【5年ぶりに使ってみた】ビズリーチのメリットとデメリット【評判・登録口コミ】

転職エージェント
スポンサーリンク

Contents

【5年ぶりに使ってみた】ビズリーチのメリットとデメリット【評判・登録口コミ】

 

ビズリーチといえば最近、頻繁にTVCMやWeb広告で見かけますね

転職活動をするなら、まず登録するべきサイトとして登録している人も多いのではないでしょうか?

 

「登録しよう思っているけど迷っている」

「使っているけど、あまり上手く行っていない」

「他の転職サービスも考えている」

 

といった人に向けて、実際に5年ぶりにビズリーチで転職活動をしてみた筆者が感じたビズリーチのメリット、デメリットについてお話します。

実は最初にお伝えしておくと、

ビズリーチで転職活動に向いている人と全く向いていない人がいます。

向いていない人は、別の転職エージェントを使った方がいいので、おすすめの転職エージェントも最後にご紹介しますね。

【目次】

・5年ぶりにビズリーチを使ってみた

・ビズリーチのアカウントはひとり1個まで

・履歴書、職務経歴書を更新したらすぐに連絡がきた

・プラチナオファーと通常オファーの違い

・ビズリーチのメリット

・ビズリーチのデメリット

・こんな人はビズリーチにおすすめ

・こんな人はビズリーチにおすすめできません

・ビズリーチで結果が出ない人におすすめの転職エージェント

👑人気転職サービスランキングベスト3👑

1位:マイナビエージェント

2位:JACリクルートメント

3位:Hays Japan※外資転職の定番

番外:ミイダス(年収診断ができる)

※当サイトで人気の転職サービスランキングになります。

5年ぶりにビズリーチを使ってみました

※ビズリーチ公式サイト

5年前にビズリーチを使って転職活動をしていた時期があるのですが、それ以来の利用再開となります。

実は今回、転職活動を再開するにあたって「転機」という転職サービスから始めてみたのですが

それに次いてビズリーチを再開となります。

ビズリーチに無料登録する

 

とはいえビズリーチを使ったのは今から5年前で、当時のアカウントを忘れてしまったので、新しくアカウント作成をしました。

最近のビズリーチは作成した「履歴書」「職務経歴書」の公開にあたってビズリーチ側で承認作業が入るらしく 「履歴書」「職務経歴書」 を全部作成した上でサイト側で「承認中」というステータスになりました。

 

公開承認却下!?理由はビズリーチのアカウントはひとり1個まで

ビズリーチ側の承認作業は1日程度で終了しました。

その結果は・・・・なんと

「公開承認おりず」でした

なんで!!!!!!

公開承認が下りなかった理由は

「ビズリーチについては1人につき1個しかアカウントを持てないから」

「すでにお客様はアカウントをお持ちなので、今回申請したものは削除しました」

とのことでした。

なるほどね!

アカウントが1個しか持てないのはルールなので仕方ないのですが、時間をかけて作成した職務経歴書を手元のPCに保存しておかなかったので、全部作り直す羽目になってしまいました・・・・(むむむ、時間の無駄や)

履歴書のイラスト(記入済み)

私の古いアカウントはビズリーチ側で承認済でしたので、そこの履歴書、職務経歴書などの情報をアップデートして手動で非公開にしていた情報をエージェントに公開することにしました。

ちなみに、公開される相手としては

・転職エージェント

・企業の人事部

の2種類があります。

なんとビズリーチは企業の人事採用担当から、直接オファーが来ることもあるのです。実際に過去には企業の人事部から直接オファーを頂いたこともあります。

一方で、自分の経歴書を公開したくない企業や、エージェントはブロック指定できるのも有難い機能です。

 

履歴書、職務経歴書を更新したらすぐに連絡がきた

履歴書、職務経歴書を更新して、公開したらすぐに連絡がきました。しかも、プラチナオファーというエージェントとの面談確約のオファーです。

 

