【40代50代リストラは悲惨】資格をとっても転職は難しい理由(リストラで絶望しないブログ)

ライフブログ
スポンサーリンク

【40代50代リストラは悲惨】資格をとっても転職は難しい理由(リストラで絶望しないブログ)

コロナの影響もあって40代50代のリストラが加速しています。

企業は黒字であっても、コロナ後の事業転換を踏まえた上での早期退職を大手企業は実施しており、その規模は2009年のリーマンショックに続く規模になっています。※出典ニュース

赤字だから人件費を減らしたいからリストラするのではなく

シンプルに40代50代といった年齢も給料も高い層を切りたい

といった企業の思惑が見えています。

 

つまり、安く雇用できる若い層への切り替えをしたいのです。

ならば40代50代はどうすればいいのか?

これまでとは異なるリストラへの対応についてお話しましょう。

 

▼質問に答えるだけで【適正年収】が丸わかり▼

ミイダスで無料年収診断をはじめる

40代50代でリストラ対象になる人の特徴

ぶっちゃけの話ですが

資格とか持っていても40代50代になってくるとあまり関係ありません。なぜなら資格はあくまでも資格であって、資格を持っていれば会社に売上貢献してくれる保証はないからです。

もちろん資格がないとできない仕事というものも世の中にはあります。宅建とか行政書士とかですね。

でも厳密には宅建を持っているのとお金を稼げるかは別の話なのです。

資格以上に重要になるのは経験と成功するための仕事の進め方です。

40代50代でリストラ対象になる人の最大の原因は

・仕事の進め方

・会社環境との不一致

・人間関係、コミュニケーション

といったビジネスパーソンとしての能力不足による部分が大きいのです。

 

ぶっちゃけリストラ対象になる40代50代と、社内から評価され昇進昇給していく人との能力差はあまりありません。重要なのは、その会社で評価され必要とされる仕事ができるか?

というだけで、必ずしもその会社で評価されている人が客観的に見たら優秀とは限らないのです。むしろ無能な人が評価されているケースだって多いのですから。

40代50代のリストラはメンタル的・フィジカル的にもキツい

40代50代のイメージといえば

体力の衰えも感じ始めているし、昔ほど頑張って仕事をやろう!という気力も無くなってきている人が大半でしょう。実際にお腹も出ていることでしょう。

加齢によってメンタル、フィジカル的にキツくなってくるのは仕方ないことです。

だからこそ、我々40代50代は

うまくやり過ごしながら、会社員として振る舞って生きていこうとしますよね。

でも会社としては、そんな40代50代を

「仕事ができない、会社のお荷物、仕事をしているように見えない」

と判断しがちです。

会社としては適当にやり過ごすような仕事をする人は必要ないわけです。高い給料を支払っているわけですからバリバリに働いて欲しいと思うわけです。

でも、実際、40代50代になると体も気力も続かなくなります。別にサボりたいわけではなくて、どんなにテンションを上げて、モチベーションを上げても20代30代と比べれば圧倒的にパフォーマンスは落ちるわけです。

この状況を40代50代も自覚しているので、わかった上でなんとか頑張っているわけですが、そんな中でリストラになってしまうと、立ち直れないくらいにキツいわけです。

リストラされるのではなく、自分から会社をリストラする気持ちが必要

リストラされる人の多くは

「リストラされてから、どうしよう」

と慌ててしまいます。

つまり、これって「リストラされるのを待っている状態」だったりします。

 

一方でリストラされない人、会社内で評価されている人の多くは

「いつでも自分から会社をリストラしよう」

という発想で生きています。

 

これからの時代、企業から個人にシフトしていくことを彼らはわかっています。むしろ自分をこれだけしか評価せず、給料も出さないような企業に対して、個人が会社をリストラしようという発想で毎日生きているのです。

このように会社と個人の関係が逆転すると、見える世界が変わってきます。

 

会社に雇われないために

毎日の仕事を頑張ってスキルを身につけたり

副業したり

積極的にキャリアアップの道を模索します。

 

そういう意識になると日々成長して自らをアップデートしていけるのです。

「リストラを恐れている人」と「むしろこっちから会社をリストラしてやろう」と思っている人では大きな差ができてしまいます。

下記でも書いていますが、優秀な人はむしろリストラされるのを待っていたりするものです。だって割増し退職金がもらえて、次の仕事もすぐに決まるし、給料だってアップするのですから。

 

👑人気転職サービスランキングベスト3👑

1位:ビズリーチ

2位:マイナビエージェント

3位:JACリクルートメント

番外:Hays Japan※外資転職の定番

番外:ミイダス(年収診断ができる)

※当サイトで人気の転職サービスランキングになります。

コネを使ってもいい、どこでもいいから正社員で就職すると後悔します

もしリストラされてしまったら

給料が下がろうが、望まない仕事でもいいので、ハローワークに通って、とにかく転職活動をして正社員の仕事を見つけるべし!

