横浜クロスフィットジムおすすめ4選|無料体験ありクロスフィット初心者でも安心(横浜みなとみらい)

クロスフィットジム
スポンサーリンク

横浜クロスフィットジムおすすめ4選|無料体験ありクロスフィット初心者でも安心(横浜みなとみらい)

最近話題のクロスフィットジム

健康維持に、ダイエットに、クロスフィットを始めたい!

という人に神奈川県、横浜エリア、みなとみらいエリアでおすすめのクロスフィットジムをご紹介します。

現在、把握している横浜エリアのクロスフィット専門ジムは全部で4つ。クロスフィット風なコースをやっているパーソナルジム、スポーツジムは除外しています。

無料体験クラスはあるの?通い放題の無制限クラスはあるの?

そんな気になる情報もまとめましたので横浜エリアでクロスフィットを探している人は参考にしてみてください。

クロスフィットって何?

そもそもクロスフィットって何?

「みんなで一緒にトレーニングをするスポーツジム」

程度の情報しかなかったのですが、実はクロスフィットは全然違いました。

クロスフィットは2000年にアメリカで設立されたフィットネス団体であり競技化されたフィットネスだったのです。

ダンベルやバーベルなど様々な器具を使って競うトライアスロンみたいな競技がクロスフィットであり、主にアメリカでは人気の競技スポーツになっています。現在、世界に1万件以上のクロスフィットのフランチャイズが存在し、その半分はアメリカにあります。

実際にクロスフィットジムに通うと様々なワークアウト(=トレーニングメニュー)をこなしながら約1時間にわたって体を動かしいくのですが、実は各トレーニングは、クロスフィットという競技の一部種目を分解したような内容になっています。

私も実際に入った時は、ただダンベルを持ち上げる動作でトレーニングを行う「みんなでいっしょにやるスポーツジムのクラス」といったイメージを持っていましたが、実はクロスフィットという競技の一部をいろいろやっていたというわけです。

こちらの映像は2020年版のクロスフィットの競技映像ですがボールや鉄棒をつかったり、ダンベル、バーベルも使うのですが走ったり、水泳もあるんですよね。つまりこれって非常に細かい運動を組み合わせたトライアスロンみたいなものなのです。

実際のところ競技は1日ではなく数日かけて行い、総合的な運動能力で競われます。ダンベルをあげる力があっても走れなければ上位には入れないし、走りや水泳が素晴らしくてもダンベルが上がらなければ話にならない、というわけです。

よって映像を見ていただくと極端にマッチョな人がいるというわけでなく全体的に統一感のあるバランスのとれた体作りが必要であり、かつ実践的で見た目だけでなく使える筋肉が求められるというわけです。

これがクロスフィットなのですが、一般人の私からすると、ここまでマッチョを目指しているわけではないですが、日常生活で無理なく使える程度にトレーニングできそうなスポーツである点が魅力に感じた部分でもあります。

2020 CrossFit Games Highlights

クロスフィットジムの選び方

スポーツジムの場合は、最寄りのスポーツジムにただ入会する感じ。選択肢が複数ある場合は、レッスンや機材の豊富さや、ジムの付帯施設(お風呂とか)を見て決める感じだと思います。

(実際に私もそうでした)

しかしクロスフィットジムの場合は、どのジムを選んでも施設の大きな違いはありません。これはクロスフィットというものが、アメリカのクロスフィット本部で決められた競技であり、トレーニングメニューが定義されているためです。

よって、クロスフィットジムを選ぶ上でのポイントは

・ジムのトレーナーさんとの相性

・ジムの雰囲気(通っている他のメンバーさんとか、その場所の空気感とか)

ここが重要なポイントです。

今回ご紹介するクロスフィットジムはいずれも無料体験や無料カウンセリングが用意されていますので、まずは気になるジムをまわってみて、できれば無料体験してみて決めるのが良いと思います。

クロスフィットって辛い?痩せられる?続けられる?効果は?

クロスフィット初心者にとって気になるのは

「クロスフィットって辛いんじゃないの?」

「クロスフィットで痩せられるの?」

といった点ではないでしょうか?

