【最新版】超絶面白い!おすすめPS4ゲームソフトランキング

【最新版】超絶面白い!おすすめPS4ゲームソフトランキング

Contents

スポンサーリンク

【最新版】超絶面白い!おすすめPS4ゲームソフトランキング

映画を超えた大迫力のゲームソフトが続々と発売されているPS4。大人でも楽しめるタイトルがようやく揃ってきました。本体価格も値下げされ、ますます身近になったPS4で本物のゲーム体験してみてはいかがでしょうか。そこで、今回、実際プレイしてみたゲームの中から、オープンワールド、アクションゲームを中心にオススメのタイトルを厳選してピックアップしてみました。

PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)

映画を超えたアクションゲームの決定版「アンチャーテッド」

アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝 デラックスエディション【早期購入特典】オリジナルPlayStation4テーマ同梱(Amazon)

過去にPS3でシリーズ3タイトルが発売済。

PS3のときも映画さながらの演出、アクションゲームとしての完成度から、普段ゲームをあまりプレイしない層も取り込んで話題になりました。ゲーム内容としてはアクション要素を強化したインディージョーンズという感じで、ある意味、映画を超えてしまったゲームといっても過言ではないかもしれません。

今回、最新作がPS4に登場となるわけですが、そのTVCMのクリエイティブも「これはゲームのプレイ画面です。」と画面中央に表示されている内容になっているわけですが、プレイステーション2あたりで家庭用ゲームが止まっている人にとっては、ゲームのプレイ画面とは、すぐには信じられない映像だと思います。

世界最先端のゲーム体験を提供するのはアンチャーテッドの開発会社ノーティードック

アンチャーテッドシリーズの開発を行うのはソニーコンピュータエンタテインメントの子会社でもあるアメリカの開発会社ノーティードック社です。

設立は1984年とゲーム会社としては古く、2001年にソニーグループに参加。それ以降、プレイステーション用ゲーム開発を行い、ジャック&ダクスター、アンチャーテッド、THE LAST OF USなどヒットタイトルを開発しています。

アンチャーテッドクラスのゲームを開発できるのは、世界に数える程しかないのですが、かつて世界をリードしてきた日本のゲーム会社が、このレベルのゲームを作る事は資金力、開発力の両方で難しく、ゲームの世界もハリウッド映画化が進んでいます。

同じ金額でゲームをプレイするにしても、映画と違って面白さの違いが視覚だけでなく、プレイ体験で明らかになってしまうゲームの場合は、これだけの圧倒的なゲーム体験を見せつけられると、ゲーム産業自体は、今後さらに発展の余地はあるものの、かつて世界を席巻した日本のゲームソフト開発の分野は先行きは明るくないと感じさせるゲームのひとつになっています。

しかし、ゲームファン、消費者としてみればアンチャーデッドのようなゲームの登場で、ゲームのレベルがさらにアップするならば嬉しい限りで、開発会社が日本のメーカーだとか、海外とかあまり関係ないんですけどねw

映画を超えたストーリー体験「ラスト オブ アス」

【PS4】The Last of Us Remastered(Amazon)

アンチャーテッドの開発会社が送るスリラー&サバイバルアドベンチャーといえばThe Last of USです。かつてPS3で発売されていましたば、PS4用にリマスター化されています。

派手な銃撃戦とか格闘戦とかアクションゲーム性が高いアンチャーデッドに比べて、ラストオブアスは限られた弾薬やアイテムを使い分けてサバイバルしていくといった、かつて世界を席巻したゲーム「バイオハザード」に近い感覚のゲームです。

バイオハザードは海外でも大ヒットしましたので、The last of usにも影響を与えたと考えても不思議ではありませんね。

グラフィックばかりに目が行きがちだがドラマが素晴らしいラストオブアス

映画を超えたゲーム「アンチャーテッド」の会社が開発したゲームという事もあり、ラストオブアスもハリウッド映画を超えたゲームと言っても良いくらいの出来です。

しかし、グラフィックばかりに目が行きがちですが、The last of usは崩壊した世界を舞台に父と娘ほどに離れた2人の旅を描かれたドラマ性が素晴らしく、アンチャーテッドにも似ていない、他のゲームにも比べられない、ラストオブアスならではの世界を描き出しているのが本当に素晴らしいです。

ゲームというと、どうしても他のゲームと似てしまう事がありますが、そういった事を感じさせないオリジナリティの塊、いままでになかったゲーム体験をラストオブアスでは体験できます。

北斗の拳、マッドマックス好きにおすすめ「フォールアウト4」

Fallout 4(Amazon)

北斗の拳やマッドマックスの世界をゲームで体験できる!