プラチナオファーはエージェントの名前やメール内容を読むことができるので、プラチナオファーを受け続けている限り、無料でビズリーチを使えます。

一方で、プラチナオファー以外に通常オファーがも来ますが

通常オファーの場合はメールを見たり、エージェントとメッセージのやりとりをするため、こちら側がビズリーチに課金しなければなりません。

30日間コースで5,478円(税込)と結構かかります。転職サービスは無料のところが多いので、有料なのはちょっと驚くかもしれません。

 

プラチナオファーは転職エージェント側がコストを支払るオファー、通常オファーは転職希望者がコストを支払うオファーということになります。

 

ということは、いかにプラチナオファーが転職エージェントとして、あなたと会いたいか(これは売れる良質人材)と思っているかの表れです。身銭を切って送ってくるオファーなので本気度は違います。

 

一方で、通常オファーはそこまで強く魅力を感じていないオファーともいえます。(ちょっときになる、会って見たい程度ですね)

よって、職務経歴書を登録した直後に「通常オファーしか来ない」また「オファー自体が全く来ない人」はビズリーチに登録している転職エージェントが求めるニーズと合致していない可能性があるかもです。

(年齢とかキャリアがマッチしていない可能性あります)

ビズリーチに無料登録する

ビズリーチのメリット

ここからは、実際に使ってみて強く感じたビズリーチのメリットをまとめておきましょう。

メリットとしては大きく4つあげられます。

・キャリアがある人は完全無料で良い転職ができる

・転職エージェントの質が高く、スコアによって可視化されている

・ビズリーチのシステムが非常に使いやすい(他の転職サービスとは比にならない)

・企業の人事担当も登録していて、企業しか知らない独自案件によるスカウトが受けられる

キャリアがある人は完全無料で良い転職ができる

ある程度のキャリアがある人ならビズリーチに登録した瞬間にゾクゾクとプラチナオファーが来ます。

後は転職エージェントと話をしながら、誰と会うか選ぶだけです。

ただし、ここでプラチナオファーを貰う上で重要なのは職務経歴書を見た瞬間でわかりやすい実績が必要です。

例えば「会社名、商品名、役職、売り上げ実績」などです。

(学歴、資格も重要だけど、具体的な実績の方が重要かも)

 

要するに転職エージェントが「職務経歴書」だけを見たら、実際に会ってみなくても「こいつはヤバいぞ!」と印象付けできる武器がある人に限ります。

でも、そこまで強いキャリアを持っている人なら「転機」のように経営層に直接、ポジションを提案に行くような方が良い場合もあります。

よって、私は現時点で「転機」とビズリーチの併用をしています。

 

ビズリーチに無料登録する

転職エージェントの質が高く、点数によって可視化されている

ビズリーチの良いところは転職エージェントの「質(良し悪し)」が点数によって可視化されている点です。

Aランク、Bランク、点数でそのエージェントがビズリーチのシステム上で自動評価されているので、質の悪いエージェントにつかまるリスクを軽減できます。

とはいっても、そんなに質の悪い転職エージェントはビズリーチでは生きていけませんので、ランクと点数で可視化されることで、ビズリーチに登録しているエージェント全体の質があがるというわけです。

すごいな、ビズリーチ!

ただし、このスコアですが

「登録期間が短い転職エージェントはスコアが低い」

という部分があるらしく、必ずしもスコアの高いエージェントなら、いい転職ができるのかは不明です。

「なぜなら、スコアの高いエージェントにお願いしたけど、転職先を次々紹介されるだけで、こっちの意向があまり尊重されなかった」

という経験が5年前にあったからです。

そのエージェントはいまだにAランクで登録されています。

 

私がおすすめしたいのはスコアよりも、オファーの内容だと思っています。

名前だけ変えたコピペのオファーもありますし、ちゃんと履歴書を読み込んで踏み込んだオファーもあります。

この転職エージェントにあってみたい、と思えるかがポイントですね。

(むしろ、私が転職エージェントの立場なら、求職者のインサイトに踏み込んだオファーを出しますが、コピペオファーも結構見かけるので注意が必要です。)