みたいな話も聞きますが、個人的には全くお勧めしません。

なぜなら、給料が下がるのは仕方ないとしても

本人が望まない仕事に転職しても、確実に「後悔して退職してしまう未来」が見えるからです。

正社員になれば1日の大部分は仕事に費やしますし

40代50代なら、定年までこれから10年以上も仕事をしなければなりませんよね。

つまらないことを続けていくほど辛いものはありません。

 

リストラされた直後は冷静な判断ができない状態だったりするので、本当に望まない仕事を選んでしまう事もあります。

「でも家族がいたら、そんなこと言ってられないよね」

そんな意見もわかります。

でも、家族のための人生である以前に、あなた自身のための人生ですよ。

1度きりの人生、楽しまなきゃダメだと思うのです。

リストラされる前に、自ら会社をリストラする気持ちで転職活動をたやさない

ならばどうするか?という話なのですが

リストラされる前に自ら会社をリストラするような気持ちで転職活動をするべきです。

良い転職の話は、すぐに見つかるわけではなく

40代50代を超えてくると時間を要します。

 

でもこれだけは言わせて欲しいのですが

「40代50代でも必要としている会社は結構あります」

「しかしリストラされて時間がない状態で次の仕事を決めようとすると、そういう会社にはなかなか出会うチャンスがなかったりもします」

 

そして会社がリストラを実施するときも「いきなり突然!」ということはなく、会社の業績の動向や、社内組織の改編からも、

「半年か、来年あたりにリストラありそうだな」

と事前に察知できるものです。

 

リストラされてから転職活動をするのではなく、むしろ会社をリストラするような気持ちで、時間をかけて転職活動を地道にしていく

これが40代50代でリストラにあっても地獄を見たり、絶望しないためのテクニックです。

まずは行動するべし!

行動しなければ、いずれリストラ対象になった時に後悔しますから。

おすすめ転職エージェント

ビズリーチ|ハイクラスに特化した転職サイト

※ビズリーチ公式サイト

管理職やグローバル人材向け国内最大級の会員制転職サイトといえば「ビズリーチ」

なんと登録会員数は90万人以上!

在籍ヘッドハンターは1,700名以上!!

採用企業社数6,700社以上!!!

他の転職サイトを凌駕する充実ぶりなので、転職活動をするなら、まずは登録しておくべき転職サイトの一つです。

職務経歴書を登録すると厳正な審査をクリアしたヘッドハンターと国内外の優良・成長企業が職務経歴書を見て直接スカウトします。

会員制サイトあるゆえに、普段あまり見かけない非公開求人やポジションも多いのも魅力の一つです。

転職活動をするなら、まず登録しておきましょう

ビズリーチに無料登録する

マイナビエージェント【転職活動の定番】


※マイナビエージェント公式サイト

マイナビエージェントは業界に精通したキャリアアドバイザーから転職活動のアドバイスやノウハウを受けられる転職エージェントサービスです。

従来の求人情報を閲覧するだけの転職サイトとは異なり

あなたに寄り添った転職さサポートします。

マイナビエージェントの強み

・業界に精通したプロフェッショナル力

・求職者と企業とのマッチング力

・徹底したサポート

また、マイナビエージェントの魅力は豊富な非公開求人数にあります。

外から見ているだけではわからないけど、登録してみるとその魅力に気づきます。

転職を検討しているなら最低限登録しておくべき転職エージェントです。

マイナビエージェントに無料登録する

非公開求人が多い理由

なぜ、ここまで非公開求人が多いのか?

それは採用する企業側として「中身を明かせない事情」があるからです。

発表前の新しいプロジェクト向けの採用だったり、そのポジションを採用していることを公にしたくなかったり、非公開求人の理由はさまざまなものがありますが、そのような案件をマイナビエージェントは多数扱っていることからも

ターゲット:20代〜30代のビジネスパーソン

求人領域:全方位

応募書類の添削:あり

面接対策:あり

大手転職サービス会社ということもあり全国に支店があります。

オンライン化が進んでいる中でも転職アドバイザーと面談が受けられるのは大きなメリットです。

マイナビエージェントに無料登録する

マイナビエージェントの進め方

※出典:マイナビエージェント

マイナビエージェントは無料でご利用できます。求職者の方には費用はかかりません。

キャリアアドバイザーと面談を行い、転職のヒアリングを実施したのち、希望に合致した求人を紹介していきます。

応募に当たっては書類の添削や面接の対応までフォローしてくれます。また最終的に内定が決まった後も、年収や入社日まで調整してくれるなど手厚いサポートを受けられます。

マイナビエージェントとマイナビ転職の違い

マイナビエージェント   VS     マイナビ転職

※出典:マイナビエージェント

マイナビエージェントとマイナビ転職の違いを簡単にまとめてみました。

自分で応募する「マイナビ転職」と違って、「マイナビエージェント」はより質の高い転職サービスを受けることができます。

転職活動にあまり時間がかけられない方や、転職活動に慣れていない方は、むしろマイナビエージェントはおすすめです。

マイナビエージェントに無料登録する

マイナビエージェントがおすすめの人

マイナビエージェントは質の高い転職活動をしたい方におすすめです。

ターゲット:20代〜30代のビジネスパーソン

年収も働く環境も、さらなるキャリアアップを目指す方におすすめのサービスと言えます。

▼マイナビエージェントはたった3分で登録できます

一方で、まだ経験も少なく、専門性がない方はマッチする求人が少ない可能性はあります。その場合は、まずは自分の市場価値を無料で診断できるサービス「ミイダス」で市場価値診断を受けることをお勧めします。