スポンサーリンク

【5年ぶりに使ってみた】ビズリーチのメリットとデメリット【評判・登録口コミ】

転職・求人・アルバイト

【更新日:2020年1月29日】

【5年ぶりに使ってみた】ビズリーチのメリットとデメリット【評判・登録口コミ】

 

ビズリーチといえば最近、頻繁にTVCMやWeb広告で見かけますね

転職活動をするなら、まず登録するべきサイトとして登録している人も多いのではないでしょうか?

 

「登録しよう思っているけど迷っている」

「使っているけど、あまり上手く行っていない」

「他の転職サービスも考えている」

 

といった人に向けて、実際に5年ぶりにビズリーチで転職活動をしてみた筆者が感じたビズリーチのメリット、デメリットについてお話します。

実は最初にお伝えしておくと、

ビズリーチで転職活動に向いている人と全く向いていない人がいます。

向いていない人は、別の転職エージェントを使った方がいいので、おすすめの転職エージェントも最後にご紹介しますね。

【目次】

・5年ぶりにビズリーチを使ってみた

・ビズリーチのアカウントはひとり1個まで

・履歴書、職務経歴書を更新したらすぐに連絡がきた

・プラチナオファーと通常オファーの違い

・ビズリーチのメリット

・ビズリーチのデメリット

・こんな人はビズリーチにおすすめ

・こんな人はビズリーチにおすすめできません

・ビズリーチで結果が出ない人におすすめの転職エージェント

 

5年ぶりにビズリーチを使ってみました

5年前にビズリーチを使って転職活動をしていた時期があるのですが、それ以来の利用再開となります。

実は今回、転職活動を再開するにあたって「転機」という転職サービスから始めてみたのですが

それに次いてビズリーチを再開となります。

転職サービス「転機」に登録して面談うけてみた

 

とはいえビズリーチを使ったのは今から5年前で、当時のアカウントを忘れてしまったので、新しくアカウント作成をしました。

最近のビズリーチは作成した「履歴書」「職務経歴書」の公開にあたってビズリーチ側で承認作業が入るらしく 「履歴書」「職務経歴書」 を全部作成した上でサイト側で「承認中」というステータスになりました。

 

公開承認却下!?理由はビズリーチのアカウントはひとり1個まで

ビズリーチ側の承認作業は1日程度で終了しました。

その結果は・・・・なんと

「公開承認おりず」でした

なんで!!!!!!

公開承認が下りなかった理由は

「ビズリーチについては1人につき1個しかアカウントを持てないから」

「すでにお客様はアカウントをお持ちなので、今回申請したものは削除しました」

とのことでした。

なるほどね!

アカウントが1個しか持てないのはルールなので仕方ないのですが、時間をかけて作成した職務経歴書を手元のPCに保存しておかなかったので、全部作り直す羽目になってしまいました・・・・(むむむ、時間の無駄や)

履歴書のイラスト(記入済み)

私の古いアカウントはビズリーチ側で承認済でしたので、そこの履歴書、職務経歴書などの情報をアップデートして手動で非公開にしていた情報をエージェントに公開することにしました。

ちなみに、公開される相手としては

・転職エージェント

・企業の人事部

の2種類があります。

なんとビズリーチは企業の人事採用担当から、直接オファーが来ることもあるのです。実際に過去には企業の人事部から直接オファーを頂いたこともあります。

一方で、自分の経歴書を公開したくない企業や、エージェントはブロック指定できるのも有難い機能です。

 

履歴書、職務経歴書を更新したらすぐに連絡がきた

履歴書、職務経歴書を更新して、公開したらすぐに連絡がきました。しかも、プラチナオファーというエージェントとの面談確約のオファーです。

 

プラチナオファーはエージェントの名前やメール内容を読むことができるので、プラチナオファーを受け続けている限り、無料でビズリーチを使えます。

一方で、プラチナオファー以外に通常オファーがも来ますが

通常オファーの場合はメールを見たり、エージェントとメッセージのやりとりをするため、こちら側がビズリーチに課金しなければなりません。

30日間コースで5,478円(税込)と結構かかります。転職サービスは無料のところが多いので、有料なのはちょっと驚くかもしれません。

 

