40代の転職の現実は厳しいけど50代の転職はもっと地獄と覚悟すべし

転職サービス・転職エージェント
スポンサーリンク

40代に比べると50代の転職はもっと厳しい!?実績と能力があっても厳しい理由

20代、30代に比べると40代の転職はハードルは高めです。

これは、もう紛れもない事実です。

もちろん、そのハードルをクリアする方法は無いわけではなく、こちらの記事でも「40代正社員の転職で成功率をあげるために必要な3つのこと」というテーマで書いています。

よって、40代の転職でも攻略方法は存在します。

しかし、人生80年、定年を60歳とするならば50代の転職活動はもっと大変です。なぜなら、定年まであと10年を切っている状態であり、様々なデメリットを踏まえた上で企業側は採用判断を下さなければならないからです。

今回は実際に元会社の先輩であり、圧倒的なキャリアと実績を残して来た私にとっては憧れの存在であった先輩が、50代を迎え転職活動をするにあたって非常に苦戦したとお話から始めましょう。

圧倒的なキャリアと実績でも50代は転職活動で苦戦した話

今回の話は実際にあった実話です。

50代の彼はとある業界で圧倒的な結果を残し、業界でもメディアに取り上げられるほどの有名人でした。

その実績とキャリアを引っさげて、40代は様々な有名企業で働き、最終的には役員に近いポジションまで務めました。

まさに転職エージェントからすると

「実績、経験、知名度は全く問題無し!ピカピカの履歴書だったわけです」

※転職エージェントや企業採用担当の間では、そういった人材を「ピカピカの履歴書を持った人」と表現するようです。

実績、キャリアだけでなく業界内における知名度があるならば、その人を採用することで人材採用の広告モデルとしても活用できます。

よって、単なるプレイヤーだけでなく、広告塔としても使えるので普通に考えれば引く手あまたの状態であると思われがちです。

しかし、実際のところ彼は転職活動においてかなりの苦戦を強いられることになります。

なぜ経験と実績が豊富な50代の転職活動が苦戦するのか?5つの原因とは?

ピカピカの履歴書の人材がなぜ苦戦するのか?

それは40代とは異なる50代ならではの別の問題があります。ここを理解することで50代の転職活動におけるヒントとして活用できます。

今回のスタディーケースである50代の彼の場合は様々な要件が転職活動におけるハードルになりました。そのうち5つについてお話します。

①年収が高い

この人は前職の高年収がハードルでした。前職では年収2000万円を超えていたからです。大企業の役員レベルであれば問題ない年収かもしれません。ヘッドハンティングによる役員待遇による転職ならば全く問題なかったのです。

しかし、今回は一般的な転職エージェント経由による採用であったため、一般採用の範囲では年収が高すぎました。その結果、転職活動で苦戦することになります。

つまり、どんなに優秀で魅力があっても年収が高すぎるのも転職活動のハードルになります。

だって、社長や役員よりも年収が高い一般職を採用するとしたら会社の稟議決済が出るはずがありませんから。

本人は年収を下げてでも転職したいという意向はありましたが、現実問題として極端に年収を下げることは本人の能力とのギャップを生みますし、本人の納税に関わってくる話です。

住民税は前年度の給与所得をベースに翌年度が決まります。極端に年収が下がるとこれら税金で生活が苦しくなるため、本人は下げたくても下げられないという状況があるのです。

もちろん採用する企業側としても、極端な年収ダウンによる採用は入社後の働きぶりなどに対して不安を抱くものです。

②ポジションが空いていない

企業における年収とポジションは基本的に比例します。

社長、役員クラスの年収をもらっている人が課長採用ということはありえません。とはいえ、会社におけるポジションの数は決まっているため、採用したくてもタイミング的にポジションが空いていないと採用できないということになります。

欲しい人材であっても、その人材を活かせるポジションがなければ採用できない、という事で転職活動は苦戦する場合はあります。

特に年齢があがれば、一般的には採用ポジションも高くなるため、数少ないポジションにタイミングよく合致する確率は低くなってしまいます。

これが50代の転職の成功率を下げている原因の2つ目になります。

③レイヤーが高く扱いにくい

組織が20代、30代で構成されている若い会社の場合、そこに40代が入っていくのもハードルはありますが、50代となるとさらにハードルは上がります。

・受け入れる側の心理的ハードル

・実際に働く上でのコミュニケーション的ハードル

様々なハードルを考えなければなりません。

実際に企業と面談をすることで企業側の人事部や上司になる予定の人が30代、40代、時には20代だとするなら、50代に対してはいろいろな不安を感じるかもしれません。

実際のところ、20代ばかりの職場であってもそこにグイグイと入っていける40代もいます。これはもう本人次第なのですが、実際にどこまで入っていけるのか?本人と個人的な付き合いがあって本人の人なりを理解しているならまだしも、転職エージェントに紹介されただけの状態では理解するのは困難でしょう。