 

ビズリーチのシステムが非常に使いやすい

冒頭でビズリーチの有料プランは30日間コースで5,478円(税込)かかるという話をしましたが、ビズリーチのシステム自体は、他の転職サイトと比べても圧倒的によくできています。

ビズリーチって転職支援サービスから、最近はIT系の事業も積極的に展開していますが、よく考えれば有料級の価値があるシステムですね。

これについては、いろいろな転職サービスのシステムを使ってみるとわかりますが、圧倒的に金をかけて作られています。

もちろん、システムの使いやすさと、いい転職ができるかは別ですが、使いやすいということは、それだけ多くの転職エージェントや企業の採用担当も使うわけですから、結果、よい案件に出会える可能性もあがります。

 

企業の人事担当も登録していて、企業しか知らない独自案件によるスカウトも受けられる

ビズリーチには企業の採用担当も登録して人材を探していますので、あなたのキャリアを見てオファーが来ることがあります。

ただし、転職エージェントに比べると、企業の人事採用担当は日々張り付いてビズリーチをチェックしているわけではないので気長に待つのがおすすめです。

転職エージェントから連絡が来て、いい案件を紹介されるとそこで決めてしまいがちですが、

企業からの直接オファーの場合は、転職エージェントにも落ちてこない企業の独自案件を持っていたりしています。

とはいえ、企業と繋がりたい場合は、時間をかけてまったり使うというのも賢い使い方です。

以上がビズリーチのメリットですが、一方でデメリットもあります。

 

ビズリーチのデメリット

実際に使ってみて感じたビズリーチのデメリットをまとめておきましょう。個人的にビズリーチに対して感じたデメリットは2つあります。

 

1つめは、登録するとオファーはたくさん来るのですが、とにかく数ばかり多くて同じエージェントから何度も繰り返しオファーがきます。しかもオファーの文面もコピペしたような人が多いのです。

全てのエージェントとは言いませんが、質のあまりよくないエージェントも含まれている印象でした。

そこで、私はビズリーチとセットでリクルートダイレクトスカウトにも登録していました。こちらも年収800万円以上の取り扱い案件が中心の転職サービスで、仕組みはビズリーチに似ているのですが

・ビズリーチとエージェントの重複が少なく

・数よりも質の高いオファーがくる

といった違いがあるからです。

ビズリーチとキャリアカーバーはセットで登録しておくべき転職サイトです。相互で弱みを補完してくれます。

 

2つめは

キャリアがない人(ビズリーチでノーマルの通常オファーしか来ない人)はお金がかかる

もうこれにつきます。

会社名、商品名、役職、売り上げ実績などわかりやすいキャリア実績がないとお金はかかります。(30日間コースで5,478円ですけどね)

 

いまわかりやすいキャリア実績を持っていないなら、人柄、やる気、または学歴、資格などで勝負したいところですが、こういった、ちょっと踏み込んだ部分について転職エージェントや企業の採用担当は伝わりにくいかもです。

もし、その場合はこちらの転職サービスもあわせて登録しておきましょう。ひとつに限定せず、いろいろ登録して使い分けがおすすめです。

実際に私が5回の転職活動で役に立った転職サービスをピックアップしておきます。

👑人気転職サービスランキングベスト3👑

1位:ビズリーチ

2位:マイナビエージェント

3位:JACリクルートメント

番外:Hays Japan※外資転職の定番

番外:ミイダス(年収診断ができる)

※当サイトで人気の転職サービスランキングになります。

 

ビズリーチがおすすめできる人の特徴

最後にビズリーチと相性が良い人の特徴についてまとめておきましょう。

・ある程度のわかりやすいキャリアを持っていて

・すぐに転職しなくても情報収集しながら

・良質な転職エージェントと繋がっておきたい人

 

