【体験レビュー】「転機」に登録して転職エージェントの面談受けてみた【クチコミ・評判】

転職・求人・アルバイト

【体験レビュー】転機に登録して転職エージェントの面談受けてみた【クチコミ・評判】

 
転職をしたい!
でも、ありきたりの転職サービスでは物足りない
転職するからには自分自身を高く売り込みたい!
 
 
という方におすすめなのが、「転機」という経営層、マネージャー層、スペシャリストを中心としたVIP転職サービスです。
 
 
今回、実際に面談を受けてみましましたので
転職活動を検討している方は参考にしていただければ幸いです。
 

【目次】

・転機とは(転職エージェント/転職サービス)

・実際に「転機」に登録してみた

・転機の転職エージェントに対する印象

・「転機」のメリット

・「転機」のデメリット

転機とは転職エージェント/転職サービス)

転機

公式サイトを見ると「社長の右腕」という文字からも
他の転職サービスとは明らかに趣が異なります。
 
 
大きな違いとしては
世の中の、ほとんどの転職エージェントの場合は
転職エージェント経由で各企業の人事部、採用部門に人材紹介して
そこから書類選考、面接を複数回実施するパターンがほとんどです。
 
 
しかし転機は経営層に直接、1次面談できるという
人事部を飛び越えた転職活動ができる点がウリなのです。
 
 
この人事部を飛び越えて、経営層と直接交渉できるというのがポイントで
その会社で必要としているポジションにアプローチできて
 
その会社の人事給与体系に影響を受けない給料を引き出すことが可能です。
 
 
よって、転機で転職すると
その会社の人事給与レンジを超えた給与アップも狙えます。
 
 
人事部経由がダメというわけではないですが
人事部が本当にその会社に必要な人材を把握していて
応募者のポテンシャルをジャッジできるか、
という本質に迫ったのが転機が他にはないサービスといわれる理由です。
 
 
実際に転機で転職した人の平均年収1200万円くらいとのことなので
まさに事業貢献が期待できる即戦力としてのスペシャリストに特化した転職サービスといえます。
 
 
あくまでも1200万は平均年収なので、
それ以上、それ以下で転職した人もいると思いますが
会員登録をすると検索できる年収も800万円〜1000万円のレンジがが多いので、800万円以下をターゲットにした転職サービスではないことは明らかです。
 

実際に「転機」に登録してみた

 
最近の転職サービスは登録時に結構な情報入力を求められるケースが多く、時間がかかるのですが転機は非常にシンプルでした。アカウント開設は1分もかからず終わります。
 

①サイトに登録

登録は非常に簡単です。直近で働いている企業を登録するだけで、とりあえず登録開始できます。細かい内容は後でスキップでも構いません。私の場合は後で登録しようと思いましたので直近の会社だけ記載してその他の情報はとりあえず全部スキップして登録しました。スキップ登録できるので1分もかからりませんでした。
 
 

②事務局からすぐに連絡がくる

直近で働いている企業を登録しただけなのに、その日のうちに「電話」「メール」に連絡がきました。このレスポンスが早さには、ただただ驚かされます。
 
とはいえ、すぐにスケジュールの予定がつかなかったので、放置していたら、その翌日には 「電話のショートメール」で連絡がきました。
この仕事の速さは他の転職サービスとは明らかに違いますね。
 
 

③面談日程を調整してエージェントと面談設定

転職サービスの中には、とにかく数をこなして、転職させることが目的で、面談の質をないがしろにしているケースもあるのですが、転機の場合は面談の時間を有意義にするために事前に履歴書と職務経歴書を完成させて、事前にサイトにアップロードするよう求められました。
 
ここからも転機側の本気が見え隠れします。ちょっと普通の転職サービスとは転職サービスにかける姿勢が全然違います。
 

④エージェントと合う

1時間の面談でこれまでのキャリア、今後のキャリアについて、ヒアリングを受けます。ここでのリアリングは転職エージェントが企業の経営層にプレゼンするための「オリエン」のようなものでした。
 
広告代理店と仕事をしたことがある人ならわかると思いますが
 
クライアントが広告代理店に対してプロジェクトの目的や目標を伝えるような「オリエン(オリエンテーション)」に近いものがあります。
 
ここで転職エージェントに伝えた情報を元に、転職エージェントが企業経営層に対して推薦文を書くという流れです。
 

⑤その後、エージェントからの案件提案待ち状態

面談終了後もすぐに転職エージェントからお礼のメールが届き、現在、この段階です。
 
 

