スポンサーリンク

【転職エージェントの見分け方】悪質な案件の断り方を身につけよう

転職・求人・アルバイト

Contents

優秀な転職エージェントと無能な転職エージェントの見分け方

いま、あなたを担当している転職エージェントは優秀ですか?それとも無能ですか?

ダメな転職エージェントに捕まってしまうと、あなたの能力と関係なく

・書類選考が通らない

・なかなか転職先が決まらない

・希望しない会社に転職してしまった

・条件の悪い転職になってしまった

といったことがあります。

 

そこで、今回は筆者が転職活動をしてきた中で気づいた「無能な転職エージェント」と「有能な転職エージェント」の見分け方についてご紹介します。

あなたにとって凄く誠意をもって接してくれる「やる気に満ちた転職エージェント」は必ずしも優秀な転職エージェントではなく、実は、悪意を持った無能な転職エージェントかもしれません。

【目次】

・転職方法の種類について

・転職エージェントを使うメリット

・無能な転職エージェントの見分け方

・優秀な転職エージェントの見分け方

優秀な転職エージェント経由がもっとおすすめの転職方法

まず最初に「転職方法」について整理しておきましょう。

大きく分けると次の4つに分類されます。

①企業の公式サイトから応募する

②知り合い経由で応募する

③転職サービスから応募する

④転職エージェントから応募する

各応募方法におけるメリット、デメリットについてひとつずつ解説していきましょう。

①企業の公式サイト求人ページから応募する

企業の公式サイトでは随時人材を募集しています。

ここから応募するのも一つの方法ですが、応募する側のメリットよりデメリットが大きいという点が挙げられます。

応募する側のメリット

・気軽に応募できる

公式サイト経由で応募するだけですから、不採用なら連絡がこないか、それほど落ち込むことでもないですので「軽い気持ち」で応募できます。

応募する側のデメリット

・書類選考で落ちやすい(自己推薦しかアピール方法がない)

・給料交渉を自分でしなければなない

・開示されている職種に応募するしかない(開示できるポジションの範囲でしか応募できない)

・企業側のレスポンスが遅い

もしあなたが圧倒的なスキルを持っているなら公式サイトの中途採用ページから応募するのもアリです。しかし、あなたの能力は「履歴書」「職務経歴書」に書かれた文章だけで判断されます。

あなたの魅力を売り込んでくれるセールスマンは存在しません。このセールスマンになりえる役割は転職エージェントになります。

企業側のメリット

・受け身で募集をかけられるので作業工数が抑えられる

・採用コストを抑えられる

企業側は公式サイトで優秀な人材を獲得できることほど低コストで人材獲得できる方法はありません。なぜなら転職エージェントを使うことで、その人の年収の30%から40%をの成約料を転職エージェントに支払わなければならないからです。

一方で自社の公式サイト経由での人材獲得なら広告費はゼロで人材採用ができます。

企業側のデメリット

・企業のバリュー次第で応募人数が変動する

企業のデメリットとしては人材の応募はその企業の社会的知名度、ブランドなどで大きく左右されるという点にあります。給料条件を高く設定すれば応募数は稼げるかもしれません。しかし企業側として本当に欲しい人材を獲得できるか、というと疑問が残ります。

なぜなら優秀な人材ほど給料以上に企業の知名度やブランド、その会社でキャリアを積むことへの意味を重視するからです。

結論:企業の公式サイト経由での中途採用応募はおすすめしません

よって、もしあなたに相当のキャリアがあって、それを元に転職をするなら、企業の公式サイトからのエントリーはおすすめしません。

ちなみに、企業の公式サイトからエントリーした場合は、あなたが企業を選ぶのではなく、あなたは企業に選ばれる側になります。よって今回紹介する方法の中ではもっとも弱い立場ととなります。

②知り合い経由で応募する

知り合い経由のコネクションを使った転職にもメリット、デメリットがあります。

紹介してくれる知り合いの人望や評判、信頼度がその会社内で高ければ、比較的簡単に入社が決まる可能性はありますが、一方で知り合い経由ということでデメリットも多いです。

応募する側のメリット

・知り合い経由での紹介なので書類選考は通りやすい

知り合い経由の最大の強みは、あなたの実力をわかっている人があなたを会社に推薦してくれるため採用確率がアップするという点です。

応募する側のデメリット

・知り合い経由ゆえに給料交渉がしにくい(知り合い以上の給料を出しにくいかも)

・知り合いのその会社における信用力に影響を受ける(その会社で紹介した人の人望がなければ落ちる、むしろあなたが適切に評価さない恐れも)

応募する側にもデメリットはあります。知り合い経由ゆえにお金や役職の話はしにくいですし、むしろその人の知り合いということが、あなたの評価を下げる結果になることもあるのです。

