休み明け会社に行きたくない5つの理由(憂鬱・眠れない・だるい・仕事が怖い)

ライフブログ
スポンサーリンク

休み明け会社に行きたくない5つの理由

「休み明け、どうしても会社に行きたくない」

そんなことはありませんか?

私は何度もあります。

会社に行きたくない理由は様々ですが、会社に行きたくない状態で会社に行っても、仕事のパフォーマンスが上がりません。

だから、仕事でミスをしたり、成果が出なかったり。

結果的に本来持っている能力を発揮できず、会社にいづらくなるし、ますます会社に行きたくなくなってしまいます。

 

とはいえ、会社に行きたくない理由って、必ずしもあなた自身に原因があるとは限らないのです。

まず、私のケースをお話しましょう。

職場の環境を変えたら会社に行くのが辛くなくなった

「会社に行きたくない理由」

その理由については、この後、詳しくお話しするとして、実際に私も会社に行きたくない時がありました。

しかし、その時は部署異動することで解決したこともありますし

それでも状態が変わらない場合は転職することで好転することもありました。

つまり環境を変えたことで、本来、自分自身が持っている能力やパフォーマンスを最大限発揮でき、気持ちよく仕事ができるようになったというわけです。

 

会社に行きたくない理由っていろんな理由があるわけですが、自分自身でなんとかできないこともあります。頑張って時間をかけて努力すれば、なんとかなるというケースはむしろレアケースなんじゃないか?

と思うくらいです。

普段から会社に行きたくないけど、ギリギリで耐えて頑張っているわけですが、

休み明けって、仕事から少しばかり離れてしまったが故に、いつもより会社に行くのが辛くなってしまう現象がわかりやすい形で表に出るのだと思います。

 

なぜ、休み明けは会社に行きたくなくなるのか?

その理由について解説していきましょう。

理由1:会社の人間関係

会社に行きたくない理由

最も大きな理由は人間関係と言われています。

「馬が合わない上司、生意気な部下」

「客先や、パワハラ気質な職場環境」

などに起因する人間関係は会社に行きたくなる理由になります。

 

自分で周囲を変えることができます。

仕事を通して周囲を変えることは決して不可能ではありません。

でも時間と労力がかかりますし、それだけの価値があるかというと疑問なのです。

 

でも人間関係は、仕事の環境を変えることで簡単に変わります。

今の職場は世界で唯一の場所でもないのです。

理由2:仕事が辛い

人間関係だけでなく、

「ただ単純に仕事が辛い」という状況も会社に行きたくなくなる理由になります。

辛いとは、体力的に、そして精神的に辛いという状態をここでは指します。

 

自分の労働時間を切り売りしてお金に変える形の仕事や

いつもギリギリのところで、メンタル的に追い詰められているような仕事が続くと

会社に行きたくなくなるものです。

なぜなら、休日で忘れていた、そういった辛さが休日明けには復活するからです。

 

世の中、フィジカル、メンタル面において辛い仕事はあります。

そういった仕事は、お金をもっている以上当たり前である、という考え方も存在します。

でもそれは間違いです。

 

どんなに辛くても、本当に楽しい仕事は辛さを感じることはないからです。今の仕事においてフィジカル、メンタル面において辛いと感じるならば、何か本質的なところで間違っているのです。

理由3:評価が低い、給料が安い

どんなに成果を残しても会社の評価は低く、その結果、給料も安い。

そんな状況では仕事をしたくなくなります。

 

人間は誰かに認めてもらいたい生き物であり、評価されることを重視していない人でも、周囲から評価されると嬉しいものです。

 

ここで一つ興味深い話をすると

「優秀な人が必ずしも職場で評価されるとは限りません」

その職場の全体レベルがあなた自身よりも低ければ、あなたは評価されない場合もあります。評価するのは人間ですから、評価する側の能力にも依存するのです。

 

「評価されたからといって給料は上がりません」

どんなに結果を出して、利益を出しても会社という組織はあなたを評価できない場合があります。他の従業員とのバランスや、会社の事情などが影響するからです。

 

でも別の会社に転職するなど環境を変えることで、これまで最低評価だった状況が180度変わってしまう場合もあります。

優秀な人を評価できるのは、その人の価値を理解して、活用できる優秀な人だからです。

 

今の会社で無能とされているあなたは、決して無能ではなく

無能なのは会社そのものなのかもしれません。

実際のところ、現実にありえる話だから、侮れないのです。

 

理由4:働く目的がわからない

会社に行きたくない理由とは会社環境だけでなく、あなた自身に問題がある場合もあります。

たるんでいるとか、モチベーションが湧かないとか

そういった話ではありません。

 

そういった状況を作り出している原因を探ることで理由がわかってきます。

モチベーションが上がらない理由、それは

 

「なぜ、今の仕事を、今の会社を、やらなければならないのか?」

働く目的が明確になっていないことが原因なのです。

 

皆さんはなぜ、今の会社で、今の仕事をしているのですか?

