使える本物の転職エージェントとダメな転職エージェントの選び方 【成功する転職方法】

転職・求人・アルバイト

Contents

使える本物の転職エージェントとダメな転職エージェントの選び方 【成功する転職方法】

いま、あなたを担当している転職エージェントは優秀ですか?

ダメな転職エージェントに捕まってしまうと

・なかなか転職先が決まらない

・希望しない会社に転職してしまった

・条件の悪い転職になってしまった

といったことがあります。

 

そこで、今回は筆者が長年転職活動をしてきた中で気づいた「ダメな転職エージェント」と「本物の転職エージェント」の見分け方についてご紹介します。

あなたにとって凄く誠意をもって接してくれる「やる気に満ちた転職エージェント」は必ずしも優秀な転職エージェントではなく、実は、ダメな転職エージェントかもしれません。

 

【目次】

・転職方法の種類について

・転職エージェントを使うメリット

・ダメな転職エージェントの見分け方

・本物の転職エージェントの見分け方

 

転職方法の種類について

まず最初に考えられる「転職方法」について整理しておきましょう。

大きく分けると次の4つに分類されます。

最初に答えをお伝えすると「④転職エージェントから応募する」が絶対におすすめです。それ以外の方法にもメリットがありますが、総合的には応募する側のデメリットが大きいのです。

①企業の公式サイトから応募する

②知り合い経由で応募する

③転職サービスから応募する

④転職エージェントから応募する

各応募方法におけるメリット、デメリットについてひとつずつ解説していきますね。

 

①企業の公式サイトから応募する

企業の公式サイトでは随時人材を募集しています。ここから応募するのも一つの方法ですが、応募する側のデメリットが多く、募集する側のメリットが多いという特徴があります。(応募する側のメリットは、応募時の手軽さくらいで、他はほぼないんじゃないかと思います)

応募する側のメリット

・気軽に応募できる

応募する側のデメリット

・書類選考で落ちやすい(自己推薦しかアピール方法がない=味方がいない)

・給料交渉を自分でしなければなない(一般的には交渉無理)

・開示されている職種に応募するしかない(開示できるポジションの範囲でしか応募できない)

・企業側のレスポンスが遅い

企業側のメリット

・受け身で募集をかけられるので作業工数が抑えられる

・採用コストを抑えられる

企業側のデメリット

・企業のバリュー次第で応募人数が変動する(知名度の低い企業は応募を集めにくい)

よって、もしあなたに相当のキャリアがあって、それを元に転職をするなら、企業の公式サイトからのエントリーはおすすめしません。

ちなみに、企業の公式サイトからエントリーした場合は、あなたは選ばれる側になりますので、今回紹介する応募方法の中ではもっとも弱い立場といえます。

②知り合い経由で応募する

知り合い経由のコネクションを使った転職にもメリット、デメリットがあります。

紹介してくれる知り合いの人望や評判、信頼度がその会社内で高ければ、比較的簡単に入社が決まる可能性はありますが、一方で知り合い経由ということでデメリットも多いです。

応募する側のメリット

・知り合い経由での紹介なので書類選考は通りやすい

応募する側のデメリット

・知り合い経由ゆえに給料交渉がしにくい(知り合い以上の給料を出しにくいかも)

・知り合いのその会社における信用力に影響を受ける(その会社で紹介した人の人望がなければ落ちる、むしろあなたが適切に評価さない恐れも)

企業側のメリット

・既に勤めている人経由なので応募者の能力がある程度保証される

・採用コストを抑えられる

企業側のデメリット

・紹介した人が退職した場合、採用者の心境に影響が出るリスクがある

 

③転職サービスから応募する

ここでの転職サービスとは大手の転職サービスによる一般的な求人紹介ができるという意味であり、専任の転職エージェントによる手厚い個別交渉が受けられるケースとは別物として切り分けてみました。

応募する側のメリット

・非公開求人など豊富な求人情報を入手できる

応募する側のデメリット

・転職エージェントではないので、個別の細かい交渉までは期待できない

・ポジションや年収交渉において必ずしも満足できるものとは限らない

企業側のメリット

・対外的に公開したくない職種でも、欲しい人材を探すことができる

企業側のデメリット

・採用コストがかかる

 

④転職エージェントから応募する

最後に転職エージェントから応募することによるメリット、デメリットを整理しておきましょう。ここで言う転職エージェントとは、あなたのために個別で動いてくれる専任のエージェントを指します。

単なる求人紹介ではなく、あなたのスキルや希望に沿った仕事を紹介するだけでなく、なんなら新しいポジションをつくってくる、くらいの行動ができる人を指します。

応募する側のメリット

・ポジション、年収交渉ができる

・転職におけるミスマッチが防げる

・転職エージェントの能力次第では書類選考はパスできる

応募する側のデメリット

・転職エージェントと会う必要があるので時間はかかる

・転職エージェントの能力に依存してしまう

企業側のメリット

・希望する人材を獲得できる

・採用後の能力的ミスマッチを軽減できる

企業側のデメリット

・採用コストがかかる

転職エージェントを使うメリット

ここからが本題です。「転職エージェントを利用するメリット」について整理しておきましょう。転職エージェントを利用するメリットはズバリ下記の3つになります。この3つのために転職エージェントを利用する価値があるのです。