プラチナオファーは転職エージェント側がコストを支払るオファー、通常オファーは転職希望者がコストを支払うオファーということになります。

 

ということは、いかにプラチナオファーが転職エージェントとして、あなたと会いたいか(これは売れる良質人材)と思っているかの表れです。身銭を切って送ってくるオファーなので本気度は違います。

 

一方で、通常オファーはそこまで強く魅力を感じていないオファーともいえます。(ちょっときになる、会って見たい程度ですね)

よって、職務経歴書を登録した直後に「通常オファーしか来ない」また「オファー自体が全く来ない人」はビズリーチに登録している転職エージェントが求めるニーズと合致していない可能性があるかもです。

(年齢とかキャリアがマッチしていない可能性あります)

その場合は、無料で転職活動ができる下記の転職サービスがおすすめです。

アイデムスマートエージェント」20代の第二新卒、正社員を目指す方向けの就職、転職サービス

転職ナビ」会員数200万人、20〜30代を中心に利用する転職サービス

 

ビズリーチのメリット

ここからは、実際に使ってみて強く感じたビズリーチのメリットをまとめておきましょう。

メリットとしては大きく4つあげられます。

・キャリアがある人は完全無料で良い転職ができる

・転職エージェントの質が高く、スコアによって可視化されている

・ビズリーチのシステムが非常に使いやすい(他の転職サービスとは比にならない)

・企業の人事担当も登録していて、企業しか知らない独自案件によるスカウトが受けられる

キャリアがある人は完全無料で良い転職ができる

ある程度のキャリアがある人ならビズリーチに登録した瞬間にゾクゾクとプラチナオファーが来ます。

後は転職エージェントと話をしながら、誰と会うか選ぶだけです。

ただし、ここでプラチナオファーを貰う上で重要なのは職務経歴書を見た瞬間でわかりやすい実績が必要です。

例えば「会社名、商品名、役職、売り上げ実績」などです。

(学歴、資格も重要だけど、具体的な実績の方が重要かも)

 

要するに転職エージェントが「職務経歴書」だけを見たら、実際に会ってみなくても「こいつはヤバいぞ!」と印象付けできる武器がある人に限ります。

でも、そこまで強いキャリアを持っている人なら「転機」のように経営層に直接、ポジションを提案に行くような方が良い場合もあります。

よって、私は現時点で「転機」とビズリーチの併用をしています。

 

転職エージェントの質が高く、点数によって可視化されている

ビズリーチの良いところは転職エージェントの「質(良し悪し)」が点数によって可視化されている点です。

Aランク、Bランク、点数でそのエージェントがビズリーチのシステム上で自動評価されているので、質の悪いエージェントにつかまるリスクを軽減できます。

とはいっても、そんなに質の悪い転職エージェントはビズリーチでは生きていけませんので、ランクと点数で可視化されることで、ビズリーチに登録しているエージェント全体の質があがるというわけです。

すごいな、ビズリーチ!

ただし、このスコアですが

「登録期間が短い転職エージェントはスコアが低い」

という部分があるらしく、必ずしもスコアの高いエージェントなら、いい転職ができるのかは不明です。

「なぜなら、スコアの高いエージェントにお願いしたけど、転職先を次々紹介されるだけで、こっちの意向があまり尊重されなかった」

という経験が5年前にあったからです。

そのエージェントはいまだにAランクで登録されています。

 

私がおすすめしたいのはスコアよりも、オファーの内容だと思っています。

名前だけ変えたコピペのオファーもありますし、ちゃんと履歴書を読み込んで踏み込んだオファーもあります。

この転職エージェントにあってみたい、と思えるかがポイントですね。

(むしろ、私が転職エージェントの立場なら、求職者のインサイトに踏み込んだオファーを出しますが、コピペオファーも結構見かけるので注意が必要です。)

 

ビズリーチのシステムが非常に使いやすい(他の転職サービスとは比にならない)

冒頭でビズリーチの有料プランは30日間コースで5,478円(税込)かかるという話をしましたが、ビズリーチのシステム自体は、他の転職サイトと比べても圧倒的によくできています。