しかも、ゲームは決められたルートではなく、プレイヤーの思うままに好きな事をやっていいし、何をするも自由。それがフォールアウト4です。

オンラインゲームのように他のプレイヤーを気にする必要はなく、でもオンラインゲームのように生きている世界を冒険したい、というわがままなリクエストを実現したのがオープンワールドゲームというジャンルで、現在、人気のジャンルとして数多くのオープンワールドゲームが発売されていますが、その中で近未来を舞台にしたサイバーパンクなオープンワールドゲームといえば、fallout4の圧勝といっていいでしょう。

開発期間7年の超大作「フォールアウト4」はボリューム満点

フォールアウト4の発売は2015年12月。2008年にフォールアウト3が発売されてから、7年もの月日をかけて開発されており、そのボリュームは半端ありません。

さらにPS4版の発売後もゲームのアップデートが行われており、新しいミッションやコンテンツを楽しむ事ができます。

ゲームの描写や、アクション性においては必ずしもNo1ゲームと断言できないのですが、圧倒的な自由度、やり込み度は現存するゲームの中では最高峰と言っていいと思います。

PS4本体とFallout4があれば、かなり遊べるので、ここまでお財布に優しいコストパフォーマンスの高いゲームはなかなかお目にかかれません。

グランドセプトオート5(GTAⅤ)」

グランド・セフト・オートV 【CEROレーティング「Z」】 (「特典」タイガーシャークマネーカード(「GTAオンライン」マネー$20万)DLCのプロダクトコード 同梱) (Amazon)

fallout4が近未来を舞台にしたオープンワールドゲームならば、GTAことグランドセフトオート5は現代、ロサンゼルスを舞台にしたオープンワールドゲームの最高峰です。

オープンワールドというジャンルを作ったのがグランドセフトオートであり、世界でもっとも売れているゲームでもあります。

fallout4に比べると、自由度に制限はあるものの、GTAの醍醐味は車やバイク、飛行機、ボートなどを駆使して様々なアクションと、街の中を行き来する人々の描写にあります。

PS4版GTA5は発売中のPS3版の単なるリマスター版にあらず

2013年にPS3版が発売され、翌年2014年にPS4でリマスター版が発売されました。PS3の時も、圧倒的な街の空気感を再現したグラフィックが評判になりましたが、PS4版はその上を行くグラフィックで圧倒された記憶があります。

さらにFPSのような一人称視点で楽しめるモードが追加されるなど、ゲームとしての完成度、プレイ環境もさらに進化しており、PS4本体と一緒に購入したいゲームとして、最初に名前があがるタイトルのひとつといって良いでしょう。

ファンタジー系オープンワールドの大本命「ウィッチャー3」

ウィッチャー3 ワイルドハント(Amazon)

ゲーム好きな人の間でも、まだ知名度が低いタイトル「ウィッチャー3ワイルドハント」ですが、PS4の中で隠れた名作であり、一度プレイすると病みつきになるオープンワールドゲームです。

先ほど紹介したFallout4がサイバーパンクで世紀末的なオープンワールドゲームに対して、ウィッチャー3はロードオブザリングのようなファンタジー世界を舞台にしたオープンワールドゲームの最先端であり、現時点で、ファンタジーをテーマにしたPS4のオープンワールドゲームでは最高峰です。

つまり好きなテーマにあわせて、fallout4、ウイッチャー3を選んでみる、両方プレイしてオープンワールドゲームをとことん楽しむ、といった遊び方が良いと思います。

ウィッチャー3の開発はポーランドの会社、海外の力を見せつけられた傑作

実はウイッチャー3の原作になっているのはポーランドのファンタジー小説であり、開発会社もポーランドの会社なのです。

ゲーム開発といえば、日本、アメリカ、欧州が中心で、最近はアメリカの開発力に差をつけられていましたが、ポーランドの会社が、世界を相手にここまでのモノを開発できるという事を証明したゲームでもあり、世界のゲーム開発の勢力図に影響を与えかねない歴史的ゲームとも言えます。