そんな人にビズリーチはおすすめです。

※ビズリーチ公式サイト

ビズリーチがおすすめできない人の特徴

ビズリーチはこんな人にはあまりおすすめできない印象です。

・特段アピールできるキャリアがない

・いますぐに転職したい人

・人間関係で悩んでいる

・ブラック企業から抜け出したい

・今の仕事にやりがいがない、成長を感じない

 

このような人は、転職することが目的ですから下記のような別の転職サービスがおすすめです。

マイナビエージェント【転職活動の定番】


※マイナビエージェント公式サイト

マイナビエージェントは業界に精通したキャリアアドバイザーから転職活動のアドバイスやノウハウを受けられる転職エージェントサービスです。

従来の求人情報を閲覧するだけの転職サイトとは異なり

あなたに寄り添った転職さサポートします。

マイナビエージェントの強み

・業界に精通したプロフェッショナル力

・求職者と企業とのマッチング力

・徹底したサポート

また、マイナビエージェントの魅力は豊富な非公開求人数にあります。

外から見ているだけではわからないけど、登録してみるとその魅力に気づきます。

転職を検討しているなら最低限登録しておくべき転職エージェントです。

マイナビエージェントに無料登録する

非公開求人が多い理由

なぜ、ここまで非公開求人が多いのか?

それは採用する企業側として「中身を明かせない事情」があるからです。

発表前の新しいプロジェクト向けの採用だったり、そのポジションを採用していることを公にしたくなかったり、非公開求人の理由はさまざまなものがありますが、そのような案件をマイナビエージェントは多数扱っていることからも

ターゲット:20代〜30代のビジネスパーソン

求人領域:全方位

応募書類の添削:あり

面接対策:あり

大手転職サービス会社ということもあり全国に支店があります。

オンライン化が進んでいる中でも転職アドバイザーと面談が受けられるのは大きなメリットです。

マイナビエージェントに無料登録する

マイナビエージェントの進め方

※出典:マイナビエージェント

マイナビエージェントは無料でご利用できます。求職者の方には費用はかかりません。

キャリアアドバイザーと面談を行い、転職のヒアリングを実施したのち、希望に合致した求人を紹介していきます。

応募に当たっては書類の添削や面接の対応までフォローしてくれます。また最終的に内定が決まった後も、年収や入社日まで調整してくれるなど手厚いサポートを受けられます。

マイナビエージェントとマイナビ転職の違い

マイナビエージェント   VS     マイナビ転職

※出典:マイナビエージェント

マイナビエージェントとマイナビ転職の違いを簡単にまとめてみました。

自分で応募する「マイナビ転職」と違って、「マイナビエージェント」はより質の高い転職サービスを受けることができます。

転職活動にあまり時間がかけられない方や、転職活動に慣れていない方は、むしろマイナビエージェントはおすすめです。

マイナビエージェントに無料登録する

マイナビエージェントがおすすめの人

マイナビエージェントは質の高い転職活動をしたい方におすすめです。

ターゲット:20代〜30代のビジネスパーソン

年収も働く環境も、さらなるキャリアアップを目指す方におすすめのサービスと言えます。

▼マイナビエージェントはたった3分で登録できます

一方で、まだ経験も少なく、専門性がない方はマッチする求人が少ない可能性はあります。その場合は、まずは自分の市場価値を無料で診断できるサービス「ミイダス」で市場価値診断を受けることをお勧めします。

