したことがない人間である」と思えるのか?毎日、少しずつ謙虚になってみるだけでも、考え方を変えられると思います。すぐには変えられないかもしれませんが、少しづづ謙虚な意識に変えていけばいいのです。

ただし、自分はダメな人間だとは思っていません。謙虚になることと自己否定は別の話なのです。

無理に気を張って、もっと上の会社を目指してキャリアアップの転職をしなくても、謙虚に自分の成長を目的とした転職に振り切ると、それほど絶望しなくてすみます。

ある程度、給料のダウンは覚悟しなければなりませんが、あくまでも一時的なものに過ぎないからです。

私なんて、いま会社経営で社長をやっていますが、仕事はそんなにないですし、会社員時代と比べると収入は1/4になりました。幸福度は落ちましたし、謙虚にもなりました。でも収入は1/4になっても特にそこで諦めているわけではないですし、あくまでも、会社員時代よりも上を目指すための通過点だと思っています。

会社経営で、しかも給料は1/4ですから、もはや絶望するとか転職できないとか、そういう世界とは別の世界で生きています。だから以前の自分から今の自分を見たら「絶望そのもの」に映るかもしれませんが、いまの私自身は絶望とは無縁の感情で満たされています。

まさに「自分は大したことがない人間だと思えている状態」なのです。

もし、いま転職で絶望しているならば、謙虚な転職もアリだと思います。実際に私が5回の転職で使ってきた転職サービスを貼っておきます。どれも大きな違いはありませんが、複数登録がおすすめです。

JAC Recruitment

もっと上を目指すなら転職エージェントとして圧倒的な質とサービスを提供してくれるJACはおすすめです。JACしかない企業案件もありますし、何よりも転職エージェントと時間をかけて相談ができます。ここのエージェントはどなたもプロ意識が高いです。

doda

有名な大手転職サービスです。ここは登録必須で考えておくべきです。広く、浅く、安定した情報を収集できます。

マイナビエージェント

大手の転職サービス「マイナビえージェント」も情報収集にはおすすめです。大手なのでとにかく情報量が豊富です。dodaとセットで登録しておくと情報量はかなりのものになります。

転機

時間をかけて自分のキャリアを検討したいという方なら経営層に直接アプローチできる案件を、時間をかけて探してきてくれる転機との相性が良いかもしれません。案件紹介まで時間はかかりますので、まず登録しておくことをおすすめします。

転職できないなら最終的に1年間、起業するのもおすすめ

どうしても転職が決まらない、または転職先で絶望している

というなら、荒療治かもしれませんが、この際、起業してしまうのもアリだと思います。例えば「1年間起業してみて頑張ってみる」という経験は人生において価値がありますし、他の人があまり持っていない経験になります。

起業することで、今回お話した絶望の原因になっている5つのことは全部捨てられますし、起業が上手くいかなくても、そこからの転職活動は絶望を捨てて覚悟が決まった状態で転職活動をするわけですし、起業という経験は転職活動に役立ちます。

私自身は起業にあたって、再び会社員に戻ろうなんて全く考えていませんが、覚悟は決まっているので、最終的に食べていけなくなったら何でもやって生きていけばいいと思っています。

下記の記事でも書いていますが、やっぱり覚悟が決まっている人はめっちゃ強いと思います。

まとめ

絶望なんて、どんなに絶望しても自分の頭の中の状態が絶望なだけで、目の前の世界や状況は全くかわらないのです。

見える世界は同じなのに、それが幸せなのか、絶望なのか

見える世界を変えているのは自分次第の頭の中の思考回路がそうさせているに過ぎないのです。だったら思考回路を邪魔する無駄なものを全部してて絶望から解放されて転職活動をしたり、仕事をしたり、好きなことをすればいいと思いませんか?

40代の転職はもし絶望に染まっているとするならば、50代、60代はもっと絶望なはずです。でも本当にそうなのでしょうか?

まだ人生は折り返し地点です。私もこれから会社経営がどうなるかわかりませんが、前を向いて人生を楽しんで生きたいと思います。