 

実際にやってみて感じたことは

「辛いけど、終わった時の達成感が高いので辛さが吹っ飛んでしまう」

「普通のスポーツジムは続かないけど、クロスフィットは仲間がいるから毎日続けられる」

という点です。

痩せるためのトレーニングジムに通った経験もありますが、

・痩せられるけど、食事制限によって痩せている感じで、筋肉がつかないのでリバウンドしやすい

・筋肉がつかないので身体能力としては強くならない

といった感じです。

見た目は変わるけど維持が大変だし、実際に痩せるので隠れていた筋肉が表面に浮き出してきてマッチョになった気分になれるけど、実戦で使える筋肉じゃないのです。

クロスフィットはただ痩せるだけでなく、身体能力が鍛えられるので本当の意味での使える筋肉がつきますよ。

 

またクロスフィットはひとりではなく、仲間といっしょにトレーニングするスポーツなので、一人では絶対にできない(途中で諦めてしまう)ようなトレーニングでも最後までやりきることができます。

ここが非常に大きく、トレーニングクラスのたびに自分の限界突破をしているような体験を味わえます。

むしろスポーツジムで長続きしなかった人こそ、クロスフィットはおすすめです。なぜなら圧倒的に継続モチベーションの維持が見込めるからです。

 

下記の記事で詳しく書いていますのでよろしければご覧ください。

 

自宅でもできるクロスフィットメニュー(でも長続きしない理由とは)

クロスフィットは自宅でもできます。

マンションでもできますし、一戸建てなら自宅の庭にCrossfit用のトレーニングスペースを作ってしまうような人も海外にはいます。

特別に機材がなくてもプッシュアップ(=腕立て伏せ)なら場所を選ばずにできます。

でもクロスフィットの醍醐味って

・ダンベル、バーベル、鉄棒、ローイングマシン、ウォールボールなどを使ったトレーニング

・そしてみんなと一緒にやるトレーニングの楽しさ

ここに集約されます。

 


Lintelek エクササイズバンド(amazon)

もちろんエクササイズバンドや


アブローラー(amazon)

アブローラー(腹筋ローラー)を使っても自宅トレーニングはできますし、それに近いこともクロスフィットの事前トレーニングでやったりするのですが、これらは厳密にはクロスフィットの醍醐味ではないのです。

コンセプトツー(Concept2) (amazon)

クロスフィットで使われているローイングマシンを個人で購入することも不可能ではないですが、値段もしますし、メンテナンスも必要です。

さらに周囲に対する騒音に配慮したりするとなると、かなり難しいと思います。

そもそも、クロスフィットを続けられる理由は

「みんなと一緒にやるトレーニングの楽しさ」

これに集約されます。

ひとりで黙々とトレーニングをするだけではクロスフィットの魅力は完全に体験できません。

(最近はオンラインで繋がることもできますが、やっぱり一人だと続かないものです)

 

ですから、気になったらぜひ、クロスフィットジムに無料体験に行ってみることをおすすめします。

最初は敷居が高いイメージがあるかもしれませんが

どこのクロスフィットジムも、初心者でも丁寧に優しく教えてくれるので

まずは無料体験、無料相談をしてみることから始めてみましょう。

というわけで、横浜エリアのクロスフィットジムを4つご紹介します。

横浜クロスフィットジムおすすめ4選|全部無料体験あり、無制限コースあり

UNINTERRUPTED Fitness@みなとみらい ★おすすめ

開放感抜群!みなとみらいにオープンしたばかりのクロスフィットジムです。フレンドリーなトレーナーさんが初心者でも親切に教えてくれます。

できたばかりのジムですがアットホームな雰囲気で女性やクロスフィット初心者でも参加しやすいジムです。

「ホテルビスタみなとみらい」から歩いて30秒なので出張でホテルに宿泊して、ドロップインで使うのもあり。

おすすめポイント

・2020年8月にオープンしたばかりの新しいジム

・オーケーみなとみらいの隣の建物でありアクセスは抜群。オーケーのついでに立ち寄れる

・アプリで予約、クラス開始の直前まで空いていれば予約可能

・会社帰りでも通える

・周辺の環境は最高なので、みなとみらいに来たついでに立ち寄れる

公式サイト:https://www.crossfituninterrupted.com/

住所:〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい6丁目3−4プライムコーストみなとみらい2K

無料体験:あり

無制限クラス:あり

1回ドロップイン:あり

2021年4月時点では初入会すると無料クラス2回分のチケットがもらえるキャンペーンも実施しているようです。

【無料体験はこちら】

MOTOMACHI BAY CROSSFIT|横浜元町

みなとみらい線、横浜中華街駅から元町ストリートを抜けた閑静な住宅街にあるクロスフィットジムです。

元町エリアではかなり大規模で、横浜をイメージしたブルーをイメージカラーとした素敵なクロスフィットジムです。キッズクラスや海外の方向けのサポートが充実しています。

おすすめポイント

・キッズクラスがある!