マイナビITエージェント

※マイナビITエージェント公式サイト

IT、WEBのエンジニア、プログラマー、コンサルなどを目指すならマイナビITエージェントは登録しておくべき必須の転職エージェントです。

有名な大手上場企業から話題のベンチャー企業まで

業界に精通したキャリアアドバイザーが、皆さんの悩みや希望に寄り添って相談に乗ってくれます。

マイナビITエージェントに無料登録する

マイナビITエージェントの強み

取り扱っている職種としては次のようなものがあります。

プロジェクトマネージャー・プロジェクトリーダー(WEB、オープン、汎用、制御・組込) ・システムエンジニア(WEB、オープン、汎用、制御・組込) ・プログラマー(WEB、オープン、汎用、制御・組込) ・社内SE ・ネットワークエンジニア ・サーバーエンジニア ・セキュリティエンジニア ・データベースエンジニア ・システムコンサルタント(業務系、テクニカル系) ・パッケージ導入コンサルタント(ERP、CRM、SCM等)

また得意な業界としては以下のようなものがあります。

情報処理サービス ・ソフトウェア ・ハードウェア ・ポータル・検索 ・eコマース ・SNS ・インターネット広告 ・ゲーム
例えば

現在は大手の2次受け、孫請けの仕事をしているけど、大手で働けばもっと大きな仕事ができる!

そんな想いで働いているエンジニアさんも多いと思います。そんな方はぜひ登録してみましょう。マイナビITエージェントで大きく人生を変えることができるかもしれません。

ターゲット:20代〜30代のエンジニア経験のあるビジネスパーソン

求人領域:エンジニア系特化型

一方で未経験でエンジニアを目指したい人にはちょっと向かないサービスと言えます。エンジニアとしての経験者が大前提になっていますのでマッチする求人が少ない場合があります。

その場合は「テックキャンプ」などでプログラミングのセミナーを受けてみるところから始めてみるのもお勧めです。

マイナビITエージェントに無料登録する

マイナビエージェントとマイナビITエージェントとの違い

マイナビが提供する総合転職サービス「マイナビエージェント」と「マイナビITエージェント」の大きな違いは

Web・IT職種の求人に特化しているという点になります。

ただし、同じ転職エージェント会社なので、マイナビエージェントが保有している求人情報も持っていたりします。

現在、IT・Web・エンジニア職をやっていて、営業職での転職を考えているなら迷わず「マイナビITエージェント」を選ぶ

現在、IT・Web・エンジニア職をやっているけど、それ以外の転職も考えたい!

または幅広い職種を検討したい!

という方は「マイナビエージェント」を選んでおきましょう。

マイナビITエージェントがおすすめの人

マイナビITエージェントは質の高い転職活動をしたい方におすすめです。

ターゲット:20代〜30代のエンジニア経験があるビジネスパーソン

年収も働く環境も、さらなるキャリアアップを目指す方におすすめのサービスと言えます。

▼マイナビITエージェントはたった3分で登録できます

一方で、まだ経験も少なく、専門性がない方はマッチする求人が少ない可能性はあります。その場合は、まずは自分の市場価値を無料で診断できるサービス「ミイダス」で市場価値診断を受けることをお勧めします。

 

 

JAC Recruitment|ハイクラス・管理職向け転職エージェント

※JACリクルートメント公式サイト

JACリクルートメントは管理、専門職、ミドル、ハイクラスに特化した転職エージェントです。

既に企業で活躍していて、さらに上を目指してキャリアアップしたい人には必須の転職エージェントと言っていいでしょう。

1988年設立された歴史のあるエージェントであり、所属しているアドバイザーは500名以上!東証1部にも上場しています。

全国に拠点もあり、大都市だけでなく、地方でキャリアアップを目指す人にもかなり使えるサービスです。

 【JACリクルートメントに無料登録する

主な拠点は次の通りです。

東京、北関東(群 馬/栃木/茨城/埼玉)、横浜、甲信越(山梨/長野)、
名古屋、静岡、大阪、京都、神戸、中国(広島/岡山)

 