企業側のメリット

・既に勤めている人経由なので応募者の能力がある程度保証される

・採用コストを抑えられる

知り合い経由の採用ほど、採用コストを抑えられ採用後の離職率やスキルギャップを抑えられる方法はないため、最近は多くの企業が知人紹介による採用に力を入れています。

企業側のデメリット

・紹介した人が退職した場合、採用者の心境に影響が出るリスクがある

もし知り合い経由で入社した場合、紹介してくれた本人が会社を退職してしまうと、採用した人に対して何かしらの影響がある場合があります。

 

③転職エージェントから応募する

最後に転職エージェントから応募することによるメリット、デメリットを整理しておきましょう。転職エージェントとは、あなたのために個別で動いてくれる専任のエージェントを指します。

プロ野球選手の代理人みたいな役割を果たし、企業とあなたの間に入ってあなたを高く売り込んでくれるエージェントです。

単なる求人紹介ではなく、あなたのスキルや希望に沿った仕事を紹介してくれますし、もし適切なポジションが存在しない場合は企業からあなたの能力に見合った新しいポジションをつくってくるエージェントもいます。

応募する側のメリット

・ポジション、年収交渉ができる

・転職におけるミスマッチが防げる

・転職エージェントの能力次第では書類選考はパスできる

転職エージェントを利用する費用は無料です。なぜなら企業が転職エージェント経由であなたを採用した場合に、企業が転職エージェントに紹介料を支払うためです。

優秀な転職エージェントと出会えればさまざまなメリットが期待できます。まず書類選考で落ちることはなくなりますし、希望の年収や役職、入社後のミスマッチも防ぐことができます。

ただし、優秀な転職エージェントに出会えた場合に限定されます。

応募する側のデメリット

・優秀な転職エージェントに出会うまでに根気が必要

・転職エージェントの能力に依存してしまう

一方であなたにマッチした優秀な転職エージェントに出会えなければ、転職エージェントを利用するメリットは少なく、むしろ無能なエージェントに捕まってしまうと、間違った転職をしてしまうリスクがあります。

企業側のメリット

・希望する人材を獲得できる

・採用後の能力的ミスマッチを軽減できる

企業側から見ても良い人材を獲得できるかは転職エージェントの能力に依存します。

企業側のデメリット

・採用コストがかかる

採用人材の年収の30%から40%程度を企業はエージェントに紹介料として支払うと言われています。年収1000万円なら300万円から400万円もお金を支払うわけです。大企業ならまだしも中小企業では重い金額です。

実質1300万円から1400万円で採用したのとかわらないくらいのお金が初年度にかかるわけです。

転職エージェントを使うメリット

ここからが本題です。

ここまでお話した「転職エージェントを利用するメリット」について整理しておきましょう。

転職エージェントを利用するメリットはズバリ下記の3つになります。この3つのために転職エージェントを利用する価値があるのです。

・応募者が転職エージェントと企業とのコネクション(信頼関係)を利用できる

・エージェントを通して年収、ポジション交渉ができる

・希望する企業に転職するためのアドバイスを受けられる

これらメリットをフル活用するためには優秀な転職エージェントに出会えるかが重要になります。実際のところ転職エージェントと言っているけど、面接をさせるだけの「事務処理」しかしない転職エージェントも存在します。

なぜなら紹介料を獲得するノルマは彼らにもあるからです。転職エージェントと言いながら、ただの営業マンも多数存在します。

無能な転職エージェントの見分け方

優秀な転職エージェントに出会うには、とにかく出会いの数を増やして、あなたにマッチするエージェントに出会うしかありません。

その一方で実際に筆者が出会ってしまった無能な転職エージェントの多数存在します。ここでは無能な転職エージェントの事例についてご紹介しましょう。

ズバリ、下記の3つのどれかひとつでも当てはまると、無能な転職エージェントです。

無能な転職エージェント①:ただ、ひたすら企業紹介する

応募者のスキルや、希望することなどは関係なく、ただ企業案件を紹介して転職させることを目的にしたエージェントが存在します。

このような場合はあってすぐに複数の企業求人をおすすめしてくるのです。しかし、様々な転職エージェントに出会うとわかるのですが、おすすめしてくる案件は「多くのエージェントが持っている一般的な企業案件にすぎません」

あなたの能力にマッチしているかは多いに疑問があります。

無能な転職エージェント②:希望しない企業でもとりあえず会ってみてと進めてくる

例えば、あなたはIT系の転職を希望しているとしましょう。

しかし、それを無視してIT系とはいえない異業種をおすすめしてくるエージェントもいます。彼らにとってはあなたが転職させて紹介料をもらうことが目的なのです。

無能な転職エージェント③:音信不通になる

転職エージェントから紹介した案件にエントリーするとしましょう。しかしエントリーしてから半月、1ヶ月経過しても一切連絡してこない転職エージェントもいます。

本当にエントリーしたのか、選考状況はどうなのか?応募した皆さんだと不安になりますよね?

