スポンサーリンク

【給料200%アップ】日本市場進出の中国企業への転職方法(おすすめ転職サービスと転職エージェント)

転職サービス・転職エージェント

【給料200%アップ】日本市場進出の中国企業への転職方法(おすすめ転職サービスと転職エージェント)

ここ数年、中国企業の日本進出が活発です。

中国企業の日本進出は以前でも見られたことですが、以前と異なる点が2つあります。それは

・日本法人を作り

・日本市場を理解しているスペシャリストを日本で現地採用する

という点です。

 

つまり本気で日本市場でビジネスを展開しようとしているわけです。

その結果、いま転職市場では中国企業の採用が活発になっています。

 

その結果、日本企業なら800万円で採用する人材が

中国企業なら1200万円以上で採用されているという事態が起こっているのです。

 

そこで、日本在住で日本に支社を作った中国企業に就職するために必要なこと

そのメリット、デメリットについて解説していきましょう。

日本進出の中国企業が求める人材

日本進出の中国企業が求める人材は極めて明確です。

ほぼ下記の項目に集約できます。

①特定分野において日本の市場動向、ユーザー嗜好に長けた人

②大手企業において実績を残した人

③ゼロから組織を作ったり、新規事業を立ち上げた経験がある人

④英語、または中国語を話せる人

 

日本支社を立ち上げる中国企業の多くは短期間で結果を残す必要があると考えています。

中国から日本に管理職としてのスタッフは派遣はしますが、日本市場に熟知しているわけではないため、中国市場のやり方がそのまま通用するわけではありません。

そこで日本人のスペシャリストを雇用する必要があります。

①②③はどれかが当てはまれば問題ありませんが、④は必須事項といえるでしょう。なぜなら中国のスタッフとのコミュニケーション上、必須だからです。

仮に①②③が弱くても、④ができることで就職できる可能性はあがります。

①②③において圧倒的な結果を残していても④が全然ダメなら転職が難しいかもしれません。

日本進出の中国企業に転職するメリット

日本支社をつくる中国企業に転職するメリットについて解説していきましょう。

・転職時の給料が高い

・給料の天井がない完全実力主義

・別の中国企業へのキャリアパスが作りやすい

スキルと経験があれば現職からの給料200%アップも不可能ではありません。そして、入社後の給料の天井がなく実力次第で幾らでも上を目指せるというメリットがあります。

さらに中国企業の場合、横のつながりが密であるため、結果を出せば別の中国企業からヘッドハンティングされる場合も多く見られます。

会社員として年収をアップさせる方法としては有効です。

日本進出の中国企業に転職するデメリット

日本支社をつくる中国企業に転職するデメリットについて解説していきましょう。

・日本市場への参入判断も早いが撤退判断も早い

・日本支社雇用の場合は市場撤退と同時に解雇のリスクあり

・実力主義のため結果を出せないなら減給、降格は日本市場より遥かに多い

 

中国企業は外資系企業ですから完全実力主義として割り切る必要があります。実際のところ期待されて入社したが、期待に合致した結果を出せない場合は急速に居場所を失ってしまう場合があります。

市場原理としてはごく普通のことですが

日本企業の体質に慣れている人なら、どんなタフで大変な日本企業よりも、中国企業に転職する場合はさらに厳しいため、覚悟が必要です。

日本進出の中国企業に転職する方法

日本進出の中国企業に転職する方法は幾つかあります。

①実際に勤めている中国人の知り合いに紹介してもらう

②中国企業の大代表から直接売り込む

③転職エージェントに登録する

 

①②ができるなら、中国企業に限らずどんな会社にも転職可能です。しかし誰でもできることではありません。

そこでおすすめなのが「③転職エージェントに登録する」になります。

中国企業の転職に役立つおすすめ転職サービスと転職エージェント

中国企業の場合は広く多くの転職サービスや転職エージェントに人材募集を依頼する場合と

特定の転職エージェントに人材募集をまとめてお願いする場合もあるため、複数の転職サービスに登録して広く情報収集することが必要です。

JACリクルートメント★★★★★おすすめ

【公式サイト】http://www.jac-recruitment.jp

経験とスキルがあるミドルシニア層や

日本企業だけでなく、外資系企業など

大きなキャリアアップを目指したい人におすすめなのがJACリクルートメントです。

私も実際に利用していましたが、

・個別担当の専任エージェントの対応が素晴らしい

・案件が非常に多く、JAC限定案件もある(中国企業案件も豊富です)