働く目的って何ですか?

 

少し考えてみることをおすすめします。

もし働く目的が不明なら、働く目的を明確にしましょう。

もしかすると、目的に対して働きすぎているのかもしれませんし、目的に対して全くそぐわない仕事をしているかもしれません。

 

「働く目的って何なのか?」

それが明らかになると、会社に行きたくない理由も明らかになります。

 

理由5:仕事が楽しくない、つまらない

「世の中、楽しい仕事ばかりじゃない」

「つまらない仕事もやらなければならない」

「ここで頑張れなくて、どうやって生きていくんだ」

「ずっと、ダメ人間で終わってしまうぞ」

このような言葉を発する会社の上司がいたら、すぐに距離をとるべきです。

なぜなら、仕事に対する考え方が間違っているからです。

 

「仕事は基本的に楽しいものです。楽しくて仕方ないものなのです」

「楽しいから、無数の仕事の中からその仕事を選んで働いているはずです」

 

いや、そうじゃない、理想ばかり言うな、仕事は辛いものだ

もし、そう思うなら仕事の本来の楽しさを知らない状況であり、人生損をしています。

 

世の中には、仕事が、仕事という感覚がない状態で、楽しくて楽しくて仕方なくて働いている人もいるからです。そういった人にとって、もはや仕事というワードそのものが存在せず、周囲から見れば「明らかな仕事」だけど、本人にとっては楽しくてしかない「仕事じゃない別のもの」だったりします。

もし、今の仕事が辛いと感じるなら、まだ本当の仕事に出会えていない証拠です。

休み明け会社に行きたくなる方法

ここまで、休み明けに会社に行きたくない5つの理由について紹介しました。

いずれも、私自身が過去に経験した体験も踏まえての内容でしたが、この状況を変える方法は2つあります。

 

一つ目は

「今の職場で頑張って、自分が気持ちよく働きやすい環境に変えること」

これは会社の上司が良く使う言葉です。

間違ってはいないものの、労力と時間がかかります。

そしてそれら労力と時間を、自分の体の一部ではない、誰かが作った会社のために費やす覚悟が必要です。

でも費やしてもその会社が自分のものになるわけではないですし、時がくれば、あなたはリストラ対象になるかもしれません。貴重な人生を捧げて、会社を変えても、そこに本当の価値はないのです。

(自分が創業者だったり、社長だったり、親から受け継いだ会社なら話は別ですが・・・)

 

ですから

「今の職場で頑張って、自分が気持ちよく働きやすい環境に変えること」

には、あなた人生において価値はありません。

 

2つ目は

「今働いている環境を変えること」

になります。別の会社に転職するとか、自分で会社を作るとかいったことを指します。

転職しなくても、大企業なら社内異動すれば、まるで別会社のように環境を変えられる可能性もあります。ですから課題を先送りせず、積極的に社内異動を申し出るのもおすすめの解決方法です。

でも、社内異動は難しいし、そこまで大きい会社でないならば転職をおすすめします。

「長年、悩んだけど転職したら全部解決した」

といったことも、あるあるだからです。

 

とはいってもコロナ禍の状況や、年齢の高い人は簡単に転職の決断はできません。その場合は、まず転職活動をしてみて、その中で自分で解決方法を探していく、といったやり方も悪くありません。

もし、休日明けで会社に行きたくないな・・・

と思ったら、あまり深く悩まず転職サイトに登録してみるのもありです。

色々な転職サービスがありますが、とりあえず登録しておくべき、おすすめの転職サイトをピックアップしてみました。

まず1つ登録してみることが課題解決の一歩です。

▼おすすめ転職サイト▼

JAC Recruitment

ビジネスパーソンとして、さらに上を目指すなら転職エージェントとして圧倒的な質とサービスを提供してくれるJACはおすすめです。JACしかない企業案件もありますし、何よりも転職エージェントの質が素晴らしい。時間と情熱をかけて相談に乗ってくれます。いろいろな転職エージェントとあってきましたが、ここのエージェントはとなたもプロ意識が高いです。

CAREERCARVER(キャリアカーバー)

30代以上、年収800万円以上の取り扱い案件が中心の転職サービスです。様々な会社の転職エージェントが登録しており、転職エージェントと広く出会うには必須のサービスです。

doda

有名な大手転職サービスです。ここは登録必須で考えておくべきです。広く、浅く、安定した情報を収集できます。複数登録の転職サイトとしておすすめ。

転機

時間をかけて自分のキャリアを検討したいという方なら経営層に直接アプローチできる案件を、時間をかけて探してきてくれる転機との相性が良いかもしれません。案件紹介まで時間はかかりますので、まず登録しておくことをおすすめします。