スポンサーリンク

【コロナ禍の生き方】リストラや倒産の前に転職すべし!スキルを身につけよう

転職ノウハウ

【現実】コロナ禍ではあの優良企業でもリストラ、倒産は免れない

こんにちは、はまねこです。

コロナ禍の影響はまだまだ続きそうですね。

「いつになったら海外旅行に行けるのか?」

そんな呑気なことをもはや言っていられる状況ではなくなり、これから数ヶ月後には、多くの企業が赤字決算となり、派遣契約切り、正社員だってリストラ敢行がされるのは間違いありません。

有名優良企業でさえ、売り上げを大きく下げていますし

内部留保(企業内の貯金)がよほどある超大手企業以外は倒産も視野に入れた厳しい状況が待っています。

この状況はワクチンが完成した後も続くでしょうし、

もうコロナ禍以前の世界には戻れないと覚悟を決める必要があります。

そんな中、知り合いは続々と転職活動をして、転職を成功させています。

一般的な感覚からすれば、コロナ禍の状況で転職なんて頭がおかしいのでは?

と思われるかもしれませんが、実は全く逆でして

未来がある程度、見えている優秀な人こそ、いま転職をしています。

その理由について、今回お話したいと思います。

コロナ禍で雇われ会社員では生きていけないことがわかった

大手企業で、かつ正社員であれば、簡単にリストラされない身分だったりするため、大手で高給を貰っていて、かつ家族の事情とかで簡単に動けない人こそ、コロナ禍の状況では

「そのポジションをいかに保持するのか」に必死になりがちです。

しかし、コロナ禍で状況は大きく変わりました。

どういうことかというと

・有名優良企業でさえ会社が今後続くかわからない

・続いたとしても、今の従業員を維持できない

・在宅勤務などで働き方が大きく変わってしまった

という点があります。

つまり、会社は従業員を守れないし、

いままでのような働き方をする必要がないことに気づいたわけです。

そして、そもそも会社員である以上、会社に依存しながら生きていかなければならないのですが、どうやらそれは無理っぽいという事も分かってきました。

新卒で大企業に入社して定年まで勤め上げる終身雇用はとっくに崩壊しているけど、それでも、ある程度は働けると思っていた甘い考えはもう通用しないとおもった方がいいでしょう。

つまり、会社に依存しなくても自分ひとりで生きていく環境を、我々は作りださないと、これから先は生きていけない可能性があるわけです。

つまり、生きていくためのスキルを持たない人は

もうこの先は辛い人生しか待っていないというわけです。

なんか悲しい話になってしまいましたが、これは事実でして

ここの重要性に気づいた人が、いま続々と転職をしています。

給料を上げるための転職ではなく、生きていく武器(スキル)を身につけるための転職を、です。

いまやるべきことは一人で生きていけるスキルを身につけること

わかりやすい例をあげましょう。

コンピューターによって置き換えられないスキルは、これから生きていくためのスキルとして使えます

たとえば

・プログラミングができる

・マーケティング能力がある

・新しい発明ができる

・人に感動を与える

・稼ぐための仕組み作りができる

ちょっとざっくりしすぎている印象があるかもしれませんが、このようなスキルを持っていれば、これからの時代、会社に所属しなくても生きていけます。

こんなスキルはお金を支払っても身に付けたいものです。

しかしお金をもらいながら身に付けられるならば、これほど将来への投資として利回りのあるものはありません。

コロナ禍の状況において、あえて転職活動している人は

これから生きていくためのスキルを身に付けられる企業や仕事に対して転職をしています。そして給料が下がっても構わないと考えています。

なぜなら、数年後に企業に雇用されるといういまの形態は崩壊し

個人のスキルだけで生きていかなければならない世界が来ることを予知しているからです。

そういう考えに切り替わると、いま会社から貰っている給料は、ほぼ意味がないですし、むしろ、高給であってもスキルが身につかず、スキルの切り売りをしている仕事をしているなら、危機感しか感じなくなるのです。

なぜなら、彼らにとって会社員という仕事や雇用形態そのものが、もう長くは続かないことを予知しているからです。

まぁ、現実のところ

ZOOMなどのオンラインテレワークで仕事は済んでしまいますし、

スキルがないと、ごまかしが効かないのでオンラインテレワークでその人の価値を出すこともでいません。

数年から十年後には、会社員という職業はなくなって

多くの人がフリーランス、個人事業主として企業と契約して仕事をしている状況になる可能性はあります。

でもそうなると、新卒の新入社員とか、派遣、契約社員とか、そういう雇用形態も残るのか、スキルのない若い人はどうすればいいのか

世の中は激変することで、これまでの常識は非常識になってしまいそうですね・・・・。

給料のための転職ではなく生きる武器を作る転職をするべし

ところで生きるための武器、スキルとは何か?

それを突き詰めていくと

・プログラミングができる

・マーケティング能力がある

・新しい発明ができる

・人に感動を与える

・稼ぐための仕組み作りができる

といったわかりやすいスキルは表面的であり、実は自給自足で生きていける覚悟を持っている状態が「生きるためのスキルではないか?」と思うのです。

 

私は小さい頃、実家はサラリーマン家庭でしたが、家庭菜園もやっていて、サラリーマンの収入がなくても、家庭菜園だけで自給自足ができる環境で育ちました。

だから、どんな時代になっても畑を耕し、釣りに行き、自給自足で生きていける覚悟がDNAに刻まれて育ちました。

生きていくためには、それほど大きなお金はいらないんですね。

楽しく生きていくためには、お金があった方がいいけど

そのお金ってそれほどの大金は必要ありせん。

でも、生きていくスキルや覚悟みたいなものはお金では買えないものでして、それって人生の経験を通して、育んでいく必要があると思います。

つまり転職とは生きていくための「スキル」「覚悟」を仕事を通して学ぶことであり、お金とは比例しないと考えています。

でもこういう考え方を持っていると、結果的に「お金が後からついてくる」ものです。

いま転職活動をして、実際に転職している人の中には

こういう考えが充満していて、

今回、それを聞いて「はっと」させられました。

その理由は、私自身と同じような考え方をした人が周囲に結構いた!という嬉しさと、自分自身も仕事を通して、これから生きていくための「スキル」と「覚悟」を身に付けなければならない

と改めて気づかされたからです。

 

【世代別おすすめ記事一覧】

【僕が5回の転職で役立った】おすすめ転職サービスと転職エージェント

【僕が40代の転職に役立った】おすすめ転職サービスと転職エージェント

【僕が30代の転職に役立った】おすすめ転職サービスと転職エージェント

【20代の転職に役立った】20代におすすめ転職サービスと転職エージェント

まとめ

最後にお伝えしたいことがあります。

無理に転職する必要はないです。

特に大企業で内部留保が豊富で正社員なら、しばらくは安定して生きていくことができます。その権利を自ら捨てる必要はありません。

一般的に見れば、どうかしちゃったの?と思われるでしょうし、家族からは反対されるでしょう。

でも、大企業で内部留保が豊富で正社員であっても、あえてそこを捨てに行く人が実際のところ周囲では増えているのも事実です。

未来は実際のところどうなるかわかりませんが、コロナ禍の状況はまだまだ続きますし、冷静に考えれば、このままの状況では大企業であってもモタない状況になるのは目に見えています。

その時、我々は何をするべきか? どこで何をしているのか?

それが重要です。

タイトルとURLをコピーしました