・初心者には練習用のコースがある!

・無料カウンセリングがある

・外国人のトレーナーさんがいる

 

公式サイト:https://www.crossfitmotomachibay.com

住所:〒231-0862横浜市中区山手27-5  ベイステージ元町#102

無料体験:あり

無制限クラス:あり

1回ドロップイン:あり

【無料体験はこちら】

クロスフィットカムイ横浜

2016年オープン。横浜初のクロスフィットジム。

横浜のクロスフィットの歴史はクロスフィットカムイが作った!といっても過言ではない老舗のクロスフィットジムです。横浜中心区からやや離れた平沼橋から8分。近くに住んでいるなら、通いやすいジムです。

おすすめポイント

・無制限会員はロッカーレンタル付き

・12ヶ月まとめ支払いで割引有りでお得

・一番早いクラスは早朝の6時から。この早朝時間は魅力

 

公式サイト:https://crossfitkamuy.com

住所:神奈川県横浜市西区岡野2-11-9 保田産業ビル1階

無料体験:あり

無制限クラス:あり

1回ドロップイン:あり

【無料体験はこちら】

クロスフィットみなとみらい ※残念ですが閉店したようです

みなとみらい初のクロスフィットジム。臨港パークに続く新しくできたデッキのそばにあるため環境は抜群。

ジムの帰りに近くの臨港パークによるもよし。新しくできたカハラホテルも歩いて数分のため、カハラホテルに泊まってドロップインでジムを使うのもおすすめ。

おすすめポイント

・キッズクラスがある!

・光が差し込む明るいジムは開放的で気持ち良い

・マンションに囲まれているので近隣の住民なら通いやすい

 

公式サイト:https://crossfitminatomirai.com

住所:〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい 5-3-2パシフィックロイヤルコートみなとみらいオーシャンタワー1階C

無料体験:あり

無制限クラス:あり

1回ドロップイン:あり

【無料体験はこちら】

 

不特定多数の人が来訪するスポーツジムよりもクロスフィットは安心感あり

一般的なスポーツジムといえば、不特定多数の人が利用しますが、

クロスフィットは、いつもの決まった仲間と一緒にトレーニングすることになるので安心感はあります。

もちろんドロップインで一時利用する人もいますが、一時利用の人も同じメンバーだったりしますので、通い続けることで大学のサークルに通っているような親近感を感じるかもしれません。

ゆえに女性やシャイな人にとっては、一般のスポーツジムよりも通いやすいと言えるかもしれませんね。

最近はコロナの影響もあり、不特定多数との接触を避けたい!という人もクロスフィットはおすすめです。

クロスフィット初心者におすすめトレーニングギア5選(シューズ・グローブ)

クロスフィットを始める上で何が必要なのか?

動きやすい服装はもちろんですが、それ以外で持っていた方が良いグッズについてご紹介します。

NIKE メトコン6

NIKE メトコン6(amazon)

まず必要なのはシューズです。

普通のスポーツシューズでも使えなくないですが、室内で、ウェイトトレーニングに適したシューズを用意する必要があります。

クロスフィットで使われている2大シューズといえばナイキのメトコンシリーズと、リーボックのnanoシリーズが挙げられます。

Reebok メンズ ナノ9 クロストレーナー(amazon)

リーボックナノとナイキメトコンの違いは?

リーボックとナイキでは同じサイズのシューズでも特性が異なります。

筆者が気づいた違いについて解説致しましょう。

ナイキメトコン リーボックナノ
サイズ 通常のサイズとぴったり 0.5サイズ大きめな印象
フィット感 足にぴったりフィットする 足を包み込みような感じでフィットする。緩い感じ
グリップ感 素早い動きにグリップする ゆっくりとした動きにグリップする
おすすめのトレーニング 動きの早いトレーニング ウェイトトレーニング

ナイキのメトコンは素早い動きに効果あり、リーボックのナノはバーベル、ダンベルなど重いものを上げる動きに効果あり、といった印象です。

あくまでも初心者から6ヶ月目の筆者の印象ですが、両者には結構大きな履き心地の違いがあります。

ROGUE FITNESS ヘッドバンド

ROGUE FITNESS ヘッドバンド(amazon)