大手企業への転職実績は素晴らしく、うまく使いこなすことができれば大きなキャリアアップが目指せます。

 【JACリクルートメントに無料登録する

JACを利用する人の特徴

JACを利用する人の特徴としては、年齢層は20代後半~50代前半と幅広くなっていますが、

年収は600万以上の方に絞っており、一般的な転職サービスと比べるとハイクラス向けと言えるでしょう。

職種としては管理部門(経理、人事、総務等)や営業職、
業界スペシャリストやエンジニアなど幅広い領域になっています。

日本企業だけでなく、外資系企業などさらなるキャリアアップを目指したいなら、まず登録必須と言っていいでしょう。

私も実際に利用していましたが、

・個別担当の専任エージェントの対応が素晴らしい

・案件が非常に多く、JAC限定案件もある

・転職エージェントとして攻めの転職サポートをしてくれる

といった点が他の転職サービスや転職エージェントとは一味違います。

まさに転職エージェントのお手本のような会社です。

転職した方の多くは、年収のアップにも成功しています。

転職サービスの中には20代30代しか案件を転職案件を提供しないような場合もありますが、経験が豊富な方なら、JACは40代50代にとって力強い味方になってくれることでしょう。

JACをお勧めしない人

一方で、まだ経験も少なく、これからの人にとってはJACリクルートメントに登録しても、マッチした求人紹介を受けられない可能性があります。

20代でまだ経験が浅い人はマイナビジョブ20sがお勧めです。

また、一般職で転職を目指すならマイナビエージェントも登録しておきましょう。

 【JACリクルートメントに無料登録する

リクルートダイレクトスカウト|TVCMでも話題ハイクラス転職サービス

※リクルートダイレクトスカウト公式サイト

最近、TVCMでも頻繁に見かけるのがリクルートダイレクトスカウトです。

リクルートが運営する「スカウトに特化した転職サービス」となります。

これまでの転職活動といえば

転職サイトに登録する

転職エージェントと面談する

企業にエントリーする

といった流れが一般的でしたが、リクルートダイレクトスカウトはその名前の通り

登録して、あとはスカウトが来るのを待つだけ

といった求職者の負担を極限まで下げたサービスになっています。登録して寝かしておくだけで、

あなたに興味を持った企業や転職エージェントからスカウトが来ますので、現在、仕事で多忙で転職活動に時間が取れない人などにおすすめの転職サービスです。

ハイクラス向け転職案件が充実

リクルートダイレクトスカウトが提供している転職案件としては800万円から2000万円が中心になっているため、明らかにエグゼクティブ向け転職サービスです。

実績と経験も豊富な30代以上の役職者、またはスペシャリスト向けとなっています。

よって、40代、50代のハイクラス層も利用しています。

 

一方で未経験、経験や実績が少ない人、20代の若い人などは登録してもスカウトが来ない可能性が非常に高いです。

経験が浅い人はマイナビエージェントのような様々な年齢業界を網羅した総合転職サービスに登録がお勧めです。

リクルートダイレクトスカウトのメリットと強み

リクルートダイレクトスカウトが選ばれる理由としては

なんと言っても多忙なあなたの代わりにヘッドハンターが仕事を探してくれるという点につきます。リクルートダイレクトスカウトには3000名以上のヘッドハンターが登録していますので、