・応募者が転職エージェントと企業とのコネクション(信頼関係)を利用できる

・エージェントを通して年収、ポジション交渉ができる

・希望する企業に転職するためのアドバイスを受けられる

 

よって、転職エージェントの形をとっているけどただ求人を紹介されて、面接を受けるだけの「つなぎ」に過ぎない転職エージェントは、転職エージェントとは言えません。

ダメな転職エージェントの見分け方

実際に筆者が出会ってしまったダメな転職エージェントの事例についてご紹介しましょう。

ズバリ、下記の3つのどれかに当てはまると、ダメな転職エージェントです。

とにかく企業紹介する

応募者の強みの分析や、応募先の企業状態との相性について十分考慮しません。

希望しない企業でもとりあえず会ってみてと進めてくる

応募者の意向を無視しして勧めてきます。

企業紹介→面接を繰り返す

1社単位で紹介→面接を行う、決まればそこで転職活動終了の進め方です。

でも、多くの転職エージェントってこんな感じではないでしょうか?後程紹介する「本物の転職エージェント」と比べるとその差は歴然です。

本物の転職エージェントの見分け方

続いて、本物の転職エージェントの見分け方をご紹介しましょう。

転職エージェントが各企業の経営層と繋がっている

人事部レベルでの繋がりではありません。

応募者のスキルを理解した上で、応募者の希望条件にマッチして、活躍できる企業をおすすめしてくれる

応募者のスキルと採用希望側の相互ニーズを理解しています。

複数の企業を同時に応募させる

応募者が厳密にはそれほど希望しない会社も同時に応募することで、企業側の条件交渉材料として使います。

職務経歴書などをレクチャーしてくれる

職務経歴書、面接のおける懸念などを細かくレクチャーしてくれます。

カーディーラーのイラスト

といったところです。分かりやすい例をあげるならば、

新車を買うときに、さまざまなディーラーをまわって見積もりを貰い、どこが安くお得に購入できるか条件の引き出し交渉をすると思います。

その際にあまり購入意思の高くない企業からも相見積もり目的で見積もりを貰ったりして、交渉材料に使ったりしますが、それに近い印象です。

どこの企業も優秀な人材は喉から手が出るほど欲しいのが現実です。

最終的には

・A社はXXX万円でXXXというポジションを用意している

・B社はXXX万円でXXXというポジションを用意している

といったように条件を並べて、企業側で競わせるのが本物の転職エージェントです。

 

まるでプロ野球の年棒交渉の代理人みたいな感じですが本物の転職エージェントはそこまでします。

そして企業側をその気にさせるためのハードルになる要素をすべてクリアするためのアドバイスもしてくれます。

本物の転職エージェントへの出会い方

となると、どうやって本物の転職エージェントに出会うか、という話になりますね。

こればかりは「数をこなして、いろんな転職エージェントに会って自分で判断するしかありません」

一番良くないのは、ひとつの転職サービスしか登録せず、そこで会った転職エージェントに全部お任せすることだったりします。

よって、まず複数の転職サービスに登録して、どんな転職エージェントが存在するのか観察するところから始めるのがおすすめです。

3つほどおすすめの転職サービスを書いておきましょう

どれに登録したらよいか、というよりも、まだ登録していないサービスがあれば登録しておくことをおすすめします。

転職会議エージェント

アイデムスマートエージェント

マイナビエージェント

 

最後に「転職エージェント側」の視点で考えてみましょう。

彼らも誰でも良いわけではなく優秀な人材を見極めて転職サポートをしたいのです。(ダメな応募者だと、無駄仕事になってしまうからです)

 

よって、転職サービスに登録する際もただの職務経歴ではなく

・具体的に何をやったのか

・どんな強み(セールスポイント)があるのか

転職エージェントに売り込むつもりで我々はアピールする必要があります。単なる職務経歴のシステム上の登録ではないのです。あとは、実際にエージェントに会う数を増やして、目利き力を高めるしかありません。

また、もし、ダメな転職エージェントに会ってしまったら断る勇気も必要です。

 

まとめ

今回、転職を成功させるために必要な「転職エージェントの選び方」についてお話しました。

まとめると次のようになります。

・転職エージェント経由で転職しよう

企業の公式サイト、知り合い経由での応募、一般的な転職サービスだとデメリットも多いのであまりおすすめできません。

・そして、優秀な本物の転職エージェントの見分け方を知ろう

優秀だと思っているあなたの担当エージェントは実は、そうでない可能性もあります。優秀な転職エージェントに出会うには、実際に会ってみる数を増やしつつ、自分自身の目利き力を高めるしかありません。長年に渡って懇意にしている転職エージェントが必ずしも優秀とは限らないので見極めは必要です。

ぜひ、後悔しない転職を実現しましょう!

タイトルとURLをコピーしました