・受け入れる側の心理的ハードル

・実際に働く上でのコミュニケーション的ハードル

といった企業側が抱く不安も50代の転職のハードルになります。

④知名度が高すぎる

今回のスタディーケースで取り上げた50代の彼は、とある業界で圧倒的な知名度を誇っていました。採用する企業にとって知名度の高いタレント社員は大きな魅力です。

なぜなら、その人を広告塔にも使えるため人材採用に大きく活用できるからです。

しかし、あまりにも知名度の高い人は時によっては採用のハードルになります。

・その人を採用することによる業界内への影響

・採用後、もしうまく定着して働いて頂けない場合は自社に対する業界内からの評価が課題になるかも

といった感じです。

実際のところそこまで気にする必要はないと個人的には思うのですが、採用する側からすると「あの、憧れの、有名な人」を採用する上で考えることは出てくるものです。

⑤年齢の問題

50代で採用するとなると、定年60歳の会社なら残された時間は10年もありません。年齢と共にフィジカル、メンタル面の両方は一般的に下降していくと考えられます。

TMレボリューションの西川貴教がベストボディジャパンの50代部門でグランプリを獲得していましたが、50代であってもあのくらいのフィジカル、メンタルが充実した人も世の中には存在します。

でも、我々の周辺にいる50代のほとんどは、そうではないはずです。

仮にこの50代の彼がフィジカル面、メンタル面が元気すぎる人だったとしても、転職エージェントから紹介されただけで採用企業側が決断できるかというと悩ましいものがあります。

採用する側がこの50代の彼と一緒に働いていたことがあって、フィジカル面、メンタル面ともに全く問題ないことがわかっている状態なら全く問題ないでしょう。しかし、多くのケースで50代という年齢は転職においてハードルになります。

50代の転職の成功率をあげるために必要なたった3つのこと

ここまで紹介した5つの項目が、今回のケーススタディにおける50代の彼の転職が苦戦した原因でした。

ここから我々が学べる「50代の転職の成功率をあげるために必要なこと」は2つあります。この2つだけで全ての問題は解決できません。

しかし、これからお話する3つを少しでも軽減して、解決することで50代の転職の成功率を高められる可能性はありそうです。

年収とポジションにこだわらない

年収、ポジションには一切こだわらない

転職先の企業で何をするのか?何ができるのか?何をしたいのか?

それを明確に伝えることで「①年収が高い」「②ポジションが空いていない」という課題をクリアできる可能性はあります。

ポイントは明確にそれを伝えるという点です。

プライドを捨てる

年齢と共に積み上がっていくプライドを全部すてる

これも重要です。

プライドなんて全部捨ててしまいましょう。そうすれば「③レイヤーが高く扱いにくい」「④知名度が高すぎる」といった項目もクリアできます。

体を鍛える、見た目に気を配る

30代後半、40代からお腹も出てきて、白髪も増え、周囲に年齢を感じさせてしまう年代になってきます。

50代の転職活動において最後に重要なのは「年齢を感じさせないこと」です。そのためには言動や行動だけでなく、見た目は非常に説得力があります。

体を鍛える、髪や肌に気を配る

もちろん服装もですが、見た目も50代の転職活動においては重要な要素です。

ちなみに私は40代ですが、毎日トレーニングをして、白髪を染めて、スキンケアを怠らず、若々しい見た目を維持することに時間とお金をかけています。

若い人と接する際に「嫌悪感」を与えてしまうのはビジネスにおいてマイナスです。

経験とスキルがあるなら50代は転職ではなく独立起業もあり

スキルも経験もある、それでも50代の転職で苦戦するなら

転職を辞めて独立起業という選択肢もあります。

むしろ転職にこだわっているから、うまくいかない

という判断もありなのです。

自分で会社を作れば定年もないですし、会社が続く限り自分の判断で事業を決めることができます。

40代の転職は50代のキャリアに繋がる転職がおすすめ

今回、50代の転職活動についてお話してきました。

結局のところ今回登場した50代の彼は転職先が決まり、毎日会社通勤しています。最後まで諦めずに転職活動をした結果、内定率は圧倒的に低かったけど、その中でも価値を認めてくれた大手企業への転職を成功させました。

これも、今回解説した「給料とポジションを妥協して、プライドを捨てた結果」だそうです。そして複数の転職サービスに登録して、多くの転職エージェントに出会った結果でもあります。

実際にこれまで5回の転職をしてきましたが、その中で役立った転職サービスを下記にてピックアップしておきます。複数登録がおすすめです。

JAC Recruitment

ビジネスパーソンとして、さらに上を目指すなら転職エージェントとして圧倒的な質とサービスを提供してくれるJACはおすすめです。JACしかない企業案件もありますし、何よりも転職エージェントの質が素晴らしい。時間と情熱をかけて相談に乗ってくれます。いろいろな転職エージェントとあってきましたが、ここのエージェントはとなたもプロ意識が高いです。

レバテックエキスパート

エンジニアで、もっと上を目指すならばレバテックエキスパートは登録必須ですね。5年以上のキャリアを持つベテランアドバイザーが相談に乗ってくれるのですが、こちらもエンジニア系エージェントとしては質が高い。登録しないと転職活動で損をします。

doda

有名な大手転職サービスです。ここは登録必須で考えておくべきです。広く、浅く、安定した情報を収集できます。複数登録の転職サイトとしておすすめ。

マイナビエージェント

大手の転職サービス「マイナビエーイェント」も情報収集にはおすすめです。大手なのでとにかく情報量が豊富です。dodaとセットで登録しておくと情報量はかなりのものになります。

転機

時間をかけて自分のキャリアを検討したいという方なら経営層に直接アプローチできる案件を、時間をかけて探してきてくれる転機との相性が良いかもしれません。案件紹介まで時間はかかりますので、まず登録しておくことをおすすめします。

今この記事を読んでいる50代の皆様には、今回の内容が参考になれば幸いです。そして40代の方は、40代で転職をする際に、50代のキャリアに繋がる転職を選ぶことを強くおすすめします。

40代でどのように生きるかがで、その後の人生は決まります。