良質なヘッドハンターに出会えるかがリクルートダイレクトスカウトの攻略法になります。

非公開求人はもちろん、

リクルートダイレクトスカウトに無料登録する

リクルートダイレクトスカウトが不向きな人

一方で、まだ経験も少なく、これからの人にとってはリクルートダイレクトスカウトに登録しても、マッチした求人紹介を受けられない可能性があります。

20代でまだ経験が浅い人はマイナビジョブ20sがお勧めです。

また、一般職で転職を目指すならマイナビエージェントも登録しておきましょう。

doda|定番の転職サービス

※doda公式サイト

TVCMでも頻繁に見かける「doda」はパーソルキャリアが運営する求人情報サービス・人材紹介サービスです。

大手の転職サービスゆえに、幅広い案件を紹介してくれますので、まず転職活動を開始したら登録しておくべき定番のサービスになります。

dodaに無料登録する

dodaの2つのサービス

dodaには2つのサービスがあります。

①エージェントサービス

キャリアアドバイザーがあなたにあった求人案件を紹介してくれます。

サイトには掲載されていない、非公開求人を含む約10万件の求人から、あなたに合った求人をdodaの専門スタッフが紹介してくれます。

②スカウトサービス

会員登録すると企業から直接スカウトが届くシステムです。匿名で登録して利用できるので、今、仕事をしている人でも身バレせずに転職活動ができます。

dodaのメリット

大手転職サービスですので、求人内容や様々なサポートが充実しています。

また転職した人のエピソードや、転職ノウハウなどのコンテンツも豊富ですので、転職活動における情報収集としても活用しましょう。

dodaに無料登録する

 

ミイダス|あなたの無料年収診断ができる

※ミイダス公式サイト

ミイダスは膨大なデータをもとに、あなたの市場価値を診断してくれる転職サービスです。

アカウント登録なしで、無料で年収診断を受けることができます。

診断はとても簡単です。

基本的には文字入力不要。ミイダスの質問に選択肢で答えるだけで想定年収と、あなたにマッチした(面談確定)企業数が表示されます。

主な質問内容は

・学歴
・直近で働いている会社名
・金属年数
・役職
・年齢、性別
・住居エリア
・現在の年収

と言った一般的なものから実際の仕事の内容について、選択肢を選ぶだけですごく細かく診断してくれます。

ミイダスで無料年収診断をはじめる

かなり細かいところまで質問に落とし込まれているので、質問に答えていくことで

画面上にある想定年収が変動していきます。

最終結果が表示されてから会員登録という流れになるので、その手前でやめても問題ありません。

なお、診断で選択した企業名は、会員登録した後に、「この企業には非公開になる」という仕様なので現在働いている会社にバレることもありません。

実際に質問に答えて行った結果、私の場合は、こんな結果になりました。

とりあえず、1度受けておいて損することはないのでやっておきましょう。

この年収が正しいかは置いておくとして、年収の数字感が掴めるのは転職活動において大きな参考になります。

ミイダスで無料年収診断を受けてみる

ミイダスのメリット

・あなたの適正年収がわかる
・あなたを必要としている企業がわかる
・面談確定の企業がわかる

これだけでも、今までなんとなく給料もらって働いていて、それが高いのか、安いのか
わからなかった人にとっては大きなメリットです。

ミイダスで無料年収診断を受けてみる

ミイダスのデメリット

役職者、役員、業界に特化した特殊スキルを持っているスペシャリスト

みたいな人はミイダスで適正年収を出すことは難しいかもしれません。

また、社長から直接ヘッドハンティングで雇用されて現在の年収は3000万円!!!
みたいな人や、あなた自身が会社経営をしていて、社長をやっている場合とか算出困難かもしれません。

その他、熱意とか、そういった数値化できないものは判別することはできません。

適正年収を知ることは重要です

とはいえ適正年収を知って
かつ、その年収であなたに対してオファーしたい!と言っている企業名まで知っておくことは転職活動において重要です。

そもそもの現在の年収が「高すぎるのか」「安すぎるのか」
あまりにも我々は無知だからです。

よってミイダスで診断を受けて、登録して
その上でそれら情報を武器として、その他の転職エージェントに登録することがおすすめです。

そうすれば失敗しない転職活動ができます。

ミイダスで無料年収診断をはじめる

 

まとめ

今回、5年ぶりにビズリーチを使ってみて感じたことを書いてみました。

私はすぐに転職予定はないのですが、現在は「JACリクルートメント」と「ビズリーチ」をメインで今後についての情報収集をしています。

その他の転職サービスも今後は試してみようといます。

 

👑人気転職サービスランキングベスト3👑

1位:マイナビエージェント

2位:JACリクルートメント

3位:Hays Japan※外資転職の定番

番外:ミイダス(年収診断ができる)

※当サイトで人気の転職サービスランキングになります。