・転職エージェントとして攻めの転職サポートをしてくれる

といった点が他の転職サービスや転職エージェントとは一味違います。

まさに転職エージェントのお手本のような会社です。

 

一方で年齢はあまり関係ないのですが

スキルや経験がなく、現職の給料が低い人は使いこなせないサービスかもしれません。

実際に使ってみてわかったことは

スキルや経験がある人にとっては、年齢に関係なく引く手あまたの求人提案を続々としてくれるため、どの企業にエントリーするべきか悩んでしまう転職サービスだと思います。

 

JACリクルートメントに無料登録する

 

doda(デューダ)

【公式サイト】https://doda.jp

TVCMでもおなじみパーソルキャリアが運営する「doda」は求人情報サービス・人材紹介サービスを提供する転職サイトです。

大手の転職サービスゆえに、幅広い案件を紹介してくれますので、まず登録しておくべきサービスになります。

実際に使って見ると担当の方がかなり若い印象です。

20代、30代ならかなり相談しやすいけど

40代以上だとキャリアの相談においてはギャップを感じるかもしれません。

 

ただし、若いゆえにフットワークと熱量がハンパない印象です。

任せっきりではなく、希望条件を適切に伝えてあげることで、うまく使いこなせるエージェントでした。

dodaに無料登録する

 

マイナビAGENT

マイナビエージェントは大きく分けて3つから構成されています。

マイナビエージェント公式サイト

マイナビIT AGENT公式サイト

マイナビ Sales&MarketingAGENT公式サイト

 

特に強みとしているのは次の3つの領域です。

・首都圏・関西圏エリア

・20代から30代のジュニアミドル層

・Web、IT、ゲームエンタメ系

IT・Web業界に強いパイプと実績も高い転職エージェントです。

よって、これらひとつでも当てはまるなら、まず登録しておくべき転職サービスとなります。

実際のところ、タイミングがあわずマイナビエージェント経由で転職には至らなかったのですが、転職活動全般において非常に参考になるアドバイスを多数頂きました。

マイナビエージェントに無料登録する

マイナビIT AGENTに無料登録する

マイナビ Sales&MarketingAGENTに無料登録する

レバテックエキスパート

【公式サイト】https://career.levtech.jp/expert/

エンジニアの方で転職を考えている人なら、まず登録しておくべき転職サービスが「レバテックエキスパート」です。

5年以上の経験を持つベテランのキャリアアドバイザーや、キャリアカウンセラーの資格を保有するエージェントが皆さんに最適な企業を紹介してくれます。

よって他の転職サービスと比べると「ややハイクラス向け」という印象です。

エンジニアとして経験を積んで

さらに高みを目指したいという人にはおすすめの転職サービスとなります。

レバテックエキスパートに無料登録する

 

転職を成功させるためには目的整理(やりたいことの整理)が必要です

転職を成功させるためには「なぜ転職をしたいのか?」転職の目的整理が必要です。

例えば次のような質問を受けたら、皆さんはどのように回答しますか?

「なぜ転職をしたいのですか?」

「転職しなくても、いまの仕事でも十分ではないですか?」

「転職してどんな人生を送りたいのですか?」

 

すぐに答えられたなら転職の目的が明確になっている証拠です。

しかし、多くの人は答えられないものです。

実際のところ私も、かつてはすぐに答えることはできませんでした。

 

そこで今回ご紹介した転職サービス、転職エージェントを上手に活用するために使える「転職診断シート」を用意しました。

設問形式になっていますので、転職活動をするにあたって事前にチェックしておきましょう。

【おすすめ記事】あなたの転職理由は何ですか?転職の目的を整理する方法(転職診断シート公開)

タイトルとURLをコピーしました