クロスフィットをやっていると、とにかく汗がでます。

タオルを持参してもいいのですが、タオルで汗を拭う暇がないほど最初は汗をかきます。そこでおすすめなのが汗止めとして使えるヘッドバンドです。

様々なヘッドバンドがありますが、その中でもこちらのヘッドバンドはおすすめです。

汗を完全に吸収してくれる布地であり、トレーニング中に汗が垂れることを防いでくれます。その代わりトレーニングが終わると汗が絞れるくらいにヘッドバンドに水分が吸収されて重くなっている状態になります。

あると、ないではトレーニングの快適さが全然違うので必須アイテムといっていいでしょう。

ROGUE FITNESS ローグ リストラップ

ROGUE FITNESS ローグ リストラップ(amazon)

バーベル、ダンベルなど重いウェイトをあげる際に、手首が固定されないことによって持っている力を全部発揮できない場合があります。

そこでおすすめなのが、リストラップです。

この布地で手首を固定することで重いウェイトでも怖がることなく挙げる事ができるようになります。

リストラップはトレーニング上級者が使うアイテムのように思えるかもしれませんが、むしろ初心者こそ使うべき、手首を守るためのアイテムと言えます。

こちらのローグのストラップは、自分でキツめに巻いたり、緩めに巻いたりと調整ができます。

ゴールドジム(GOLD`S GYM) パワーグリップ プロ 3710

ゴールドジム(GOLD`S GYM) パワーグリップ プロ 3710(amazon)

鉄棒によるトレーニングをする際にグリップを効かせたり、握力低下によるトレーニングへの障害を防ぐためのアイテムとして必須なのがパワーグリップです。

トレーニング業界で有名なパワーグリップといえばゴールドジムのパワーグリップが挙げられますが、クロスフィットの場合はビクトリー社のパワーグリップが最強と言われています。

残念ながら日本国内ではAmazonなどで取り扱っておらず、特定の購入代理店を通す必要があります。その場合はゴールドジムのパワーグリップでも問題ないでしょう。

筋トレ ウェイトリフティング トレーニング ジム グローブ

ウェイトリフティング トレーニング ジム グローブ(amazon)

クロスフィットをやっていると、素手でバーベルをあげている人がほとんどです。

しかし、実際に素手であげていると、確実の手に豆ができてしまいます。

そこでおすすめなのが、Amazonでも購入できる安いグローブです。グリップを効かせるというよりは手を保護するために使うイメージになります。

AZLIV(アズリブ) ニースリーブ

AZLIV(アズリブ) ニースリーブ(amazon)

クロスフィット初心者ほど必須アイテムと言われているのがニースリーブです。ニースリーブは膝の稼働を強力にサポートしてくれるため、ダンベル、バーベルなどを使ったウェイトトレーニングが楽になります。

実際のイメージは持っているパフォーマンスの10%以上パワーアップする感じです。

それって、チートじゃん!

と思うかもしれませんが、ニースリーブがあることで、より重いウェイトを使えるので、トレーニング効果がアップするというわけです。

まとめ

ところで、全世界ではクロスフィットジムは15,000以上もあるらしいのですが、日本国内ではまだまだ、これからといった感じかもしれません。

その中でも横浜エリアは4店舗と国内でも充実したクロスフィットエリアとなっています。

ぜひこの機会にクロスフィットにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

今まで運動してこなかったし、歳もとっているので、これから始めてもついていけるのか心配

そう思うかもしれません。実際に私も最初はそう思っていました。

でも、クロスフィットには幅広い人が集まるスポーツです。

20代、30代はもちろん、アラフォー、アラフィフの人も結構いますので、年齢はあまり関係ありません。

ひとりではなく、みんなと一緒に頑張れるクロスフィットは、フィジカルだけでなくメンタルも元気になれますので、コロナ禍で在宅勤務が増えて、運動不足に加えて、コミュニケーション不足が心配な人にもおすすめです。

実際にクロスフィットに通ったらメンタルも、フィジカルも良くなった体験をこちらの記事で書いていますので、体だけでなく、心も鍛えたい人はぜひ合わせて読んでみてください。

今回紹介したクロスフィットジムはいずれも、無料体験ができますので、まずは無料体験してみましょう。

クロスフィットに出会えば、きっと世界が変わるくらいの発見があるはず!