音信不通からしばらく経過して、このエージェントにお任せしていた3社は全部書類審査落ちでした。という一文だけで書類落ちした理由も説明せずに音信不通になるエージェントもいます。

無能な転職エージェント④:応募先企業のことを何も知らない人

出会った瞬間に「あなたにはこの企業がおすすめですよ!」と確信めいた感じでおすすめしてくるエージェントもいます。明らかに怪しいのですが、このようなエージェントの場合は「売りたい商品(企業案件)ありき」であなたにアプローチしている場合が多いのです。

実際のその企業のことを聞いてみると「ありきたりの一般的なこと」しか説明できないエージェントもいます。

無能な転職エージェント⑤:転職希望者のことを考えていない人

最近はコロナウィルスの影響もあり、多くの企業はオンライン面接を実施しています。

実は転職エージェントと初めて会う時も「面談」という形をとって近所のカフェや転職会社のオフィスで会うのですが、コロナウィルスの影響を踏まえたオンライン面談に完全に切り替わっています。

その中でも「対面式」を希望するエージェントがいるのですが、転職希望者のことを考えておらず、自分のやり方を突き通そうとしている事例と言えるでしょう。

優秀な転職エージェントの見分け方

ならば、どうすれば優秀で、あなたの転職を成功に導く本物の転職エージェントに出会えるのでしょうか?その見分け方についてご紹介しましょう。

優秀な転職エージェント①:エージェントが各企業の経営層と繋がっている

人事部レベルでの繋がりではなく、その企業の役員、責任者と直接つながっている転職エージェントを見極められるかが重要です。

優秀なエージェントほど人材採用の決裁権を持つ人物とつながろうとしますし、実際に多くの転職実績を元につながっているからです。

重要なのは「年齢」「キャリア」と優秀な転職エージェントは比例しないという点があげられます。こればかりは多くのエージェントと出会って、あなた自身の「エージェントに対する目利き力」を養うしかありません。

筆者の過去の体験上、10人くらいのエージェントと出会うと「目利き力」はついてくると思います。

優秀な転職エージェント②:あなたの意思と能力を理解した上で企業を紹介してくれる

当たり前の話ですが、これができる転職エージェントは優秀です。なぜなら多くのケースで、当たり前のことができていないからです。優秀な転職エージェントは求職者であるあなたと企業側側のニーズを相互理解しています。

優秀な転職エージェント③:既存の求人票ではなくポジションメイクをしてくれる

企業からは多くの求人票が転職サービス会社やエージェントに渡されています。多くのエージェントはその企業の求人票にマッチする人を見つけ出し、応募させようとします。

しかし優秀な転職エージェントは、あくまでも求人票はベース資料であり、それを踏まえた上で「あなたの能力を活かせるポジションメイキング」を企業側に提案するのです。

 

ちなみに履歴書の書き方、職務経歴書の書き方をレクチャーしてくれたり、模擬面接をしてくれる転職エージェントもいますが、これは優秀なエージェントというわけではなく「ごく当たり前のこと」だと思ってください。

本物の転職エージェントへの見つけ方・出会い方

横浜みなとみらい

ここから重要です。

どうすれば本物の優秀な転職エージェントに出会えるのか、という話になります。

こればかりは「数をこなして、いろんな転職エージェントに会って自分で判断するしかありません」

これが答えになります。

一番良くないのは、ひとつの転職サービスしか登録せず、そこで初めて出会った一人の転職エージェントに全部お任せすることです。初めて出会ったエージェントが優秀なエージェントという方が稀です。

まず複数の転職サービスに登録して、どんな転職エージェントが存在するのか観察するところから始めるのがおすすめです。

いろいろ出会ってみて、このエージェントにお願いしたい!

と決めてから再度連絡を取ってもいいのです。

 

おすすめの転職サービスを3つピックアップしてみましたので、1個以上、できれば複数登録しておきましょう。そして必ず複数の転職エージェントにあってみて、すぐに企業応募せず、どのエージェントにお願いするべきかじっくり考えてみるのです。

マイナビエージェント×IT

IT系に特化したエージェントといえば有名なマイナビエージェントのIT特化サービスです。豊富な企業が登録されているので、まずはここを登録しておきましょう。

一般的なマイナビエージェント

IT系だけでなく、少し範囲を広く考えたいなら、普通のマイナビエージェントも登録しておくと案件の領域が広がります。

転職会議エージェント

リブセンスが運営するWEB、IT系が豊富な転職会議エージェントも登録しておくとマイナビエージェントとの案件も違いますので広くカバーできます。

 

転職エージェントの見分け方のまとめ

今回、転職を成功させるために必要な「転職エージェントの選び方」についてお話しました。

実際の転職活動をしてみてわかったのは

「優秀な転職エージェントに出会うには数をこなすしかない」

という点です。そのためには転職サービスに登録して徹底的な情報取集が必要ですし、焦ることなく腰を据えてじっくり転職活動に向き合っていくのがおすすめです。

 

タイトルとURLをコピーしました