ビズリーチって転職支援サービスから、最近はIT系の事業も積極的に展開していますが、よく考えれば有料級の価値があるシステムですね。

これについては、いろいろな転職サービスのシステムを使ってみるとわかりますが、圧倒的に金をかけて作られています。

もちろん、システムの使いやすさと、いい転職ができるかは別ですが、使いやすいということは、それだけ多くの転職エージェントや企業の採用担当も使うわけですから、結果、よい案件に出会える可能性もあがります。

 

企業の人事担当も登録していて、企業しか知らない独自案件によるスカウトも受けられる

ビズリーチには企業の採用担当も登録して人材を探していますので、あなたのキャリアを見てオファーが来ることがあります。

ただし、転職エージェントに比べると、企業の人事採用担当は日々張り付いてビズリーチをチェックしているわけではないので気長に待つのがおすすめです。

転職エージェントから連絡が来て、いい案件を紹介されるとそこで決めてしまいがちですが、

企業からの直接オファーの場合は、転職エージェントにも落ちてこない企業の独自案件を持っていたりしています。

とはいえ、企業と繋がりたい場合は、時間をかけてまったり使うというのも賢い使い方です。

以上がビズリーチのメリットですが、一方でデメリットもあります。

 

ビズリーチのデメリット

実際に使ってみて感じたビズリーチのデメリットをまとめておきましょう。個人的にビズリーチに対して感じたデメリットはたった一つです。

キャリアがない人(通常オファーしか来ない人)はお金がかかる

もうこれにつきます。

 

会社名、商品名、役職、売り上げ実績などわかりやすいキャリア実績がないとお金はかかります。(30日間コースで5,478円ですけどね)

 

いまわかりやすいキャリア実績を持っていないなら、人柄、やる気、または学歴、資格などで勝負したいところですが、こういった、ちょっと踏み込んだ部分について転職エージェントや企業の採用担当は伝わりにくいかもです。

もし、その場合はこちらの転職サービスもあわせて登録しておきましょう。ひとつに限定せず、いろいろ登録して使い分けがおすすめです。

アイデムスマートエージェント」20代の第二新卒、正社員を目指す方向けの就職、転職サービス

転職ナビ」会員数200万人、20〜30代を中心に利用する転職サービス

 

ビズリーチがおすすめできる人の特徴

最後にビズリーチと相性が良い人の特徴についてまとめておきましょう。

・ある程度のわかりやすいキャリアを持っていて

・すぐに転職しなくても情報収集しながら

・良質な転職エージェントと繋がっておきたい人

 

そんな人にビズリーチはおすすめです。

でも、ある程度のキャリアがある人は「転機」のような転職サービスにも並行して登録するのがおすすめです。複数登録した方が自分の市場価値を把握しやすくなるからです。

転機については下記でもレビューしていますので参考にしてみてください。

転職サービス「転機」に登録して面談うけてみた

 

ビズリーチがおすすめできない人の特徴

ビズリーチはこんな人にはあまりおすすめできない印象です。

・特段アピールできるキャリアがない

・いますぐに転職したい人

・人間関係で悩んでいる

・ブラック企業から抜け出したい

・今の仕事にやりがいがない、成長を感じない

 

このような人は、転職することが目的ですから下記のような別の転職サービスがおすすめです。

アイデムスマートエージェント」20代の第二新卒、正社員を目指す方向けの就職、転職サービス

転職ナビ」会員数200万人、20〜30代を中心に利用する転職サービス

 

もちろんビズリーチを使っても結果は出るかもしれませんがますが、ちょっと遠回りをしたりするかもしれません。

 

まとめ

今回、5年ぶりにビズリーチを使ってみて感じたことを書いてみました。

私はすぐに転職予定はないのですが、現在は「転機」と「ビズリーチ」をメインで今後についての情報収集をしています。

その他の転職サービスも試してみようといます。

特に「転機」についてはこちらの記事でも書いていますが、経営層に打診してポジションを見つけてくるというサービスので結構な時間がかかります。

だからこそ、思い立った時に登録して、面談を受けておくのが重要です。

なぜなら、そこで蒔いた種が半年後、1年後に結果を出すからです。

転機については下記でもレビューしていますので参考にしてみてください。

転職サービス「転機」に登録して面談うけてみた

タイトルとURLをコピーしました