超リアルなモンスターハンター「ファークライ プライマル」

ファークライ プライマル (Amazon)

様々なオープンワールドゲームはあれども、旧石器時代をテーマにしたオープンワールドはかつてなかったと思います。その新しい分野にチャレンジしたのが「ファークライプライマル」です。

マンモスや猛獣たちと戦いながら、もしくは仲間にしながら、古代世界を生き抜いていく様子は、まさしく「リアルなモンスターハンター」といっても良いかもしれません。

モンハン好きからは、実はこういうゲーム待っていた!という声も聞かれるゲームです。

大々的に宣伝をしているわけではないので、国内では知る人ぞ知る、マイナーなゲームではありますが、一度プレイするとハマる事まちがいなし。

fallout、グランドセフトオート、ウィッチャー3の次にプレイしたオープンワールドゲームを探している人にはオススメしたい1本です。

FPSファンにおすすめ「バトルフィールド4

EA BEST HITS バトルフィールド 4:プレミアムエディション (Amazon)

世界最大のゲーム会社エレクトロニックアーツ社による、世界No1のFPS(一人称視点ゲーム)といえばバトルフィールド4です。

圧倒的なグラフィック、オブジェクトが破壊される様子のリアリティは2013年発売から3年経過しましたが、いまだに最先端のシューティングアクションゲームとして多くのファンを獲得しています。

2016年3月に価格改定版が発売され、さらに人気が復活しているので、これから始める方は超お得なタイミングですね。

最新作バトルフィールド1 発売決定!プロモーションムービーPV公開

第一次世界大戦をテーマにしたシリーズ最新作バトルフィールド1の発売も2016年10月21日に決定。最新トレーラーも公開されています。

名作シューティング「Star warsバトルフロント」

Star Warsバトルフロント (Amazon)

バトルフィールド4を開発した会社によるスターウォーズをテーマにしたFPSといえば「Star wars バトルフロント」です。

初代スターウォーズの世界もバッチリ再現されており、あのBGMに乗ってダースベイダーやジェダイたちが登場します。

オンラインマルチプレイでの対戦は、まさしくスターウォーズの戦場に投げ出された気分で、スターウォーズファンの長年の夢を叶えてくれるゲームとなっています。

アドベンチャーゲームに傑作「ライフイズストレンジ」

ライフ イズ ストレンジ (Amazon)

プレイステーション2の時代には多くの名作が発売された「アドベンチャーゲーム」というゲームジャンルも、PS3、PS4とゲーム機が進化していく中で、数が少なくなってきました。

アドベンチャーゲーム好きからすると非常に悲しい事ではありますが、PS4で発売された「ライフイズストレンジ」というアベンチャーゲームは、そんなアドベンチャーゲーム市場に喝を入れる久しぶりの傑作という事でネットの口コミを中心にスマッシュヒットとなっています。

まるで海外のテレビドラマシリーズを見ているかのような学園青春アドベンチャー

スタンドバイミー的な側面もある一方、主人公は時間を操る能力を持つ事からもタイムリープ的な側面もあり、単なるストーリーを追うだけではなく、ゲームシステムとして完成されているアドベンチャーゲームだと思います。

PS4でこのレベルのアドベンチャーゲームは現状、存在せず、PS4でアドベンチャーゲームを楽しみたいなら、「ライフイズストレンジ」しかオススメできない程に飛び抜けたタイトルだと思います。

日本語吹き替え&女性にオススメしたい感動のストーリー展開

今回ご紹介したPS4のゲームの多くは、その世界観やゲームシステムから、どうしても男性向けになってしまうのですが、ライフイズストレンジは普段ゲームをしない女性にもオススメできる貴重なゲームです。

普段、スマホゲームばかりプレイされている人は、ライフイズストレンジを一度プレイするとゲームに対する価値観が変わりますし、ゲームをプレイする事で、こんなに優しい気持ちになれるのか!という貴重な発見ができると思います。

まとめ

今回ピックアップしたPS4のゲームは世界的にヒットした名作ばかり。

意図的に選んだわけではないのですが、すべて海外開発によるゲームばかりという事で、海外のゲーム開発力の高さには圧倒されるものがあります。

いずれもボリュームが多いゲームばかりですから限られた時間の中ですべてをプレイするのは不可能ゆえに、まずは気になった1本を探して、プレイしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加