「転機」の転職エージェントに対する印象

結局のところ転職エージェントについては、どこの会社に所属しているから優秀とか関係なく、優秀な人はどこに所属していも優秀です。
 
ただし、「転機」が違っていたのは、転職サービスに対する会社としての姿勢が全然違うという点です。
 
 
転機を運営する会社に面談で訪問したのですが
すれ違う従業員スタッフ(たぶん他のエージェントの人)の方が、来訪者である私に対して全員が丁寧にあいさつをしてくれます。
 
しかも、若い人から年配の人まで全員です。
 
転職エージェントを生業とする会社としては、これまでにない社風です。
 
極めて好印象というか、素敵です。
むしろ、この会社で働きたいと思ってしまいましたw
 
実際に面談を担当してくれた転職エージェントも素晴らしいものがありました。
 
特に気になったのは、事前にお送りしていた私の職務経歴書が蛍光マーカーでビッチリとラインが引かれて、真っ赤になるまで読み込まれている様子がチラッと見えたのですが、
 
こんな転職エージェントは初めてです!
 
というわけけで
 
いままで、いろいろな転職エージェントを利用した経験があればあるほど
それらと転機は明らかに違う印象を抱くと思います。
 

「転機」のメリット

転機のメリットをざっくりまとめるとこんな感じです
転職エージェントの中ではクオリティはかなり高めです。
 
・人事部を飛び越えて経営層に直接アプローチできる
 
・給料、ポジションなどを直接交渉できる
 
・転職エージェントの質は高く、誠意を感じるので、ちゃんと動いてくれそう
 
キャリアアップを狙うなら、転機は間違いなく登録しておくサービスです。
 
 

「転機」のデメリット

 一般的な転職サービスと大きく違う点は
 
応募者ひとりひとりが持つスキルにあわせて、個別で経営層にプレゼンして売り込むスタイルなので、時間がかかります。
 
手元にある求人案件リストから、とりあえず案件紹介するようなタイプではないのです。
 
よって、すぐに転職先を見つけたい人にとっては合わないかもしれません。
 
 
またある程度のキャリアや経験がある人向けのサービスですので、キャリアが浅い人にとっては、マッチしにくいサービスでもあります。
 

「転機」はこんな人におすすめ

 
転機はこんな人におすすめです。
 
・会社員人生を通して一定の成功とキャリアを積み上げてきた人
 
・役職付き、もしくは他の人にはない圧倒的な強みを持っている人
 
・すぐの転職ではなくじっくり時間をかけて活動したい人
 
管理職をやっていたとか、誰もが知っている商品やプロジェクトをやっていたとか、わかりやすい実績も重要です。
 
(そういうわかりやすい実績がある人の方が売り込みやすいからです)
 
 
でも、結局のところ
 
いま、何ができるのか
いま、何で事業貢献できるのか
 
というのが重要です。
 
よって、華やかでわかりやすい実績がなくても、特定分野におけるスペシャリストなら「転機」を使う価値はあります。
 
もちろん経営層との面談に繋げるには
 
わかりやすいメジャーな実績があると進みやすいのは事実です。しかし、ニッチでも他の人にはない、独自の強みがあればチャンスあり、という感じですね。
 

ちょっと変わった事例をあげるならば・・・・

一度起業してから、起業で失敗して断念した人が、改めて転職活動するには、一般的な転職エージェントよりも、「転機」の方がマッチするような印象です。
 
 
なぜなら、「転機」を利用すると直接経営層にアプローチできますが、
 
起業した経験や、仮に起業が失敗してもそこでの学びがあれば、それって強い武器として「経営層」にアピールすることができるからです。
 
 
これが
一般的な転職エージェント→人事部経由の転職活動だと
あまり効かない、うまく伝わらない可能性があるためです。
 

まとめ

今回、「転機」という転職サービスを実際に使ってみましたのでレビューしてみました。
 
ある程度のキャリアに自信がある人なら、間違いなく登録をおすすめします。
ぜひ、他の大手の転職サービスとの「違い」を体験してみてください。それだけの価値はありますよ。
 
 
 
 
タイトルとURLをコピーしました